ボーイフレンド(韓国)の結末はハッピーエンド?最終回16話のネタバレ

ボーイフレンド

韓国ドラマ「ボーイフレンド」はトンファホテル代表のチャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)と就職前に一人旅をしていた純粋な心の青年キム・ジニョク(パク・ボゴム)が異国の地キューバで運命の出会いをすることから始まります。

 

韓国に戻ってきたふたりは、トンファホテルの代表と新入社員として再会します。

 

スヒョンを取り巻く人々の策略によって立場が悪くなるふたり。

ジニョクを愛することで周りの人を不幸にしたくないスヒョン。

 

今回は「ボーイフレンドの結末はハッピーエンド?」と言うことで、結末がハッピーエンドで終了したのかどうか最終回16話のドラマの内容を紹介していきます

※ネタバレありです。

 

ボーイフレンド(韓国)の結末はハッピーエンド?

韓国ドラマ「ボーイフレンド」の最終回16話のネタバレを紹介します。

 

前回チャ・スヒョン(ソン・ヘギョ)から別れようと言われたキム・ジニョク(パク・ボゴム)。

ジニョクはスヒョンに「君のそばにいたんだ。」と何度も言うのですが、聞き入れてもらえなかったのです。

 

別れることがふたりのために一番良いと考えたスヒョン。

ジニョクが泣いて頼んだのに・・ダメだったのです。

 

ジニョクの泣き顔を見て、涙した視聴者も多かったのではないでしょうか。

 

ボーイフレンド(韓国ドラマ)の最終回16話のネタバレ

スヒョンに別れを言われたジニョクは、以前自分がスヒョンに言った言葉を思い出します。

何があっても良い思い出だけを考えて乗り越えていきましょうと。

 

何かを決心したジニョクはスヒョンのいる代表室へ向かいます。

 

 

ジニョクはスヒョンに、自分は別れることはできないと伝えます。

「あなたは好きなように行動して。でも僕に同じことを期待しないでほしい。僕はあなたとは別れられない。」そう話すジニョク。

 

 

スヒョンは「あまりにも辛いことだから別れましょう。」と言います。

しかしジニョクは「あなたの別れが勝つのか、僕の愛が勝つのか。」と言って愛することをやめないと宣言したのです。

 

 

スヒョンの母チン・ミオク(ナム・ギエ)は、ついにテギョングループから違法な政治献金があったことを認めます。

スヒョンは急いで実家に戻りますが、既に父チャ・ジョンヒョン(ムン・ソングン)は拘束され母が一人家にいました。

 

 

母のミオクは「食事を始めているときに検察がきたの。ご飯でも食べて行けたら良かったのに。今日初めて食事の仕度をしたの・・。」とスヒョンに告げるのでした。

 

 

スヒョンは「辛い時はお互い励ましあいながら過ごすそうよ。みんなそうするんだって。私たちも慣れないけれど練習しながらやっていきましょう。」と母ミオクに声をかけ励ますのでした。

 

これまでは険悪なふたりでしたが、やっと母と娘の心が少し通い合ったシーンです。

 

ジニョクの帰りを外で待っていた母チュ・ヨンジャ(ペク・ジウォン)。

母は自分がスヒョンに会って別れてほしいと頼んだことをジニョクに伝えます。

 

ジニョクはスヒョンから別れを告げられたことを話し、彼女が母を心配していたことや「お金では買えない愛を持った温かい家庭を壊すのが怖いから別れたい。」というスヒョンの言葉を伝えます。

それを聞いた母は「自分は何てことをしたんだろう。」と涙を流します。

 

「僕は家族と同じぐらい彼女を愛している。お母さんの僕を想う気持ちも愛で、彼女の周りへの配慮もまた愛。だから僕は二人とも守りたい。」と泣いている母に優しく言うジニョク。

 

息子の幸せを願うからスヒョンに別れてほしいと言った母。

またスヒョンもジニョクを愛しているから別れる道を選んだのですね。

 

ナム・ミョンシク室長(コ・チャンソク)に相談して、スヒョンの運転手を代わってもらったジニョク。

 

帰ろうと車に乗り込んだスヒョンは運転手がジニョクだったので驚きます。

ジニョクは「運転だけします。家まで送ります」を言って出発しました。

 

気まずいスヒョンは、自分のマンションにつくと何も言わずに車を降りました。

ジニョクもすぐ車から降り、スヒョンにフィルムケースを渡します。

 

「フィルムです。指輪ではありません。あなたが知らないチャ・スヒョンがこのなかにいます。」と言い帰って行くジニョク。

迷っているスヒョンは、なかなかフィルムを見ることができません。

 

