西武園ゆうえんち花火大会2019の日程は?おすすめ場所取りと駐車場や無料で見る場所は

地域
nickgesell / Pixabay

広大な敷地面積と多彩なアトラクションが揃う「西武園ゆうえんち」

こちらでは毎年7月後半から8月前半にかけて、夏恒例の花火大会が開催されています。

 

各日約2000発の打ち上げ花火が夜空を色とりどりに染め上げ、フィナーレに3カ所から同時に打ち上がる「ワイドスターマイン」は見る者を圧倒する美しさです。

 

また、花火を間近で眺めることができるので大迫力間違いなし!

埼玉県内では人気度第5位と、上位にランクインされるほどの人気のある花火大会となっています。

 

今回は、

 

  • 西武園ゆうえんち花火大会2019の日程は?
  • 駐車場やおすすめ場所取り案内

 

についてお伝えしたいと思います。

 

西武園ゆうえんち花火大会2019の日程は?

 

2019年の「西武園ゆうえんち花火大会」の日程はもう発表されていました!

 

西武園ゆうえんち花火大会2019の開催日程

 

開催期間 2019年7月27日(土)~8月12日(月・振)
開催日 7月27日(土)・28(日)

8月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日・祝)・12(月・振)

開催時間
19:45から約25分間(小雨決行・中止あり)

 

花火観覧は無料です。

 

ただし、園内に入って花火を鑑賞する場合は入園料がかかります。

 

西武園ゆうえんち入園料

大人(中学生以上) 1200円
子供(3歳~小学生) 600円
シニア(60歳以上)

 

花火大会限定「ゆかたチケット」がお得!

 

西武園ゆうえんちに入って花火を鑑賞するのであれば、開催日に「ゆかたチケット」というお得なチケットが発売されます。

 

 

ゆかたチケット(ゆうえんち入園料+アトラクション1回)

大人(中学生以上) 1400円
子供(3歳~小学生) 700円
シニア(60歳以上)

 

こちらのチケットは、花火大会開催日の15時から発売されており、「女性は浴衣、男性は浴衣又は甚平着用」が購入条件となっているようです。

 

園内のアトラクションをワンデーフリーチケットなしで乗ろうと思うと、1回300円~600円かかるので、花火大会をメインでいらっしゃる方はこちらの方がお得ですね♪

 

例えば、アトラクション1回乗れる権利を使って、花火が打ち上がるタイミングに合わせて大観覧車から花火を見るなんてこともできちゃいます。

 

しかも、大観覧車は1回のアトラクション代が600円と一番高いので、乗れればそれもお得です。

 

間違いなく混雑・争奪戦になる気がしますが、運良く乗れてタイミングさえ合えば正面から見ることができるので、素敵な思い出になるのではないでしょうか?

 

ゆっくり花火を見るなら「ビアガーデン」「ジンギ好きン店舗」席

 

西武園ゆうえんち花火大会を園内で楽しむには、「ビアガーデン」「ジンギ好きン店舗」がオススメです。

 

特に「ビアガーデン」は打ち上げ場所に一番近く、花火を間近で鑑賞できるのでゆっくり見たい方にオススメのスポットとなっています。

 

筆者が花火を見るオススメの順番でご紹介していきます。

 

オススメ①「ビアガーデン」席料金

 

ビアガーデンに予約をすると、西武園ゆうえんち入園料無料という予約特典がついてきます。

また、ビアガーデン席料金には、

 

  • おとな:花火御膳+アルコール・ソフトドリンク飲み放題
  • 未成年:花火御膳+ソフトドリンク飲み放題
  • こども:お子さま花火御膳+ソフトドリンク飲み放題
  • ペアシートは、スパークリングワイン1本付き

 

が含まれます。

 

こちらは昨年の情報になりますので、料金等変更になる場合があります。

公式サイトでご確認の上、ご予約ください。

→ビアガーデン予約

 

ビアガーデン席近くでは、ステージショーが行われています。

昨年はリオのカーニバル、いとしのエリーズが行われ、歌や踊りに目を奪われるような圧巻のステージショーを見ることができました。

 

