ヒーラーの考察ネタバレ!犯人や最終回に分からなかった謎とは?

ヒーラー~最高の恋人~

韓国ドラマ「ヒーラー」はチチャンウク主演のラブサスペンスの人気ドラマです。

今回はヒーラーのなかで起こった1992年の事件と犯人、現在の事件と犯人の真相の考察をネタバレでご紹介します。

また、敵対した御大とはどういう人物だったのでしょう?

御大とは?

誰が誰を殺したのかわかりやすく知りたいわ

親世代の事件と現在の事件がどうして起きたのか、ネタバレで考察をご紹介します。

ヒーラーの考察ネタバレ①親世代の1992年の出来事の詳細とは?

まず初めに、事件が起こった原因をまとめました。

 

1980年代、ジュンソク・ギルハン・ミョンヒ・ムンシク・ヨンジェはヒーラーという海賊放送のメンバーでした。

海賊放送では新聞やテレビが伝えない事件をラジオで放送していました。

言論の統制がしかれていた時代のことです。

 

そして一員のヨンジェが逮捕され、1992年のその頃もジュンソクたちは記者活動をしていました。

警察でジョンソクが語る

「彼らは自分たちのことを農夫と言っていました。

ぼくらはもう一年も彼らを追っていたんです。

ある日彼らのトラックが移動すると聞いて裏金が動くと思ったのです

国を畑ぐらいにしか思わない奴らです。

政治家に裏金を渡し根回しをして有利な法律を作らせて利益を得るのです。」

 

それでその日ギルハンとジョンソクは一緒にその取材に行きました。

運転手はムンシクです。

最初は裏金を渡すところを写真で撮るつもりで出かけたのです。

その渡し場所まで来て物陰から写真を撮っていました。

トラックには何があるのか?

お金を見積もれば10億くらいはあるようです。

凄い取引だ!

荷物はペンキの缶のようです。

ギルハンがジュンソクに「俺が引きつけるからお前が調べろ」と言います。

ジュンソクが「それは危ない」というと「まさか殺しはしないだろ」とギルハンは言いました。

ジュンソクは走っていってペンキの缶を一つ奪い、自分の車に載せます。

運転手のムンシクは車で二人を待っていました。

「どうしたんだ?」ムンシクは驚きます。

「これは荷だ。ギルハンが危ない」ジュンソクは戻りました。

 

ムンシクとジュンソクが彼を見つけに行くとギルハンはすでに殺され地面に血だらけで倒れていました。

その場を写真に撮るが、追われて必死に二人で逃げます。

その後すぐ持ち帰ったペンキのことを調べてみました。

 

それは偽物の鉛丹でした。

鉄骨に塗ると腐食が早まる塗料でした。

普通は錆止めを塗るのにその逆を作ったのです。

 

証拠をもって友人ギルハンが殺されたと、ジュンソクは警察に行きました。

ジュンソクが刑事たちに話していると、別の刑事たちが急に入ってきたのです。

そしてその後、ジュンソクがギルハンを殺し自殺したというニュースが流れます。

あの日の出来事を語るミョンヒ

「5才の娘と家にいました」

ギルハンは取材で外にいました。

そしてムンシクから電話がありました。

「奴らが来るから逃げろ!」と。

ジアンと急いで外に出ます。

彼らは自分たちのことを「農夫」と名乗っていました。

ミョンヒはジアンを抱きかかえ路地を逃げます。

しかし大勢の男たちに追いかけてきます。

ジアンを抱いて逃げるも追いつかれそうになります。

 

ミョンヒはゴミのなかにジアンを置き「良く聞いて!声を出さないで。後で迎えに来るからここにいて」といいました。

そして男たちをひきつけて走って行ったのです。

しかしその時交通事故にあってしまい重症を負いました。

数日後に目覚めたミョンヒは身体を自由に動かすことすらできませんでした。

ヨンシンは声を出さないように母に言われたから、小さい頃しゃべらなかったんですね。

その後のムンシクが語る

残されたムンシクは拷問のように暴行されました。

「一度だけ目をつぶれ。そうしたら、違う世界が見えてくる。」とムンシクに言う御大。

 

ムンシクは警察に嘘の証言をします

「ジュンソクがギルハンを殺すのを見た」と。

嘘の証言はこうです。

「あの日裏金を渡す現場に行った。

僕らを見てトラックの運転手は逃げた。

トラックには大金の入ったダンボールがありました。

『黒い金だ、自分たちのものにしよう。』とジュンソクが言い『それは出来ない』とギルハンが言い、そうして殺した。

金は違法な政治献金でした。」

ムンシクはその後、警察から電話があり迷子のジアンを迎えに行きます。

ところが車で一人にしたところ、母の姿と間違えて女の人を追いかけてしまい高速道路でジアンは再び迷子になります。

そしてムンシクはミョンヒを自分のものにしたい思いから「ジアンは死んだ」とミョンヒに嘘をつきました。

ヒーラーの考察ネタバレ②オメガ社の御大とは?

