シャゲダンするとアカウント停止も?シャゲダンの意味や煽り行為について紹介!

未分類

シャゲダンは対戦ゲームでの煽り行為の1種です。

しかし、もしこの言葉の意味や行動を知らないと、煽られたことにも気がつかない可能性があります。

そのため、対戦ゲームをよくするという人はシャゲダンについて知っておきましょう。

シャゲダンとは?意味や由来を解説!

シャゲダンとは対戦ゲームでの煽り行為のことです。

そのため、ゲームを楽しむうえであまり良いマナーとは言えないでしょう。

そのシャゲダンとは一体どのような行為で、何が言葉の由来となっているのか詳しく知っておきましょう。

シャゲダンとは?ガンダムが由来

シャゲダンの言葉の由来となったゲームは「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」というガンダムのゲームです。

このゲームは2001年に稼働した対戦型アクションゲームで、ガンダムを使っての対戦ゲームということで、ゲームセンターで大人気となりました。

このゲームで特定の動きをすることで、相手のことを煽ったことがシャゲダンの由来となっています。

シャゲダンの略は?

シャゲダンは「シャア専用ゲルググのダンス」の略です。

シャア専用ゲルググとは、機動戦士ガンダムに登場する人気キャラクターであるシャアが搭乗しているゲルググという機体のことです。

「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」ではそのシャア専用ゲルググを使うことができ、対戦中にダンスをすることで相手のことを煽ります。

シャゲダンの具体的な行動は

「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」で、シャア専用ゲルググにダンスをさせることはできません。

実際にはレバーを左右など細かく入れて、機体を小刻みに動かします。

その小刻みに動く機体の様子をダンスと表現しているのです。

この動作はシャア専用ゲルググ以外の機体でもできます。

しかし、わざわざシャゲダンと言われるのは、「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」の中で、最も小刻みに動けたのがシャア専用ゲルググだったためです。

シャゲダンは煽り行為の一種

シャゲダンで小刻みに機体を動かしても、その動きには何に意味もありません。

むしろ、無駄な動きであり、逆に自分のことをピンチにしてしまう可能性もあります。

しかし、その無駄な動きができるほど余裕があることを見せつけるという意味で、煽り行為とされています。

シャゲダンは敬意にもなる?

ゲームによってはチャット機能があって、プレイヤー同士でコミュニケーションが取れる物もあります。

しかす、すべてのゲームにチャット機能が付いているわけではありません。

また、チャット機能があっても文字を打つことが面倒と思うこともあるでしょう。

そのため、仲の良いプレイヤー間であれば、「こんにちわ」「よろしくお願いします」などの挨拶としてシャゲダンを使うことがあります。

ただし、使うタイミングや相手を間違えると煽り行為と勘違いされることがあるの注意が必要です。

シャゲダンは口論や喧嘩に発展することも

シャゲダンは挨拶として使われることもありますが、基本的には相手のことを見下した煽り行為です。

そのため、もしゲームセンターで相手が目の前にいる状態でシャゲダンをしてしまうと、口論や喧嘩に発展してしまう可能性もあります。

また、オンライン対戦であったとしても、マナー違反や迷惑行為などとして運営に通報されたり、対戦相手にプレイ動画を晒されたり、対戦相手に対戦拒否されてしまうようになったりなどする可能性もあるでしょう。

ゲームの中といえど、対戦相手はCPUではなく人であれば、マナーは守らなければなりません。

ポケモンでもシャゲダンが話題に?