 

ビアガーデン席(ステージショー付き)

S席 A席
大人(20才以上) 7500円 7000円
未成年(中学生~19才) 5500円 5000円
子供(3才~小学生) 3500円 3000円

 

ビアガーデン席(ステージショーなし)

B席(1階・2階)
大人(20才以上) 6500円
未成年(中学生~19才) 4500円
子供(3才~小学生) 2500円

 

ビアガーデン席(その他)

C席(森の丘エリア) 小上がり席 ペアシート メルヘンタウン席
大人(20才以上) 5500円 6500円 7000円 6500円
未成年(中学生~19才) 3500円 4500円 5000円 4500円
子供(3才~小学生) 2000円 2500円 3000円 2500円

 

オススメ②「ジンギ好きン店舗」席料金

 

園内4カ所にあるジンギスカン・バーベキューレストラン「ジンギ好きン店舗」も、食事を楽しみながら花火を見ることができるスポット。

 

特に「森の丘ジンギ好きン」は、店舗の中でも打ち上げ場所から最も近い場所となっています。

 

森の丘ジンギ好きン及びジンギ好きンテラスは、花火大会のみ営業になります。

予約特典として西武園ゆうえんち入園料無料なので花火を見ながら食事をするのであればすごく嬉しいですよね♪

 

営業時間は、18時から20時45分までです。

 

こちらの情報も昨年のものになりますので、料金等変更がある場合があります。

行かれる際は公式サイトをご覧になり、ご予約くださいね。

→ジンギ好きン予約

 

森の丘ジンギ好きン ジンギ好きンテラス ジンギ好きン本店
大人(20才以上) 6000円 5500円 4500円
未成年(19才以下) 4000円 3500円 3000円
子供(3才~小学生) 2500円 2000円 1500円

 

オススメ③レストラン モンヴェール

 

レストランモンヴェールでも花火大会限定の予約特典があります。

こちらも予約していれば入園料が無料になりご飯も食べれるので、お酒を飲まない人はオススメです♪

 

レストラン モンヴェール

入店可能時間 18時~閉店20時45分
卓数 8卓(1テーブル4名まで)
料金 大人メニュー:4000円(中学生以上)

子供メニュー:2000円(3才~小学生)

※ソフトドリンク飲み放題付

特典 ゆうえんち入園料無料

 

オススメ⑤アーケード有料席「キャンドルシート」

こちらは意外と穴場の「キャンドルシート」です。

 

予約はなく、当日に行って受付をしないといけませんが値段もお手頃でイスに座りながら花火を見ることができます。

 

キャンドルシート(当日のみ)

営業時間 14時~20時45分(受付14時~)
料金 大人(20才以上):2500円「生ビール1杯+屋台メニュー1品」
未成年(19才まで):2500円「ソフトドリンク2杯+屋台メニュー1品」
子供:「ソフトドリンク1杯+屋台メニュー1品」
屋台メニュー 唐揚げ、焼きそば、ジャンボ焼き鳥(3本)から1品

 

ただ席数が少なく、事前予約ではないため「絶対にこの席を取る!」と思ったら開園直後に行って席を取る必要があります。(1人だけ入園して受付をしてしまう、など)

それが出来るのであればお手頃の値段で迫力のある花火を楽しめるスポットとなりますね♪

 

オススメ④波のプールのプールサイド

 

その他、昨年は花火大会開催日に「波のプール」のプールサイドが無料開放されていたようです。

今年も解放されれば花火の打ち上がる場所からも近いのでオススメです。

 

ナイトプール営業日に、プールに入りながら花火を見るというのも、なんだかロマンチックでいいかもしれませんね。

 

西武園ゆうえんちの花火を無料で見るおすすめ場所&駐車場

 

園内で見ようと思うと、最低でも入園料はかかってくるので、さらに有料席もとなると結構お金がかかります。

 

できれば無料で見たい!という方のために無料スポットをご紹介します。

 

