てつのくじら館と大和ミュージアムはどっちがオススメ?見所やアクセス方法

地域

広島県の呉市に行ったことがおありでしょうか?

 

「呉」と聞いて最初に思い浮かべるのは、中学時代に社会のテスト前に覚えた「呉・因島 ー 造船」というセットフレーズの方も多いと思います。

 

そうなんです!

「呉」「造船」で有名な町なんですね!

 

そこで今回は呉の2大観光スポットに注目して、

  • てつのくじら館の見所
  • 大和ミュージアムの見所
  • アクセス方法
  • その他のオススメ施設

についてご紹介していきますね♬

特に中四国地方にお住まいの方で、まだこの2大観光スポットへ行かれたことのない方は、必見です!!

「てつのくじら館」(海上自衛隊呉史料館)

出典:ひろしま観光ナビ

 

「てつのくじら館」は、日本で唯一、実物の潜水艦を無料で見学できる場所なんです。

 

1階から3階まで、それぞれ違ったテーマでの紹介をおこなっています。

 

1階 「海上自衛隊の歴史」の見所(所要時間:約15分)

出典:海上自衛隊呉史料館

 

「映像」と「グラフィックパネル」を用いて、「呉」に深く関わり合いながら発展してきた海上自衛隊の歴史を紐解いていきます。

 

呉市は、明治時代に大阪の防衛を担当する拠点として鎮守府が置かれ、横須賀の次に大きな軍港都市として発展しました。

 

また、兵器開発と造船の重要な拠点だった呉の鎮守府では、あの有名な戦艦長門戦艦大和製造されていたのだそうです。

 

2階 「掃海艇の活躍」の見所(所要時間:約15分)

出典:海上自衛隊呉史料館

 

掃海部隊の活躍(戦後の航路啓開活動から湾岸の夜明け作戦まで)を紹介していきます。

掃海艇は、戦後の日本の海に沢山置かれていた機雷を除去し、日本の復興に大いに貢献しました。

 

また、湾岸戦争後、多国籍軍が行っていた掃海に加わり、これは海上自衛隊初の海外派遣となり、「湾岸の夜明け」とも呼ばれています。

 

3階 「潜水艦の活躍 / 潜水艦「あきしお」体験」の見所(所要時間:約15分)

出典:海上自衛隊呉史料館

 

日本の潜水艦が歴史的にどのような活躍をしてきたのかを、乗員たちの生活も含めて紹介していきます。

 

戦後アメリカから貸与された潜水艦や同じく戦後に登場した初の国産潜水艦「おやしお」から、現在の潜水艦に至るまでの変遷を模型で紹介している場所もあります。

 

潜水艦の艦内の見所(所要時間:約10分)

出典:海上自衛隊呉史料館

 

てつのくじら館では、1986年から2004年の間に海上自衛隊で実際に使われていた潜水艦「あきしお」の中を見学できます!

 

艦内は食堂・トイレ・寝室・操縦席など色々な施設を見て回ることができ、そのうえ望遠鏡を覗いて実際に周囲がどんなふうに見えているのかを確認することもできるんです!

 

この望遠鏡は、お子さんはもちろんのこと大人の方にも人気があります。

 

SHOP & CAFEについて

出典:海上自衛隊呉史料館

 

SHOPでは、てつのくじら館オリジナルグッズや自衛隊グッズ、呉のお土産品などが売られています。

 

CAFEでは、オリジナルメニュー(あきしお第10代艦長認定の「あきしおカレー」など)や呉の名物などが楽しめます。

館内・艦内を見学された後、是非お立ち寄りくださいね!

 

イベント情報『艦×艦~絵画と写真で見る~』

出典:海上自衛隊呉史料館

 

当初は2019年4月8日までの開催予定でしたが、好評につき下記のとおり開催期間を延長しているそうです。

 

海軍時代の艦(絵画)海上自衛隊の艦(写真)を比較展示してあったり、艦で使われていた楽器等の展示もしているとのこと。

 

まだご覧になっていない方は、是非お見逃しなく!

