私はチャン・ボリの視聴率一覧!平均と最高視聴の話数はコレ!

私はチャン・ボリ!

2014年MBC演技大賞で9冠を獲得した大ヒットドラマ「私はチャン・ボリ!」。

 

主人公チャン・ボリが運命のいたずらに巻き込まれ受難の日々を送る中で、その不遇な状況でも明るさを忘れず、懸命に夢に向かって頑張るひたむきさが魅力のドラマです。

 

主人公と対立するミンジョンの悪女ぶりが強烈で、周りの人間を巻き込んで毎話ハラハラドキドキの一時も目が離せない展開が視聴者を釘付けに。

週末ドラマ1位を獲得するなど、その視聴率の高さも注目されています。

 

今回は、私はチャン・ボリ!の視聴率一覧と平均・最高視聴率をまとめていきます。

最高視聴率だった話数の詳細もご紹介!

 

私はチャン・ボリの視聴率は30%超え!

私のチャン・ボリ!は、高い視聴率を誇った大人気ドラマです。

 

MBC週末ドラマ全52話(BS11日本語字幕放送・全74話)あり、各話放送ごとに視聴率が上がっていったというところも注目ポイント。

 

  • 最高視聴率は37.3%
  • 平均視聴率は20%超え

という、長編ドラマの中ではダントツで視聴率の高かった作品です!

 

「私はチャン・ボリ!」視聴率が高かった話数は?

「私はチャン・ボリ!」の見所は、なんといっても主人公ボリを中心とした二人の娘と二人の母の人生にスポットを当てている点です。

 

それぞれの女性視点でストーリーが展開しており、理性と感情が葛藤する様はリアリティに溢れ、手に汗握る展開に毎回ハラハラさせられます。

 

正直どれも見てもらいたいのですが、特におすすめで視聴率が高かった話数を選んでみましたのでご紹介します!

 

視聴率が高かった話数①37話&38話

 

遺伝子検査をして、スボンとボリの親子関係が証明される37話と38話

37話の後半で、遺伝子検査によりスボンとボリが親子であることがわかり、抱き合って泣く二人。

 

お互いかけたい言葉はたくさんあるけれど、涙がボロボロ出てきて言葉にならず、やっと絞り出した言葉が、

 

「ウンビ・・・」

「お父さん・・・」

 

でした。

 

 

親が子を、子が親を想う心情が痛いくらいに伝わってきて、強く心を打たれます。

 

スボンが片時も娘のことを忘れずずっと会いたかったという気持ちや、ボリが今まで受けた仕打ちの数々を思えば、やっと会うことができたね、よかった・・・と涙した方も多いのではないでしょうか。

 

その後イナとも会うことになるのですが、スボンとの感動の再会とは打って変わり、「お前みたいなのが私の可愛いウンビなはずない!」と泣き叫ばれ、ボリを全否定してくる展開に。

 

スボンとイナ、二人とも実親なのに全く違った再会を果たすボリの演技に注目です。

 

視聴率が高かった話数②52話

極悪非道の限りを尽くしてきたミンジョンの最後が描かれた52話

 

自分の夢も、愛したジェヒも何もかも失って、入水自殺を図ろうとしたミンジョンを助けようと湖に入ったヘオクが溺れ、それが元で脳障害を患いミンジョンの事のみ忘れてしまいます。

 

ミンジョンは3年の刑期を終え母親に会いに来ますが、自分のことを完全に忘れてしまった事実を知って、ショックで泣き叫ぶミンジョン。

 

ミンジョンはその後、親子として過ごしてこなかった時間を取り戻すべく、ヘオクと一緒に暮らし始めます。

 

最終話の視聴率は35%

「私はチャン・ボリ!」最終話は、視聴率35%を記録しました。

 

狂気すら感じるほどの悪女だったミンジョンは、どんなに自分がひどい仕打ちをしてもずっと娘として大事にしてくれていたヘオクが、娘の自分を忘れるという最大の罰を受けてしまいます。

 

今までしてきたことを思えば自業自得なのかもしれませんが、それはどれほど辛く悲しいことでしょうか。

 

嘘を重ね、人を陥れることばかりしてきたミンジョンですが、そんなミンジョンにも人を愛する気持ちが残っていたのかなと感じるシーンが出てきます。

 

ジェヒと最後に会った日、暖炉に投げ込まれた指輪を取ろうと手を突っ込んで、指輪を握ったままヤケドを負ったミンジョン。

 

 

刑務所で講習所の教師としてミンジョンを見ていたイナは、それを心配して手術を受けるようジェヒに説得を頼みます。

 

