ユチョンのインスタアカウントは本人公式?現在の最新画像2021!

ユチョン,インスタ,アカウント,本人 K-POP

2019年、薬物使用で逮捕され芸能界を引退することになった元JYJのユチョン

当時は人気を高めていたアーティストだけに、衝撃のニュースとなりましたね。

 

さて、釈放後の2020年3月から、ユチョンがインスタグラムのアカウントを開設したという情報がありますが実際はどうなのでしょうか?

ユチョンのインスタアカウントは本人公式なのかな?

2021年現在の最新画像が見たいな!

今回はユチョンインスタアカウント(本人公式)と、2021年現在の最新画像についてご紹介していきます。

ユチョンのインスタアカウントは本人公式?

ユチョンインスタ公式→pyc_official_

ユチョンのインスタアカウントは本人公式とは言われていますが、公式マークは付いていません。

 

しかし、インスタアカウントの解説と同時にTwitterも開設されているようで、両アカウントの初投稿にはこのようなメッセージが投稿されていました。

「パク・ユチョンさんの公式ツイッターとインスタアカウントがオープンしました。
今後、公式SNSを通じて、ユチョンさんの様々なニュースや新たな姿をお届けする予定なので、たくさんの愛と関心をお願いします」

 

こちらの件についてはさまざまなメディアでも取り上げているので、ユチョンのインスタアカウントは恐らく本物だと思われます。

ユチョン最新画像やユファンのストリーミングは?

釈放後少しして、ユチョンの弟・ユファンのSNS(ストリーミング)で「ユチョンの声が聞こえる!」と話題になりました。

▼釈放後のユチョンはゲッソリしていて疲れていた様子でした。

ユチョン,インスタ,アカウント,本人

そして2021年現在の最新のインスタ画像では…

元気に笑っているユチョンの姿が!

 

この投稿をInstagramで見る

 

pyc_official_(@pyc_official_)がシェアした投稿

ややふっくらした気もしますが、騒動時の疲れた感じはありません!

元気そうな笑い顔が見えて本当に一安心です。

インスタでYouTubeを開始したことを発表

ユチョンはYouTubeを始めたことも報告しています。

ユチョンのYouTubeはこちらから。

ユチョンのYouTube動画では、ユチョンのさまざまな姿が配信されていますので、気になる方はご覧になられてみて下さい。

歌うユチョンの投稿も

最新の投稿では、ユチョンの歌う姿も投稿されています。

こちらは日本で大ヒットした秦 基博さんの「ひまわりの約束」ですね。

ユチョンの声で聴けるなんて、ファンにとっては感動の投稿ではないでしょうか。

花と一緒に写るユチョン

 

この投稿をInstagramで見る

 

pyc_official_(@pyc_official_)がシェアした投稿

ユチョンのインスタでは花束と一緒に撮影している画像が目に付きます。

「パク・ユチョンを象徴するひまわりの花言葉である“待つ”。

世の中にはいろいろな種類の“待つ”がある。愛する人を待っている『ある日(SOMEDAY)』は、気分の良い楽しみとして感じられるが、また誰かにとっての『ある日(SOMEDAY)』は、胸の痛い切なさとして感じられることもある」とし、「このように“待つ”という言葉の中には、さまざまな感情と心が共存する。

写真集『SOMEDAY』は、“待つ”という言葉の中に込められたさまざまな感情を、ユチョンならではの感覚で解釈して描いた」

なんだか意味深で、切ない気持ちにさせられる意味です。

SNSに登場することに関して批判はあるようですが、ファンの方からすると少しは元気なユチョンが見れると嬉しいですよね♪

最新の投稿は真っ黒な画像

ユチョンの元気そうな姿がみられていたと思った矢先、最新の投稿は真っ黒な画像となっていました。

 

じつはユチョンは今、JYJの解散が囁かれた後にマネージャーが新しく立ち上げた事務所に移籍していました。

しかし、今度はそのマネージャーとのトラブルが起きていて、投稿はその件に関しての内容となっています。

せっかくこれから以前のような活動が見られると思っていましたが、ユチョンは波乱万丈のようです。

ユチョンのインスタ(本人公式)アカウントは?まとめ

今回は、公式マークはついていませんが、ユチョン本人のインスタだと思われる公式アカウントをご紹介いたしました。

これまで何度か「ユチョンのインスタでは?」とSNSアカウントが話題となりましたが、今回は恐らく本物のようです。

 

どんなトラブルがあっても、ユチョンを応援し続けているファンのために、また新しい姿見せて欲しいですね!

これまでの件に関して厳しい韓国での活動、批判も多いとは思いますが頑張ってほしいです。