  • 期間:2018年10月3日~2019年7月15日まで
  • 会場:てつのくじら館2階 特設スペース

 

施設のご案内

所  在  地 〒737-0029  広島県呉市宝町5番32号
営業時間 展示室:09:00~午17:00(展示室入館は16:30分まで)
SHOP:09:00~17:00
CAFE:10:00~17:00 (ラストオーダーは16:00まで)
休  館  日 火曜日(火曜日が祝日の場合、翌日休館)
年末年始 (12月29日~1月3日)
入  場  料 無料
問い合わせ 運  営:TEL:0823-21-6111 / FAX:0823-32-1601
SHOP:TEL・FAX / 0823-24-1130
メール / museum_shop@jmsdf-kure-museum.go.jp

 

 

アクセス方法

電 車 JR呉駅から徒歩約5分
バ ス ゆめタウン・大和ミュージアム前 下車徒歩1分 [ 呉市営バス宝町中央循環線 ]
自動車 山陽自動車道 広島東JCTから約35分
山陽自動車道 高屋JCTから約55分
呉中央桟橋から徒歩3分

 

【駐車場】

「大和ミュージアム」と共用駐車場有り

有料駐車場:100円/時間、285台)

 

「大和ミュージアム」(呉市海事歴史科学館)

出典:icotto

 

呉は、日本一の海軍工廠の町として栄え、あの有名な戦艦「大和」を建造したことでも知られています。

 

大和ミュージアムは、明治から現在に至るまで、そして未来に向けての「呉の歴史」を伝えています。

また、艦内には様々な実物資料が展示されています。

 

ボランティアスタッフが午前と午後の2回ガイドツアーを行っているほか、毎週土日には科学イベントも開催されています。お子さんの夏休みの自由研究などにも役立ちそうですね!

 

1階展示場

・大和ひろば

出典:ひろしま観光ナビ

 

可能な限り細部に渡って再現した10分の1戦艦「大和」は、圧巻です。是非お見逃しなく!

 

・呉の歴史

出典:大和ミュージアム

 

呉は、明治時代に呉鎮守府呉海軍工廠が設置されました。

そして、戦前は東洋一の軍港として、また日本一の呉海軍工廠として繁栄を誇った街です。

 

明治時代から戦後の復旧、そして現在に至るまでの呉の歴史をご堪能下さい。

 

・大型資料展示室

出典:icotto

 

九三式魚雷・二式魚雷や零式艦上戦闘機六二型などの実物資料は、戦争の悲惨さや平和の大切さを訴えています。

 

ですが、当時の技術は現在の宇宙ロケット製造技術にもしっかりと引き継がれています。

 

3階展示場

出典:大和ミュージアム

 

・船を造る技術

船が浮く仕組み、船の造り方、船の材料と工作などサイエンスショー工作教室などで船を造る技術を楽しく学ぶことができます。

 

・未来へ(大和シアター)

出典:大和ミュージアム

 

未来に向けての「地球や宇宙に関するこれからの科学技術」や「名誉館長等からのメッセージ」を紹介しています。

 

観覧オススメコース

以下の3通りのオススメコースがあるんですね!

是非ご参照くださいね!

 

・オススメコース①(約2時間)

大和ひろば(約15分)→「呉の歴史」展示(約40分)→大型資料展示(約20分)→「船をつくる技術」展示(約30分)→「未来へ(大和シアター)」(約15分)

 

オススメコース②(約3時間)

大和ひろば(約15分)→「呉の歴史」展示(約60分)→大和ひろば(約5分)→大型資料展示(約25分)→「船をつくる技術」展示(約35分)→「未来へ(大和シアター)」(約15分)→4階展望テラス(約10分)→ミュージアムショップ(約15分)

 

オススメコース③(約3時間)

大和ひろば(約15分)→「呉の歴史」展示(約50分)→大和ひろば(約5分)→大型資料展示(約20分)→「船をつくる技術」展示(約30分)→「未来へ(大和シアター)」(約15分)→4階展望テラス(約10分)→ミュージアムショップ(約15分)→屋外展示(約20分)

 

イベント情報『第27回企画展 海底に眠る軍艦 ー「大和」と「武蔵」ー』

出典:大和ミュージアム

 

近年、日本の浸水調査が進展し、2015年には民間の潜水調査によって戦艦「武蔵」が、2016年には呉市が潜水調査を行い戦艦「大和」が、そして同年「大和」とともに沖縄戦に向かった第二艦隊駆逐艦「磯風」が発見されました。

 