シャゲダンはもともと「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」に言葉の由来がありますが、今ではゲーム全般で使われている言葉です。

そのため、今では他のゲームでも使われる言葉であり、人気ゲームのポケモンでもシャゲダンが少し話題になったことがあります。

ただし、ポケモンの場合はシャゲダンをするのは対戦相手である人ではなく、フィールドのCPUです。

CPUの煽り行為にイラっとしたプレイヤーもいたようです。

しかし、これはプレイヤーを煽るためのものではなく、単なるゲーム内の動作です。

そのため、CPUがプレイヤーをわざと煽っているわけではありません。

また、プレイヤーも冗談交じりで「CPUにシャゲダンされたwww」とネタ的に話ことが多いです。

シャゲダン以外も?ゲームでの煽り行為

ゲームでの煽り行為にはシャゲダン以外にもいくつかあります。

意図せず煽り行為をしないためにも、他にはどのような煽り行為があるのか知っておきましょう。

エクストリームシャゲダンも存在?

シャゲダンは進化して、さらに上のエクストリームシャゲダンという煽り行為もあります。

これは「機動戦士ガンダム 連邦vs.ジオン」のシリーズで行うことができる煽り行為で、射撃と格闘をうまく連射で組み合わせるとでき、通常のシャゲダンよりも激しく小刻みに機体を動かすことができます。

このエクストリームシャゲダンをするにはやり方を知っている必要があり、シャゲダンのように意図せずに行ってしまうことがありません。

そのため、エクストリームシャゲダンをされた場合は、煽りの確信犯と言えるでしょう。

シャゲダンと似た意味の行為

シャゲダン以外にもゲームでの煽り行為はあり、ゲームによって独自の煽り行為があったりもします。

そのため、意図しない煽り行為をしないように、どのゲームに、どのような煽り行為があるのか知っておきましょう。

スプラトゥーンでの煽り行為

スプラトゥーンでは、キルされたときにしばらくキルカメラに相手プレイヤーが映っています。

その際に、無駄な動きを相手に見せつけることがスプラトゥーンでの煽り行為です。

基本的な煽りとしてイカ状態とヒト状態を激しく切り替えるというものがあり、イカ状態を使った煽りであることから、煽りイカと呼ばれています。

今ではイカ状態とヒト状態を激しく切り替える以外にもいろいろな煽り方があり、スプラトゥーンでは煽り行為の総称や、煽り行為をしてくるプレイヤーのことを煽りイカと呼ぶこともあります。

スマッシュブラザーズでの煽り行為

スマッシュブラザーズではシャゲダンをすると煽り行為となってしまいます。

また、左右に小刻み動くのではなく、高速でしゃがみを繰り返すこともスマブラでは煽り行為です。

相手を倒した際に、相手が戻ってくるまでの手持ち無沙汰で何となくしゃがみを繰り返してしまうと、煽られたと勘違いされてしまう可能性があるので注意しましょう。

Apex Legendsでの煽り行為

Apex Legendsでの煽り行為は死体撃ちです。

Apex Legendsでもスプラトゥーンと同様に、自分が倒されると、しばらくキルカメラとしてやられた場所が映され続けます。

倒れた自分のキャラクターが銃で撃ち続けられる様子を見れば、やられた悔しさだけでなく、嫌悪感まで湧いてくるはずです。

相手を不快にさせる行為のため、自分はやらないようにしましょう。

シャゲダンのような煽り行為でアカウントが停止することも!

ゲームによっては、プレイ中の迷惑行為やマナー違反をアカウント停止の対象となることもあります。

シャゲダンのような煽り行為も迷惑行為やマナー違反です。

そのため、場合によってはアカウントが停止されて、ゲームができなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

アカウント停止の判断基準はゲームによって変わるため、煽り行為をしても問題にならないこともあります。

しかし、アカウントが停止されないから煽り行為をやっても良いというわけではありません。

ゲームはいろいろなプレイヤーが楽しんでいるため、煽り行為によって他のプレイヤーに不快な思いをさせないようにしましょう。

シャゲダンの意味や煽り行為についてのまとめ

シャゲダンはガンダムのゲームが由来の煽り行為であり、今ではいろいろなゲームで使われている言葉です。

どのゲームでも煽り行為は迷惑行為やマナー違反になります。

他のプレイヤーに不快な思いをさせないように、ゲームもマナーを守って楽しむようにしましょう。