ヒーラーの最終回ネタバレ!ムンシクの最後と結末はハッピーエンド?

ヒーラー~最高の恋人~

チチャンウクのアクションとパクミニョンとのラブシーンが話題となった韓国ドラマ「ヒーラー」。

サウペンスの要素もあり、最終回がどうなるのかドキドキハラハラの展開でした。

ヒーラーは、ヨンシンとハッピーエンドになるのかしら?

悪党の御大やムンシクの結末のネタバレが知りたい!

こちらでは「ヒーラー」の最終回をネタバレしながら紹介していきます。

ヒーラー最終回ネタバレ!あらすじ

20話の中心は黒幕御大(オメガホ社のパクジョンデ代表)をいかに倒すかという事です!

ジョンフの部屋でジョンフ自身のインタビューの様子から始まります。

俺の夢は無人島でくらすことだった。彼女に出会う前までは。今は違う。新たな夢は、好きな人と普通に暮らしたいということだ」

あらすじ①ヨンシンの家族にも危機が

ヨンシンが家に帰りつくと縛られている父とカフェの従業員を目にします。

驚くヨンシンに御大の手下が襲いかかります。

そこに、ジョンフが現れました。

敵をやっつけながらヨンシンの父に自己紹介するジョンフです。

暴力シーンをヨンシンに見せないようにして闘うジョンフ。

優しいです。

時間がないので手短にヨンシンと自分の殺された記者の両親のことを話すジョンフ。

ヨンシンを安全なところへ連れて行こうとするが、父が反対します。

父親の手前キスできず、「ごはんをちゃんと食べてね、」と言い残し去ります。

ミョンヒは家を出てムンホのところにいます。

ミンジャとムンホが出会います。

ミンジャが、「あんたはしばらく会社に行かないように」とムンホに言います。

ムンホに対する御大の圧力がかかります。

会社の前には「ムンホから暴力を受けた!」という御大の金で雇われた人でいっぱいでした。

あらすじ②御大の秘密を握る

ジョンフたちはロシアからのUSBを手に入れます。

録音したのは、キム・ジェユンという女性です。

ニコライ博士の下にいる研究員の告発でした。

ヨンシンの父の店でムンホとヨンシン・ミンジャが内容を聞きます。

このUSBのせいで死んだ人をあげました。

最初に撮った記者。

売ろうとしたコソンチョル

それに関連してファンジェグク。

 

ユン刑事がパクドンチョルを殺した鉄パイプには指紋がないと電話してきました。

手下の指紋を全部取って鑑定したのに「ない」と言われたのです。

そして警察にジョンフの「1月27日に起きたパクドンチョル殺人事件は私の仕業です」という自白したテープが送られていたのです。

このままでは、ジョンフは殺人犯とされてしまいます。

「これからどうなる?」とジョンフが聞くとミンジャが答えます。

「自白して行方をくらましたら指名手配されるね。」

殺人犯として追われることになるジョンフは、どう反撃するのでしょうか?

「プランBだな、まだ考えていないけれど。」ジョンフが言いました。

ヒーラー最終回ネタバレ!悪党ムンシクと御大の最後は?

こちらでは、悪党の御大やムンシクの結末をネタバレしていきます!

ミョンヒが真実(ヨンシンが死んだジアンだということ)を知って彼女のところへ来ました。

ミュンヒは、ヨンシンの父に感謝しヨンシンの幼い頃の写真を見て話を聞きました。

一方、ムンシクの家に忍び込むジョンフ。

ムンシクは酒を飲み正気を失い、妄想でジュンソクと話していました。

幻視・幻聴のなかでムンシクは話をしています。

ミョンヒを失った彼には、もう何も残っていないのでしょう

しかたなくオ秘書に「御大に会いたい」と頼みます。

「ロシアからの荷物を持っている」と伝えたのです。

御大と取引するヒーラー

バーで出向かい合う御大とジョンフ。

「USBを渡したら、自白のテープを渡し指名手配もとくか」と聞きました。

「ブツを先に確かめる」と言いました。

荷物はスマホで、動画がひとつ入っていました。

「ある村で人々が苦しみながら吐いている動画だ」というジョンフ。

「俺なら君を守れるんだ」という御大。

「警察やお前の手下に追われるのはもう嫌だ。」というヒーラー。

間違いなくトゥゴク里の動画と御大が確認しました。

ジョンフは「ムンホに送ってきたのを奪った」と説明しました。

「よくやった」と褒める御大です。

これは、作戦ですよね!?