ジニョクの母がスヒョンのいる代表室へやってきました。

自分が間違っていたとスヒョンに謝罪する母。

 

スヒョンはあなたの気持ちと同じように、自分もジニョクを辛い目にあわせたくないので別れたと告げます。

そんな優しい言葉をかけるスヒョンに、母は手作りのお弁当を渡します。

 

「大変なときだから、きちんと食事をしてくださいね。そしてまたいつか食事に来てください。」と帰って行った母。

 

スヒョンは母の優しさにふれて、お金では買えないかけがえのないものを知るのでした。

 

ついに、テギョングループのキム会長(チャ・ファヨン)が検察に召喚されることになりました。

自宅で静かに待つキム会長は、息子ウソク(チャン・スンジョ)に本音を語り始めます。

 

「ただ息だけしてたスヒョンがいつからか変わったの。でも彼女を変えたのはテギョンの後継者ではなかった。町のただの果物店の息子というのが頭にきた・・許せなかった。」と告白するキム会長

 

そんな母に「僕が母とテギョングループを守ります。心配しないで。」と言うウソク。

そしてついにキム会長は検察に出頭したのでした。

 

ひとりになったウソクが可愛そうな場面でした。

 

拘束された父ジョンヒョンの面会に行くスヒョン。

ジニョクと別れたことを伝えると「自分はこれまで一生懸命頑張ってきたと思っていた。しかし誰も幸せではなかったんだ。人のことを考えるより自分の幸せについて考えてごらん。」と言う父。

 

その言葉を聞いて、スヒョンはジニョクとのことをもう一度考えてみるのでした。

 

自分と同じ失敗を娘にさせたくない父の言葉。何が幸せなのかを考えるスヒョン。

 

翌朝スヒョンが出勤すると、代表室に荷物が届けられていました。

送り主はジニョク

 

箱に入っていたのは、キューバで初めて会った時にスヒョンが履いていた靴でした。

 

キューバの思い出が次々に浮かんでくるスヒョン。

涙ながらに同封されていたジニョクの手紙を読みます。

 

「僕のところへあなたを連れてきてくれる靴です。もう一度僕のところへ連れてきてほしい。思い出して下さい。僕たちは幸せだった。あなたは僕の唯一愛する女性です。

手紙を読むといてもたってもいられなくなり代表室を飛び出すスヒョン。

 

向かった先はイ先生のところ。

「 あなたの知らないチャ・スヒョンがここにいます。」と言いながらジニョクがくれたフィルムをイ先生に教えてもらいながら現像します。

 

 

現像したフィルム。

そこには幸せそうに笑っているスヒョンの姿がありました。

 

スヒョンのことを思い、自分のところへきてくれることを願うジニョク。

彼は雪のなか、地元の公園にいました。

するとそこへスヒョンが現れたのです。

 

 

スヒョンはジニョクに「私だけが知らない・・私の心を見ました。あなたといるときはずっと笑っている私。あんなに幸せそうに笑ってるなんて知らなかった。・・これからもあなたの隣で笑って過ごしたい。別れたいと言ってごめんなさい。」と伝えます。

 

「勇気を出してきてくれてありがとう。」と優しく言うジニョク。

そして「愛してる」とお互い見つめ合いながら雪の中でキスをする二人の姿

 

スヒョンはカップルリングをはめて「もうはずさない。」と約束するのでした。

 

 

1年後、街で普通の恋人同士のようにデートを楽しむ二人の姿

 

スヒョンが「サンティアゴに行こう。」と言うとジニョクが「結婚して、行っちゃだめ?」と自然にプロポーズします。

最高の笑顔で答えるスヒョン。

 

ボーイフレンド(韓国)の最終回16話の結末はハッピーエンド♡

韓国ドラマ「ボーイフレンド」の最終回16話のネタバレを見てきましたが、いかがでしたか?

 

ふたりで過ごすことが幸せなスヒョンとジニョク

スヒョンとジニョクの笑顔がとても素敵でしたね♡

 

この笑顔からもわかるように、最終回16話の結末はハッピーエンド

別れようとしたからこそ、もっと強く結びついたふたりです。

 

ボーイフレンド(韓国)の結末はハッピーエンド?最終話のネタバレまとめ

最終回はハッピーエンドで終わった韓国ドラマ「ボーイフレンド」。

ここにくるまでには、いろいろなことがありました。

 

困難を乗り越えるたびにジニョクが大人男子に成長していきました♡

 

真実の幸せや人として大切なものは何なのかを教えてくれた「ボーイフレンド」の結末はハッピーエンド。

 

ハッピーエンドで良かったです。

 

韓国ドラマ「ボーイフレント」は人の優しさや家族や友達の愛が溢れたとても美しいドラマです。