ヨンヒョン(JANNABI)脱退の理由はいじめ?メンバーのコメント(和訳)と世間の反応は

炎上

最近韓国で大人気の「JANNABI」。

急にブレイクしたおかげか、いろいろと噂もありますね。

 

今回は有名になった途端、脱退してしまったJANNABIのメンバー「ヨンヒョン」さんの

  • 脱退の理由
  • 世間の反応
  • メンバーの反応

について調べてみました。

 

今年韓国で大ブレイクした「JANNABI」は誰?

引用元:NAVER

 

JANNABIは2014年デビューした韓国のバンドです。

  • Choi Jung-hoon
  • Kim Do-hyung
  • Jang Kyung-joon
  • Yoon Kyul

 

もともとは5人組でしたが、最近ユ・ヨンヒョンさんの脱退で4人組になりました。

 

脱退の理由と世間の反応は後述します

 

ユン・ギョル(Yoon Kyul)さん以外は同じ町の友達同士ですごく仲がいいチームだそうです。

 

作詞・作曲・編曲までできる「JANNABI」のヒット曲はなにがあるのでしょうか?

 

「JANNABI」のヒット曲は

引用元:NAVER

  • Summer
  • She
  • For Lovers Who Hesitate
  • Did You Ever Love Me?

などがありますね。

 

最近韓国の音楽チャートランキング順位が上昇しています!

特に人気なのは「for lovers who hesitate」「She」あたりでしょうか。

 

韓国でもすごく人気がでてきているグループです。

 

最近「JANNABI」のメンバーが脱退した理由は?

引用元:NAVER

 

大ブレイクしたとたん、メンバーであるユ・ヨンヒョンさんが脱退をしました。

 

ユ·ヨンヒョンさんが脱退した理由は、高校の時、学校でいじめをした加害者だったからです。

 

被害者は「JANNABI」音楽が好きで、メンバーを一人一人調べるうちに「ユ・ヨンヒョン」が所属していることを知り、精神的なショックを受けたそうです。

 

この事件のために非難の世論が激しくなり、彼は自ら脱退することになりました。

 

被害者の方からの書き込みには

  • ライターでいたずらをされた
  • ビニール袋を頭に被せられた
  • ロッカーにいたずらされた
  • クラスの笑いものにされていた
  • 自身は転校し、精神科の治療を受けた

といったいじめの内容が詳細に書かれていました。

 

確かに、音楽で勇気づけられて好きになったグループが「自分をいじめていた張本人」だと知ったらショックは計り知れません。。

 

ヨンヒョンの「いじめ」に対し世間の反応は?韓国twitter(和訳)

 

JANNABIのユ・ヨンヒョンさんがいじめをしていたことや脱退したことに関し、韓国や日本でも注目が集まっています。

 

まずは韓国twitterの反応を見ていきましょう!

 

 

【和訳】

でもヨンヒョンの脱退が別に意味があるのか。

ただグループから名前だけ除いてステージに立たないだけで、作詞作曲に参加はできるのでは?

実際脱退になっているの?これは?

 

 

 

【和訳】

Jannabi ヨンヒョンが深く反省しているらしいが、本人ではなく、所属事務所が謝罪をした。

責任を取るため脱退すると言っているが、被害者への公開謝罪はなし。

被害者のほうで会いたくないとは言っているが、これが本当に反省している人の正しい態度か?

 

 

 

【和訳】

大好きなバンドなのに…

ヨンヒョンがすぐ脱退してよかった。

 

 

【和訳】

JANNABIの噂を確認したら、メンバー一人は学校暴力の加害者で脱退、そしてもう一人はキム・ハクイ元次官に絡んでいるらしい。

 

 

韓国内でも批判は大きく「脱退して良かった」という声が多く聞かれました。

いじめの内容も酷かったですし、そのようなことが明るみになってしまったからには続けていくことは難しいと思います。

 

ヨンヒョンの「いじめ」に対し世間の反応は?日本ツイッター

 

次は日本の反応を見てみましょう。

韓国の反応とはどう違うのでしょうか?

 

 

 

 

日本のツイートには「残念だ」「また戻ってきてほしい」というつぶやきも見られました。

ですがその中には「グループみんなグルなんじゃないか?」という言葉があったのも事実です。

 

実際にはどうだったのかは定かではありませんが、ファンにとってショックな事実だったことは間違いありません。

 

ユ・ヨンヒョン脱退に関しメンバーの反応は?

