永遠の桃花の最終回をネタバレ!結末はハッピーエンドのラスト?

永遠の桃花 永遠の桃花~三生三世~
【ランキングに参加中】
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ    

大ヒット華流ドラマ「永遠の桃花」最終回は、ハッピーエンドなのでしょうか?

57話で夜華の仙体は、天族の無忘海に葬られてしまいました。

夢のなかで夜華に出会い、それを現実と想いたい白浅に涙がとまりませんでした。

永遠の桃花の結末はどうなるの?ハッピーエンド?

 

感動の最終回の結末を、詳しくネタバレしていきます。

 

永遠の桃花の最終回(58話)のネタバレ!

眠っては夢の中で夜華に出会い、失意のなかで日々を過ごす白浅。

兄の白真と共に、旅に出て三年が経とうとしています。

人間界に来た二人が見たのは、素綿の姿でした。

登場人物ごとに、ネタバレしていきます。

素錦(そきん)の最後は?

人間界に落とされた素綿は「男に色目を使う、」と言って旦那さんになじられていました。

白浅にしたことを思うと自業自得ですが、天界から永久追放された素綿は、とても哀れな様子でした。

白浅は「もう目も取り戻したし、もう私には無関係だわ。」と言いました。

そして疲れたから休もうと、茶屋にやってきました。

 

臙脂(えんじ)の愛は実る?

そこで、白浅は、臙脂と出会います。

7万年ぶりの出会いです。

臙脂は「司音として出会ったから、司音と呼ぶわ」と。

翼界の大紫明宮(だいしめいきゅう)での思い出を語る臙脂。

しかし、臙脂の父・擎蒼(けいそう)は、夜華を葬った敵です。

臙脂のそばには、小さな女の子がいます。

「綺麗なお姉さんね。」

女の子が言いました。

この子こそ、あの神芝草のおかげで生きた応児なのです。

白浅と別れた後日、臙脂は崑崙虚に向かいます

 

そして、掟に背いて応児を救ってくれたに子闌に会いに来ました。

お互いに想い合っている二人は、ハッピーエンドになるのでしょうか?

応児にお礼を言わせると

「男の子だったのでは?」という子闌に

「最初から、女の子だったのよ。

跡継ぎが欲しかったから偽っていた」と。

「玄女は、他人と己を欺き続けたのだな。」と子闌が言いました。

 

子闌の心配をする臙脂ですが、子闌は、ずっと崑崙虚に居たと嘘を言います。

子闌は、掟を破って翼族の子を救う時に、その後は無忘海の守りをする、と決めたのでした。

ですから、「もうここには来るな」と臙脂に言いました。

お互いを慕いながらも結ばれない二人でした。

 

阿離(あり)との出会い

臙脂と話していたら、阿離がやってきました。

「母上、僕のことを要らなくなったの?

どうして天宮に会いに来てくれないの?」

という阿離。

「そんなわけないわ。ずっと、恋しかった。

忘れたりなんかしない。

母は、ずっと眠っていたの。

目覚めて阿離に会いに行こうと思っていたら阿離が来てくれたのね。」という白浅。

 

いじらしい阿離の姿にキュンとしてしまいます。

3年経ったのに、阿離は大きくなってないな、と思いましたが、阿離は300才だったから、3年くらいでは変化もないのかもしれませんね。

最後まで、この年月の経過に慣れなかったような。

そして、今日これから初めて父の墓参りに行くので、一緒に行こうという阿離。

白浅は、共に無忘海へ向かいます。

無忘海(むぼうかい)に葬られた夜華

阿離とともに、無忘海についた白浅。

「母上も父上が恋しいか」と聞く阿離に

「ずっと恋しく思っている。

覚えている。

父上が4頭の猛獣を倒し、えい州を沈めたことを。

本当に勇敢だった。

父神には、二人の息子がいるけれど、一人は師匠でもう一人は夫なのだから。

だから、いかなる男も母の目には入らない。」

と白浅は答えます。

しんみりした雰囲気のところで、子闌が笑いながら登場します

「司音、自慢話もいいかげんにしろ。

この3年、寂しかったがやっと訪ねて来る者がいた。」

 

阿離がお参りします。

この3年間、洗梧宮に籠もって勉学に励んでいたという阿離。

お祖母様は、外に出してくれなかった、と。

白浅も続きます。

白浅は、夜華の棺に語りかける。

「ここで眠っていれば休めるわね。

政務に忙しいこともない。

戦に出ることもない」

ゆっくり語らえるように、阿離を連れて行く白真上神。

棺の元で、居眠りをする白浅に夜華が現れて近づきます。

頬に触れて。

 

白浅が、目を開けると夜華の姿はなく。

「夜華」とつぶやく白浅。

いつもの夢だったのでしょうか?

