欠点ある人間たちキャストと相関図を画像付きで紹介!アンジェヒョン主役!

欠点ある人間たち

韓国ドラマ「欠点ある人間だち」(原題:瑕疵ある人間たち)は、アン・ジェヒョンが久しぶりにドラマに出演した作品です。

 

「欠点ある人間たち」のキャストと相関図が知りたい?

主役のアン・ジェヒョンも画像付きで紹介しています♡

では、「欠点ある人間たち」のキャストと相関図をみていきましょう。

欠点ある人間たちの相関図

まずは、「欠点ある人間たち」の相関図からです。

 

ジュ・ソヨン(オ・ヨンソ)は、母親の再婚で幼い頃にジュ・ウォンジェ(ミン・ウヒョク)ジュウォンソク(チャ・インハ)の2人のイケメンの兄ができました。

その後、イケメンな弟ジュ・ソジュン(キム・ジェヨン)も生まれ、イケメン兄弟で育ったソヨン。

 

その頃のソヨンは「美しいもの=良いもの」という認識で成長していました。

しかし、両親が突然の事故で亡くなり、美しい兄弟たちの自由な生き方に振りまわされ疲れてしまったソヨンは、「美しいもの=嫌い」と認識が変わり、イケメン嫌いになってしまうのでした。

 

ジュ・ソヨンの家族:兄2人ジュ・ウォンジェ、ジュ・ウォンソクと弟1人ジュ・ソジュン

 

そんな彼女の前に現れたイケメンが、イ・ガンウ(アン・ジェヒョン)

実はガンウはソヨンの中学のときの同級生。

 

15年前に「デブでブサイクだから」とフラれていたガンウ。

それが原因で屈辱的な過去を抱え、そのトラウマを克服するために留学をしてダイエットをし、イケメンを手に入れたのです。

 

彼には、姉イ・カンヒ(ファンウ・スルヘ)がいます。

 

 

ソヨンの職場の同僚として、キム・ミギョン(キム・スルギ)とガンウの従弟でもあるイ・ミニョン(ク・ウォン)

ミギョンはお金持ちと結婚するために努力している女性。

ミニョンは元医師の経歴を持つ男性です。

 

ガンウの友達のパク・ヒョンス(ホ・ジョンミン)は、ガンウが過敏性腸症候群に悩まされていることを知っている唯一の人物です。

 

イケメンが大嫌いな女性と過去のトラウマから外見がものすごく気になる男性、また周りにも欠点だらけの人間が集まっている「欠点ある人間たち」

お互いの偏見や誤解を克服して、本当の愛を見つけていくロマンチックコメディードラマです。

 

欠点ある人間たちメインキャスト(画像付き)

ここからは、「欠点ある人間たち」のメインキャストを紹介します。

 

イケメン男子が大嫌いなオ・ソヨン(オ・ヨンソ)とイケメン財閥3世のイ・ガンウ(アン・ジェヒョン)との出会い。

この2人、実は強い絆・悪縁でつながっていたのです。

メインキャスト①オ・ソヨン/ジュ・ソジュン

名門私立高校の臨時の体育教師オ・ソヨンを演じたのは、ジュ・ソジュンです。

 

365日/24時間、いつもトレーニング服またはジーンズにスニーカー姿のソヨン。

名門私立高校の臨時教師として働く彼女は、陸上部の監督でコーチも務めています。

 

どんな運動にも才能があり、筋肉質で何かあったときは身体が先に動くタイプ。

もともとはこんながさつではなかったのです。

 

実はワンピースを着てお姫様の王冠を被っていたような時期もありました。

しかし、ソヨンがこうなってしまったのは、ある特殊な環境のせいだったのです。

 

11歳のとき、母が再婚して出会った父と兄2人は童話の中の王子様のようだったソヨン。

また、その後生まれた弟も産婦人科の広報モデルに選ばれるほどの美形。

弟は天使・・・いや、天使と思っていたソヨン。

 

イケメン3兄弟のおかげで、いつもソヨンは後回し。

彼らと似ていないことが災いして、兄たちの隠れた恋人に間違われたりで嫉妬した女性たちの餌食となるのでした。

 

ソヨンは学びます。

イケメンなんて・・不幸を持ってくる存在。

そうして彼女は、イケメン絶対お断りのイケメン嫌悪症にかかります。

 

彼女の理想は「いけてない男性」。

そんな時、誰から見てもイケメンな男性イ・ガンウがソヨンの前に現れるのでした。

メインキャスト②イ・ガンウ/アン・ジェヒョン

名門私立高校の理事長イ・ガンウを演じたのは、アン・ジェヒョンです。

 

世界の中心は自分だと思っている男性で、若い人からお年寄りまで通りすがりの人が全て振り返るほどのイケメン。

そんな他人の視線に満足し、自分の外見磨きのために一日12時間を投資する外見執着主義者です。

ガンウがそうなった原因は、15年前の中学生のとき。

ソヨンにデブでブサイクだからという理由でフラれていた過去を持っています。

 

そのストレスでガンウは急性腸炎となり、よりによって修学旅行のバスで下痢をしてしまうことに。

このあまりにも屈辱的すぎる出来事から逃げるようにアメリカへ留学したガンウは、死ぬ気でダイエットをして、外見に執着過ぎる男イケメンへと変わっていきます。

 

しかし15年前のトラウマのせいで重度の潔癖症と何か当時のトラウマ的事象に遭遇すると、過敏性腸症候群に陥ってしまいます。

有名な心理カウンセラーに出会い、自分の過敏性腸症候群はすべて15年前のソヨンに原因があることを知るガンウ。

 

