ヘアドネーションは意味がないと言われる理由とは?失敗しないための方法も!

未分類

活動や認知度は徐々に高まってきているヘアドネーションは、その活動が「意味がない」と言われることがあります。

本当にヘアドネーションは意味がないのでしょうか?また、なぜ「意味がない」と言われるのでしょうか?

ヘアドネーションって何?

ヘアドネーションの活動や認知度は徐々に高まっていますが、まだまだその活動のことを知らない人も多くいます。

そのため、まずはヘアドネーションとは、どのようなものであるか知っておきましょう。

医療用ウィッグを作るためのボランティア活動

ヘアドネーションのヘアは「髪」、ドネーションは「寄付」という意味があり、その言葉の通り、ヘアドネーションとは切った髪を寄付することです。

寄付された髪でウィッグを作り、病気や事故などで髪を失った子どもに提供されます。

ヘアドネーションが必要な理由

子どもはすぐに体が大きくなるため、ウィッグが頭の形に合わなくなってストレスを感じたり、そもそも子どもサイズのウィッグが少なかったりなどします。

また、髪は繊細な問題であり、着けて不自然に見えるウィッグであれば子どもが着けたがらないこともあるでしょう。

しかし、ウィッグは安い物でも数万円、高い物であれば十万円を超えます。

特にオーダメイドの物であれば値段も高くなりやすいため、頻繁に買い替えられるような物ではありません。

そのため、髪で悩む子どもたちに、髪の寄付を募って子どもサイズのウィッグやオーダーメイドでウィッグを作る活動が必要とされています。

ヘアドネーションは意味がない?その実情とは?

ヘアドネーションは髪で悩む子どもたちを助けるための活動です。

しかし、その子どもたちに役立つ活動は「意味がない」と言われることがあります。

本当にヘアドネーションは意味がないのでしょうか?

また、なぜ「意味がない」と言われるのでしょうか?

ヘアドネーションの意味はある

ヘアドネーションは意味がないと言われる理由はいくつかあり、その理由の1つに寄付された髪が余っていて、寄付した髪が廃棄や送り返されるなどの噂があります。

たしかに実情として、寄付された髪がウィッグにならないこともあります。

ただし、それは寄付された髪自体に、ウィッグが作れない理由があるためです。

また、へドネーションに協力したことをSNSで投稿をする人に対して、「目立ちたいだけの偽善」と心ない言葉をかけてしまう人もいます。

しかし、これは自分が目立ちたくて行っている偽善ではなく、活動のことを広めようとしている場合が多いです。

ウィッグを待っている子どもは多くいるので、ヘアドネーションを広めることも、協力することも、大きな意味があります。

寄付された髪が医療用ウィッグにならない3つの理由

実情として、寄付された髪でウィッグが作られないこともあります。

しかし、それは寄付した髪に問題がある場合が多いです。

もし、寄付した髪に問題があると廃棄されてしまうこともあり、「ちゃんと調べておけば良かった」と後で後悔してしまう可能性があります。

そのため、寄付する側は寄付した髪がどのような場合にウィッグにならないことがあるのか、その理由を把握しておきましょう。

理由1:どれくらい長さが必要か理解されていない

寄付する髪はどのような髪でも良いわけではなく、ウィッグにできる髪には条件があります。

そのため、どれくらいの長さが必要で、どのような髪の状態の物であれば、髪は寄付ができるのかを事前に把握しておく必要があります。

理由2:送り先や送り方がわからない

ヘアドネーションの認知度は徐々に高まっています。

しかし、詳しいことがわからず、「髪を寄付する活動とは知っているが、髪をどこに送れば良いのかわからない」と言う人もいます。

そのため、髪を寄付したいが送り先や送り方がわからず、髪を送れずにいるという人も多いです。

理由3:悪質な団体がないか不安を感じる

髪を寄付する前の段階ですが、悪質な団体がいないか不安で髪の寄付をためらってしまう人もいます。

髪は販売用のウィッグやカツラを作ったり、美容師のカラーリングやカットの練習で使ったり、人形の髪に使ったりなど、いろいろな用途があり、買取が行なわれています。

そのため、「髪を集めて、実はウィッグを作らずに、集めた髪を売却するような悪質な団体もあるのでは?」と不安に思う人もいるようです。

実際にこのようなことを行った悪質な団体が海外にあったという実情もあります。

不安を感じて、髪の寄付をためらうことで、活動に参加することを断念してしまう人がいると、集まる髪の量に影響を与えることになるでしょう。

髪を無駄にして後悔しないために!ヘアドネーションの注意点とは?

