降水量1mmってどれくらいの雨?レジャーやスポーツに与える影響とは?

未分類

これから出かける先で雨が降っている場合、天気予報を確認すればどれくらいの雨が降っているのか確認できます。

しかし、「降水量1mm」と言われても、それがどれくらいの雨の量なのかピンとこない人も多いです。

しっかりと雨に備えられるように、降水量の意味や1mmの雨の強さなどを知っておくようにしましょう。

降水量の意味は?

降水量の意味は「雨が降った量」と何となくの知っている人は多いです。

しかし、その定義や降った雨の測り方など、降水量の具体的な内容までは知らない人もいるでしょう。

降水量から雨の量や強さなどを正確に把握できるように、まずは言葉の意味を知っておきましょう。

降水量の定義

降水量は雨や雪などで空から降ってきた水の量を表します。

似たような言葉に降雨量がありますが、降水量は雨や雪、ひょうなどの空から降る水全般を表しますが、降雨量は雨の量だけを表します。

降水量の単位は水の量を表すmlやccなどではなく、長さの単位であるmmです。

これは降水量が正確には降った水の量ではなく、雨や雪などによって溜まった水の深さを測るためです。

降水量の測り方

降水量を測り方はいくつかありますが、広く行われているのは転倒ます型雨量計を使った方法です。

転倒ます型雨量計は口の広さが20cmある受水器から入った雨や雪を濾水器で受けて、転倒ますに溜めていきます。

ますに降水量0.5mm分の水が溜まると、転倒ますは転倒して水を排出し、その転倒回数によって降水量を測ることができます。

天気予報では、基本的に1時間単位での降水量を指すことが多いですが、「これまでの降水量」や「今日1日の降水量」などと言うこともあり、同じ降水量1mmでも測った時間の長さによって、雨の量や強さなどが変わるので注意しましょう。

降水量1mmはどれくらいの雨か?

「明日の降水量は1mmくらい」と言われたとしても、「小雨くらいは降る」ということしかわからず、その雨の量や強さなどが想像できない人は多いでしょう。

天気予報で少しの雨が降るときに、降水量1mmはよく聞く言葉なので、その雨はどれくらいのものであるか知っておきましょう。

傘がなくてもいい

降水量1mmの雨はパラパラと降る程度で、傘をさす人傘をささない人で分かれるくらいの微妙な雨の強さです。

そのため、傘が必須となるほど強い雨ではありません。

しかし、降水量1mmでも長い時間打たれていると、そこそこ濡れることになるので、しばらく外にいる場合は傘があった方が良いでしょう。

小数点の落とし穴に注意

降水量1mmは傘が必須となるほどの雨の強さではありませんが、降水量が2mmであればしっかりした雨となるので傘が必要になります。

そのため、降水量は切り捨てられた小数点以下が意外に重要な情報となるので注意が必要です。

もし、降水量が1.1mmであれば傘は必要ないですが、1.9mmであれば傘が必要となる可能性があるからです。

天気予報で「降水量1mmくらいの雨が降る可能性がある」と言われた場合は、1.9mmの雨に備えて、折りたたみ傘を持ってくと安心でしょう。

降水量1mmの雪はどれくらい積もる?

降水量は雪の量も表します。

降水量1mmの雪は2℃以上の気温で雨を含んでいれば積もりませんが、0℃前後であれば1時間で1cm積もることもあります。

雪は気温によって状況が変わってくるので注意が必要です。

レジャーやスポーツは可能?

レジャーやスポーツを翌日に控えた日は天気予報が気になってしまいます。

もし、天気予報で降水量1mmと言われた場合には、スポーツやレジャーにはどれくらいの影響を与えるのか知っておきましょう。

ゴルフ

降水量1mmは傘をさすか迷うくらいの雨の強さなので、ゴルフを中止するほどではありません。

ただし、外で長時間プレイするのであれば、少し体は濡れることになるでしょう。

また、芝が濡れることでプレイに影響が出たり足元が滑りやすくなることはあるので注意が必要です。

野球

降水量1mmくらいの雨であれば、野球も中止するほどではありません。

ただし、当日の雨が降水量1mmでも、前日までに雨が続いていればグランドの状態が悪くて中止することもあるでしょう。

そのため、野球は当日の天候だけでなく、それまでの天候とグランドの状態も加味して検討する必要があります。

自転車

降水量1mmであれば傘をさす必要がなく、視界も悪くならないので自転車に乗ることはできるでしょう。

ただし、雨に濡れてマンホールや道路の白線などが滑りやすくなっているので注意が必要です。

特に、カゴに荷物を入れて不安定になっている場合には注意しましょう。

また、雨の日に傘をさして自転車に乗ることは交通違反になるのでレインコートを使うようにしましょう。

ディズニー

降水量1mmくらいであれば、ディズニーランドの屋外アトラクションやショーなどが中止されることはないでしょう。

しかし、雨だけでなく風やその後の天候の変化など、総合的な判断でアトラクションやショーが中止されることもあるので事前に情報は確認しておきましょう。

もし、屋外のアトラクションやショーが中止になっても、ディズニーランドは屋内のアトラクションが多かったり、雨の日限定ミニパレードのナイトフォール・グロウが行われたりなど、雨の日ならではの楽しみ方もできます。

降水量1mm以上の目安

降水量からはおおよその雨の強さを把握することができます。

降水量1mmは傘をさすかどうか悩むくらいの雨ですが、降水量1mm以上になると、どれくらいの雨の強さになってくるのか把握しておきましょう。

雨の強さの目安を把握することで外出の判断や身を守る必要性などが判断しやすくなります。

降水量5mm

降水量2mmくらいからしっかりとした雨となり、傘も必要になってくるでしょう。

そのため、降水量5mmにもなると土砂降りの状態で、傘をさしていても体の一部が濡れたり、靴に水が入って靴下までビショビショになってしまう可能性があります。

傘がないのであれば、少し雨が落ち着くまで雨宿りした方が良いでしょう。

降水量10mm

降水量10mmになると、雨が物に打ちつけられる音で他の音が聞こえにくくなるほど雨は激しくなります。

雨で視界も悪くなるので、急ぎの用事でなければ外出の時間をズラすことを検討しても良いでしょう。

降水量30mm

降水量30mmになると、大量の雨水で道路が川のようになります。

ここまで雨が強くなると、強度の弱いビニール傘はさしても壊れてしまう可能性もあるでしょう。

1時間の降雨量が40mmを超えると大雨警報が発令される可能性があるので、避難の必要性の確認や準備をしておきましょう。

また、ハイドロプレーニング現象を起こす危険性も高まるので、車やバイクでの外出も控えた方が良いでしょう。

降水量の意味を把握して天気予報を聞こう

降水量の具体的な意味を把握していれば、天気予報で降水量の話が出てきた際に雨の強さや量などが想像できます。

また、雨の強さや量がわかれば、雨の対策もしやすいです。

天気予報から正しく情報を得るためにも、降水量について知っておくようにしましょう。