少食アピールはうざい!少食アピールが嫌われる理由と対処法とは?

未分類
Skica911 / Pixabay

小食アピールをしてくる人が苦手…

本当に小食なのにうざがられてる

女性は小食の方が多いイメージですが、あまりにも小食アピールをされるといい気分ではないですよね。

なぜ小食アピールをする人はうざがられてしまうのでしょうか?

筆者も食が細いので、うざがられているかもしれないのは気になってしまいます。

また、本当に小食で困っている人への対処法も紹介します。

少食アピールがうざいと思われる理由6選

小食アピールはうざいと言われますが、具体的にどんな事がその要因になっているのでしょうか。

普段から小食アピールにうんざりしている方々の声を参考にしました。

小食アピールをする人はどんな事がうざいと思われているのか見ていきましょう。

ぶりっ子に見えるから

1つ目の理由はぶりっ子に見えるからです。

食事の時に「私、小食だから」とアピールをされると言われたほうも困ってしまいます、

相手の意図が読めないと感じたり、小食なのはか弱く感じるので、ぶりっ子キャラなのかな?と思ってしまいますよね。

複数人での食事や、男性がいる席で小食アピールをされるとぶりっ子に見えてしまいます。

空気が読めないと思われるから

2つ目の理由は空気が読めないと思われるからです。

食事の前や途中で小食アピールをされると食べたくないのかな?と気を使ったり、空気が読めないのかな?と感じてしまいますよね。

食事の途中で小食アピールをされるとご飯がまずく感じるという意見もあります。

周りの人が食べているのに小食アピールをすると空気が読めないと思われてしまうので気を付けましょう。

体型と食事の量が一致していないから

3つ目の理由は体系と食事の量が一致していないからです。

小食アピールをしてくるのにそんなに痩せていないと正直何のアピールなんだろうと不思議な気分になってしまいます。

小食だから痩せていると思ってもらいたいのでしょうか?

体系と食事の量が一致していないと反応もしづらいですし、うざいと思ってしまいますよね。

モテようとしていると思われるから

4つ目の理由はモテようとしていると思われるからです。

男性がいる席で露骨に小食アピールをする人はうざがられてしまいますよね。

沢山残したりするのは見ていて気分が良くないです。

普段から小食でも男性がいる席で小食アピールをするとモテたいと思われてもしかたないかもしれません。

少食アピールがしつこいから

5つ目の理由は小食アピールがしつこいからです。

小食アピールをする人が友達などにいた場合、食事の度にアピールをされたらいやですよね。

どんなことにも言えますが、何度も言われると押し付けられているようで不快になります。

毎回残したり、あまり食べられないと言った発言を何回もするのは避けたほうが良いです。

食べるのが遅いから

6つ目の理由は食べるのが遅いからです。

小食の人は食べるのがゆっくりな人が多い気がします。

食が細いからでしょうか。

自分が食べ終わってもだらだら食べていたり、時間があまりない場面で食べるのが遅いといらいらしてしまいます。

食べるのが遅いうえに残したりしてしまうと見ている方は不快に思うので、気を付けましょう。

少食な人がうざいと思われないための4つの方法

本当に小食で悩んでいて相手に気を使って小食な事を伝えても、それが小食アピールだと思われたら悲しいですよね。

どうしたら小食である事をうざいと思われないのでしょうか?

なるべくうざいと思われない対処法を紹介します。

なるべく少人数での食事に行く

大人数の前で小食だと発言をしたり、残したりしてしまうと目立ってしまいますよね。

そして、多くの人の前で言うとアピールだと思われがちです。

恋愛や体型、仕事の話もそうですよね。

その中にあまり親しくない人がいたりすると小食アピールだと勘違いされてもおかしくないです。

また、大人数の場合、自分がいないところで小食アピールだったと思われると噂が広がったりしてうざいと多くの人に思われてしまう可能性があります。

なるべく自分に理解がある人達や、少人数で食事に行くと小食アピールだと取られないと思います。

自分から少食アピールをしないように気をつける

とても食べきれそうに無いとき、気を使って小食だと申告をしても相手からはアピールだと思われかねないのであまり自分からは言わないほうが良いかもしれません。

また、他の人と同じ量を頼んで残してしまうのも小食アピールだと思われかねません。

小食だと申告しなくてもいいように、自分が食べられる量を見極めて頼んでみましょう。

普段から行きなれたお店を選ぶのも良いかもしれません。

また、何度も小食である事を言わないことも大切です。

初めてご飯に行く人には先に少食だと伝える

食事を残したり、食事の途中で食べられない事を明かすと、アピールだと取られかねません。

また、初めて一緒に食事をする人の前で残してしまうと相手も動揺してしまうかもしれません。

なので、相手の人には食事に行く前に小食だと伝えておくのが良いと思います。

どうしても食べる量を自分で調整できない場面では、事前に伝えておくことでアピールで残しているわけではない事がわかってもらえます。

食事のことに関して理解のありそうな人だった場合、小食だと思い切って言ってしまう方が食事が楽になるかも知れません。

自分で注文した料理は残さない

当たり前のことかも知れませんが、食事は残さない方が印象がいいです。

自分が食べきれる量の見極めはすごく難しいですが、足りないかな?と思うくらいの量から頼んでみると調整がしやすいです。

バイキング形式のお店だと自分で調整が出来るのでおすすめです。

女性の場合、キッズメニューに年齢が設けられていないお店だと、キッズメニューを頼むと量がちょうど良いのでおすすめです。

筆者もよくキッズメニューを頼んで残さないように調整しています!

少食アピールはうざい!少食アピールが嫌われる理由と対処法とは?のまとめ

小食だって言いすぎないようにしよう!

食べられる量だけ頼んでみようかな

小食アピールが嫌われる理由と対処法を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

小食アピールは、女性ゆえに嫌われたり、うざがられてしまう理由が多かったです。

小食の人は残したり、小食である事を言いすぎないことで嫌われないように振る舞う事が出来ますね。

どんなことも沢山アピールするのはうざいと思われがちなので気を付けていきましょう。