もちろん、ムンホたちのもとにも原本の動画USBが送られていました。

中国にいるキムジェユンからムンホに「空港で会いたい」と電話があります。

サンス組のメンバーと共にいるジョンフです。

アン室長が言います。

「我々の投資で新しい細菌を培養したがキムジェユンが廃棄した。そして残ったサンプルを韓国に持ってこようとしている。」

こちらも情報を入手したのですね。

細菌とUSBを手に入れるのが御大の目的です。

御大のもとに電話が入ります。

「総会でジョンデ代表の不信任案の採決をする」と。

「釈明して下さい」と。

「クーデターか!」という御大。

これは、第2の御大がもうすでにいるという暗示でしょうか。

いよいよ決戦のとき

キムジェユンが韓国の空港に来ることになりました。

ジェユンは「キムムンホに細菌のサンプルを渡す」と言っています。

「このことを報道してこのような犯罪を止めてほしい」と思っているのです。

アン室長は御大の手下となっているジョンフに細菌を奪うように命令します

ムンホ側もそれに対抗する策を考えます。

 

ムンホが言います。

生放送しよう。君がインタビューするんだ」とヨンシンに言いました。

ユン刑事と会うミンジャ。

ユン刑事は先輩に会えて嬉しそうです。

様々なサーバー犯罪の犯人を教えるとの約束で警察の協力を取り付けます。

空港にジョンフとサンス組のメンバー。

ヨンシン・ムンホ・ミンジェと歩くジョンフ。

いよいよ、キムジエヨンが降りてきました。

女子トイレで取材の準備する2階のトイレへ行くヨンシン。

ジェユンは研究記録のUSBと細菌のサンプルをヨンシンに渡します。

亡命を希望するジェユンにヨンシンはインタビューを始めます。

去年、トゥゴク里で起きた原因不明の病気に襲われ5人死亡した事件です。しかし、その実態はある実験だったのです。水質検査で発見した細菌の毒性をわざと強化させ人体に害を及ぼす研究をしています。わざと、水質を汚染させ水質管理を民間業者に委託したほうがいいと思わせるためです。」

空港からムンホが生中継します。

 

「生中継を止めろ!」とサンス組に命令されたジョンフが準備してヨンシンのもとに行きます。

トイレの外では、サンス組がキムジェヨンを探しています。

ヒーラーが女子トイレに入り込みました。

そして、ヨンシンと合図をし何かを渡します。

驚くキムジェユンを抱え「悲鳴を出して」と言いました。

そのまま彼女とトイレの外へ。

そこにはサンス組が待っています。

カメラで撮影を続けるヨンシン。

キムジェユンがヒ-ラーから離れてサンスに近づいていきます。

その時、ヒーラーが「待て!」とピストルを彼女に向けます。

一瞬、止まる人々。

そして銃声が響きわたります。

撃たれたのはヒーラーでした。

撃ったのはユン刑事です。

駆け寄るユン刑事やムンホたち。

驚き声も出ないヨンシンは地面に座り込みました。

パクジョンテ逮捕とパク殺し屋ボンスの死

そして、画面は変わり空港での銃撃戦を伝えるニユースが流れます。

殺されたのは内部告発者を殺すために雇われた殺し屋でした。

殺し屋を雇ったのはオメガ社のパクジョンデ代表でした。

 

殺し屋の名前はパクボンスでした。

しかし、流れた映像はジョンフの顔ではありませんでした。

そこから謎解きです

血糊を仕込むジョンフ。

撃たれたふりをしたのです。

そして顔の画像を変えるミンジェ。

完璧に準備された作戦は大成功しました。

どんな罪も覆い隠してしまう御大のような敵には、生放送で悪事を暴くこの方法しかなかったでしょう。

見事な幕引きでした!

ヒーラー最終回の結末!ジョンフとヨンシンはハッピーエンド!

運転するヨンシン。

バイクで追うジョンフ。

カメラを渡し、インタビューするヨンシンですが逃げられました。

カメラでヨンシンを撮るジョンフ。

そして近づいてキスします。

わたしの好きなもの。

彼が押すシャッター音、大きな手、笑顔、広い肩幅。

夜になり屋上でキスする二人。

きらいなもの。

これらを邪魔する全てのもの。

ヒーラー最終回ネタバレ!まとめ

ジョンフも新しい人生を歩みだしました。

ムンホもミンジュと肩くんでの良いムードで終わりましたね。

ヨンシンはまだ一流までにはなっていないけれど記者として頑張っています。

きっと、母ミョンヒにも今までの空白を埋めるべく甘えているのではないでしょうか?

最終回が詰め込まれすぎていましたが、余韻の残るハッピーエンドで終わりとても良かったです!

「ヒーラー」ぜひ、チェックしてくださいね!