 

ユ・ヨンヒョンさんの脱退やご自身の父親に関する騒動に関し、チェ・ジョンフンさんがInstagramで5月25日、以下のコメントを発表しています。

 

少し長くなってしまいましたが、Instagramの全文を和訳してあります。

 

안녕하세요 잔나비 최정훈입니다. 처참한 마음을 안고 글을 씁니다.
우선 영현이의 학교 폭력 사건에 대해서는 진심으로 저희 모두에게 책임이 있다고 생각합니다.
음악 하나만 바라보고 긴 여정을 숨차게 뛰어왔기에 뒤를 돌아볼 시간을 갖지 못했습니다. 리더로서 잔나비를 대표해 다시 한번 사과드립니다.

그리고 그 외의 저와 관련해 불거진 내용들에 대한 해명과 마지막 진심을 전하고 싶습니다. 그동안 제 음악에 공감해주시고 제 음악이 추억 한 편에 자리하셨을, 그래서 현재 떠도는 소문들에 소름끼치게 불편해하실 많은 팬분들께 제 있는 그대로의 진실을 전해드리는게 대한 제 도리이자 의무라고 생각합니다. . 제 유년시절, 학창시절은 아버지 사업의 성업으로 부족함 없었습니다.
. 하지만 2012년 경 아버지의 사업은 실패하셨고 그 이후 아버지의 경제적인 도움을 받은 적은 결단코 없습니다.
. (2012년은 잔나비를 결성한 때입니다.)
. 오히려 이후에도 사업적 재기를 꿈꾸시는 아버지의 요청으로 회사 설립에 필요한 명의를 드린 적이 있습니다.
. 사업의 실패로 신용상태가 안좋으셨던 아버지의 명의로는 부담이 되셔서 라고 하셨습니다.
. 저희 형제가 주주에 이름을 올리게 된 것도 그 이유 때문입니다. 아들로서 당연히 아버지를 도와야 한다고 생각했습니다. . (확인한 결과 제 명의의 주식에 대한 투자금액은 1500만원에 불과합니다.)
. 저와 제 형의 인감 역시 그 때 아버지께 위임했습니다. . 그 동안 저와 관련없는 기사 댓글에 제 이름을 거론하며 제 명예를 훼손시킨 이와 기사(아버지 용인 사업건)의 제보자는 동일한 인물 혹은 그 무리라고 추정됩니다.
. 제보자로 추정되는 그 무리들은 아버지가 가까스로 따낸 사업승인권을 헐값에 강취하려 많이 알려진 아들을 미끼로 반어적인 협박을 수시로 하였다고 합니다.
. 또한 제보자가 아버지를 방해하려 없는 일을 만들어내 아버지를 고소한 일들도 많았지만 모두 무혐의 판정을 받으신 사실이 있습니다.
. 제가 아는 한 아버지는 늘 사무실로 출근하셨고, 사업으로 인해 생긴 크고 작은 갈등들을 피하신 적이 없습니다.
. 그런 아버지와 맞대어 정상적으로 일을 해결하려 하지는 않고, 아들인 저와 제 형을 어떻게든 엮어 허위 제보를 하는 이의 말을 기사화 하신 고정현기자님께 깊은 유감을 표합니다.
. 아버지 사업 건에 관한 자세한 사항은 추후에 아버지께서 직접 입장 표명을 하실 예정입니다. . 이름도 거론하기 두렵고 싫은 ㄱㅎㅇ 건에 관해서 제가 아는 사실은 아버지와 그 사람이 제가 태어나기 전 부터 가까이 지내던 친구 사이였다는 것만 알고 있었습니다.
. 저는 그 사람으로 인해 어떠한 혜택 조차 받은 적이 없습니다.
. 아버지는 늘 제게 도망치지 말고 피하지 말라고 가르치셨습니다. 아버지도 꼭 그렇게 행하실 거라 믿습니다. . 죄가 있다면 죗값을 혹독히 치르실 것이고 잘못된 사실에 대해서는 공개적으로 바로 잡겠다고 제게 약속하셨습니다. . 마지막으로 호소하고 싶습니다. 저와 제 형에게는 이런 큰 일을 감당할 어느 힘도 꾀도 없습니다. 잔나비와 페포니 뮤직은 팬분들과 많은 관계자분들이 무대에서 그리고 현장에서 보셨던 바 대로 밑바닥부터 열심히 오랜 기간에 걸쳐 처절하게 활동해왔습니다. 저희 형제의 원동력이 된 것은 아버지의 돈과 빽이 아닌 아버지의 실패였고
풍비박산이 난 살림에 모아둔 돈을 털어 지하 작업실과 국산 승합차 한 대 마련해 주신 어머니에 대한 미안함과 고마움이었습니다.
진실되게 음악을 만들고 공연했고, 제 형인 최정준 실장은 그 누구보다 진실되게 홍보하고, 발로 뛰었습니다. 그리고 바르고 정직하게 살았습니다.
제 진심과 음악과 무대 위에서 보여드린 모습들이 위선으로 비춰지는 게 죽기보다 두렵습니다. 제 진실을 아시는 분들께 마지막 간곡하게 부탁드리고 싶습니다.
부디 작게나마 제게 힘이 되어주세요. 너무 너무 무섭고 힘들고 아픕니다. 심려끼쳐드려 죄송합니다.

