ソンガンホ「タクシー運転手」ネタバレあらすじと結末や感想は?

映画

タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」は2017年に韓国で大ヒットした映画です。

主演は「優雅な世界」「シークレット・サンシャイン」「弁護人」の映画に出演している名優ソンガンホです。

 

韓国では動員数が1,200万人を突破し2018年には日本でも公開されました。

1980年5月に起きた光州事件の真相(ノンフィクション)を描いています。

 

今回は「タクシー運転手 ~約束は海を越えて~」の

  • ネタバレ内容
  • 結末
  • 感想

についてご紹介していきます。

 

ソンガンホ「タクシー運転手」とは?

1980年5月に韓国・光州で起きた「5.18光州民主化運動」は多くの死傷者を出した事件です。

 

その光州事件の真実を追い求めて現場で取材したドイツ人ジャーナリスト(ピーター)と、彼の運転手をしたタクシー運転手(マンソプ)の2日間の実話を元に描いたヒューマンドラマです。

演出は「義兄弟」や「高知戦」のチャンフン監督です。

 

主なキャスト

ソンガンホ キムマンソプ タクシー運転手
トーマス・クレッチマン ピーター ドイツ人記者
ユヘジン テスル タクシー運転手
リュジュンヨル ジェシク/グ 大学生
パクヒョックォン チェ レポーター

 

ここからは「タクシー運転手」のあらすじ(ネタバレ)を紹介します!

 

ソンガンホ「タクシー運転手」あらすじと結末は?

 

場所は1980年の日本!

ドイツ人ジャーナリストのピーターはビールをのみながら、何かスクープネタはないかと探っていました。

 

ピーターは記者仲間の情報で韓国の光州にネタ元がありそうだと知ります。

野心家のピーターはさっそく韓国へ飛び、ジャーナリストの身分は隠して入国するのでした。

 

 

ソウルのタクシー運転手マンソプはお金に困っていました。

 

彼は娘と2人で暮らしていましたが、家賃を数ヶ月延滞していたのでした。

 

 

食堂でお昼を食べていたマンソプは「光州まで行く外国人のお客がいる」との情報を得て、タクシーをチャーターしようとしていたピーターに会うのでした。

 

英語がほとんど喋れないマンソプですが無理やりピーターをタクシーに乗車させるのでした。

 

 

ドイツ人ジャーナリストのピーターを乗せたタクシー運転手のマンソプは、英語が少ししかわからないまま光州に向かいます。

 

高額なタクシー代を受け取れることができるとマンソプは内心うれしくてたまりません。

自分の一人娘に新しい靴を買ってあげたいのです。

 

 

高速道路で光州へ向かう途中、軍の検問封鎖が行われていました。

ベテランタクシー運転手のマンソプは機転をきかせ「ピーターは非常に重要なビジネスのために行く。」という理由で検問を通ることができました。

 

光州へ到着した2人ですが、光州の様子や住民たちの表情に異変を感じるマンソプはピーターにソウルに戻ろうと言います。

 

しかしピーターはジャーナリストです。

取材もなしに帰るはずがありません。

 

 

ピーターは偶然に出会った英語が話せる大学生のジェシクの手を借りて光州事件の様子を取材しはじめました。

 

しかしマンソプはますます危険を感じて「タクシー代はいらない。」と言い帰ろうとします。

 

 

2人はトラックに乗っている学生の集団に出会います。

彼らはピーターがジャーナリストだとわかると真実を世界に知らせてほしいと懇願します。

 

ピーターは彼らと行動をともにしますがマンソプはそうではありませんでした。

途中でソウルへ帰ろうと考えていました。

 

ピーターは途中で出会った女性に頼まれて病院へ行きます。

病院に着いた女性は息子に会うことができたのですが、病院には負傷した多くの人たちがいました。

 

病院から出ると学生の集団に再び出会います。

彼らはピーターがマンソプのタクシーに高価なカメラ機材を忘れていたのでマンソプを探していたのでした。

 

仕方なく学生集団と広場へ向かいます。

広場には巨大なデモ隊が形成されていました。

 

そこへ軍隊が介入し一方的にデモ隊を攻撃し始めたのです。

マンソプたちは命からがら逃げだします。

 

 

マンソプはソウルに帰ろうとしますがタクシーが故障してしまい、ジェシクの家にピーターと共に泊めてもらいます。

マンソプは娘に連絡を取りたいのですがすべての電話回線が遮断されていました。

 

ジェシクの家で見たテレビでは、実際に見た真実と全く逆のことがニュースとして伝えられていました。

ジェシクの父はピーターに世界に真実を伝えてほしいと頼みます。

 

広場から爆音が聞こえマンソプとピーターは現場へ向かいます。

その時、軍隊のトラックが広場へ侵入していくのが見えました。

 

 

映像を撮り始めたピーターに軍隊が迫ります。

何とかその場を逃げ出したマンソプとピーター!

