空から降る一億の星韓国の結末はバッドエンド?最終回ネタバレは衝撃のラスト

空から降る一億の星 空から降る一億の星

空から降る一億の星の結末が衝撃のラストと言われています。

果たして空から降る一億の星(韓国)最終回は本当にバットエンドなのでしょうか?

女子大学生殺人事件をきっかけに謎に包まれた過去が明かされ、最終回では衝撃的なラストを迎えるミステリーラブストーリーです。

韓国版の衝撃のラストとは一体・・・?

最終回ネタバレと感想をご紹介します。

 

空から降る一億の星(韓国)の最終回あらすじをネタバレ!

ジンガンをあざ笑うように傲慢な態度をとるNJグループの総務チャン・セラン。

一瞬の迷いもなくセランに銃を放ったムヨンに視聴者もかなりの衝撃が走りました。

 

殺人犯となったムヨンは警察に追われる身となり昔家族と暮らしていた家に向かいます。

そこに身を隠しながらも遺書を描いたのでした。

一方ジンガンはムヨンが人殺しなんてするはずがないと25年前の事件を調べ、ムヨンの居場所を見つけ出します。

 

ムヨンとジンガンは実の兄妹では無かった!?

幼い頃の記憶を取り戻したムヨン。

しかしチャン・セランの嘘に惑わされジンガンは実の妹だと思い込んでいました。

殺人犯として警察に追われながらもジングクと密会、話をする事に。

 

ジングクとの話をする中でジンガンが妹ではない真実を知ります。

その時そうやく自分はセランに騙されていたと気づき、怒りが込み上げると同時にその場に崩れ落ち涙しました。

ジングクはムヨンに出頭するように言い聞かせますが、全てを知ったムヨンは「3日間だけ時間が欲しい。」とその場を去っていきます・・・。

 

火傷痕が幼い頃感じた愛情の証

家族と暮らしてた家に着いたムヨンはジングクとの話を思い返します。

ジンガンの両親は宗教に洗脳されて育児放棄していたのでした。

親の代わりにムヨンがジンガンの世話をしていたのです。

 

愛情を注いでくれたムヨンの存在は、ジンガンにとって全てでした。

 

ジングクの発砲によってムヨンの父親が撃たれた際、物音に気づいたジンガンが家の中に入って来てストーブにぶつかってしまいます。

その時ストーブの上に置かれたヤカンが落ち熱湯からジンガン守るために、ムヨンが咄嗟に覆いかぶさったのです。

 

二人の火傷痕はこのような経緯で生まれました。

ムヨンの火傷後の方がジンガンより大きいかった事がムヨンがジンガンを大切に思う気持ちの現れだったのではないでしょうか?

 

ムヨンに一緒に生きようと誓う

森の中の家に身を隠しながらムヨンは遺書を書きました。

”ジンガンにいい人になって欲しいと言われ、僕はいい人になりたかったのに殺人犯になってしまった。

人を殺した事を後悔している。

殺した時自分が人間であるという事を感じたと同時に人生の終わりだと思った。”

その頃ムヨンがいつも大事そうに持っている絵を見つけ居場所を突き止めたジンガン

ムヨンの元に急ぐ中で昔のムヨンとの記憶を思い出します

そして再会した二人でしたがムヨンはジンガンを突き放します。

ジンガンは父親を射殺したジングクを殺すつもりだったと言うムヨンの前で自分のこめかみに銃を向け、兄の代わりに自分が死ぬと告げます。

”僕には君だけだって。私にはあなたしかいない。

あなたがいたから、私がいる。”

涙を流しながら訴えかけるジンガンにムヨンは『生きたい』初めて本心を話します

そして2人は微笑みながら近づきます。

 

このシーンではジンガンを演じるチョン・ソミンさんの迫真の演技に胸を撃たれました。
ムヨンにどうか生きて欲しい
誰もがそう願った瞬間だったのではないでしょうか。

空から降る一億の星韓国の最終回結末は?

