イジュンギのドラマおすすめ作品12選!代表作や主演最新ドラマまとめ

イジュンギ

妖艶な眼差しと抜群の演技力で、日韓共に大人気の俳優イジュンギ

長い下積み時代を経て、2005年の映画「王の男」で女性よりも美しい男と称賛を受け、作品の大ヒットと共に新人賞も総ナメにし、一躍人気スターに躍り出ます。

イジュンギのドラマおすすめ作品13選!が知りたい

イジュンギの代表作や主演最新ドラマをまとめてご覧くださいね。

今回は不動の人気を誇るイジュンギの魅力に迫るべく、イジュンギが出演するドラマのおすすめ作品をランキングとしてまとめました!

イジュンギの代表作や主演最新ドラマを見たい方も参考にしてくださいね。

イジュンギの代表作や主演最新ドラマまとめ!

イジュンギ,ドラマ,おすすめ,作品,

海外が最も注目する韓国俳優1位に選ばれたこともあるほど、海外でも注目されているイジュンギ。

日本でのイジュンギのファンミーティングも凄い人気です。

では、イジュンギの主な出演ドラマをご紹介!

ドラマ

2004年 『STAR’S ECHO~あなたに逢いたくて~』(チァンギュ役)

『どうすりゃいいんだ!!~1979年の贈り物~』(ソンホ役)

2005年 『マイガール』(ソ・ジョンウ役)
2007年 『犬とオオカミの時間』(イ・スヒョン役)
2008年 『イルジメ~一枝梅』(イルジメ役)
2009年 『ヒーロー』(ド・ヒョク役)
2012年 『アラン使道伝』(キム・ウノ役)
2013年 『TWO WEEKS』(チャン・テサン役)
2014年 『朝鮮ガンマン』(パク・ユンガン役)
2015年 『夜を歩く士(ソンビ)』(キム・ソンヨル役)
2016年 『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち』(ワン・ソ、光宗(クァンジョン)役)

『ファーストキスだけ7回目』(イ・ジュンギ役)

2017年 『クリミナルマインド:KOREA』(キム・ヒョンジュン役)
2018年 『無法弁護士』(ポン・サンピル役)
2019年 『ホテルデルーナ』(カメオ出演)
2020年 『悪の花』(ペク・ヒソン/ト・ヒョンス役)

演技でみせるカリスマ性と神秘的なイメージに魅了されるファンは多く、世界中にファンがいるイジュンギ。

イジュンギのドラマ一覧をみてもわかるように、時代劇から現代ものまですべて網羅している演技派俳優です。

そして、デビューまでの苦労の経験から、イジュンギは誰に対しても謙虚で礼儀正しい人柄もあり、着々とファンを増やし不動の人気を誇っています。

イジュンギのドラマおすすめ作品12選!【厳選】

イジュンギ,ドラマ,おすすめ,作品,

爽やかな笑顔で少年のような雰囲気を持ちながら、ある時は色っぽい眼差しでセクシー!

ある時は大立ち回りを繰り広げてワイルドと、役によって様々な顔を見せてくれるイジュンギ。

出演ドラマは多いイジュンギですが、その中でも特にオススメなものを選びました。

“イジュンギのドラマ作品おすすめ12選!”をランキング形式でご紹介します。

1位:悪の華

~あらすじ~【全16話】

家事や子育てを完璧な理想の夫ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)は、刑事の妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)と娘の三人で幸せな生活を送っていました。

そんなある日、ジウォンは頼まれて週刊誌記者のキム・ムジン(ソ・ヒョヌ)を夫が営む工房に連れてくるのでした。工房に訪れたムジンはヒソンが18年前の連続殺人事件の容疑者ト・ヒョンスと知ってしまうのでした。
正体を隠しヒソンとして生きてきたヒョンス。彼は、過去を暴かれるのを恐れてムジンを工房の地下室に監禁するのでした。

イ・ジュンギとムン・チェウォン主演の「悪の華」

14年間、一緒に過ごしてきた愛する夫が連続殺人犯だったら?