 

翌朝マンソプは暗いうちにタクシーでソウルへ帰ろうとします。

ジェシクの父親の情報で、光州から脱出する方法と偽のライセンスプレートをもらっていたのです。

 

ひとりソウルへ帰る途中、食堂で彼はテレビのニュースを目にします。

またしても事実とは全く異なった情報

マンソプはソウルの娘へ電話をかけ自分の客が待っているから今夜は遅くなると伝えます。

 

光州に戻ったマンソプはジェシクの家に行くと病院にいるとのこと。

病院に着いたマンソプが見たのは、すごい数の負傷者でした。

そしてジェシクは帰らぬ人となり、すぐそばでピーターはショックで動けなくなっていました。

 

「これ以上撮影することはできない。」というピーターにマンソプは「あなたはジャーナリストの使命を果たさなければならない。」と言うのでした。

 

 

街では軍による市民の射殺が行われています。

抵抗できない市民を軍は攻撃しているのです。

 

人として間違っているとマンソプたちはタクシーでバリケードを作り、その間に負傷している市民を助けたのです。

ジャーナリストのピーターは撮影を続けていました。

 

 

空港へピーターを送っていくマンソプ。

裏道を抜けて途中まで来ることができましたが、「外国人は通すな。」という連絡で2人はあっという間に軍の車に追いつかれてしまいます。

 

間一髪のところへテスル率いるタクシー運転手の軍団が助けにきてくれました。

彼らは自分だちの命と引き換えにマンソプとピーターを逃がしてくれたのです。

 

空港に着いたピーターはタクシー代金と修理費を払いたいからとマンソプに連絡先を書いてもらいました。

 

別れるときに「あなたはいい人だ。」と言ったピーター。

「また韓国で会おう」と返したマンソプ。

 

ピーターは日本へと飛びたちました。

ソウルの自宅へと戻ったマンソプは娘との再会を喜ぶのでした。

 

ソンガンホ「タクシー運転手」結末は?

 

ピーターはマンソプとの再会を希望していましたが、実は書いてもらったマンソプの名前は偽名だったので探すことができませんでした。

2003年に賞をもらうことになったピーターは韓国を訪れました。

 

ピーターはソウルで光州事件について講演を行いました。

最後に講演で彼は、マンソプがいなかったらこの事件が明るみに出ることはなかった感謝している。」といいました。

会見でもマンソプとの再会を望んでいると発言し、それは新聞記事になりました。

 

マンソプはタクシー運転手を続けていたのでした

ピーターの記事内の発言を見て「どういたしまして。」と笑うマンソプの姿がありました。

 

ソンガンホ「タクシー運転手」感想!

 

マンソプはただお金が稼ぎたくてピーターをタクシーに乗せたのです。

しかし、光州で軍と市民との争いはニュースと全く逆でした。

人としての怒りに火がついたマンソプ!

 

マンソプはいったん光州から逃げ出すのです。

軍隊に捕まったら命がないし最愛の娘に会うこともできない。

しかしマンソプは戻ります。

 

人間はひとりでは何もできない・・と思うのに、マンソプは違いましたね。

人として、またタクシー運転手としてのプライドが彼を突き動かしていたのでしょうか?

巨大な敵に挑む、それが普通の人だから素晴らしくて感動します。

 

世界に真実を伝えるにはジャーナリストのピーターにしかできない!

「自分は命をかけてピーターを空港まで連れていく」!

タクシー運転手マンソプはその使命を全うします。

涙なくしては語れない後半でした。

 

タクシー運転手のマンソプはどこにでもいる人間です。

 

しかし、ドイツ人ジャーナリストのピーター、自分に対してとても敬意を払ってくれるタクシー運転手テスル、若くて夢をもった大学生のジェシクと出会い彼は自分の使命を見出していったのです

「お客さんを無事に連れていく」というタクシー運転手としてのポリシー!

 

ひとりの人間の正しい行動が世界変えていく・・真実を伝えることができて良かったです。

人間の力ってすごいですよね。

自分も何かやれそうな勇気をもらい、そしてホッと心を癒された映画でした。

ソンガンホ「タクシー運転手」まとめ!

 

韓国の光州で起きた本当の事件を全世界に伝えた記者ユルゲン・ヒンツペーター

そして、彼を自分のタクシーに乗せ光州に入り取材後にヒンツペーターさえも行方を知ることのできなかったキムサボク

この2人の真実のお話です。

 

「タクシー運転手」で主演したソンガンホは、「光州事件のような歴史的事実を表現するのに自分のような役者が演じてよいのか」とプレッシャーを感じて最初のオファーを断った経緯があります。

ソンガンホはそこまで真剣に演じることを追求している役者さんなんですね。

 

今もなお韓国にとっては深い傷のある歴史に焦点をあてた「タクシー運転手」、この映画で日本人の私も真実を知ることができました。

大きな権力の前にはひとりの力なんて無力のように感じます。

 

しかし目の前のことに対して正々堂々と戦っていくマンソプのような人がいるからこそ、社会が変わっていけるのだと思いました。

 

今の私たちの幸せはそういう名もないヒーローたちの力で成り立っているのだと思います。

幸せをありがとうございます。

そして素晴らしい映画に感謝します!

 

 

 

コメント

  1. […] 今回、主人公は韓国俳優のソン・ガンホさん(タクシー運転手でも話題になりました)で、リョスヨンは特別出演としてでしたが、映画の中ではかなり重要な役を演じています。 […]

  2. […] キテク役のソンガンホは「弁護人」や「タクシー運転手」で知られている実力派俳優です。 […]