【衝撃】「娼年」の舞台は本当にやっている?松坂桃李の演技が話題!

未分類

官能小説が原作で、松坂桃李さん主演のもと、映画や舞台にもなった「娼年」。

濡れ場シーンでの松坂さんの熱演が評判でしたが、「娼年」舞台は本当にしてるという噂。

松坂さんの熱演ぶりが「娼年」舞台は本当にしてると思わせたのか検証してみます。

舞台や映画で話題の「娼年」の舞台は本当にやっている?

「娼年」は2016年に舞台化し好評を博し、2018年には映画が公開されました。

物語の大半を占める性的描写が衝撃的でしたが、演技の域を超え「娼年」舞台は本当にしてるのでは?との疑惑が生まれています。

松坂桃李さんの熱演ぶりにより周りがざわついただけでしょうか?

「娼年」は小説が原作の映画!

映画「娼年」は石田衣良さんの小説が原作で126回直木賞候補にもなっている作品。

無気力な大学生リョウが女性向け会員制ボーイズクラブオーナー静香に出会い、娼夫として会員の性生活の相手をします。

彼の仕事に見られる心遣いが評判を呼び、様々な欲望を抱える会員に指名されるまでに。

そのご褒美として静香にセックスをねだりますが、彼女は絶対に応じません。

やがて彼女には秘密があることを知り・・・といった内容。

松坂桃李さんがリュウ、真飛聖さんが静香を演じました。

「娼年」は映画公開前に舞台があった!

映画が公開される2年前には舞台が上演されています。

2016年8月から東京13公演・大阪7公演・福岡3公演に渡り上演、チケットはいずれも完売していました。

舞台上で見せた濡れ場が話題となり、「娼年」舞台本当にしてる説が流れました。

ちなみに舞台版では「娼年」の続編「逝年」の内容も含まれています。

この時の静香役は高岡早紀さんでした。

人気俳優の松坂桃李が主演!

両作で主演を務めたのが人気俳優の松坂桃李さん。

演技の幅が広いことで知られ、今や様々な映画に引っ張りだこです。

松坂桃李さんの真に迫る熱演ぶりが「娼年」舞台本当にしてると思われた可能性が高くなってきました。

濡れ場がリアルすぎる「娼年」は実際にやっているのか?

とにかく濡れ場がリアル過ぎると言われているこの作品。

驚くほどストレートな表現や大胆なポーズを見せ、本当に行為をしているように見えるとのこと。

相手の女性たちの表情や、こぼれる吐息が生々しいとされています。

「娼年」舞台は本当にしてるのでしょうか?

8回の濡れ場!「娼年」は濡れ場が7割?

「性行為」が重要なテーマであるため、劇中で登場する濡れ場はなんと8回!

全体の7割を濡れ場が占めており、どれも濃厚で「娼年」舞台本当にしてる説が流れても不思議ではありません。

激しくも美しいセックスシーンの連続に驚きを隠せない人も多かったようです。

「娼年」の舞台は本当にやっていた?

多くの人が興味と疑いを持つ「娼年」舞台本当にしてる説ですが、あくまでもお芝居であり本当にしているわけではありません。

実際に目の前で繰り広げられる光景がリアルに見えてしまったようです。

作品を演じるに当たり、松坂さんはかなり研究をされていたため、リアル過ぎる演技に繋がったのです。

むしろ本物と思わせる役者の演技を褒めるべきでしょう。

「娼年」の映画は本当にやっていた?

映画版でも同じく複数の女性と身体を重ねる松坂桃李さん。

監督が性描写に容赦しなかったため、息遣いまで本物のように聞こえ、あまりのリアルさに「松坂さんAV男優になったの?」なんて声も上がったようです。

松坂さん本人も濡れ場シーンは「気が遠くなる作業の連続」と発言されるくらい負担が大きかったそうです。

自分を追い込んだからこそリアルな演技が生まれたのですね。

松坂桃李の演技に賛否!

