【ありえない】衝撃のひどいメルカリ梱包まとめ!正しい梱包方法も!

未分類

皆さんはフリマアプリ「メルカリ」を利用したことはありますか?

メルカリは運営会社が仲介してくれることで、商品が届いてから出品者に入金される、個人情報を交換しなくても匿名での取引ができるなど、安心して取引ができると人気です。

今回は多くの人が利用しているメルカリで見かける梱包に関する思わず「ありえない!」と叫びたくなるようなトラブルと、実際に梱包する際に気を付けたい事について解説していきます。

【ありえない】ひどいメルカリ梱包まとめ!

メルカリに出品されている商品の多くは家庭にある不用品だったり、使わなくなったグッズなどです。

また、出品者は企業ではなく一般人で、商品は新品より中古なことが多いです。

そのためか、「メルカリで注文したら、とんでもない状態で来た」「さすがにこの梱包の仕方はありえない!」といった情報をよく耳にします。

ここでは購入者が怒りを覚えて思わず低評価をつけた梱包の悪い例や、酷過ぎると言われる梱包について実際の利用者の声を基に紹介していきます。

梱包①:水漏れの対策がない

まずは上の写真をご覧ください。

紙袋の中に直接商品の衣類が入っています。

商品によってはメール便やポスト投函での取引も有り得ます。

この状態で配送すると万が一雨が降ったりした時に中の商品まで濡れしまったり、袋が破れて中身が露出して汚れてしまう可能性があります。

これは衣類のみに関わらず、本などの紙類や人形、ぬいぐるみも同じです。

そんな状態で届いたら購入者から「わざわざお金出して買ったのに、ぐちゃぐちゃで使えないじゃないか!」と、怒られても仕方がないですね。

梱包②:梱包が丁寧すぎる

商品の破損を防ぐために緩衝材などを使って梱包するのはとても大切なことです。

しかし逆に梱包が丁寧すぎるのも、購入者にとって少し迷惑に感じてしまうこともあります。

特に着払いで送る時には荷物の大きさによって料金が変わるので、過剰に梱包することによってサイズが大きくなると余計な送料を払わされる場合があります。

また開封する際に手間になったり、梱包材のゴミが大量に出て後片付けが大変になるからです。

「購入した商品よりもゴミのほうが多い!」という理由で低評価が付かないように気を付けたいですね。

梱包③:緩衝材を使わない

梱包とはそもそも商品を衝撃から守るためのもので、配送中に商品が破損したり、傷がつかないようにするものです。

上のTwitterの写真では商品を守る梱包材は何もなく、ガムテープで補強されているだけでした。

しかも恐らく固定するためと思われる筒から商品が飛び出してしまっているのがわかります。

これでは配送中に商品が破損する可能性があるだけでなく、紛失の恐れもあるため十分な梱包とは言えません。

梱包④:緩衝材にバスタオルを使う

個人の引っ越しなどの場合、割れ物などを配送する時に緩衝材代わりに使わないタオルなどを使う場合があります。

しかしそれは自分で梱包し、自分で使うからであって、他人に商品として送る場合は適切とは言えません。

普通に考えて誰とも知らない人から、新品とは言えないタオルに包まれたものが送られてきたら不快ですよね。

いくら商品に問題がなくとも、感情的に抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。

梱包⑤:付属の箱のまま精密機器を送る

意外に多いのが、商品の箱のまま配送に出してしまうケースです。

化粧箱も立派な商品の一部なので、直接伝票を張り付けたりしてはいけません。

「結局箱捨てるんだし、メインは中身なんだから関係ないでしょ。」と感じるかもしれません。

しかし、商品の箱自体も商品価値の一部として含まれる場合が多く、パッケージである箱もできるだけ綺麗な状態で送ることが大切です。

また、外箱はあくまでパッケージなので、配送を想定して作られていません。

そのため、配達中の衝撃や劣化に耐えられず中身が破損したり、折れ曲がったりしてしまいます。

梱包⑥:中身が透けている

上の写真では、おそらくぬいぐるみと思われる商品が袋の外から確認できます。

中身が透けていることに梱包するときに気づかないはずがないのに、気にならなかったみたいです。

ネットショッピングのメリットとして、欲しいものがすぐ買えるということはもちろんですが、誰にも知られずに欲しいものを購入できるというのもメリットの1つです。

中身が何であれ、丸見えの状態だと受け取りの時になんとなく気まずく感じてしまいます

これがもし下着やプライバシーに関わるものだとしたらと不快感の他にとても恥ずかしいですよね。

梱包⑦:中身が固定されていない

割れ物や細工品を梱包する時は、特に注意が必要です。

箱の中で商品同士がぶつかって傷つくことがないか、揺れや傾きで商品が破損する可能性がないか、注意が必要です。

面倒だと思って簡易包装にしたためクレームになり、返金対応になったりと余計に大変なことになってしまいます。

梱包⑧:プチプチのみ

上記の写真では、割れ物である食器類にプチプチのみで保護して紙袋で送ってしまったために、配送中に割れてしまいました。

割れ物などを送る場合、外側からのダメージはすごく気をつけなければなりません。

そして、配送業者は荷物の中身が何かわかりません。

そのため、外側に注意書きや表記がない場合、上に他の荷物を積み上げたりすることがあります。

折角梱包したのに、十分でなかったためにトラブルになってしまうケースも多いようです。

梱包⑨:段ボールを使わない

商品を発送する際、必ず段ボールでないといけないわけではありません。

商品の大きさや種類によっては、封筒だったりすると思います。

しかし、例えば上の写真のようにティッシュの箱だったり、銀行のATMに置いてある封筒を使うのはオススメ出来ません。

梱包は中身がむき出しになっていなければいい、何かで包んでいれば問題ないというわけではありません。

梱包⑩:ギュウギュウに押し込まれている

出品者側からすると、送料は出来るだけ抑えたいと思うのが当たり前だと思います。

送料は商品のサイズや配達距離によって変わってくるので、出来るだけ小さくして手数料を安く済まそうとする出品者がいます。

しかし、コストダウンを重要視するために商品を重ねて入れたり、小さな入れ物に無理やり押し込んだりしてはいけません。

商品が中で折れ曲がったり、へこんでしまったりするからです。

利益率を上げたくて手数料を抑えようとしているのに、そのせいで低評価やクレームが増えれば利益は限りなく0になってしまいます。

梱包⑪:そもそも梱包されてない