 

【和訳】

JANNABIのチェ・ジョンフンです。

凄惨な気持ちを抱いて手紙を書いています。まずヨンヒョンの学校暴力事件に対しては、メンバー皆に責任があると心より思っております。

音楽一筋だった長い旅程を頑張って走ってきたので、後を振り返る時間を持てませんでした。

 

リーダーとして、JANNABIの代表として、もう一度お詫び申し上げます。

 

そして私に関連している内容についても、心を込めて説明させていただきたいと思います。

今まで私の音楽に共感してくださったファンの皆さんは今回の噂を聞いてすごく傷ついたと思います。

そのファンの皆さんに、私のありのままの真実を伝えるのが、私の道理であり義務だと思います。

 

幼年時代と学生時代は父の事業の成業で豊かな生活を過ごしました。

しかし2012年頃父の事業が失敗した以来、父親の経済的支援を受けたことは断じてありません。(2012年はJANNABIを結成した年です。)

むしろそれ以降再起を夢見る父の要請で会社設立に必要な名義を差し上げたことがあります。事業の失敗で信用状態が悪かった父の名義で再起するのは、いろいろと難しい壁があると父は言いました。

自分と兄が株主として名前を載せるようになったのもその理由でした。息子として当然父を助けなければならないと思いました。(確認した結果、私の名義の株式に対する投資金額は1500万ウォンに過ぎません。)

 

兄の印鑑もやはりその時お父さんに委任しました。今まで私と「関係ない記事のコメントに私の名前を取り上げて私の名誉を傷つけた人」と「記事の情報提供者」は同一人物、またはグループだと推定されます。

情報提供者と推定されるそのグループは、父がやっと得た事業承認権を安価で奪い取ろうと有名になった息子をえさとして利用し、反語的な脅迫を頻繁にしてきたそうです。

また、情報提供者が父を攻撃するため、嘘をついて父を告訴したことも多かったですが、すべて嫌疑なしと判定されました。

 

私が知っている限り、父はいつもちゃんと事務所に出勤しましたし、事業で生じた大小の葛藤を避けたことはありません。

そんな父に立ち向かって正々堂々と問題を解決するのではなく、息子である私と兄を絡んで虚偽の情報提供をする人の言葉を記事化した͡コ・ジョンヒョン記者に深い遺憾を表します。

父の事業に関する詳しい内容は、今後父が直接立場表明をする予定です。

名前を取り上げることすら怖くて嫌なKHYの件に関して私が知っていることは、「私が生まれる前から父と親友だった」ということです。私はその人から何も恩恵などもらったことがありません。

 

父はいつも私に「逃げるな、避けるな」と教えました。父も必ずそうなさると信じます。罪があれば罪を償うために厳しく罰せられるし、間違った事実については公開的に正すと私に約束しました。

 

私と私の兄にはこのような大きな仕事を負える力などはまったくありません。

JANNABIとペポニー・ミュージックはファンの方々と関係者の方々がステージや現場でご覧になった通り、長い間底から懸命に活動してきました。私たち兄弟の原動力となったのは父のお金と後ろ盾ではありません。

父の事業失敗でめちゃくちゃになったけと残ったお金をはたいて地下作業室と乗用車一台を買ってくれた母への申し訳なさとありがたい気持ちが本当の原動力でした。

 

誠実に音楽を作って公演しました。

兄のチェ·ジョンジュン室長は誰よりも真摯に広報しました。そして正しく正直に生きてきました。

私の本心と音楽、そしてステージの上で見せた姿が偽善で写されるのが死ぬほど怖いです。

 

私の真実を知っている皆様、最後にお願いしたいです。どうか小さくても私の力になってください。とても怖くてつらいです。ご心配かけてしまい、申し訳ございませんでした。

 

メンバーのいじめ騒動にチェ・ジョンフンさんの父親の詐欺行為に苦しんでいる様子が分かります。
騒動はしばらく収まらないと思いますし、JANNABIの苦難はしばらく続きそうです。

 

ヨンヒョン(JANNABI)脱退の理由はいじめだった

 

今回はヨンヒョン(JANNABI)脱退の理由とメンバーのコメント、そして世間の反応について調べました。

脱退の理由は学校暴力の加害者だったからですね。

 

JANNABIがブレイクしたばかりなのでとても残念ですが、

チェ・ジョンフンさんのお父さんに関する噂も早く解決してほしいです!

 

コメント