麗の結末はバッドエンド?切ない終わり方の解説と麗ロスの声とは?

韓流ドラマ

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」の原作は日本でもヒットした中国ドラマ「宮廷女官若曦」の原作となった中国のベストセラー作家「桐華」の小説「歩歩驚心(ホホキョウシン)」!

 

現代から高麗時代にタイムスリップしたヒロイン(ヘス)と8人の皇子たちとの恋愛を描いたドラマです。

 

今回は

  • 麗の結末はバッドエンドなのか?
  • 切ない終わり方の解説
  • 麗ロスの声

についてご紹介していきます。

 

→麗~花萌ゆる8人の皇子~の結末を独占見放題で見る方法はコチラ←  

麗の結末はバッドエンドなの?

 

前回までのお話しです。

 

ソ(イジュンギ)はジョン(ジス)が今は亡き定宗からの褒美として、ヘス(IU)との婚姻の許しを得ていたことを知りますが、ヘスをどうしても手放すことができないのでした。

 

しかしヘス(IU)本人が皇宮を出たい思いでジョン(ジス)との婚姻をソ(イジュンギ)に申し出ます。

ヘスに対して不信感を抱いたソは、悩んだ末にヘスに別れを告げるのでした。

 

ヘスはソと別れ、ジョンの家で暮らし始めるのでした。

 

麗の最終話の内容(ネタバレあり)

 

ヘスはソの子どもを身ごもっていることがわかりました。

妊娠中、そして産後の容態は悪くますます体調を崩していくヘス。

 

子どもを産んだヘスはソに何度も「会いたい」と手紙を書きますが、それは決してかなうことはありませんでした。

ジョンの腕のなかで永い眠りについてしまったヘス。

 

ヘスの訃報を耳にしたソは、ヘスがソとの再会を心待ちにしながら亡くなったことを知り涙をこぼして後悔するのでした。

 

 

そしてヘスの骨壷を大事に持ち帰ったのです。

 

月日は流れ、ソは高麗史上最も強い第4代皇帝光宗としてゆるぎない地位を築きます。

しかし孤独な王として過ごしているのです。

 

ジョンはヘスの命日に皇宮へ行きソと会ってしまいます。

ジョンの娘を見たソはジョンの帰郷刑をとき、時々会いにきてくれと言うのでした。

 

一方、現代で目覚めたヘスはハジンとして生活するのでした。

ヘスとしての記憶を無くしたまま。

 

ハジン(ヘス)は毎晩夢に仮面の男が登場し、涙する自分に驚いています。

 

そして仕事中にジモンそっくりな男に会い「偶然はない。元ある場所に戻るのです。」と言われます。

 

 

ハジン(ヘス)は展示されていたソの肖像画や皇子達との思い出が描かれた絵によって高麗時代の記憶を完全に取り戻したのでした。

 

 

麗の切ない終わり方の解説!結末はバッドエンド?

※バッドエンドとは「悪い終わり方」の意味で日本のドラマでは「物語が不幸な形で終わりの結末を迎えること」

 

「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」はヘスの死、そしてソとヘスのふたりはその後も決して会えなかった切ない最終回を迎えます。

 

本来ならば現代で生まれ変わってハッピーエンドになるドラマが多い中、あえて切ない最終回にしたような気がします。

 

 

ヘスのソにあてた手紙がとても切ないのです。

 

愛する相手を憎みたくないから「捨てる」と言ったヘス。

ヘスもソもお互いが大切だから「捨てて」しまったのです。

 

しかし「捨てる」ことでお互いの思いは冷静になり、決して離れることのできない心を作り出しました。

 

 

また、ジョンに対して「すべてを忘れる」と言って亡くなったヘス!

 

現代にもどったヘス(ハジン)は本当にすべてを忘れていましたが、ソの肖像画や皇子たちとの思い出が描かれた絵によってヘスとして生きた記憶を思い出します。

 

 

思い出したヘス(ハジン)はソに対して「ひとりにしてごめんなさい。」と泣くのでした。

 

自分がそばにいて彼を変えてみせる・・と思っていたけれど、ずっとそばにいると約束したのに叶えることができなかったヘス!

ソの肖像画に悲しみや孤独を感じ取ったのです。

 

 

高麗ではひとり残されたソが「スや!同じ世界にお前がいないのなら探しに行こう。」と心で強く誓っているのでした。

 

意味深な結末ですが、ヘスとソは決してハッピーエンドな終わり方ではありませんでした。

しかしふたりにとっては幸せなできごとや時間は確かにあったのです。

 

ヘスはソとの思い出に「幸せの記憶」があったように、ソもきっと高麗でひとり幸せを思い出していたと思います。

 

 

このような終わり方をすることで、見ている視聴者の心に疑問を投げかけ、そしてドラマの余韻を引きずった形にしました。

 

  • 果たしてふたりは幸せだったのでしょうか?
  • なぜこのような結末になったのでしょうか?

と。

 

「麗<レイ>~花萌ゆる花萌ゆる8人の皇子たち~」は確かに切ない終わり方ですが、バッドエンドだけではなく「時を越えても愛はお互いの心に生き続けている」ように思うのですがいかがでしょうか?

 

→麗~花萌ゆる8人の皇子~の結末を独占見放題で見る方法はコチラ←  

麗ロスの声と感想は?

 

麗の最終話を見終わった人からは「麗ロス」の声が多くあがっています。

麗ロスになった方々のコメントをあげていきますね。

 

 

麗ロスを癒せないファンがたくさんいるようです。

 

 

 

麗は映像も曲もとてもきれいで、だから泣けるシーンが多くて。

最終回近くは曲を聴いただけで泣けてきましたよね。

 

 

毎回続きを楽しみにしていた麗ファンがロスになっています。

池に飛び込めば・・ ハジンが子どもを助けようと池に飛び込んで高麗へワープしたことから始まったお話!

 

もう一度最初から物語を初めてください。

そして今度は結末を変えてもらえたら・・なと思います。

 

切ない終わり方には何か意味があって、ふたりの心は結びついていて、ドラマの余韻もあって、バッドエンドと思いたくないと思い、いろいろと自分の心に言い聞かせています。

 

しかし麗ファンとしてはハッピーエンドになってもらいたかったです。

あー結末変える方法ないですか!?

もしくは続編を希望します!

 

→麗~花萌ゆる8人の皇子~の結末を独占見放題で見る方法はコチラ←  

コメント