「○○ やめとけ」の元ネタとは?Twitterで話題になった今の仕事どうよ?を紹介!

未分類

おすすめできないものに対して「○○ やめとけ」と言うことがあります。

この言い方には元ネタがあります。

また、その元ネタは考え深いことでもあるので、何が元ネタで「○○ やめとけ」と言うようになったのか知っておきましょう。

Twitterで話題になった「○○ やめとけ」の元ネタとは?

「○○ やめとけ」の元ネタはTwitterのある投稿でした。

その投稿の内容に共感や不安、納得や気づきなど、多くの人に多くの感情を与えたことで話題となりました。

その投稿とは、どのようなものであったのか確認してみましょう。

「○○ やめとけ」の元ネタは?

「○○ やめとけ」の元ネタとなったTwitterの投稿は、あるユーザーが身の回りの人達に現在の仕事の状況や状態などについて質問し、その答えをシンプルにまとめたものです。

その答えは車掌の仕事をする人からは「鉄道はやめとけ」、営業の仕事をしている人からは「営業はやめとけ」、工場や飲食店で働く人からは「工場はやめとけ」「飲食はやめとけ」というものでした。

その「○○はやめとけ…」という言い方が今の「○○ やめとけ」の元ネタとなっています。

軒並み「○○はやめとけ…」という内容に、その投稿を見た人たちも「自分の仕事もやめとけと言いたい」「どの仕事もやめとけなんて日本は大丈夫か?」など、多くの人に共感や不安などの感情を与えたのです。

また、多くの人が仕事やその後の日本についてなど、深く考えさせられることもなりました。

その反響は非常に大きく、2018年の3月に投稿されたこのTweet2万件近いリツイートと、3万件近いいいねを集めることになり、話題となったのです。

「○○ やめとけ」の元ネタは削除されていた

「○○ やめとけ」の元ネタとなった投稿は反響が大きく、多くのリツイートといいねを集めました。

そのため、「その投稿を見てみたい」「今ではどのくらいリツイートといいねが増えているのだろう?」などと思う人もいるでしょう。

しかし、残念ながらその投稿はすでに削除されていて、今は見ることができません。

代わりに、今ではいろいろな人が「○○ やめとけ」とTwitterに投稿されています。

また、「○○ やめとけ」は仕事に対して使われるのではなく、物や人、行動などに対しても使われるようになり、使い方の幅が広がっています。

「○○ やめとけ」Tweetへのネットの反応は?

「○○ やめとけ」の元ネタとなった投稿は大きな反響を呼びました。

そのため、多くの人が日本で働くことについて考え、いろいろな反応がも見られました。

多くの人が「自分の仕事もやめとけと言いたい」と共感したことから、「日本で仕事を選ぶ場合には非常に選択肢は狭くなる」と考える人は多かったでしょう。

極端な考え方をして、「日本では働かない方が良い」「諦めて働くしかない」などのネガティブな結論に至る人も多かったようです。

しかし、中には日本や業界などが悪いのではなく、働いている会社が悪いという考えをする人もいました。

たしかに、自分の働いている会社の印象だけで、日本や業界などの大きな範囲の印象を決めることはできません。

ただ、これだけ多くの人が仕事に負担に感じていることも事実としてあります。

その理由の1つとして、「日本は豊かになったことで、仕事で求められる質が高くなりすぎたのでは?」と考える人もいたようです。

もし、その考えが正しいとすれば、日本が今後も豊かになっていくほど、仕事の負担がますます大きくなっていくという恐ろしい結果となってしまいます…。

「○○ やめとけ」が大喜利のようだと話題に!

今では仕事に対してだけでなく、いろいろなものに対して「○○ やめとけ」という言い方は使われるようになりました。

中には、「○○ やめとけ」を使っての大喜利投稿をしている人もいます。

その投稿には面白いものも多くあるため見てみましょう。

「○○ やめとけ」大喜利①

Twitterが好きで、多くの時間をTwitterに費やすという人もいるでしょう。

そのため、ツイ廃になってしまう前に「やめとけ」との注意喚起。

しかし、その投稿を見るということは、すでにユーザーはTwitterを開いており、投稿者はTwitterを開いてTweetまでしているというシュールな状況です。

「○○ やめとけ」大喜利②

「○○ やめとけ」の元ネタとなった投稿では多くの仕事を「やめとけ」と言う内容でした。

その仕事は役人も例外ではないようです。

日本や社会のために仕事をするはずである役人まで「役人はやめとけ」などと言い出せば、いよいよ国民の不安はMAXとなるでしょう。

「○○ やめとけ」大喜利③

実際に今では人に代わってAIが仕事をしていることもあります。

今後AI技術が進歩することで、さらにAIができる仕事は増えるでしょう。

しかし、AIによって人手不足の解消が期待される中、AIに仕事を奪われてしまう人もいるという問題もあります。

便利な世の中にするはずだった人の技術によって、「最終的には人が入らなくなるかも…」という何とも皮肉な話です。

「○○ やめとけ」大喜利④

シンプルなダジャレです。

凝りすぎたものよりも、これくらいの方がちょうど良いと感じる人もいるでしょう。

「○○ やめとけ」大喜利⑤

こちらもシンプルなダジャレです。

しかし、よく見るとセリフを言っているのは茸です。

セリフを言っているのは茸で、セリフではなめたけで、しっかりと使い分けているところがジワるポイントですね。

「○○ やめとけ」の元ネタのまとめ

「○○ やめとけ」の元ネタはTwitterの投稿で、その内容は多くの人に仕事について考えさせられるものでした。

この投稿が多くの人に刺さるということは、国や会社に流された働き方をするのではなく、今一度、自分にとっての仕事の価値について考え直すときが来ているのでしょう。