​​英語「peed」の意味とは?うんちやおしっこの英語での言い方も紹介!

未分類

みなさんは「peed」という言葉はご存じでしょうか?

もしかしたら「pee」という言葉なら知っている方が多いのではないかと思います。

「peed」という言葉は度々、「peed off」という言葉でスラングとして映画などでも耳にすることがあると思います。

今回はこの「peed」の意味についてや、その使い方を中心に「うんち」という言葉の英語であったり、よく使われるスラングにも触れていきたいと思います。

peedの意味とは?

それではまずは「peed」について詳しく説明していきたいと思います。

どのようにしてこの言葉が英会話の中で使われるのか、またそれがどのような意味合いを持つのか

紹介していきます。

この意味を知ることで、今後洋画を見る際にどのような意味で言っているのか分かるようになると思います!

peedの意味

まずは意味について紹介していきます。

「peed」は、「おしっこをした、小便をした」という意味になります。

一般に「pee」という言葉は良く知られていると思いますが、「peed」は「pee」の過去形・過去分詞形になります。

ちなみに、「pee」という言葉は同氏としても使われますが「おしっこ、小便」という名刺の役割を果たすことがあります。

peedの使い方の例文とは?

それでは、実際「peed」という言葉がどのような文章やタイミングで使われるのかについて説明していきます。

I just peed in agony.

この文章の意味は「苦しみのあまり失禁した」という意味になります。

この文章が表すように「peed」という言葉は「おしっこを漏らした」という他動詞としての意味を持っています。

よく英語圏では「peed one’s pants」というフレーズで、「おしっこを漏らした」という表現をされているようです。

peedの読み方や発音は?

次に「peed」の発音について紹介していきます。

「peed」の発音は、「píː」という風に表されます。

これは特に難しい発音ではなく、日本語で表すと「ピィードゥッ」となります。

特に強く発音する場所は「ピィードゥッ」の「ィー」の部分です。

一般的にアメリカ英語とイギリス英語は、言葉によっては発音が違うことがあります。

しかし「peed」に関しては、どちらでも同じような発音をするので、先ほど紹介した発音をすればアメリカ英語にも、イギリス英語にも伝わります。

I peedを使う具体的なシーンとニュアンスとは?

続きまして、具体的に「I peed」という言葉がどのようなシーンやニュアンスで表現されるかをお伝えしていきます。

まず一番よく使われる意味として多いのは、先ほどまでも紹介してきた「おしっこを漏らす・失禁する」という意味です。

特に子供に使われることが多いようです。

My son peed his pants.(息子がおしっこを漏らした。)

また、「get peed on~」で「おしっこをかけられる」という表現になります。

 

I got peed on by my baby!(赤ちゃんに小便をかけられた!)

次に使われるのが「peed off」というフレーズで、意味は「~で怒った、いらいらした」という意味を持っています。

I’m so peed off with my friend.(私は友人にムカついている)

これはいわゆる「スラング」と呼ばれる表現になります。

この言葉の上に「piss off」という言葉があり、「より怒っている、イライラしている」ことを表現するフレーズになっています。

ちなみに「piss」という言葉も「小便をする」という意味を持っています。

peeの意味や使い方は?

ここまで「peed」の意味や使用方法、発音について紹介してきましたが、「peed」の原形でもある「pee」のについても紹介していきます。

「pee」という言葉は、小便をするという意味である「piss」の頭文字「p」を取っており、幼児語として「pee」と発音されたのが始まりのようです。

「pee」は「peed」とどのような違いがあるのか、また英語で「うんち」はどのような表現をされているのかについても解説していきたいと思います。

peeの他動詞の意味

それでは「pee」の意味を紹介していきます。

まず「pee」には他動詞と自動詞で意味が異なります。

この2つの違いとして他動詞は「相手の行動を表す動詞」で自動詞は「自分の行動を表す動詞」になります。

他動詞の意味としては「おしっこを漏らす、小便を漏らす」という意味になります。

He pees his pants.(彼がお漏らしをした。)

「pee one’s pants」というフレーズで使われることが多いようです。

peeの自動詞の意味

次に自動詞としての「pee」について紹介していきます。

自動詞の「pee」の意味は、「おしっこをする、小便をする」という意味になります。

Someone is peeing right now(誰かが小便をしているみたい)

このようにpeeの動詞には他動詞と自動詞があり、文脈から小便を「している」か「漏らしている」のかを見極める必要があります。

漏らしている場合は、先ほど紹介した「pee one’s  pants」という使い方をされることが多いようです。

peeの名詞の意味

続いて「pee」の名刺としての意味について紹介していきます。

「pee」には名刺の意味として、「おしっこ、小便」という意味があります。

I’m gonna go to have a pee.(小便をしに行ってくるよ。)

ただ「pee」という言葉は、子供がよく使う言い方になります。

一般的には「urine」という言葉が小便として使われることが多いです。

うんちの英語での言い方とは?

これまで「小便」という意味の英語について紹介してきましたが、次に「英語でうんちはどのようにいうのか?」について3つ紹介していきたいと思います。

1つ目に紹介する言葉が、「pee」に対応する「poo」や「poop」になります。

例文

I’m looking for a toilet to have a poo.(うんちがしたいので、トイレを探しています。)

どちらも幼児語であるようですが、大人も使うことがあるようです。

ただ大人が使う場合は、仲の良い友人や家族など気の知れた人々の前で使ったりします。

2つ目に紹介する言葉は、「shit」という言葉です。

うんちというニュアンスよりは「糞」というニュアンスでよく使われています。

この言葉は洋画を見ていればほぼ必ずと言っていいほど聞く言葉だと思います。

日本語でいう「クソ!」という意味と同じで、何かを罵倒する言葉として使われます。

その罵倒語である「shit」の上位互換として「bullshit」という言葉があります。

直訳すると「牛の糞」ですが、この表現は「牛の糞と同じくらいひどいもの、ばかげている」というニュアンスを持っています。

3つ目に紹介する言葉は、「stool」です。

日本語で言う「便」というような意味で使うなら、「stool」という言葉が使われることが多いです。

どちらかというと大人向けの表現になります。

PEEDという曲がある?

ここまで「うんち」や「おしっこ」の表現について説明してきましたが、「おしっこをした」という意味を持つ「peed」が曲名に使われた楽曲が存在するのをご存じでしょうか。

それがインドの人気シンガソングライターであり、俳優、映画プロデューサーでもある「ディルジット・ドサンジ」の11枚目のアルバム「G.O.A.T」に収録されています。

歌詞はヒンディー語で歌われているので、詳しく分かりませんでしたが、PVの内容から「片思いをする女性の心情」を歌ったものではないかと推測できるので、この曲の「peed」は「おしっこ」という意味で使われているのではなさそうです。

「pee」や「poo」、スラングの使用には注意を!

ここまで、「peed」や「pee」、そして「うんち」にまつわる英語について紹介してきました。

英語のうんちやおしっこという表現には、様々なものがあり、またスラングも存在していることも知っていただけたのではないかと思います。

なかなか会話の中でこの言葉を使うことはないと思いますが、今後洋画を見る際などは、「pee」や「poo」などの言葉が使われているかチェックするのもいいかもしれませんね。

特にスラングである「shit」「bullshit」は洋画でも使われていることが多いので、どのような時に使われているか注意してみてください!

スラングは汚い言葉が多いので、くれぐれも自分が使用する場合は相手を選んでください。