残酷な真実に直面した夫婦の真実の愛を描く、サスペンスラブストーリーです。

イジュンギは、「無法弁護士~最高のパートナー」から2年ぶりのドラマ出演となりました。

優しい夫ペク・ヒソンと冷酷な殺人鬼ト・ヒョンス2つの正反対の人物を演じるイジュンギの演技力に圧倒される作品です。

2位:無法弁護士

~あらすじ~【全16話】

幼い頃、事件弁護士だった母の悲惨な死を目撃して以来、復讐が生きる目的となり最大のミッションとなったサンピル(イ・ジュンギ)。
母方の組織暴力団のボスである叔父に引き取られ成長したサンピルは、法より拳を使う無法弁護士となっていました。ある日匿名で一冊の手帳が届いたことで、復讐の時がきたと18年ぶりに母といた故郷に帰るサンピル。
そこで、正義感の強い熱血弁護士ハ・ジェイ(ソ・イェジ)と出会います。

迫力あるアクションシーンが満載で話題となった、ドラマ「犬とオオカミの時間」の監督キムジンミンとイジュンギが再タッグを組みました。

最高のスタッフと共にお届けする、極上のエンターテイメント作品です。

アクション、ロマンス、コミカル、シリアスと様々な顔をみせるイジュンギの魅力がたくさんつまっていて、まさに集大成的ともいえる作品に仕上がっています。

また、ブラジリアン柔術を学んで撮影したアクションシーンも必見

「無法弁護士~最高のパートナー」のイジュンギとソイェジ、息のぴったりあった弁護士コンビ演技にも注目です。

最新のイジュンギドラマを見たい方は絶対見逃せない作品となっていますよ!

3位:麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~

~あらすじ~【全20話】

化粧品販売員として働くコ・ハジン(IU)は、ひどい裏切りにあってやけ酒をしていたところ湖に落ちる子供を目撃。
助けようとして湖に飛び込み溺れてしまいます。目を覚ましたハジンがいたのは、なんと高麗時代。

ハジンの魂は16歳の少女ヘ・スの身体に宿り、高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活を送ることになります。
ひょんなことから高麗時代にタイムスリップしてしまったヒロインが、宮廷で出会った世にも美しい8人の皇子たちの間で揺れ動く恋模様と、皇帝の座をかけた戦い巻き込まれるロマンチック時代劇。

イジュンギは第4王子ワン・ソを演じ、母に愛されない孤独と、冷徹な表情の下に一途な想いを秘め、主人公と共にいる中で少しずつ心開いていく様子を繊細に演じています。

恋愛ドラマというよりは跡目争いが過激で悲しいシーンが多いのですが、8人の王子が全員美形揃いで美しすぎる上に、ヒロインとの恋模様が胸キュン必須の台詞盛りだくさんなので、是非オススメしたい作品です。

こちらは時代劇なので、特に麗しいイジュンギが見れます!

4位:イルジメ~一枝梅

~あらすじ~【全20話】

両班の息子ギョム(イ・ジュンギ)は謀反の疑いをかけられて父を目の前で殺された上、母に石を投げさせられるなど悲惨な境遇の末、ショックのあまり記憶を失ってしまいます。

13年後、少年ヨンとして養父母の元で毎日遊んで暮らしていた時、昔の記憶がよみがえり復讐を胸に秘め義賊イルジメとして一人悪と戦うことを決意します。
どこにでもいるような陽気な少年ヨンと、貴族の屋敷に忍び込み仇を探す義賊イルジメの二つの顔を持った男が紡ぐヒューマンストーリーです。

この作品でイジュンギは、

  • 陽気な少年ヨン
  • 義賊のイルジメ、
  • 秘密を抱える本当の自分ギョム

という3つの人間を見事に演じ分けています。

過去のインタビューで、

「白紙のものに自分なりの様々な色を付けていくことができる。固定のものに縛られず、新しい英雄像を創造できる魅力があった」

と語っていて、その言葉通り唯一無二のキャラクターを作り上げました。

その高い演技力はたくさんの人に賞賛され、その年のSBS演技大賞で男性最優秀演技大賞を受賞。

最高視聴率も30%超えるなど大ヒットドラマとなりました。

こちらも時代劇物。

イジュンギの演技力の高さが1番分かる作品です!

