ザリガニ釣りを東京でやる時期はいつ?釣れやすい時間と方法は?

地域

子供の頃、皆さんはザリガニ釣りをした記憶がありますか?

 

私は幼少時に田舎に住んでいため、友達とよく行ったものです。

 

そこで今回、東京でザリガニ釣りをやってみたいと思った方に

  • ザリガニが生息しやすい場所
  • 時期
  • 時間
  • 上手く釣る方法

をこちらでご紹介したいと思います。

東京でもザリガニ釣りはできるのか?発見しやすい場所

 

現在、水質の悪化から日本ザリガニはいないと言われており、その多くが汚い水の中でも平気なアメリカザリガニだそうです。

ザリガニは、田んぼの用水路、泥の多いなどで生息しています。

 

私が子供の頃によくザリガニを探していたのは、神社の堀端を囲ってある浅い池でした。

よく、堀端の岩陰の穴から、ザリガニが顔を覗かせていたものです。

周りは一面田んぼでしたので、まさにザリガニの聖地みたいな所でした。

 

地方の田舎にはその様な場所が多くあるため、ザリガニ=地方というイメージになりがちですが、

実際は東京でも、池や川などでザリガニ釣りを楽しむことは可能なのです。

 

ザリガニ釣りを東京でやる時期・時間は?

 

ここで東京でザリガニを良く釣れる時期やオススメの時間帯をご紹介していきます。

私が住んでいる場所と東京では気温なども変わってくるので、その辺りも踏まえて説明していきます。

 

ザリガニが釣れないと大人もガッカリしてしまうので、きちんと「釣れやすい時期・時間」を把握してからチャレンジしてみてくださいね♪

 

東京でザリガニが活発になりやすい時期


ザリガニは水温が低い冬は冬眠しているので全く動き出しません。

 

暖かくなってきた春頃から活動を始めるため、4月頃から姿を現し、夏をピークに活動しています。

おおよそ5~30度の水温に活動しているそうなので参考にしてみましょう。

 

東京は近年猛暑になっています。

浅い溜まり池だと水温が30度を超える場合もあり、その時は逆にザリガニの活動が控えめになってしまいます。(陸に潜り込んでしまう)

 

そのため真夏の場合は水温がある程度一定の川や、多少の流れがある涼しい場所をチョイスすることが重要です。

 

 

東京でザリガニを取りやすい時間帯


日差しの強い日中は、涼しい岩陰などでじっとしているので見つける事が難しいです。

特に都内の真夏の時期は水温も上がってしまうのでザリガニ釣りには適していません。

 

ですから、日が昇り切る前の朝方や少し気温が落ち着いてきた夕方がベストと言えるでしょう。

 

具体的には

:9~16時頃

:7~10時、16時~18時頃

くらいでしょうか。

秋も気温によっては春と同じくらいの時間で釣れそうです。

 

私は、学校から帰宅しランドセルを置いてはすぐに神社へ向かっていたので、丁度ベストな時間帯だったのでしょうね。

簡単にザリガニ釣りをするには

 

今までザリガニ釣りをしたことがない場合「簡単にザリガニを取れる方法」を知りたいと思った方も多いのではないでしょうか。

 

そこで筆者がオススメする

  • ザリガニを取る方法
  • あると便利な持ち物
  • 罠の作成方法

までご紹介していきます。

 

①釣竿で捕まえる

いざ何も持たずに手ぶらで行くと、ザリガニを手づかみで捕まえるという究極の芸を披露することになります。(岩や草陰に潜り込むので結構難しいです)

 

今の時代、ネットショッピングでも色々な種類のザリガニ用の釣竿が販売されていますが、必ずしもザリガニ用の釣竿を用意する必要はなく、簡易に自作した釣竿で十分可能です。

 

割りばし、または拾った細長い棒きれに、タコ糸や釣り糸を結び付けたもので「ザリガニ釣り用の釣竿」の完成です。

その糸の先に、エサを括り付けるのです。

 

そして釣り糸をつけたエサをザリガニがいそうな場所に投げ込み、ひたすら待機…です!

 

~ここでアドバイス~

ザリガニは魚の様に釣り針を使うのではなく、ザリガニのはさみを利用して釣りあげるため、ソーセージではちぎれやすいので、スルメ等の丈夫なものが望ましいです。

 

私が子供の頃は、兄がを捕まえて、その蛙をザリガニ用のエサとして利用していました。

個人的に今になっては避けて通りたい方法ですが・・・

 

釣りあげている途中で、ザリガニが落ちてしまうなんて事はいくらでも起こりうるので、タモ網をすぐそばでスタンバイさせておくのが最適かと思います。

 

②罠を仕掛けて捕まえる

罠を仕掛けてザリガニを取る方法もあります。

 

空き缶の片面を切り取り、ザリガニの入りやすい空間を作ったら、ビニール紐等を付けて水底の潜ませ、そこにザリガニが侵入したら引き上げるという方法です。

(こちらはペットボトルでも可能です。)

 

また追い込み漁ならぬ「タモ網漁」もあります。

 

こちらは単純、1人がタモ網の所へザリガニ追い込み、タモを持って待ち構えていたもう1人がタモ網で一気に捕獲するといった方法です。

 

③あると便利な持ち物

 

実際にザリガニ釣りに出かける時に必要な物・あったら便利な物をまとめてみました。

 

  • 釣竿・・・市販の釣竿、自作釣竿
  • エサ・・・スルメイカ、煮干、ソーセージ、ちくわ、かまぼこ等
  • ・・・・タモ網
  • バケツ・・ザリガニが入る程度のもの
  • 虫かご・・ザリガニを持ち帰る時に使う
  • 虫除けスプレー・・必須です
  • 帽子・・・熱中症対策

 

ザリガニを取っている時、大人でも思ったよりも楽しくて集中してやってしまいます。

適宜、水分を取ったり帽子をかぶったり、熱中症対策をしていきましょう。

 

ザリガニ釣りを東京でやる時期・時間は? まとめ

 

ザリガニ釣りを東京でやるには

  • 4月~秋はじめまで
  • 水温は5~30度以内
  • 春・秋:9~16時頃、夏:7~10時、16~18時頃

がオススメだと筆者は考えました。

 

終わりに・・・

大人になるといざザリガニ釣りに行く機会もなかなか無いと思います。

さらにテレビゲームやスマホが普及している世の中、ザリガニ釣りに行きたいという子供の数も昔に比べて減少しています。

 

そのうえ、こんな都会にはザリガニなんて無縁だと思っている子供達もいるのではないでしょうか。

地方の方だけでなく東京に在住の方も、是非ザリガニを探して釣り上げてみてはいかがでしょうか。

 

お子様とご一緒に、夏休みの自由研究としても最適かと思われますし、

きっと、釣れた時の喜びと共に忘れられない素敵な思い出となることでしょう。

 

今年の夏はぜひザリガニ釣りにチャレンジしてみてくださいね♪

コメント