パトロンとは悪い意味ではない?パトロンに好かれる方法も紹介!

未分類

「パトロン」という言葉に対して、良いイメージを持たない人もいるでしょう。

しかし、それはパトロンの本当の意味を把握できていない可能性があります。

そのため、パトロンとは本来はどのような意味の言葉で、どのような使われ方をする言葉であるか知っておきましょう。

パトロンの意味や語源は?

「パトロン」は裏事情や悪い人間関係などの話の際に使われることがあります。

そのため、パトロンという言葉に対して悪いイメージを持つ人もいます。

しかし、それは本来のパトロンの意味ではありません。

正しい意味と使い方ができるように、本当のパトロンの意味を知っておきましょう。

パトロンの意味

パトロンの本来の意味は「支援者」「後援者」「経営者」などです。

他にも、「爆薬の包み紙」のことを指すこともあります。

パトロンの語源は

パトロンの語源はラテン語の「Pater」が語源と言われています。

また、「Pater」は「父」という意味で、家族を支える立場であることから派生してできた言葉とも言われています。

元々は悪い意味はない?パトロンの使われ方とは?

パトロンは「支援者」や「後援者」、「経営者」などの意味を持っています。

当然ながら、企業や個人、団体などに経済的な支援をすることは悪いことではありません。

そのため、パトロンも本来は悪い意味で使われる言葉ではありません。

しかし、パトロンがお金や人間関係などで悪いことをしたときには、ニュースなどで悪い言葉とセットになって使われてしまいます。

パトロンと悪い言葉やニュースがセットになることで、本来は悪い意味ではないはずのパトロンに悪いイメージを持ってしまう人もいるようです。

まずはパトロンが本来は悪い意味を持つ言葉ではないことを知っておきましょう。

現代のパトロンの組み合わせ3つ

パトロンには「支援者」や「後援者」の意味があります。

パトロンの意味を正しく理解するためにも、現代におけるパトロンとはどのような組み合わせによって成り立つのか把握しておきましょう。

売り出し中の芸能人と大御所の芸能人

「支援者」や「後援者」の活動は平たく言うと「サポートをすること」です。

そのため、芸能界で売り出し中の新人が、大御所からプロデューサーに口利きしてもらった場合には、パトロンとしての関係が成り立つでしょう。

大御所は新人の活動をサポートすることができ、新人は仕事を得ることができ、プロデューサーは新しい人材を確保できるため、誰も損することもなく、良い関係が成立します。

しかし、このときにそれぞれが見返りや対価などを求めれば、スキャンダルになることもあります。

また、そのニュースではパトロンと悪い言葉がセットで使われることになり、パトロンの本来の意味とは間違った意味の印象を与えてしまう原因となってしまうこともあります。

クリエイター・芸術家と投資家

クリエイターや芸術家は才能があってもなかなか収入に結びつかなかったり、活動をするために多くの費用がかかってしまうこともあります。

そのため、投資家が才能があると思ったクリエイターや芸術家に対して、資金や活動の機会などをサポートすることがあります。

投資のためお金が絡んでくることにはなりますが、投資の理由が才能のあるクリエイターや芸術家の活動を応援したいという気持ちであったり、投資による損得関係が明確にあったりなどするため、どちらかが一方的に損をすることはありません。

若い女性と経済的に余裕のある年上男性

パトロンという言葉でよくイメージされるのは、経済的に余裕のある男性が若い女性に対して金銭の援助をすることでしょう。

このような場合は、男性が女性に対して生活の面倒を見る代わりに体を要求するという悪いイメージそのものの内容となってしまいます。

ただし、中には学生のうちから優秀な人材として目をつけ、学費を援助したり、起業する際の援助を行ったりなどの正当な理由でサポートをしている場合もあります。

パトロンのメリットとデメリットとは?