5位:夜を歩く士

~あらすじ~【全20話】

聡明な文官ソンヨル(イ・ジュンギ)は、朝鮮王朝を陰で牛耳る吸血鬼クィ(イ・スヒョク)の存在を知ります。
親友のチョンヒョン世子(イ・ヒョヌ)と共にクィを倒すことを決意しますが、クィの陰謀によってチョンヒョン世子、婚約者のミョンヒ(キム・ソウン)、父を失ってしまうソンヨル。
そして、ソンヨル自身もクィを倒すため吸血鬼となり、クィを滅ぼす使命を背負って生き続けることになります。


元は人間の吸血鬼を演じるイ・ジュンギの、時折見せる生々しい吸血鬼の鬼気迫る雰囲気に圧倒されます。

また、キャラクターそれぞれの作り込みがしっかりしていて、感情の揺らぎなど細かいところまで表現されているところが印象に残りました。

こちらも時代劇ですが、”吸血鬼”というファンタジー要素を取り込みイジュンギの妖美さがかなり際立っています!

とにかくセクシーなイジュンギが見たい人にはおすすめです。

6位:犬とオオカミの時間

~あらすじ~【全16話】

タイで検事として働く母と一緒に暮らすスヒョン(イ・ジュンギ)は、アリという少女と出会い淡い初恋を経験しますが、アリの両親の離婚によって離ればなれになる二人。
その直後、仕事で関わっていた犯罪組織の報復にあってスヒョンの母が殺されるという悲劇見舞われてしまいます。

15年後、母の友人に引き取られていたスヒョンはその息子ミンギ(チョン・ギョンホ)と共に韓国国家情報院へ入省。
ある日ミンギに頼まれて、代わりにジウ(ナム・サンミ)という女性に会いに行くスヒョンでしたが、そこにいたのは昔離ればなれになったアリだったのです。

 

イ・ジュンギはこの作品でトレードマークだった長い髪を短く切り、英語・韓国語・タイ語の三カ国語の台詞を覚え、7㎏もの減量して撮影に挑んだそうです。

特技のテコンドーを活かして、ほぼ代役なしのアクションシーンを披露

カーチェイスあり、銃撃戦あり、映画並みの迫力あるアクションシーンが満載で、血だらけあざだらけになるワイルドなイジュンギを見られるのも注目ポイントです。

こちらは2007年制作なので今より若いイジュンギを見ることができます。

7位:TWO WEEKS

~あらすじ~【全16話】

天涯孤独のチンピラ、テサン(イ・ジュンギ)の前に昔の恋人イネ(パク・ハソン)が現れ、自分との間に娘スジン(イ・チェミ)がいることを告げられます。
スジンは白血病にかかっており、イネの願いでドナー検査を受けると見事一致し、二週間後に決まる手術。
しかし、テサンはかつてのボス悪徳事業家イルソク(チョ・ミンギ)の策略で人殺しの濡れ衣を着せられ、警察に捕まってしまいます。

護送中の交通事故に乗じて逃げ出したテサンは、我が子の命を救うため、必死の逃走劇を繰り広げます。

イジュンギ出演のおすすめドラマ第5位はTWO WEEKSです。

娘を思い、愛と真実のため力を振り絞って必死の逃走を繰り広げる主人公テサンを演じたイ・ジュンギ。

初めて父親役に挑んだとは思えない娘への溢れ出る父性愛や、孤独に生きてきた主人公が自分を信頼してくれる人たちに出会って人間として成長していく様を繊細に演じきりました。

イジュンギの新たな一面に悶絶して涙したファンは少なくありません!

多くの視聴者の胸を打つ感動作となっています。

8位:アラン使道伝

~あらすじ~【全20話】

霊が見えてしまうのが悩みの若き両班の若君ウノ(イジュンギ)の前に、キュートな記憶をなくした幽霊アラン(シン・ミナ)が現れ、自身の不当な死の真相を暴こうとウノを巻き込んで一緒に無念を晴らしていくストーリー。
自由奔放なアランに振り回されるウノでしたが、徐々にアランの悲しい過去が明らかになるにつれ、放っておけない存在へと変化していきます。

16世紀末の朝鮮時代を描いた「アラン伝説」をモチーフに作られたファンタジー時代劇です。

イジュンギが兵役から復帰してからの出演ドラマ第一作目となる「アラン使道伝」

お茶目な幽霊アランとの掛け合いが笑いを誘うラブコメディ要素と、アランの死にまつわるミステリーを盛り込んだ感涙必須の作品となっています。

 

兵役から帰ってきたイジュンギの一皮むけた精悍な姿を見れるのはアラン使道伝です!

