フェレットの飼い方と注意点とは?初心者の我が家が飼ったフェレット

動物好きの子供たちがハムスターなら飼ってもいい?!(それ以外にもたくさん動物は飼っていたのですが…)と無いかと思い、子供と夫だけでペットショップへ赴いた事がフェレットを飼うキッカケとなりました。

その時ペットショップで出会ったフェレットに子供が一目惚れし、押し負けた夫が飼ってきてしまったのでした。。

一切の知識なく飼い始めたフェレットでしたが、準備する物や注意点について「飼ったからこそ分かること」を書いていこうと思います。

フェレットをお迎えする際の準備

 

フェレットをお迎えする際、まず必要なのがケージでした。

フェレットは力強く知能も高い為、簡単に扉が開きそうな物は避けます。

また、体が細く狭い所に入れてしまう為、網目が細かい物を選ぶように店員さんに言われました。

そのショップには「フェレット用」とされていたケージがあったので、その中で一番大きい物を選んで購入してきました。

 

また、フェレットはハンモックで眠る事が大好きな為、ハンモックを購入しケージに2つ程掛けてあげました。

その他用意した物は

  • フェレット用のフード
  • 水入れ
  • シャンプー
  • トイレ
  • トイレ砂
  • ブラシ
  • おもちゃ

などです。

一応犬用の爪切りと耳掃除の道具は持っていたので、購入はせずに今も犬用の物を使っています。

 

我が家のフェレットの飼い方

現在はフェレット用のフードが沢山出ているので、ご飯はフェレット用のフードから年齢的に合ったものを選びました。

ベビーフェレットはまだカリカリしたご飯は食べられないので生後3ヶ月程度まではお湯でふやかしたフードを与えます。

お水は常に飲める状態にし、1日1回は取り換えています。

 

外へ散歩に行く必要はありませんが、1日1時間ほど外に出して遊ばせてあげています。

その際ベビーフェレットは何でも口に入れてしまう子もいるので、部屋の中はしっかりと掃除しておきました。

 

幼い頃はタオルをむしって食べてしまい、焦って病院に連れて行く事もあってそれからはフェレットが口にしそうな物はすべて片づけてから外に出すようにしています。

フェレットは腸閉塞を起こしやすいので置いてある物に関してかなり気を使います。

 

フェレットは多頭飼いに適しているので、お友達がいても楽しいと思います。

仲良く遊んだり、くっついて寝たりする姿は可愛くてとても癒されます♪

 

シャンプーは月1回、爪切りと耳掃除は2週間に1回ほどを目安に行うようにしていました。

爪が伸びるとハンモックに引っかかってしまったり、抱っこする時に痛かったりするので気にして切るようにしています。

フェレットを飼う上で苦労した事、注意点

フェレットはエキゾチックアニマルなので、診れる病院が少ないのが注意点といえます。

現在はフェレットも人気が出てきましたが、犬や猫と比べると詳しいお医者様は少数です。

 

過去に引っ越し直後にフェレットが体調を崩した際に慌てて病院を探した事がありましたが、あまりフェレットに詳しくは無く、様々な検査をしたため1日の入院で10万円ほどかかりました。

後に同じ症状でフェレットに詳しい病院で診ていただいた際は5000円程の注射で完治したため病院選びは慎重になります。

深刻な病気になった時にも「エキゾチックアニマル専用」の病院だとかなり丁寧に、普通の獣医さんとは違う見方をするので安心です。

 

その他に苦労した点はフェレットは体臭がキツイ為に部屋が獣臭くなる事です。

私自身は慣れてしまいましたが来客の際に指摘される事が多少ありました。

長年悩みましたが脱臭機の存在を知り、購入してからは殆ど改善されています。

現在のフェレットの様子

フェレットはすぐに懐き、犬や猫とは違った表情を見せてくれて可愛いです。

ペットショップでもよく売っているのですが性格は個体によって様々で噛み癖がある子もいればすごく大人しく抱っこされるのが好きな子もいます。

我が家のフェレットはいたずら好きで、ちょっとやんちゃですが(笑)いつも笑わせてくれて愛嬌があるので家族のムードメーカーです。

飼ってみてから1人暮らしの人にも人気な理由がよくわかりました♪

コメント

  1. […] しかし実際に飼ってみるとフェレットって一人暮らしの人でも問題なく飼うことができる小動物だとわかります。 […]