ハンヒョジュの映画おすすめをご紹介!日本映画で相葉のファンに?

ハンヒョジュ,映画 ハンヒョジュ
【ランキングに参加中】
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ  にほんブログ村 芸能ブログ 韓国男性アイドル・アイドルグループへ    

韓国女優ハンヒョジュはトップクラスの人気を誇るスター女優

ドラマ「トンイ」での主演は有名ですよね!

ドラマの出演だけでなく、映画の出演も多くあります。

今までに16作品の映画に出演しており、中には日本映画も!

原作が日本人など、日本に縁のある韓国女優ですが、嵐の相葉くんのファンとの情報もあります!

 

今回は、ハンヒョジュの出演映画の中からおすすめの作品6本をご紹介します。

また、ハンヒョジュは相葉くんのファンなのか、来年2021年公開の新作映画の話題にも触れていきたいと思います!

ハンヒョジュの出演映画一覧

ハンヒョジュ,映画

公開 作品 配役
2006年 マイ・ボス マイ・ヒーロー2 リターンズ ユ・ミジョン
2006年 アドリブ・ナイト イ・ポギョン
2008年 走れ自転車 イム・ハジョン
2008年 素晴らしい一日 バス停留所の女
2009年 テレシネマ7 天国への郵便配達人 チョ・ハナ
2011年 ただ君だけ ハ・ジョンファ
2012年 王になった男 王妃(廃妃柳氏)
2012年 ファイアーブラスト 恋に落ちた消防士 コ・ミス
2013年 監視者たち ハ・ユンジュ
2014年 セシボン ミン・ジャヨン
2014年 MIRACLE デビクロくんの恋と魔法 テ・ソヨン
2014年 妙香山館 オヨウンラン
2015年 ビューティー・インサイド ホン・イス
2016年 愛を歌う花 チョン・ソユル
2018年 ゴールデンスランバー チョン・ソニョン
2018年 人狼 イ・ユニ
2021年 太陽は動かない AYAKO

ハンヒョジュのいままでに公開されている映画16作品

2014年には3本の公開作品など、映画界にも引っ張りだこの人気女優です!

 

そして、来年2021年の公開予定の日本映画にも出演が決定しています!

そんなハンヒョジュの出演映画の中から選んだ、おすすめの映画ベスト6をご覧ください。

ハンヒョジュのおすすめ映画ベスト6!と番外編

ハンヒョジュ,映画

心にすんなりと入り込んでくるハンヒョジュの演技が見どころの6作品です!

最後に番外編として、来年2021年の新作もあわせて、さっそくご紹介します!

ハンヒョジュのおすすめ映画①ビューティーインサイド

ハンヒョジュ,映画

主人公キムウジンが朝起きると別の人間になっている、という突拍子もない設定の映画です。

ところが、じつはそこが見どころでもあり、次第にそれが当たり前になってきて「今日は誰?」という楽しみになる作品でした。

 

ハンヒョジュは毎日別人となる主人公の恋人ホンイス役として出演しています。

この映画で大韓民国トップスター賞授賞式にて、大韓民国トップスター賞を受賞しています。

 

イスの心の葛藤をきめ細かい表現で好演しています。

思わずイスに感情移入してしまいます。

ハンヒョジュ,映画

美しいイスだけでなく、123人の主人公ウジンも見どころです。

ウジンをパクソジュンパクシネホンダミソガンジュン上野樹里などなど、豪華俳優陣が演じています。

 

ハンヒョジュのおすすめ映画②人狼

ハンヒョジュ,映画

押井守原作・脚本のアニメ映画「人狼 JIN-ROH」が原作の韓国版映画です。

 

舞台は2024年の統一朝鮮半島。

反政府組織セクトと警察組織が作り上げた特機隊との攻防が続く中、誤情報で特機隊が罪のない女子学生たちを射殺してしまうところから映画が始まります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanhyojoo(@hanhyojoo222)がシェアした投稿

この事件から心に傷を負ったイムジュンギョンをカンドンウォンが演じます。

ハンヒョジュはセクトのメンバー、イユニ役で出演

二人があることで出会い、ユニの話す「おばあさんも赤ずきんも食べてしまう狼」の赤ずきんの話で急速に仲が縮まります。

 

公安部と特機隊、それぞれの対立に巻き込まれていく二人。

人を殺し続けるイムに、ユニが自分の思いを伝えるシーンが一筋の希望を見出せます。

その希望を絶やさずに持つ二人が切ないですが、素敵なラストです。

このはかなさはハンヒョジュならではの雰囲気ではないでしょうか。

SFアクション・サスペンスにとどまらず、過去に立ち向かう人間模様も見どころです。

 

ハンヒョジュのおすすめ映画③ゴールデンスランバー

伊坂幸太郎作の日本の小説が原作の、ハンヒョジュ出演の韓国映画です。

大統領の暗殺の濡れ衣を着せられるキムゴヌ役カンドンウォンの元恋人役ソニョンハンヒョジュが演じます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hanhyojoo(@hanhyojoo222)がシェアした投稿

アイドルを助けたことで有名になったゴヌに、久しぶりに連絡の来た同級生と会ったことで人生が一変。

その同級生と会っているときに、二人の目の前で大統領が暗殺されるという大事件が起きます。

 

暗殺犯の容疑がかかったゴヌの大逃走が始まるのです。

ソウル市内で撮影された映像は迫力満点

 