9位:朝鮮ガンマン

~あらすじ~【全22話】

朝鮮王朝末期、王の支持する開化派の学者たちが謎の銃使いに殺される事件が相次ぎ、ユンガン(イジュンギ)の父が王命により捜査に乗り出します。
ユンガンは男装したスイン(ナム・サンミ)と銃使いと勘違いしたことがきっかけで出会い、お互いに少しずつ惹かれ合っていきます。
そんな中、計略によってユンガンの父が銃使いに殺されてしまい、ユンガンもスインの目の前で銃弾に倒れてしまいます。

それから3年後、港を訪れていたスインを待っていたのは、日本から商談で訪れていたかつての恋人ユンガンと瓜二つの半蔵との出会いだったのです。

『朝鮮ガンマン』は実際の史実を元に作られた作品で、朝鮮王朝後期を鮮やかに再現した美術や装飾品などは見応え抜群です。

イ・ジュンギは言葉もスタイルも全く違う二人の主人公を見事に演じ分けています。

朝鮮時代最後の剣客からガンマンへ、そのストーリーの斬新さもおもしろい所です。

イ・ジュンギの繊細な演技と、見事な銃さばきを見せつける迫力あるアクションシーンも見逃せないポイントです。

こちらも時代劇ですが、イジュンギの魅力がさく裂してるおすすめドラマです。

切ない表情のイジュンギを見たい方は必見です!

10位:クリミナルマインド:KOREA

~あらすじ【全20話】~

大都市ソウルで発生した凶悪極まりない爆破テロ事件。
NCIチーム長ギヒョン(ソン・ヒョンジュ)と爆弾処理班ヒョンジュン(イ・ジュンギ)は、作戦失敗により、その事件で心に深い傷を追ってしまいます。

1度は引退を考えた2人でしたが、新たな事件の発生によりNCIが再結成され、今度はヒョンジュンもギヒョンの指揮下に加わり、犯罪者の心理を読み解くプロファイリングを駆使して、メンバーと共に数々の難事件を解決に導いていきます。
しかし、伝説の殺人鬼として不気味なカリスマ性を漂わせるリーパーの出現により、苦戦を強いられるNCI。
リーパーの凶悪ぶりはヒョンジュンらの予想を遥かに超え、徐々にNCIは追い詰められていきます。

アメリカの大ヒットドラマ「クリミナルマインド」の韓国版リメイク作品

イジュンギは正義感溢れる熱血捜査要員ヒョンジュン役で出演。

精神的にギリギリの状況に追い込まれる捜査の中、時折見せる優しさに温かい人間性を感じることができる魅力的な役どころです。

凶悪かつインテリな犯罪者たちとの攻防は、手に汗握る戦いで緊張感があり、気を抜く暇がありません。

ドラマ全体としては陰惨な場面もあり重く暗い感じです。

しかし予想外の結果や逆転が起こる展開となっているので、サスペンス捜査スリラーが好きな方におすすめです。

アメリカ版「クリミナルマインド」好きな方も同じ様な重さで見れるドラマとなっています。

11位:マイガール

~あらすじ~【全16話】

済州島で観光ガイドをしている嘘が得意なユリン(イ・ダヘ)は、父の借金のせいで借金取りに追われ、その最中ホテル会長の御曹司ゴンチャン(イ・ドンウク)と、その幼馴染みでプレイボーイのジョンウ(イ・ジュンギ)と知り合います。
ゴンチャンからお金をだまし取ろうと近づきますが、すぐにバレて、「祖父の孫娘のフリをしてくれたら借金を私が払う」という提案にのるユリン。

ゴンチャンの祖父は元気になったものの、嘘の生活を次第に悩むようになったユリンを陰でジョンウが支えますが、ユリンの気持ちがゴンチャンに傾いていると気付いてしまいます。

