ヒーラーを解説!犯人のネタバレと1話から最終回の謎とは?

ヒーラー~最高の恋人~
【ランキングに参加中】
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ    

韓国ドラマ「ヒーラー」はチ・チャンウクパク・ミニョン主演のラブサスペンスドラマです。

今回は「ヒーラーを解説!」と言うことで、

  • ドラマの中に出てくる1992年の事件と犯人
  • ヒーラーの師匠であるキ・ヨンジェ殺しの事件と犯人

について犯人のネタバレを詳しく解説していきます。

また、ヒーラーの1話から最終回の謎についてもご紹介!

では、さっそくヒーラーを解説していきましょう。

ヒーラーの解説!犯人ネタバレ:1992年の事件

ヒーラー,解説

ここでは、ヒーラーの解説と言うことで、犯人のネタバレをご紹介します。

取り上げるのは、ドラマの中で重要なポイントとなる2つの事件!

ヒーラーの最終回ネタバレを知りたい人は詳細記事をご覧ください。

犯人ネタバレ1992年の事件:黒幕はパク・ジョンデ=御大

ヒーラー,解説

オメガ社の代表パク・ジョンデ。

ドラマでは御大とも呼ばれ、もともとは「農夫」と名乗っていたグループ!

表向きは投資会社ですが、裏では優良企業に罠を仕掛けて倒産させ、買収するというやり方で富を築いてきました。

御大は、国を耕す=農夫という名目で手段を選ばず金を稼ぎ大きくなった組織の長。

「ヒーラー」の犯人ネタバレは、御大ことオメガ社の代表パク・ジョンデです

では、1992年の事件とその真相を解説しますね。

ヒーラー解説1992年の事件①海賊放送社の仲間

ヒーラー,解説

ヒーラーの1992年の事件とは、ヒーラーことソ・ジョンフ(チ・チャンウク)の父親ソ・ジュンソクとチェ・ヨンシン(パク・ミニョン)の父親オ・ギルハンと母親チェ・ミョンヒが関わっています。