オメガ社は表は投資会社です。

その裏は、もともとは「農夫」と名乗っていたグループです。

優良な会社に罠を仕掛け倒産の危機に追い込み、不渡りを出した会社を買収するという手法で富を築いてきました。

 

ジョンソクたちが関わったのが1992年の建設会社不正事件でした。

1992年ソド大橋の大規模な塗装作業が、その橋は開通作業前に崩壊してしまいました。

彼らは特殊ペイントを利用して相手建設会社を不渡りになるようにしたのです。

チェイル新聞社もサンハン工業もテイル機械もトング化学も似た経緯で買い取られていました。

そして増えたお金は政治資金で使われるなどして強大な権力を積み重ね現在のグローバルな大企業となってきたのです。

 

今、オメガ社がやろうとしているのはソウルの水質管理事業を手中に収めることです。

そのために、有利なソウル市長候補をたてようとしていたのです。

水質管理を民間に任せるという道筋を作ろうとしていました。

そのため、細菌を培養して人体実験していました

最終回にヒーラーたちが手に入れたのがそのことを暴露しようとしたUSBと細菌でした。

これがなんと、はじめのコソンチョルの事件につながっていたのです!

御大は、国を耕すという名目で手段を選ばず金を稼ぎ大きくなった組織の長です。

そして自分が正しいと思う思想を相手に植え付けながら人を操作するのに長けている人物だと思います。

ヒーラーの考察ネタバレ③犯人は誰で、誰が殺害された?

ヒーラーが最初に請け負った仕事を思い出しましょう。

コソンチョルから荷物を受け取り入金を確認するという仕事でした。

それはムンシクの依頼でした。

コ・ソンチョル

LAから来た人物。

犯人はムンシクの手先。

コ・ソンチョルは細菌のデータをムンシクに売り渡します。

そこで、チェイル新聞の名前を知っていることがムンシクにバレて殺されることになります。

毒物によって殺害されたのち、汽車の外に投げ捨てられました。

ジョンフはコ・ソンチョルが死ぬ前にチェイル新聞を言及したのを聞いて、コ・ソンチョルの売買相手がチェイル新聞であるということを察しました。

ムンシクはこれはまずいと思い、ヒーラーの連絡先を残す工作をしてヒーラーを殺人容疑者にしました。

ファン・ジェグク

御大が推していたソウル市長候補に性接待をさせた事務所の社長。

自殺を装い毒殺される。

犯人は御大の手先。

自分がヨンシンたちにより追い詰められ「自分が捕まったら全部暴露する」と御大に言ったことにより殺されることになる。

同時にコソンチョルを殺した罪も着せられる。

キ・ヨンジェ

ヒーラーの師匠。

毒殺される。

犯人は巡査長パクギジョン。

パク刑事は2年前にユン刑事の部下になりましたが、金のため悪の手先になりました。

毒薬を渡したのはオ秘書でした。

パク・ドンチョル

ジュンソクの供述を聞いた警察官。

鉄パイプで撲殺された。

犯人はムンシクの会社のアン室長の部下です。

元警察官で束草警察署の捜査課長です。

ジュンソクの陳述書を書いた人物です。

しかし、提出されたのは刑事たちが作った陳述書ではなく捏造された陳述書だった

「これは違う」と監査課に告発したら警察をクビになった。

彼は「ジュンソクの供述したテープがある」と言い出したのです。

ヒーラーと会いますが、アン室長の罠により殺されてヒーラーが殺人の容疑者となってしまいました。

こうしてみると警察の上部にも御大の力が及んでいるようですね

ヒーラーの考察ネタバレ④ミンジャはどうしてヒーラーの相棒に?

ヒーラーの相棒であるハッカーにミンジャはとても魅力あるキャラクターでした。

ヒーラーとはどんな関係があったのでしょうか?

ミンジャはハッカー対策の優秀な刑事でした。

家庭や病気の息子を置いても仕事にかけていました。

4才の息子の危篤のときも仕事をし、その後息子を失いました。

いつも編んでいたのは息子のためだったのでしょうか。

ミンジャは10年前オメガ社の事件を捜査して失敗していました。

上からの指示で押収した証拠を削除せざるを得なかったのです。

その後、警察を辞めてヒーラーの相棒となります。

自身がまともに警察仕事をすることができなかったために以後も、罪のない人物が御大の手にかかったという罪悪感を持ってたからです。

ヒーラーの犯人の考察のまとめ

いかがでしたか?

ヒーラーの最終回を見終わって

  • 親世代の事件の真相
  • 御大とは?
  • その後の殺人事件の真相
  • 相棒ミンジャについて

ご紹介してきました。

「ヒーラー」のジョンフと御大の戦いがどうなるのか緻密なストーリーを楽しんでくださいね!