阿離とのお別れの時。

「勉学よりも、今を楽しく過ごして」と言う白浅の言葉に対して「父のように賢くないけれど学問に励む」と返す阿離です。

「阿離は、父に似たのね」と言って抱きしめる白浅でした。

別れ際、阿離がお供に手を引かれながらも、白浅を振り返って見る場面もほんとにジーンときましたね。

白浅は白真と別れ、人間界の芝居を見に茶樓に向かった。

 

白浅らが帰ってから、無忘海の玄晶氷棺の周りには急激な仙気が満ちていました。

 

天宮の神々のその後は?

天君に拝謁する元貞(げんてい)と織越(しゃくえつ)。

素綿のせいで、人間界に落とされた元貞に「どう償ってほしいか」と聞く天君。

「白浅上神に逢いたい」という元貞です。

「その名は、禁句よ」という織越に対して天君は

「夜華が逝き3年になる。別に禁句ではない」と言いました。

そして「元貞よ。何故白浅上神に会いたいのか。」と問います。

「人間界で師匠だったので、親も同然だから、恩返しがしたいのです」と、元貞。

「その言葉を聞けば、白浅上神も慰められるであろう。

ただ、この件は、今度にしよう」

と、天君は出ていってしまいました。

 

 

それからのち、天宮に朝早くから玄晶氷棺の周囲に仙気が立ち始めたと、子闌が知らせにきます。

「夜華の元神は離散したのに何故、仙気が?

もしや、死んでおらぬのでは?」

希望を感じる父・央錯(ようさく)と母・楽胥(らくしょ)です。

天君は「このことは、口外してはならない。」と織越と元貞に言い渡す。

「墨渊上神に見に行ってもらうがいい。」と天君が言い、子闌は崑崙虚(こんろんきょ)に向かいます。

雲集茶楼(うんしゅうさろう)にて

 

白浅が芝居を見ていたら、織越が来ます。

「やっぱり、居た」

白浅をみて喜ぶ織越。

「ここのお芝居は、いつも悲劇ね」という織越に、白浅は「意のままにならないのが、人生よ」と。

織越は、話し出す。

「この芝居を見ると、死んだ従兄弟を思い出すの。

とても、美男だった。戦で短い命を終えた。死ぬほど悲しむ両親と息子を残してね」

 

「遺された両親や、その息子のほうが従兄弟より哀れだわ」と、遺された者の痛みを思う白浅。

「3年前、従兄弟の元神は砕け散った、と誰もが思った。

でも、昨日無忘海が、突然荒れ始めた。

玄晶氷棺が、仙気に包まれたらしいの、不思議でしょ。」

聞いていた、白浅の表情が固まります。

人びとの動きを止めて、白浅が話の続きを促す。

そして、その従兄弟が夜華だ、と知るのです。

白浅は、驚きの表情で茶樓を飛び立ちます。

目覚める夜華

無忘海では、仙気があがっている玄晶氷棺の周りに墨渊、天君、央錯殿下、楽胥などが見守っています。

墨渊が仙気を送ると、夜華が棺から浮き上がり、地面に横たわりました。

「夜華よ、玄晶氷棺と無忘海のおかげで早く目覚められたのだな」という墨渊。

再び、墨渊が仙気を送ると、大きく息をして夜華が目覚めました。

「墨渊・・・墨渊上神」という夜華。

墨渊は「早く白浅を訪ねよ。3年も待っている」と夜華に言いました。

起き上がる夜華。

「衣を葬った墓が、十里桃林にある」

白浅を愛するがゆえに、何より先にそのことを告げる墨渊です。

「ありがとう、兄上」

 

立ち上がり、天族の家族に一礼すると、橋を渡り白浅のもとへ走る夜華。

オープニングシーンで見てたのは、この場面だったのですね!

