岩崎隆一の家族や仕事と職場はどこ?犯行の動機が徐々に明らかに

事件・事故

川崎殺傷事件は19人の被害者をだす悲惨な事件となってしまいました。

 

犯人の岩崎隆一が自殺してしまったため、警察や報道の情報を待つしかありません。

今回は岩崎隆一の家族や仕事、徐々に明らかになってきた犯行の動機などを調査していきます。

 

岩崎隆一容疑者の家族は?

 

岩崎隆一容疑者は結婚していないのか、妻や子供の情報はありませんでした。

結婚歴があるかどうかも不明です。

 

ですが

現在

  • 伯父夫婦と一緒に暮らしている
  • 岩崎容疑者には兄がいる
  • 小学生の頃に伯父夫婦に引き取られた

ということが分かっています。

 

 

10代の頃に伯父夫婦の家からは出て別に暮らしていたようですが、数年前からまた一緒に暮らすようになったそうです。

 

なぜ岩崎隆一容疑者だけ伯父夫婦に引き取られることになったのか、その辺りはまだ判明していません。

ですが「可哀想な子」と周囲から思われていたようなので何か理由があったのは明らかです。

 

基本的には近隣の方と関わることもなく、挨拶などもしない暗い人物だった印象だったようです。

 

岩崎隆一の仕事や職場はどこ?

岩崎隆一容疑者の現在の仕事(職業)や職場については未だ判明していません。

 

ですが近隣住民の証言により

  • 仕事はしているようだった
  • 夜勤の仕事なのか、朝帰ってくることが多かった

ということから何らかの仕事をしていたと見られます。

 

もしかしたら職場で何かトラブルがあり、今回の犯行に至ってしまったという可能性もあります。

 

川崎殺傷事件の動機が徐々に明らかに

 

岩崎隆一容疑者がどうして犯行に至ったのか、動機と見られるものが少しずつ解明していきました。

 

  • 幼少期から複雑な境遇
  • 周囲と馴染めない
  • 友人が少ない

といった情報から世間に対して不満を抱いていたと見られます。

 

51歳になり「人生がうまくいかない」と感じて自殺を考えた所「他に誰か一緒に巻き込んでやろう」という凶悪な考えに走ったのではないでしょうか。

 

専門家の考えでは無差別殺傷事件の犯人が被害者を選ぶ場合

 

  • 自分よりも弱い存在
  • 幸せそう

な人間を選ぶことが多いようです。

 

カリタス学園の生徒たちは毎日礼儀正しく挨拶をし、先生や保護者の方に見守られて登校していたので不幸な身の岩崎隆一容疑者からは幸せそうに見えていたのかもしれません。

いずれにせよ、身勝手な犯行です。

 

岩崎隆一の犯行前の不審な行動とは?

岩崎隆一容疑者は犯行前に不審な行動をいくつかしていたようです。

 

  • ずっと長髪だった髪を丸刈りにした
  • 犯行前に近隣住民にあいさつをした

このことから、犯行を計画していて「自分はこれでもう死ぬ」と確信していたのかもしれませんね。

 

さらに

  • 犯行時、包丁を4本も所持していた
  • 手袋をして包丁が滑らないようにしていた

といったことから計画的だったと見られています。

 

近隣住民の方とはそこまで大きなトラブルはなかったようですが、世間に対して何かしらの恨みを抱いていたようです。

 

包丁を4本も持っていること、犯行が容赦ないことから「相当な恨みがあった」と見ている専門家も多いですが、自分に対する恨みや世間に対する恨みが強かったのでしょう。

 

被害にあった方からすると全くお門違いな理由で許せません。

幼い子供たちを狙った犯行、どうして人を巻き込むことにしたのか…。

色々考えてしまいます。

 

コメント