パトロンには本来、悪い意味はなく、サポートをする側もサポートを受ける側も大きな損はありません。

むしろ、サポートを受ける方は多くのメリットを得ることができるでしょう。

ただし、パトロンがいることで起こるデメリットもあります。

では、パトロンがいることで起こるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

パトロンのメリット3つ

パトロンがいると、サポートを受ける側はいろいろなメリットを得ることができます。

そのメリットにはどのようなものがあるのか確認してみましょう。

お金の心配から抜け出せる

企業でも、個人でも、資金がなくて活動を諦めるということはよくあるでしょう。

しかし、パトロンに投資をしてもらうことで、事業が軌道に乗る前に資金が尽きたり、活動資金がなくて夢を諦めたりなど、お金の心配をする必要がなくなります。

また、お金の心配をしなくても良いことから、活動に集中しやすくなります。

自分のチャレンジしたいことができる

活動をする際には、設備投資や活動費用などで大きな資金が必要となる場合もあります。

そのお金を自分の力だけで集めることは困難ということも多く、お金を理由にやりたいことを断念してしまうこともよくあるでしょう。

しかし、パトロンからのサポートがあれば、お金の心配をする必要がなくなるため、やりたいことにチャレンジする機会を多く得ることができます。

人脈増えて新たなチャンスができる

パトロンがサポートしてくれるのはお金だけとは限りません。

パトロンは企業や個人の活動をサポートできるほどの力を持っているため、人脈も幅広いことも多いです。

そのため、チャレンジしたいことがあっても、知識や物、場所などが足りない場合でも、パトロンが必要なものを揃えるための人脈を紹介してくれることもあります。

また、パトロンと繋がりのある人なので、紹介してもらえる人も力を持っている場合も多く、有力な人脈を広げていくことができるでしょう。

パトロンのデメリット3つ

パトロンがいれば、いろいろなメリットを得ることができます。

ただし、メリットだけではなく、デメリットもあります。

肉体関係を強要されることもある

パトロンの意味は「支援者」や「後援者」などであり、本来は悪い意味ではありません。

しかし、中にはサポートをすることで見返りを求めてくる人もいるでしょう。

1度サポートを受けると、そのサポートがなければ活動や生活ができなくなる場合もあり、要求を断りにくく感じてしまうこともあります。

そのため、特に女性の場合はパトロンとなってくれる相手は慎重に見極めなければいけません。

周囲からの反応が冷たい

パトロンは悪い意味の言葉ではありません。

しかし、パトロンに対して悪い言葉という誤ったイメージを持つ人もいます。

また、援助や投資などの意味がわからない人は「他人からお金をもらわないと活動できない」などと勘違いをされてしまうこともあるでしょう。

これらの間違ったイメージや認識を持っている人たちが周囲にいた場合、パトロンがいることで反応が冷たくなってしまうことがあります。

金銭の感覚がおかしくなる

パトロンに援助や投資をしてもらうことで、自分のお金だけではできないようなことができるようになります。

場合によっては、何百万円や何千万円という大きなお金を使うことになります。

これだけの大きなお金を動かしていると、金銭感覚がおかしくなってしまうこともあるでしょう。

そのため、大きなお金を使うときでも「まぁ、このくらいの金額か」と思ってしまったり、プライベートで収入に見合わない買い物をしてしまったりなど、金銭感覚のズレに注意しなければいけません。

パトロンに好かれるための3つの方法

本来、パトロンは悪い意味ではありません。

しかし、企業や個人の活動をサポートしてもらうのではなく、生活を援助してもらう目的でのパトロンを求める人もいるようです。

このような場合は生活費の援助が目的のため、相手は必ずしも大きな力を持った投資家のような存在ではなく、経済面にゆとりのある人であればパトロンになることができます。

ハードルは低くなっても、パトロンを見つけることは難しいです。

そのため、別の意味のパトロンを見つけるのであれば、パトロンに好かれるための方法を知っておくことが重要になります。

愛想を良くする

別の意味のパトロンを見つけるには、まず相手に接しやすさを感じさせる必要があります。

そのため、どれだけつまらない話でも聞き続けてあげたり、細かい部分でも褒めてあげるなどして、愛想良く接することはかなり重要です。

愛想良く接することで、相手は「自分でも相手をしてもらえる」と気分が良くなり、別の意味でのパトロンとなってくれる可能性があります。

遠慮しない

本来の意味のパトロンであれば、多大なお世話になっているので、接し方や関係性などに注意しなければなりません。

しかし、別の意味のパトロンであれば、友達のような関係を作ることが重要です。

友達のような関係になることで、おごってもらったり、生活費の援助を頼んだりなどのお願いがしやすい関係性になるでしょう。

また、会社などで偉い立場となっている人の中には、気軽に接していくれる人がいることを嬉しく思う人もいます。

そのため、あえて軽く失礼な振る舞いをすることで、パトロンを引きつけられることもあるでしょう。

マイペースに振り回す

別の意味のパトロンを見つける場合、あまり相手が本気になってしまうと面倒なことになってしまします。

そのため、愛想を良くしたり、遠慮のない振る舞いなどで距離感を近づけつつも、マイペースな言動で適度な距離感を保つことも重要です。

適度な距離感を保っておくことで、パトロンとして付き合いを継続しやすく、面倒になればすぐに離れることもできます。

パトロンと出会い方とは?

別の意味のパトロンを見つけるために、パトロンから好かれる方法を身につけても、肝心の候補となる人がいなければ意味がありません。

そのため、パトロンとの出会い方についても知っておきましょう。

紹介してもらう

別の意味のパトロン候補となる人は、経済面でゆとりのある人です。

そのため、まずは経済面にゆとりのある人が集まる場所に行く必要があります。

その場所には、企業の偉い人たちが集まるパーティーや、偉い人の誕生日会などがあるでしょう。

また、収入や職業などで制限のかかっているハイクラスな人だけが参加できるイベントに参加するなどの方法もあります。

パーティーやイベントなどの情報を得ることは自分でもできますが、常に幅広くアンテナを張っておくためにも、友人や知人にもこれらの情報があれば紹介してもらえるようにお願いしておきましょう。

キャバクラで働く

高級なキャバクラやクラブなどに通うお客さんは、経済面にゆとりのあることが多いです。

そのため、これらのお店で働き、援助をしてくれそうなお客さんを探すという方法もあります。

ただし、場合によってはお客さんからの信頼を損ねる可能性があるため、お店からそのようなお願いをすることは禁止されていることもあるので注意しましょう。

また、高級なキャバクラやクラブなどに通えるような人に相手をしてもらうには、自分も相手に見合ったレベルが必要であり、相応の努力も必要になるでしょう。

パパ活アプリを使う

気軽に相手を探すのであればパパ活アプリがおすすめでしょう。

女性側は利用が無料ということが多く、条件を絞って候補を検索したりなどすることもできます。

ただし、ネットを通しての出会いのため、ある程度のリスクがあることを事前に把握したうえで利用しましょう。

パトロンの正しい意味を理解しておこう

パトロンという言葉に悪いイメージを持つ人もいます。

しかし、パトロンの本来の意味は悪いものではありません。

そのため、パトロンの正しい意味を理解して、正しい使い方をできるようにしておきましょう。