ヘアドネーションでは、「どれくらい長さが必要か?」「どこに送れば良いか?」などを事前に把握しておかないと、切った髪が無駄になり、髪をバッサリ切ったことを後悔してしまう可能性があります。

そのため、髪を寄付するのでれば切った髪を無駄にせず、後に髪を切ったことを後悔しないように、どのようなことに注意すれば良いのか知っておきましょう。

髪はどこで切っても問題ない

寄付する髪は指定された場所で切らなければいけないということはありません。

そのため、自宅で、自分で切った髪でも寄付することはできます。

しかし、ウィッグを作る場合、ある程度の髪の長さが必要であり、バッサリと髪を切らなければなりません。

もし、自分で髪を切って失敗してしまうと「プロに切ってもらえば良かった…」と後悔する可能性があります。

前髪や毛先を少し切るわけではないので、綺麗に髪を切るためにも美容院で切ってもらうと良いでしょう。

また、美容院で切ってもらう場合は、事前に切った髪を寄付したいことを伝えておきましょう。

先に髪を寄付することを伝えておけば、ウィッグに使えるように髪を切ってもらえたり、美容院にはヘアドネーションに協力しているところもあり、お店の方で団体に髪を送ってもらえたりなどすることもあります。

31cm以上の長さが必要

ウィッグを作るにはある程度の長さの髪が必要であり、ヘアドネーションでは31cm以上から受け付けていることが多いです。

もし、寄付した髪が31cmに満たないと、ウィッグにすることはできず、廃棄や返送などされて「せっかく31cmもバッサリと髪を切ったのに無駄になった…」と後悔する可能性があります。

ただし、中には31cmではなく、15cmから受け付けいるところもあるようです。

そのため、送り先の団体がどれくらいの長さから髪を受け付けているのかを事前に確認しておくようにしましょう。

団体に郵送で送る

日本でヘアドネーションの活動を行っている団体には、「Japan Hair Donation & Charity」「NPO法人HERO」「つな髪」などがあります。

活動に協力したい場合は、これらの団体が主な髪の送り先となるでしょう。

ただし、団体ごとに送り方や髪の条件などが異なるので、よく確認するようにしましょう。

また、送り先の間違いにも注意しましょう。

美容室によっては、自分で髪を送らなくても、お店が送ってくれるので、送り方の不備を防ぐことができます。

そのため、美容室にヘアドネーションについて問い合わせてみても良いでしょう。

>> Japan Hair Donation & Charity

>> NPO法人HERO

>> つな髪

寄付金も募っている

ヘアドネーションの活動には、髪だけでなく資金も必要です。

しかし、その活動に対して国からの支援は十分ではなく、資金不足という実情があります。

そのため、髪ではなくお金の寄付も募られています。

お金を寄付する場合も髪と同様に、条件をよく確認して、送り先や送り方に注意しましょう。

もし、「髪が規定の長さに足りない」という人は寄付金という形で協力することも検討してみると良いでしょう。

ヘアドネーネション以外の子ども支援ボランティア

子どもを支援するボランティアには、ヘアドネーション以外にもいろいろとあります。

他にはどのようなものがあるのか確認してみましょう。

子ども食堂ボランティア

子ども食堂は貧困で十分な食事を与えられない子どもや、家族の帰りが遅くて1人でご飯を食べる子どもなどに対して、食事を無料や格安の料金で食事を提唱する活動です。

子ども食堂では、食事の準備や片付けの手伝い、子どもの宿題や勉強を見る、食材の提供などの協力方法があります。

学習支援ボランティア

学習支援ボランティアは、不登校になったり、家庭の経済状況を理由に学習格差ができている子どもなどの学習をサポートする活動です。活動に協力するには、フリースクールや学習支援教室などで勉強を教えるなどの方法があります。

児童館ボランティア

児童館では子どもの遊び場を提供したり、学習支援をしたりなどされています。子どもの成長をサポートするだけでなく、子育てをする親のサポートにも繋がるでしょう。

児童館ボランティアは児童館や市区町村のホームページで募集されている場合があります。しかし、公にボランティアを募集していない場合もあるので直接問い合わせてみても良いでしょう。

ヘアドネーションには意味がある!

ヘアドネーションは「意味がない」「偽善」などと言われることがあります。

寄付した髪がウィッグにならないこともありますが、それは長さが31cm以上ない、状態が悪いなど、条件を満たした髪を送れていないことが原因の場合が多いです。

ウィッグを待っている子どもはたくさんいるので、ヘアドネーションの活動には積極的に参加しましょう。