ガンウは15年前の呪縛を解くために、ソヨンの務める学校の理事長に就任するのでした。

欠点ある人間たちサブキャスト(画像付き)

ここからは「欠点ある人間たち」のサブキャストを紹介します。

キム・スルギ、ク・ウォン、ホ・チョンミン、ソヨンの家族(ミン・ウヒョク、チャ・インハ、キム・ジェヨン)です。

サブ・キャスト①キム・ミギョン/キム・スルギ

ソヨンと同じ職場の国語教師で友人のキム・ミギョンを演じたのはキム・スルギです。

 

「師」と名前がつく職業の男性と結婚するために必死に勉強して先生になった女性。

お給料の70%はお化粧や装飾品に使い、絶対にすっぴんで外出なんてしないミギョン。

財産がありイケメンな男性をゲットするためには、収入や持っている車の車種、そして住んでいるところや家があるかなど、当然のように相手に尋ねることができるのです。

 

他人は他人、自分は自分という性格なので、中学のときにいじめに遭いました。

しかし、いつも自分のそばにいてくれたのはソヨン。

ソヨンのためなら・・と思っている義理堅い女性なのです。

 

サブキャスト②イ・ミニョク/ク・ウォン

ソヨンと同じ職場の保健の先生のイ・ミニョクを演じたのはク・ウォンです。

 

ガンウの従兄弟でどんなに食べてもぜい肉にならない男性。

スタイルもよく、さらに頭も良いミニョクは、韓国大学医学部に合格しました。

 

しかし、絶対に有頂天にならず謙虚な性格。

家族から心配されて「合格したの?」とまで言われるほど。

また、大手シンファフードの長男のミニョク。

 

大学病院の医師時代ある事件をキッカケとして嘘がつけない人間に陥ってしまうのでした。

嘘をつこうとすると、嘔吐や悪寒、さらには発熱まで起こしてしまい病院を辞めました。

 

もともとは人の治療をしたいと思っていたミニョク。

看護学科に入学しなおして、現在保健の先生をしています。

職場の人たちにの反応は、見かけはまともだけど、いつも甘い物を食べている男性です。

 

サブキャスト③パク・ヒョンス/ホ・チョンミン

芸能事務所の社長パク・ヒョンスを演じたのは、ホ・チョンミンです。

 

ガンウの友人で中学の同級生。

韓国大手のプロダクションHSエンターの社長で収益がでないことは容赦なく切り捨てるタイプ。

面倒なことが嫌で、周囲の人々に自分のやっていることを隠しているのでした。

人と少し関わるだけで、相手の考えていることや性格がわかる能力を持っているヒョンス。

 

そんな彼ですが、キム・ミギョンはとても新鮮に映ります。

自分の欲することを隠さずに堂々としている彼女。

「こんな人もいるんだ」と言う好奇心から好感へと変わっていくのでした。

 

ガンウがアメリカでスカウトした人物は、なんと中学のときの友達ガンウでした。

あまりの容姿の変化に驚くとともに、意外にナイーブな性格とわかり友達関係を続けています。

 

サブキャスト④ソヨンのイケメン家族

ジュ・ウォンジェ/ミン・ウヒョク

ソヨンの1番上の兄で輸入車ディーラー。

 

彼女にも、彼女以外の女性にも優しい男性。

話術が得意で捕まえた客は必ず契約まで持っていく能力があります。

しかし、基本的にはずぼらな性格。

 

ジュ・ウォンソク/チャ・インハ

ソヨンの2番目の兄で有名なゲイバーのバーテンダー兼マネージャー。

 

言葉もきつくて冷たい印象ですが、実は優しい性格。

彼を見に客が押し寄せるため、同業者の2倍のお給料をもらっている人物です。

 

ジュ・ソジュン/キム・ジェヨン

ソヨンの弟でイケメン高校生。

 

彼が3歳の時に両親を失ったので、ソヨンと兄たちが甘やかして育ててしまったソジュン。

10歳のときにスカウトされ、現在はアイドルデビュー目前のHSエンターの有名な練習生です。

欠点ある人間たちはアンジェヒョン主役

久しぶりのドラマ出演となるアン・ジェヒョン

ドラマ「欠点ある人間たち」のキャストに選ばれたとき、一部のネットユーザーから降板要求されたジェヒョンです。

なぜ降板要求されたの?

「欠点ある人間だち」の主役を務めたアン・ジェヒョンは、そのころ女優ク・ヘソンと破局していました。

お互いがSNSを通じて暴露合戦を続けている中でのドラマ出演だったため、「降板してほしい」との要望がでたようです。

 

MBCの対応は予定通りの放送

「欠点ある人間たち」のドラマ制作をしているMBCは、Newsenの取材に対して

「アン・ジェヒョンの降板に関連する部分については回答しかねる」とコメントしませんでした。

 

ロマンチックコメディーなだけに、こういう騒動が尾を引く韓国ドラマ。

しかし、撮影は予定通り行われて「欠点ある人間たち」は放送されることになりました。

欠点ある人間たちのキャスト相関図まとめ

「欠点ある人間たちキャストと相関図を画像付きで紹介!アンジェヒョン主役!」と言うことで、キャストと相関図を画像付きで紹介してきました。

 

上記のポスターの言葉、「付き合おう」「失せろ」というストレートなフレーズ。

このドラマは「ストレートには決していかない」ことを示しています。

 

「欠点ある人間たち」は、自分の思い通りにいかないキャストたちが生き生きと描かれたラブコメドラマです。

 

※画像出典:http://www.imbc.com/broad/tv/drama/lovewithflaws/