骨格ストレートは痩せたらガリガリは嘘?実は痩せれば最強の骨格だった?!

未分類

「太って見えやすい」「痩せると健康的に見えない」など、骨格ストレートに対してネガティブなイメージを持つ人もいるでしょう。

しかし、実は骨格ストレートは痩せれば最強の骨格だったのです。

なぜ骨格ストレートが最強なのか、その理由を知っておきましょう。

骨格ストレートの人が持つ特徴

骨格ストレートにはいくつかの特徴があります。

それらの特徴が骨格ストレートにネガティブなイメージを与えていることも多いです。

まずは骨格ストレートがどのような理由でネガティブなイメージを持たれてしまうのか、その理由を把握しておきましょう。

また、骨格ストレートの人は太ったり、痩せたりすると、見た目や与える印象はどうなるのかも把握しておきましょう。

太りやすい

骨格ストレートは骨格で体の厚みが出にくいです。

しかし、骨格で厚みが出ない分、脂肪や筋肉などで厚みが出やすいという特徴があります。

そのため、少し肉がついただけで太って見えてしまうので注意が必要です

また、お腹や二の腕、顔などの上半身に肉がつきやすいという特徴があるので、上半身と下半身でバランスの良いスタイルを保ちにくいこともあります。

痩せるとガリガリ

骨格ストレートは油断すると、すぐに太って見えるてしまうので、ダイエットをする人もいます。

しかし、骨格ストレートの場合は痩せると肋骨が浮き出たり体に厚みがなくなったりなどするため、ガリガリになって不健康な印象を与える体型となってしまいます。

そのため、骨格ストレートは太っても、痩せても、良い印象を与えることができないことから、ネガティブなイメージを持ってしまう人が多いです。

他の骨格タイプとの違い

骨格のタイプにはストレート以外に、体のラインに綺麗な曲線が出やすいウェーブタイプとスタイリッシュな体型になりやすいナチュラルタイプがあります。

これらの骨格タイプに対して、ストレートタイプは上半身に肉がつきやすいことから、バストに厚みができたり、肌に弾力と張りがあったり、筋肉もつきやすくて体が引き締まったりなどします。

そのため、骨格ストレートはメリハリのあるボディラインができやすく、デメリットばかりというわけでもありません。

痩せ方によっては最強

骨格ストレートは骨格に厚みがないので、他の骨格タイプよりもスリムに痩せることができます。

ただ痩せるだけではガリガリになって不健康そうな印象を与えてしまいますが、適度に脂肪を残したり、筋肉で引き締めたりなどすることで、メリハリのあるボディラインを保ちながら痩せることができます。

そのため、骨格ストレートは痩せ方によっては、最強のスタイルを得ることができる骨格なのです。

骨格ストレートで細い芸能人は?

骨格ストレートは痩せ方によっては最強のスタイルを手に入れることができます。

スタイルの良い痩せ方をすればその体型はどうなるのか、骨格ストレートで細い芸能人のスタイルで確認してみましょう。

骨格ストレートこそ最強の骨格と理解することができます。

今田美桜

今田美桜さんは顎のラインがシャープで、手足も非常に細いです。

また、グラビアや写真集などでの水着姿からは、細いだけでなく、スタイルの良さも確認できます。

その細い身体メリハリのあるスタイルは骨格ストレートのお手本のようです。

広瀬アリス

骨格ストレートは上半身に肉がつきやすいですが、逆に下半身には肉がつきにくく、ひざ下が細くなる場合あります。

また、筋肉もつきやすいことから、お尻が引き締まって腰の位置が高く見えたり、脚が長くなることもあります。

上半身に無駄な肉のない広瀬アリスさんは、骨格ストレートの良いところ取りしたようなスタイルとなっています。

小嶋陽菜

小嶋陽菜さんは女性憧れのシンデレラ体重であることが有名です。

また、今田美桜さんと同様に、ただ細いだけではなく、メリハリのあるスタイルをしていることも多くの女性が憧れる要因でしょう。

スタイルの良い骨格ストレートになる痩せ方は?

芸能人の中には、骨格ストレートのお手本となるようなスタイルをした人が多くいます。

しかし、骨格ストレートの人がそのスタイルを手に入れるためには、ただ痩せるだけではいけません。

それらの芸能人のようなスタイルを得るには、痩せ方のポイントがあります。

そのポイントの中でも、腹筋と二の腕の2カ所は特に重要な部分となります。

腹筋を鍛える

骨格ストレートは上半身に肉がつきやすいので、お腹周りの肉には注意しておかなければなりません。

綺麗なくびれはスタイルの良さに直結する部分なので、しっかりと腹筋を鍛えて、お腹周りを引き締めるようにしましょう。

お腹周りを引き締めるトレーニングにはツイストクランチがおすすめです。

【ツイストクランチ】

  1. 手を頭の後ろで組み、仰向けに寝る
  2. 膝を立てる(膝の角度は90度)
  3. 体を捻って右肘と左膝をくっつける(左足は地面から離れても良い)
  4. 右肘と左膝をくっつけた状態をキープ
  5. 状態を元に戻して、次は左肘と右膝で行う
  6. 3~5を20回繰り返す

二の腕を鍛える

骨格ストレートの場合、二の腕に肉がついてしまうと、太って見えやすくなってしまいます。

そのため、二の腕も鍛えて、腕を引き締めておく必要があります。

二の腕を鍛えるにはダンベルフレンチプレスがおすすめです。

ダンベルがない、力が弱くて危険などの場合はダンベルの代わりに水を入れたペットボトルやダンベルなしで行うと良いでしょう。

【ダンベルフレンチプレス】

  1. 椅子に座って背筋を伸ばす
  2. 頭の後ろでダンベルを両手で支える
  3. ダンベルを持ち上げる
  4. ダンベルと頭の後ろにゆっくりと戻す
  5. 2~3を繰り返す

骨格ストレートの瘦せ型におすすめファッションアイテム

骨格ストレートで痩せて、良いスタイルを手に入れたとしても、服選びを間違ってしまうと再び太って見えてしまう可能性があります。

そのため、骨格ストレートの瘦せ型に適した服選びをできるようにしておきましょう。

ワンピース

骨格ストレートの瘦せ型はそのスリムな体型メリハリのあるボディラインを強調できる服を選ぶことが重要です。

そのため、体を縦長にスリムに見せ、バストやヒップのラインを強調できるIラインワンピースは骨格ストレートの瘦せ型と相性が良いでしょう。

ただし、ティアードやテントラインなどのシルエットが広がって見えるタイプのワンピースは骨格ストレートでは太って見えてしまうことがあるので注意しなければなりません。

パフスリーブ

「ガリガリで不健康そうな印象を与えてしまいそう」と不安に思う人は、パフスリーブがおすすめです。

あえて上半身に少しボリュームを出すことで、ガリガリな印象を与えにくくなります。

ただし、あまりボリューム感を出しすぎると太って見えてしまうので注意しましょう。

タイトスカート

タイトスカートもIラインワンピースと同様に、スリムな体型を強調してくれます。

また、スカートで腰を締めることで、骨格ストレートの弱点になりやすい腰からお腹周りの肉を少しごまかすことができます。

骨格ストレートなら最強のスタイルを目指そう

骨格ストレートに対してネガティブなイメージを持つ人もいます。

しかし、骨格ストレートはスリムな体型とメリハリのあるボディラインの両方を手に入れられる最強の骨格タイプです。

骨格ストレートでスタイルの良い芸能人を参考にして、最強スタイルを目指すようにしましょう。