十里桃林へ

織越から話を聞き天宮に向かうも、そこには夜華の姿はなく、侍女に聞いても「無忘海に葬られたのでは」と言われ、落胆する白浅。

そこへ、墨渊上神がやって来ました。

「師匠。夜華は?夜華はどこですか」と泣き崩れる白浅。

父神は、修為(修練を積み得た仙力)の半分を使い仙胎を作った。

その修為は、夜華の元神に宿り続けてきた。

3年前、猛獣を倒し父神の」残り半分の修為も得た。

父神の全ての修為を得た夜華は東皇鐘の威力に耐えた。

だが、2つのちからの衝突で元神が傷つき、眠りについた。

その眠りは、数十年続くはずだったが玄昌氷棺の力と無忘海のおかげで3年で目覚めることができた。

 

夜華が生き還り十里桃林へ向かった、と聞いた白浅。

夜華を探しまわります。

夜華、夜華と呼びながら。

ここで流れるテーマ曲♪ ちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃっちゃあー♪

夜華ー生きてましたー。

会えましたー。

見つめ合う二人。

「夜華・・ 」

「白浅  こちらへ 」

 

 

白浅のこの瞳♡

 

夜華

あふれる想い。

この夜華の優しい微笑み♡

「泣くな。

ほら、私は、生きている」

強く抱き合う夜華と白浅です。

 

二人から少し離れたところで、碁を打つ切顔上神と阿離、そして白真上神。

「父上は、母上にべったりで困る」と言いながら「母上の話をしようか、それとも父母の愛憎の話?」

という切願上神です。

「父と母に憎しみなどない」という阿離に「そうだ、そうだ」と言い、白浅の2万歳の頃からのお騒

がせエピソードを語り始めます。

 

十里桃林の水辺で夜華の膝枕の上で話す白浅。

「この3年、夢のなかで話ししたり、碁をしたりしたの。

寝ればあなたにあなたに会えるから寝てばかりいたの。

本当に夢じゃないよね」

夜華が答えます。

 

「夢ではない。

そなたとは、東荒’とうこう)の俊疾山(しゅんしつさん)で出会った。

黒蛇として出会い、そなたはわたしを愛した。

あの暮らしで、初めて幸せを感じた。

天宮に行き、誅仙台(ちゅうせんだい)から飛び降りた。

あの頃の私は、阿離がいたから生きられた。

そして、300年後、再び出会えた。

しぐさと傷あとで、わかった。

素素でも、白浅でもそなたはそなただと。

ほら、こんなにはっきりと。

夢ではない。」

「そうね。夢ではないわ。

よく覚えている。

一緒に乗り越えてきたこと」と答える白浅です。

「水晶宮でかけた言葉を覚えているか。」と問う夜華。

「覚えていないわ。」

「そなたが、白浅上神だとは知らなかった。」

そう言って白浅に口づけしました。

永遠の桃花の続編情報

 

永遠の桃花の結末はハッピーエンドorバッドエンド?

 

白浅と夜華は、この上ないハッピーエンドでした。

けれど、墨渊師匠との愛の物語と思って、途中まで見ていた方も多いのでは?

夜華からみての、三生三世だったんですね。

金連として妖精のように崑崙虚で司音を見ていたのが一番目の世。

天族の皇太子として素素を愛したのが二番目の世。

そして、記憶のない白浅に一途な愛を捧げる三番目の世でした。

墨渊からみると、どうなんでしょうか。

命かけて猛獣と戦ってくれた弟のおかげで助かったところもあり、最終的には二人の幸せを祈るのが墨渊らしい感じがしますね。

東華帝君(とうかていくん)と白鳳九(はくほうきゅう)も結ばれませんでした。

子闌と臙脂も結ばれませんでした。

こちらは、バットエンドでしたね。

 

永遠の桃花の最終回ネタバレの感想

 

 

 

 

白浅と夜華がハッピーエンドで良かった、という声とともに、白鳳九や臙脂の恋が実らなったのが残念なようですね。

主人公達以外にも、人気の登場人物が多かった気がします。

 

夢の中や生き還ってから、何でも話してくれる夜華でした。

天宮にいる頃からもっと話ししてくれると、良かったのにね。

永遠の桃花の結末はハッピーエンドのまとめ

永遠の桃花の最終回をネタバレでご紹介してきました。

いかがでしたか。

皇太子・夜華と女帝・白浅の三世にわたるラブストーリー

深い縁で結ばれた運命の二人でしたね。

演技も映像もアクションも、とても素晴らしいエンターテインメント作品だと思います。

どうぞ、何回も御覧くださいね。

永遠の桃花の続編についての情報もありましたのでご一緒にご覧ください♪

 

画像出典:Youtube