自分のアンガーマネジメントをして生活を快適にする

アンガーマネジメントという言葉をご存知でしょうか?

その名の通り、「自分の怒り」とうまく付き合う方法のことです。

 

アンガーマネジメントを取得すると日常で「ムカっ!!」とした時に自分の感情を落ち着かせることができて生活が豊かに、快適になると言われています。

 

アンガーマネジメントとは?

アンガーマネジメントを取得すると、自分がイヤなことをされて「カーッと怒った時」にコントロールすることができます。

コントロールできれば不必要なケンカや失言が減り、人間関係が快適になってきます。

 

人は疲れている時、体調が悪い時はイライラしやすかったり、怒りっぽくなりがちです。

そんな時に「アンガーマネジメント」のことを思い出して急激な怒りを逃すようにしてみましょう。

 

ここからはアンガーマネジメントの簡単なやり方についてご紹介していきます。

実際に「簡単に」取り入れることができるので「最近怒りっぽくて自己嫌悪…」と感じている人は取り入れてみてくださいね!

 

アンガーマネジメントのやり方とは?

ここからは、私も実践しているアンガーマネジメントのやり方についてご紹介していきます。

 

怒りを抑える、流すポイントがあるので自分の怒りの経験を踏まえてご覧ください。

 

①1番大切!6秒ルール

実は人間の怒りのピークは「6秒」しか持たないといわれています。

 

友人や家族、知人から失礼な一言を言われて「カーッ」と頭に血が上る時がありますよね。

そんな時に6秒だけ何も言わずに耐えると、一旦理性が戻ってくるといいます。

 

怒りのままで発言するとあとで後悔することも多いですから、6秒耐えることを頭の隅においておきましょう。

 

実際に頭に血が上る出来事があった時は1度深呼吸してから

 

  • ゆっくり6秒心の中で数える
  • 別の物を集中してじっと見て、6秒待つ
  • 一先ず別の部屋に移動する

 

ということを実行しましょう。

 

すぐにその場を離れることが1番効果はありますが、実際にはそうできないことが多いです。

そんな時はイラっとした人から視線を逸らして6秒数えましょう。

6から逆に数を減らしていくのも効果があります!

口を滑りがちな人と話すときは、「6秒ルール」を念頭に置いておきましょう。

 

②「~~するべき」という思いは自分だけのルールだと認識する

人と接した時に「それは〜するべきじゃない?」と思ったことがありませんか?

人は生まれ育った環境で、自分なりの常識やエチケット、マナーを習得していきます。

 

当然ながら人によって環境は全く違うので「〜すべき」という考えは千差万別なのです。

そのため、いくらあなたが「これは〜すべきでしょ、普通?!」と思っても相手からすると全く見当違いな言いがかりにしか感じません。

 

相手と自分は考え方が全く違うと理解し、「〜すべき!」という思いが浮かんだらその考え方の方がまずいということを思い出してください。

あなたなりの「〜すべき」を守らない人が周りにたくさんいると段々とストレスが溜まり、怒りの沸点が低くなっていきますよ!

 

 

③割り切って気持ちの切り替えを早くしていく

常に穏やかで、怒らず、ニコニコしている人って心の中で何を考えているか分かりますか?

「何も考えていない」?

いえいえ、何も考えていない人なんてほとんどいませんよ!

 

意外と、穏やかそうに見える人でも内心は好き嫌いがあったり、嫌な気持ちになったりしているのです。

 

ですが、穏やかに見える人って

  • 気持ちの切り替え方が上手
  • 自分と他人は違う価値観を持っていると割り切っている

という人が多いんです!

 

だから感情の起伏が少なく見えるし、いつも楽しそうに生活してるように見えます。

 

穏やかな人になれるようにアンガーマネジメントでは「割り切る」ことが大切だと教えていきます。

嫌なことがあっても人の価値観と自分の価値観は違うと割り切り、気持ちを切り替えることがアンガーマネジメントになります。

 

 実践!私がやったアンガーマネジメント

私の下の息子は発達障害があり、言葉が遅いと3歳児健診でいわれました。

息子の障害を心から受け入れきれていない自分と、仕事で常に不在な夫、なんとも未熟な2人の親に育てられている子どもたちがかわいそうになってしまう瞬間があります。

 

こどもが、何かいたずらをして、ものを壊してしまったとき、言葉でだらだらと叱ってしまっても息子には意味が全く伝わらずおびえています。

息子からすると「急に怒られて、何を言っているのかわからない」という状態です。

 

先日、いつものように、こどもに向かって怒鳴り散らしているときの自分の顔が鏡にうつり、一瞬ですがそれが目に入ってしまいました。

「鬼のようだ」と、我ながらぞっとしました。

 

声もあげず、はらはらと涙だけを流している子どもをその場において、自分がまずしたことはトイレにこもることでした。

鏡をもう一回しっかりとトイレでみて、深呼吸をしました。

つりあがっている怖い目が少しゆるんできました。

もう一度深呼吸し、「ごめんね。こわかったね。」と口をうごかしていってみました。
少し、表情がやわらぎました。

 

自分がリセットされているということが自覚できた段階で、部屋にもどって息子を抱きしめることができました。

すると、こわばった息子の体ともに、自分のからだもこわばっていたのがわかり、二人で涙を流すことで同時にお互いの体温を感じながら体を緩めていくのを実感できたのでした。

 

怒髪天のごとく、怒りがこみあげたときは
まず鏡をみる→いったんその場を離れて一人になる→深呼吸をする

私は今、息子に怒りを覚えた時はそうしています。

不思議なほど、体と心がリセットされました。

もし家庭や日常で「怒りが抑えられない」という時は試してみてくださいね。

コメント