ハンヒョジュのおすすめ映画④愛を歌う花

ハンヒョジュ,映画

日本統治時代の朝鮮にあった妓生(キーセン)養成学校で知り合った二人の少女の物語です。

美貌にも歌の才能にも恵まれたソユルをハンヒョジュが、天性の歌声を持ったヨニをチョンウヒが演じます。

 

養成学校でも目立っていた二人が、流行歌の作曲家ユンユ(ユヨンソク)をめぐって、執着と嫉妬で二人の運命が狂っていきます

 

愛するユンウの作曲した国民を癒すために作られた「朝鮮の心」をソユルが歌うはずだったのですが、ユンウはヨニの声に魅せられ、「朝鮮の心」をヨニへ…。

 

静かな映像の中に、嫉妬心うずめく演技ハンヒョジュはさすが。

 

この映画のためにハンヒョジュもチョンウヒも訓練を積んだという歌のシーンも

二人とも才能ある役柄ですが、納得できる歌唱力でした!

ハンヒョジュのおすすめ映画⑤セシボン

ハンヒョジュ,映画

70年代のフォークソングブームを牽引した音楽鑑賞室「セシボン」が舞台。

「セシボン」は実在した音楽喫茶で、この話も実話がもとになっています。

 

ツインフォリオの架空の三番目のメンバー・オグンテ(チョンウ)という青年と、ハンヒョジュ演じるセシボンのミューズ・ミンジェヨン淡い恋物語を中心に、話が展開していきます。

 

歌手になるという夢を目指して切磋琢磨する3人の若者と演劇に魅せられた美しい少女。

はかなくもきらきらとした青春時代を、70年代の音楽とファッションが彩ります。

見終わったときに心地の良い切なさがふわっと残ります。

 

このハンヒョジュが本当にかわいい!

可憐で、ちょっと生意気なソウルっこが何とも言えずかわいいのです。

このジェヨンでハンヒョジュにハマること間違いなし!

 

ユンヒョンジュ役で出演しているカンハヌルですが、めちゃくちゃ歌がうまいです!

音楽も一緒に楽しめる映画です。

ハンヒョジュのおすすめ映画⑥MIRACLE デビクロくんの恋と魔法

ハンヒョジュ,映画

これからのクリスマスシーズンにピッタリの相葉雅紀主演の日本映画です。

ハンヒョジュは日本映画にも出演していたのです

うだつの上がらない漫画家を夢見る書店の店員、相葉雅紀演じる山本光を取り巻く、恋の人間模様を描くコミックラブストーリー。

デビクロくんとは、光の描くキャラクターで映画の随所に出てくる重要キャラです。

 

ハンヒョジュ,映画

ハンヒョジュは光と偶然出会う、テソヨンという照明デザイナー役を演じます。

日本語、英語、韓国語と3か国語を操る才媛で、光から心を寄せられる役どころ。

 

日本に来たときは日本語ができなかったハンヒョジュだそうですが、映画の中ではそんなことを感じさせない流暢さ

こんなところも見どころです!

 

完璧さとダメっぽさを併せ持ったソヨンをハンヒョジュが好演して、映画を輝かせるエッセンスとなっています。

 

この映画の舞台挨拶で、ハンヒョジュは”相葉雅紀のファン”になったと語っています。

「日本のトップスターなのに、新人のように真剣に撮影に取り組む姿が素敵だと思った」とか。

人気女優にこのように言われた相葉くん、きっと嬉しかったことでしょうね!

 

ハンヒョジュのおすすめ映画『番外編』太陽は動かない

ハンヒョジュ,映画

最後のおすすめはハンヒョジュ次回作の日本映画です

2020年に公開の予定でしたが延期され、2021年3月5日に公開が決定となりました!

 

次世代エネルギーに関する情報を24時間ごとに送らないと、死の危険がせまるノンストップ・サスペンス

ハンヒョジュ,映画

爆弾を埋め込まれた秘密組織の構成員に藤原竜也竹内涼真という実力・人気ともにトップの日本のスターが顔を揃えます。

ハンヒョジュは次世代エネルギーについて調査している謎の女AYAKO役で出演します。

 

「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」では見事な日本語を披露していましたが、あれから6年。

日本語を話すハンヒョジュにも期待してしまいます

 

ハンヒョジュ出演のおすすめ映画!日本映画にも出演!まとめ

ハンヒョジュ,映画

今回は、ハンヒョジュのおすすめ映画のご紹介をさせていただきました。

 

ハンヒョジュの個性的な役柄をこなす演技力は、いろいろな賞を受賞していることからも証明されています。

「人狼」のイユニなど、ハンヒョジュ自身は透明感のある存在ですが、影のある役も印象に残ります

 

さまざまな役をこなしていますが、一貫して透き通るきらきらとした存在感ハンヒョジュの最大の魅力だと思います。

どこにいても目を引くような存在はまさに「セシボン」のジェヨンそのものです。

 

そして、日本映画や日本人作家が原作の韓国映画にも多く出演し、日本との縁もありました。

最新作が日本映画というから、これは来年に向けてチェックしたい映画の一つです!

 

2019年はハリウッドでドラマにも出演し、2021年は日本映画と活躍の舞台を世界に広げているハンヒョジュに期待が高まります!

 

アイキャッチ画像引用元:フラーム公式サイト
画像引用元:公式サイト、Instagram、Twitter、FOD、eiga.com