1980年代、ジュンソク・ギルハン・ミョンヒ・ムンシク・ヨンジェ(ヒーラーの師匠)の5人は友達で、ヒーラーという海賊放送社のメンバーでした。

海賊放送社は言論の自由を叫びニュースをスクープして、政府批判など新聞やテレビが伝えない事件をラジオで放送していました。

もちろん違法ですから、彼らを必死に追う警察。

そして仲間のヨンジェ(ヒーラーの師匠)が逮捕されることに。

しかし、ヨンジェは仲間のことは一言も口にせず、11年間刑に服していました。

そして事件が起こった1992年のその日、ジュンソク・ギルハン・ムンシクは3人で行動していました。

ヒーラー解説1992年の事件②事件の内容

ヒーラー,解説

1992年、裏金の取引の情報を掴んだジュンソク・ギルハン・ムンシクは現場を押さえようと取材に行ったのでした。

ヒーラー,解説

ヒーラー,解説

運転手はムンシク

ヒーラー,解説

ジョンソクとギルハンは、その現場まで行って物陰から写真を撮っていました。

ヒーラー,解説

トラックには、見積もれば10億くらいはあるようです。

「凄い取引だ!」興奮する二人。

取引されているのはペンキ缶のようです。

ヒーラー,解説

ギルハンは「俺が奴らをひきつけるから」と言い、その間にジュンソクは走っていってペンキの缶を一つ奪い走ります。

ヒーラー,解説

運転手のムンシクは車で二人を待っていました。

車にペンキの缶を乗せ、ギルハンを見つけに行ったムンシクとジュンソク

しかし、ギルハンはすでに殺され地面に血だらけで倒れていました。

ヒーラー,解説

その現場を写真に撮ったものの、ムンシクとジュンソクは追われて必死に逃げます。

ヒーラー,解説

ヒーラー,解説

その後ジュンソクは持ち帰ったペンキのことをすぐに調べてみました。

それは鉄骨に塗ると腐食が早まる塗料でした。

錆止め用の缶に腐食が早まる塗料が入っていたのです。

ヒーラー解説1992年の事件③ジュンソクは警察へ

ヒーラー,解説

ヒーラー,解説

証拠をもってジュンソクは警察へ。

そして友人のギルハンが殺されたと刑事たちに話したのです。

ヒーラー,解説

そこへ、別の刑事たちが急に入ってきてジュンソクをどこかへ連れていきます。

ジュンソクはギルハンを殺した犯人にされてしまいます。
その後、ジュンソクは友人を殺した罪悪感から自殺したと報道されるのですが・・。

ヒーラーの解説!1992年の事件の真相

ヒーラー,解説

ヒーラーの1992年事件のカギを握るのは、海賊放送社のムンシク

彼は御大につかまり、拷問のように暴行されました。

1992年の事件の真相①嘘の証言

ヒーラー,解説

「一度だけ目をつぶれ。そうしたら、違う世界が見えてくる。」とムンシクに言う御大。

洗脳されていくムンシク。

ムンシクは警察に嘘の証言をします

「あの日裏金を渡す現場に行った。僕らを見てトラックの運転手は逃げた。

トラックには大金の入ったダンボールあり

『黒い金だ、自分たちのものにしよう。』とジュンソクが言い『それは出来ない』とギルハンが言い、争いになってジュンソクがギルハンを殺した・・と。

1992年の事件の真相②犯人は御大

ヒーラー,解説

裏金の取引場所から持ち帰ったペンキの缶。

錆止めではなく、腐食が早まる塗料でしたね。

この塗料は、御大が建設会社を陥れるために用意したもの。

1992年ソド大橋の大規模な塗装作業が行われました。しかし、橋は開通作業前に崩壊してしまいました。

御大は腐食を早める塗料を利用して建設会社を不渡りにして買収しました。

この事件が明るみに出れば困るのはオメガ社。

オメガ社のパク・ジョンデ(御大)はギルハンを殺し、ムンシクに嘘の証言をさせてジュンソクを亡き者にしたのでした。

ヒーラーの解説!犯人ネタバレ:キ・ヨンジェ事件

ヒーラー,解説

ヨンジェはソ・ジョンフ=ヒーラーの父ジョンソクの海賊放送社の仲間です。

母親に捨てられたジョンフを引き取って、闇の便利屋のヒーラーに育ててくれたのがキ・ヨンジェ。

そんなキ・ヨンジェですが、ヒーラーの身代わりとなって警察に捕まるのでした。

犯人ネタバレ!キ・ヨンジェ事件:黒幕はムンシク

ヒーラー,解説

ヒーラーの師匠ヨンジェを警察で殺した真犯人はムンシクです。

ムンシクとヨンジェは海賊放送社の仲間、だからこそ殺されたのです。

ムンシクが自分の秘書のオ秘書に毒物を渡し、オ秘書がパク・ギジュン刑事に毒殺を指示。

パク刑事が師匠の朝ごはんに毒物を入れたのです。

ヒーラー解説キ・ヨンジェ事件①事件の内容

ヒーラー,解説

警察に捕まったヨンジェ。

ヨンジェが朝食を食べているところへ、ユン刑事が取り調べにやってきます。

ユン刑事と会話をしていたヨンジェは、食事をしていて身体に異変を感じます。

「やっぱり自首します。実は俺がヒーラーです」と笑って言いました。

そして、突然ヨンジェは口から泡を吹きはじめ亡くなってしまいました。

ヒーラー解説キ・ヨンジェ事件②事件の真相

ヒーラー,解説

オ秘書は、御大ともつながっている人物でムンシクの秘書。

パク刑事は、2年前にお金のため悪の手先になったのです。

キ・ヨンジェ事件の真相、つまりムンシクがヨンジェを殺した動機

ムンシクがギルハンとジュンソクを殺した事件にかかわっていることをヨンジェが知っていることや御大との悪事を隠すためです。

ヒーラーの敵は御大ですね。全ての事件に関わっています。

ヒーラー解説!1話から最終回の謎について

ヒーラー,解説

ヒーラーの最終回の謎について!
最終回でヒーラーことジョンフ(チ・チャンウク)が動画を撮っていたのはなぜ?

ドラマ「ヒーラー」の中では、はっきりとした答えは語られていません。

 

ヒーラーの最終回の謎”として興味を持っている人たちがいます。

なんだかヒーラーの最終回動画を視聴してみたくなっちゃった♡

最終回の謎:チェ・ヨンシン(パク・ミニョン)が作った質問に動画でヒーラーが答えていた!

実は、韓国で放送されたヒーラーの韓国版には、その謎を解く映像が入っているそうです。

回想シーン、第3話でヒーラーがヨンシンの部屋へ忍び込んだときのこと

彼女のパソコンに「ヒーラーへのインタビュー質問項目」が入っていたのを、ヒーラーが偶然に手に入れていたのです。

その質問に答えていたという訳!

たぶん、ヨンシンへのビデオレターなのでは?と言う見解が多かったですね。

南太平洋の無人島を買うまで闇の便利屋をやるつもりだったが、ある日ある女性に会い、夢が変わったと言うジョンフ。

好きな人と普通に暮らしたい。

でも、それは簡単なことではなかったと語るジョンフ。

ヒーラーの最終回のタイトルは「ヒーラーの夢」!

ヒーラーの夢はヨンシンとずっと一緒にいること・・。

ヒーラー最終回の謎:愛する彼女の質問に答えたかったジョンフでした。

ヒーラーの解説!犯人のネタバレまとめ

ヒーラー,解説

ヒーラーを解説!犯人のネタバレと1話から最終回の謎とは?」と言うことで、ヒーラーを解説して犯人のネタバレをしてきました。

また、ヒーラーの1話から最終回の謎もご紹介しました。

1992年の事件とヒーラーの師匠の事件に関係していた人物“御大”!

過去と現在が緻密に描かれたドラマ「ヒーラー」を楽しむ参考にしていただければと思います。