濡れ場シーンを魅力的に演じた松坂桃李さんの演技に様々な感想が寄れられています。

爽快感を讃えるものや「感動して笑って泣いた」「演技力がすごくて圧倒されっぱなし」「満員の映画館で体験できるのが不思議」などと絶賛のコメントが続々。

公開直後から何週間も満席が続くなど、R18作品としては異例の大ヒットを記録しリピーターも後を経ちませんでした。

しかし絶賛の声に反して、残念意見もあるようです。

「期待していたムードと違った」「女性の身体の扱いが乱暴に見える」「激しいだけでエロス不足」などといった厳しい言葉が浴びせられています。

いずれにせよ、評価されるということはそれだけ作品が多くの人に大きな印象を残したということなのでしょう。

AVを見て研究?松坂桃李の俳優魂がすごいと話題!

役を演じるに当たって松坂さんは自宅でAV作品を鑑賞し、体位などの研究をしたほか、宿泊先のホテルでもカードを購入して動きなどをチェックしていたということ。

松坂さん本人が「ここまで精神的に追い込まれた現場は初めてかもしれません」と語るように、相当な過酷さが要求されていたようです。

プロデューサーによると、「丸1日延々とセックスシーンの撮影が続いても、時には卑猥な台詞を吐いたり過激な描写があっても、何一つ一切ひるまず黙々と取り組む。一方、そういった肉体的にハードなシーンが続く中でリョウという人物のセンシティブな感情の揺れ動きも見事に表現している」とのこと。

スタッフをも驚愕させるほどの役者魂を持っているのですね。

ベッドシーンでは、大事なところに貼って固定する「前貼り」というものがあります。

濡れ場の多いこの作品では様々なアングルでの撮影だったので、うまくいくかが懸念されていました。

しかし、松坂さん考案のどんな角度にも耐え得る「松坂モデル」が誕生したことにより危惧に終わったとか。

お尻の痙攣は松坂桃李のアドリブ?

映画のベッドシーンの中で、松坂さんのお尻が痙攣するシーンがあります。

実はこれ、脚本にはなく松坂さんのアドリブによるものだったと三浦監督が舞台挨拶にて暴露。

撮影中はバナナ一本のみ?

過酷な撮影が続く中、松坂桃李さんはバナナ1本で挑んでいたということを共演者により明かされていました。

これに対し松坂さんは、「バナナは好きじゃないけど気合が入る」と発言。

こんなところにもストイックな役者魂が感じられます。

映画「娼年」への三浦監督のこだわりとは?

三浦監督は、数々のベッドシーンには撮り方にこだわりがあるとおっしゃっています。

撮り方にはそれぞれのシーンごとにこだわりがあり、最初の咲良とのシーンは、カットをしっかり決めてひとつひとつの行為を丁寧に撮り、ヒロミとのシーンは表情を追ってリョウの心情の変化を描き、泉川夫妻ではあまりカットを割らずに一連の動作で魅せて、主婦との場面は行為自体に重きを置くというよりは彼女の感情に寄り添うようにしました。やみくもに撮っているわけではないです(笑)
引用:Qetic qetic.jp

強いこだわりがあるからこそ、優れたエンターテイメント作品に仕上がったのでしょうね。

【衝撃】「娼年」の舞台は本当にやっている?松坂桃李の演技が話題!のまとめ

「娼年」舞台は本当にしてるのかどうかを調べてみました。

小説を元に映画化、舞台化された「娼年」はどちらも大ヒット。

リアル過ぎる濡れ場シーンでの松坂桃李さんの熱演により「娼年」舞台本当にしてる説が流れましたが、実際にはしておらず全て演技によるものです。

役作りのため松坂さんがAVなどで研究をされたこと、精神状態が大変だったこともわかりました。

どんな役でも見事に演じる松坂さん、今後も私たちを驚かせてくれることでしょう。

役者魂みなぎる松坂さんの活躍から目が離せませんね。