今回の企画展では、近年の潜水調査で撮影された動画・静止画が観覧でき、2016年に寄贈された戦艦「大和」の引揚品も初公開しています。

 

期 間 2019年4月24日(水) 〜 2020年1月26日(日)
会 場 大和ミュージアム1階 大和ホール
入館料 一般(大学生以上):800円(500円)
高校生      :500円(300円)
小・中学生    :300円(200円)

※入館料について

常設展とのセット料金

( )内料金は企画展のみの料金

呉市内在住、在学の高校生以下は無料

 

  • 学芸員によるギャラリートーク

開催日:毎月第2土曜日

時 間:11:00~11:30

場 所:企画展示場内

定 員:15名

 

※詳しくは展示会場にお問合せください。

TEL 0823-25-3017 / FAX 0823-23-7400

 

施設のご案内

所 在 地 〒737-0029 広島県呉市宝町5番20号
電話番号 0823-25-3017
営業時間 展示室 / ミュージアムショップ:9:00~18:00 (展示室入館は17:30まで)
ライブラリー:9:00~17:00
定休日/休業日 火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)
※無休:4月29日~5月5日、7月21日~8月31日、12月29日~1月3日
料  金 一般(大学生以上):500円、高校生:300円、小・中学生:200円
※未就学の幼児は無料
※上記は常設展の料金(企画展への入場は別途観覧料が必要)
ウェブサイト http://yamato-museum.com/

 

 

アクセス方法

電 車 JR呉駅から徒歩約5分
バ ス ゆめタウン・大和ミュージアム前 下車徒歩約1分 [ 呉市営バス宝町中央循環線 ]
自動車 山陽自動車道 広島東JCTから約35分
山陽自動車道 高屋JCTから約55分
呉中央桟橋から徒歩約1分

 

【駐車場】

「てつのくじら館」と共用駐車場有り

有料駐車場:100円/時間、285台)

大型バス駐車場完備 (駐車の場合は事前にご確認下さい)

 

呉のその他の観光スポットは?

呉市には戦艦以外にも観光スポットがたくさん!

 

もし旅行で観光に行った際には他にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

都内などとはまた違った広大な施設・敷地を所有している観光施設も多く、見ごたえがある場所ばかりです。

 

呉市立美術館

 出典:じゃらん            出典:呉市ホームページ

 

呉市立美術館は「入船山公園」内にあり、和洋折衷を取り入れた日本瓦の屋根とレンガ色の六角タイルの壁が実にうまく調和しています。

 

ブールデルやルノワールなどの著名作家の作品が861点も所蔵されていて、定期的に所蔵品展と特別展が開催されているそうです。

 

また、歩道にレンガやタイルが敷かれた美しい美術館通り「日本の道100選」にも選ばれいて、美術館に到着するまでの気分を高揚させます。

 

入船山記念館

出典:呉市ホームページ

 

国の重要文化財に指定されている入船山記念館には、旧呉鎮守府司令長官官舎をはじめ、 郷土館や歴史民俗資料館等があります。

 

一番の見所は、建物の壁や天井に貼られている全国でも珍しい金唐(きんから)紙です。是非お立ち寄りください!

 

おんど観光文化会館 うずしお

出典:おんど観光文化会館うずしお

 

デッキからの海の景色がきれいな「おんど観光文化会館 うずしお」は、おんど大橋を降りてすぐのところに位置する施設です。

 

1階ではお土産や地元の名産を販売しており、2階には「海と祭りのミュージアム」があります。

4階には飲食店もありますので、ドライブの途中で立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

両方セットで半日観光がオススメ!

 

実は、何を隠そうこの私も「てつのくじら館」「大和ミュージアム」には行ったことがあります!

 

「どちらがオススメ?」と言われても甲乙つけがたく、やはり両方セットで半日観光していただきたいですね!

 

ちなみに、私は「大和ミュージアム」→「てつのくじら館」の順番で観光しました。

順番はお好みで決めていただければと思います。

 

午前中から観光して、まだ時間と体力に余裕があるという場合は、「呉のその他の観光スポット」にも是非足を延ばしてみてくださいね!

 

出典:TRAVEL STAR ・時事ドットコム

コメント

  1. […] てつのくじら館の近くには大和ミュージアムもあり、夏休みの旅行先としてもおすすめです。 […]