マイガールは、キュートな詐欺師と御曹司が繰り広げるラブストーリーです。

イジュンギが「王の男」に出演した後の作品として話題になりました。

自由奔放なプレイボーイでありながら、愛した女性に振り向いてもらえないことに心を痛める切ない演技に注目です。

12位:ヒーロー

あらすじ~【全16話

新聞記者だった父に憧れ、とにかく記者になりたい!と入った会社は三流週刊誌「マンデーソウル」に入社しますが、社長が夜逃げしまさかの廃刊。
途方に暮れていたドヒョクに、一緒に新聞社をやらないか?と元ヤクザのヨンドクが声をかけてきます。
三流紙の記者ドヒョク(イ・ジュンギ)と、15年の刑期を終えて出所した元ヤクザ・ヨンドク(ペク・ユンシク)が、一緒に新聞社を立ち上げて巨悪に立ち向かい、真実を追い求める社会派エンターテイメント作品。


イジュンギが入隊する前のドラマとして注目された「ヒーロー」は、イジュンギが出演した今までの作品とは打って変わってコミカルな演技が特徴です。

ロマンス色は薄めの、社会の悪を倒す熱血記者という役どころで、裏番組のヒットでなかなか視聴率は振わなかったようですが、キャストの軽快な演技が楽しく、見る価値ありの作品です。

 

2009年撮影のドラマですが、当時のイジュンギの演技力は見ものです。

イジュンギのドラマ作品おすすめ番外編:「ホテルデルーナ」にも注目!

IUとの親交で特別出演することになった「ホテルデルーナ」

支配人候補として出演しているイジュンギは、退魔司祭役です。

イジュンギの魅力がギュッと詰まった役柄で、IUのセリフにも思わず笑ってしまうドラマです。

ホテルデルーナ第3話

社長のマンウォル(IU)が支配人候補者になった人物を思い浮かべるシーン!

1番目の支配人候補は、悪霊のパクイルドを追い払うために奮闘している退魔能力を備えたエクソシストの(イジュンギ)が登場。

ラテン語の聖書を口にして聖水を撒く彼に対して、マンウォルはホテルへ「行こう。」と促します。しかし「邪魔をするなー。」と叫ぶイジュンギ。「俺はヤツを捕まえるまでは帰ることはできない。」と叫ぶ迫真の演技!

その姿を見たマンウォルは「あいつのほうが怖いよ・・。」とつぶやいて帰って行くのでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

이지금 IU(@dlwlrma)がシェアした投稿

IUのインスタグラムにもイジュンギとのツーショットが掲載されています。

イジュンギは、ラテン語の聖書も全部暗記したそうです。

別キャラに扮したイジュンギ、絶対見逃せない作品となっていますよ!

イジュンギのドラマおすすめ作品12選!代表作や主演最新ドラマまとめ

イジュンギ,ドラマ,作品,おすすめ,

ここでは、「イジュンギのドラマおすすめ作品12選!代表作や主演最新ドラマまとめ」と言うことで、イジュンギのドラマおすすめ作品12選をランキング形式でご紹介しましたがいかかでしたか?

イジュンギのおすすめドラマランキングTOP12

  1. 悪の華
  2. 無法弁護士
  3. 麗(レイ)~花萌ゆる8人の皇子たち~
  4. イルジメ~一枝梅
  5. 夜を歩く士
  6. 犬とオオカミの時間
  7. TWO WEEKS
  8. アラン使道伝
  9. 朝鮮ガンマン
  10. クリミナルマインド:KOREA
  11. マイガール
  12. ヒーロー

番外編:ホテルデルーナ

イジュンギが放つカリスマ性や魅力を、余すところなく感じれる作品ばかりではないかなと思います。

『悪の華』では、ファンが今まで見たことがないイジュンギを演じた作品。

時代劇、アクション、ヒーロー、ロマンス等どれをとっても一流といえる演技をみせてきたにも関わらず、作品に挑む向上心は未だ衰えることなく、ストイックに向き合い続ける姿勢には本当に驚かされます。

ファンを何よりも大事に思っていると有名なイジュンギの、ファンにより良いものを見せたいという想いがあるのかもしれませんね。

今後もどんな進化した演技を見せてくれるのかすごく楽しみです。

画像元:ツイッター