無料スポットオススメ①多摩湖(村山貯水池)の堤防

 

こちらは、西武園ゆうえんちの花火が見られる場所として有名な所です。

ベストポジションは真ん中あたり。

 

あまり近すぎると、木々に遮られて花火が見えにくくなるのでご注意ください。

 

駐車場は、狭山公園の駐車場が無料で使用できるようです。

 

 

無料スポットオススメ②荒幡浅間神社

 

ここでは、花火が自分に落ちてくるんじゃないかと錯覚を起こすほど、すごい迫力と臨場感を楽しめます。

 

大音量で花火が打ち上がるので、花火の音が好き!という方にはもってこいの観覧場所ではないでしょうか。

 

音が結構大きいので、小さなお子様連れの方は避けた方がいいかもしれません。

 

 

無料スポットオススメ③いなげや所沢西武園店の屋上駐車場

 

駐車場は有料のようですが、500円以上買い物すれば2時間無料になるようです。

 

西武園ゆうえんちからも近い場所にあるので、音ズレもなく十分楽しめると思います。

 

 

無料スポットオススメ③ウォータージャンプ場S-Air

西武園ゆうえんちに隣接しているウォータージャンプ場S-Air。

花火が発射する音が聞こえるほどの近さです。

 

西武園の東口駐車場の脇にあり、無料で中に入れます。

車で来る場合、駐車場代はかかりますが自転車&バイクは無料です。

 

こちらも結構花火の音がすごいので、小さなお子様連れは要注意です。

 

 

無料スポットオススメ④西武園ゆうえんち西口駐車場

 

肌にビリビリッと感じるくらい、大音量・臨場感たっぷりで花火を観覧できます。

駐車場を使う場合は1台1500円かかりますが、歩いて入る場合は無料です。

 

レジャーシートを持ってきて座ってる人も多いみたいですね。

こちらもかなり花火との距離が近いので、爆音注意です。

 

 

無料スポットオススメ⑤西武鉄道「西武園駅」

 

駅の改札を出てすぐの陸橋から、花火を見ている人が結構多いみたいですね。

遮るものも特にないのでキレイに花火を観覧でき、音も楽しむことができます。

 

 

西武園ゆうえんち花火大会2019の日程は? まとめ

 

  • 西武園ゆうえんち花火大会2019開催期間は2019年7月27日(土)~8月12日(月・振)
  • 花火開催時のみ販売!お得な「ゆかたチケット
  • 飲んで食べてゆっくり花火も見たい方オススメ!「ビアガーデン&ジンギ好きン店舗」席
  • 無料で花火を楽しめる穴場スポットあり

 

西武園ゆうえんちの花火は、1回約2000発と長時間ではありません。

 

しかし、場所によっては肌で音を感じられるほどの近さで観覧できるので、短時間に凝縮された迫力と臨場感は、長時間観覧できる花火に勝るとも劣らない感動を与えてくれます。

 

花火大会開催時に行けば何回も花火が見られるので、その都度気分で見る場所を変えて楽しめるのも魅力の一つだなと思います。

 

浴衣を何回も着れる機会があるのも、夏限定イベントなので嬉しいですよね。

浴衣を着る際に持ってると便利なのが、

 

  • うちわor扇子(浴衣は意外と暑い)
  • ウェットティッシュ
  • 絆創膏
  • レジャーシート(小さめ)
  • ゴミ袋

 

です。

 

浴衣着てる時にたくさん荷物は持ちたくないので、最低限の持ち物ということで挙げてみました。

絆創膏は、履き慣れない下駄の靴ズレ用に。

 

あと、行く前に虫除けスプレーはしっかりかけて行きましょう!

 

西武園ゆうえんち花火大会は、浴衣でお得なチケットが販売されているので是非浴衣で遊びに行ってみてくださいね♪

 

この記事では、「西武園ゆうえんち花火大会2019の日程は?駐車場やおすすめ場所取り案内」についてお伝えしました。

ご参考になれば嬉しいです。