一緒に生きていこうと誓った二人だったが、そこにセランの秘書が復讐のため家にやってきました。

ムヨンに向けられた銃口を見たジンガンは咄嗟にムヨンを守り、撃たれてしまいます

立て続けにムヨンも撃たれてしまい、涙を流しお互いを見つめ合いながら息絶えてしまうのです。

 

銃声を聞き駆けつけたジングクであったがそこには二人が亡くなっていた

ジングクはただ泣き叫ぶしか出来なかった。

 

空から降る一億の星の最終回はバッドエンドorハッピーエンド?

空から降る一億の星

衝撃的なラストシーンだった最終回。

この終わり方がバッドエンドなのかハッピーエンドなのか筆者の考えをお伝えしていきます。

 

バッドエンドの理由①変えられない過去

過酷すぎる現在と過去を生きてきたムヨンとジンガン、そしてジングクですが過去は変えられないもの。

 

もう少し早く『ジンガンとは兄妹ではない』という事実が分かっていたら・・・

もう少し早く記憶を取り戻せていたら・・・

ムヨンは殺人を犯すことは無かったのかも知れません。

 

残酷な運命の結末が韓国ドラマには珍しいバットエンドという形となりました。

 

バッドエンドの理由②2人が死んでしまう結果に

空から降る一億の星

二人で生きていこうと決めたことでホッとした場面で、セランの秘書に撃たれてしまった場面。

愛を確かめ合う二人が死んでしまうシーンは涙が止まりませんでした。

 

幼い頃からたくさんの悲しみや苦労を乗り越えてきた二人。

結局最後は悲しくも二人とも死んでしまう結末となり多くの視聴者から悲しみの声が上がりました。

この結末は恋愛ドラマのハッピーエンドを想像していた方からすると「バッドエンド!」と声を大にしたい部分です。

 

ある意味ハッピーエンドという側面もある?

空から降る一億の星

ドラマとしてはバッドエンドですが、現実世界で考えるとハッピーエンドとも取れなくはないと筆者は思いました。

 

  • 殺人を犯してしまったムヨン
  • 幼い頃のツライ過去(因縁の相手)

このような恋愛が長く続いていくことは難しいと思います。

ツライ現実を迎える前に愛した人と、愛を告げながらもあの世へ召される…。

その終わり方は現実世界的に考える「ハッピーエンド」と捉えられなくはないかな、と。

といっても現実的でなくてもハッピーエンドを迎えて欲しかったとは思います。

 

空から降る一億の星の最終回への感想は?

何事にも関心がなく本心が分からない。

自分がいつ死のうが構わない。

そんな冷めた心だったムヨンが初めて本心で放った『生きたい』という言葉。

このシーンは涙無しでは見られない心が締め付けられるような場面でした・・・。

 

死んだ後の結末も世間からは心中したとしか思われない切なさ、悔しさの残るラストですね。

 

日本版とは結末が少し違いますが、儚くも美しい物語の結末に名作との声も。

 

リメイクのプレッシャーを見事に跳ね除けた韓国版。

迫真の演技を見せた主演ソイングクにはハマったら抜け出せません♡

 

『衝撃的』と言うワードがふさわしく最後までハラハラドキドキする展開でした。

最終回までに飽きてしまうドラマもある中、このドラマは途中で飽きることなく最終回まで楽しめるストーリーではなかったでしょうか。

 

空から降る一億の星はバッドエンドかハッピーエンドか?まとめ

「空から降る一億の星」の結末はバットエンドとなってしまいましたが、多くの視聴者の胸を打ち、余韻を残すこととなりました。

 

最期まで過酷すぎる二人の人生は果たして幸せだったのでしょうか?

 

最終回で二人は死を迎える結末という悲しい最期となりました。

しかし愛で人の心を変えられるという奇跡を起し、どんなに辛い過去や心の傷があっても愛を貫き通した二人の姿。

視聴者の心には儚くとも美しい愛のパッピーエンドとなったのではないのでしょうか。