ボーイフレンド韓国ドラマの視聴率と平均は?最高視聴率は何話目?

ボーイフレンド

韓国ドラマ「ボーイフレンド」と言えばソン・ヘギョとパク・ボゴムの年の差カップルが話題になったドラマです。

韓国だけでなく世界で注目されました。

 

ドラマ「ボーイフレンド」の視聴率はどうだったの?

最高視聴率の話数は何話なの♡

ここからはドラマの視聴率を紹介していきますね。

全話の視聴率をのせていますので、気になる話数をチェックしてみてください。

ボーイフレンド韓国ドラマの視聴率と平均は?

「ボーイフレンド」は2018年11月28日から2019年1月24日まで韓国で放送されました。

全16話のドラマの視聴率を見ていきましょう。

 

1話 8.68% 9話 7.81%
2話 10.33% 10話 7.96%
3話 9.25% 11話 7.51%
4話 9.26% 12話 7.62%
5話 8.51% 13話 7.93%
6話 8.59% 14話 7.70%
7話 8.59% 15話 8.00%
8話 9.17% 16話 8.68%

※ニールセンコリア調べ

 

平均視聴率は8.48%です。

最高視聴率は第2話の10.33%、最低視聴率は第11話の7.51%です。

ボーイフレンド韓国ドラマの最高視聴率の話数は2話♡

 

「ボーイフレンド」の最高視聴率は第2話で10.33%でした。

ここからは最高視聴率の第2話のドラマの内容をみていきましょう。

 

口コミで高評価の可愛い酔っ払いジニョクが登場します♡

 

2話の予告映像

 

キューバから戻ったキム・ジニョク(パク・ボゴム)はチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)がトンファホテルの代表であることを初めて知ります。

そこへかかってきたのはホテルの採用合格の電話。

彼はトンファホテルの採用試験を受けていたのです。

 

1ケ月後ホテルの入社式で代表として挨拶をするスヒョンはジニョクを見て驚きます。

ジニョクの履歴書を確認したスヒョンは、彼が書いていた公園が気になり思わず行ってしまいます。

 

そして仕事帰りのジニョクと公園であったスヒョン。

UFOキャッチャーの光を利用してキューバで撮った写真を見るふたり。

 

 

その後スヒョンは「お金を持ってる?」とジニョクに言いUFOキャッチャーに挑戦します。

まずはジニョクがお手本をといって挑戦しますが失敗ばかり。

 

次にスヒョンが初挑戦し一発で人形をゲット。

それをジニョクにプレゼントします。

 

ホテルの従業員からは氷姫と呼ばれているスヒョン。ジニョクと一緒だと笑顔になれるのですね。)

 

ジニョクが配属されたのは広報部。

歓迎会で酔っ払ったジニョクは帰り道のバス停でスヒョンが運転する車を見つけます。

 

 

スヒョンはジニョクを車にのせて送りますが、その途中でジニョクは酔っ払ってはしゃぐのでした。

ジニョクの姿にあきれるスヒョン。

しかしジニョクを送り届けた後スヒョンはひとりで思い出して笑ってしまいます。

 

次の日、昨日の失態に落ち込むジニョク。

追い打ちをかけるように今日は代表スヒョンとの個人面談の日。

緊張するジニョクだったのですが、スヒョンから「せっかく友達になれたのに。」と言われるのでした。

 

彼女は「サービスエリアでラーメンを食べてみたい。」とジニョクにお願いをします。

週末に食べに行く約束をしたふたり。

ラーメンを食べながら、ふたりは楽しい時間を過ごします。

 

 

ジニョクは「上司と部下の関係は気まずくないですか?」と質問します?スヒョンは「それほど気にならない。」と答えます。

ジニョクは「僕は全然気にならい。」と答えて笑います♡

 

その後、電話番号を教えあったり。

ふたりの距離が近づいたのが第2話の内容です。

 

キューバの出会いから韓国での再会などテンポよく進んだ第1話と2話でした。

 

ボーイフレンド韓国ドラマの視聴率と平均は?まとめ

 

今回は韓国ドラマ「ボーイフレンド」の視聴率を紹介してきました。

 

  • 最高視聴率は第2話の10.33%
  • 最低視聴率は第11話の7.51%
  • 平均視聴率は8.48%

 

10%を超えたのは第2話だけでした。

最低視聴率の第11話は社内恋愛をするふたりが描かれています♡

世界中の女性をとりこにした年下男性のキム・ジニョク(パク・ボゴム)。

 

「ボーイフレンド」は純粋で熱いハートを持つジニョクが、氷姫チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)の氷を溶かして姫を救い出す純愛を描く正統派ラブロマンスです。