この手は治すことなく、ずっとこのまま生きていくという気持ちを変えないミンジョンに、ジェヒはもう俺は関係ないからとお金を渡して去って行きます。

 

そんなジェヒに、「もう私のことは忘れていい人と出会って、結婚して・・・」と泣きながら見送るミンジョンと、振り返らず静かに涙を流して去るジェヒ。

 

 

自分の母親の面倒見るなど、後の更生の様子を見ると少しは良心が残っていたのかもしれませんね。

 

もし、二人が違った形で出会っていたら幸せな未来があったんだろうかと思わずにはいられませんでした。

 

最高視聴率の話数は「48話」

「私はチャン・ボリ!」48話で、自己最高視聴率37.3%(ニールセンコリア調べ)を記録しました。

 

同じ日に放送された週末ドラマの中でもダントツの数値だったようなので、視聴者の人気がすごく高いことが窺えますよね。

 

48話のあらすじ】

自分の計画をジサンに邪魔され「殺してやる!」と怒り狂うジェヒ。

ミンジョンは先回りし、倉庫で働いているジサンを見つけクレーンを使って荷物を崩し殺そうとします。

 

殺しは失敗に終わったものの、簡単に人殺しの行動がとれてしまうミンジョンに恐怖を感じてジェヒは離婚を突きつけますが、「私を見捨てたら妻殺しになる」と脅しをかけるミンジョン。

 

一方、二人の関係をよく思わないドンフとファヨンは、ミンジョンに離婚をするよう迫りますが、ミンジョンは「ジサンの事故はジェヒのせい。バラされても良いの?」と二人を脅迫。

 

一触即発な雰囲気のイ家ですが、追い打ちをかけるようにミンジョンの妊娠が発覚します。

 

前話で、ミンジョンの隠したい過去がジサンのせいでとうとうドンフにばれてしまい、さらにジェヒにもバレたら離婚と言われていたので、

 

「ピンチに陥ったミンジョンはこの後どうなるの?!」

「とうとう悪事が全部ばれちゃうの?!」

 

とドキドキしながら見た人が多かったために視聴率がグンっと上がったのかなと予想。

 

でも、やっぱり悪女のミンジョン。

 

ジサンを消そうとする所はそこまでするか!と驚きを隠せませんでしたが、嘘に嘘を重ねて、最後は妊娠が発覚して、なんとか窮地を脱しようと悪知恵を働かせていましたね。

 

ミンジョンの、まだまだ私は終わりじゃない・・・という執念が感じられる回でした。

 

「私はチャン・ボリ!」には視聴率公約があった

「私はチャン・ボリ!」はドラマ制作発表会の時に、

 

【視聴率25%を超えたらダンスを踊る】

 

という公約を掲げていました。

そして、見事34話で25%越えを達成

 

異例ではありましたが、作中での公約履行という演出家の粋な計らいにより、ジェファとボリの公開プロポーズのシーンでダンスが公開されています。

 

視聴率公約のダンスは必見♡

 

  • イ・ジェファ役キム・ジフン:EXO「Growl」
  • ト・ボリ役オ・ヨンソ:KARAのダンス

 


イ・ジェファ役のキム・ジフンは、まさか本当にダンスを踊ることになるとは思っていなかったそうです。

 

視聴率公約ダンスのメイキングも面白い!

作中で公約を履行することがいきなり決まって、以前自分が「Growl」を踊った映像を見て、あまりに身体にキレがない事と品のなさに驚愕。

 

これは駄目だ・・・と二週間かけてしっかり準備したと語っています。

 

撮影は韓国随一の繁華街明洞で行われ、周りに人がたくさんいる中での撮影は大変だったと思いますが、二人の幸せを感じれるシーンが視聴者により印象深い出来事となってよかったのではないかなと思います。

 

私はチャン・ボリ!の視聴率と平均・最高視聴率は?まとめ

主人公を超えるほどの存在感を出したミンジョン。

その悪女ぶりは、視聴者にも不快感を与え、見るのが辛くなるほどでした。

 

でも、頑張っても頑張っても陥れられて辛い思いをするばかりだったボリも、最後には自分の実力で勝利をつかみ取ります。

幸せになって本当によかったなあと自分のことのように嬉しくなる良いドラマだったと思います。

 

また、ボリとミンジョンの対決に目がいきがちですが、周りを囲むキャストとのやり取りも素晴らしく、特にビダンの演技に何度泣かされたことか。

視聴率が回を追うごとに上がっていったというのも納得の内容です。

 

俳優陣の演技が上手く、感情移入しすぎて見終わった後喪失感に襲われるくらい夢中になってしまうドラマなので、是非見てみてください!

 

画像元:ツイッター