【東京卍リベンジャーズ】ペケJランドは実在する!?ペケjや千冬について解説!

未分類

現在累計発行部数が5000万部を突破している大人気漫画と言えば「東京卍リベンジャーズ」です!

この漫画は、元不良でフリーターとして生活を送っていた主人公花垣武道が、ひょんなことから中学生時代にタイムリープできる力を手に入れ、中学時代彼女だった橘日向の死ぬ未来を食い止める為に、過去に戻って東京卍会でトップを目指すというストーリーです。

「鬼滅の刃」「呪術廻戦」と同様にアニメも漫画も人気が高い作品ですが、この東京卍リベンジャーズに出てくる「ぺケJランド」をご存じでしょうか?

ぺケJランドとは、松野千冬が現世で経営しているペットショップの名前です。

今回は「ぺケJランド」の名前の由来から、松野千冬のプロフィール、また「ぺケJランドが実在する⁉」という噂について調査しました。

ペケjとは

まずは松野千冬が経営する「ぺケJランド」というペットショップの「ぺケJ」が一体何を意味するのかについて紹介していきます。

松野千冬の愛猫

「ぺケJランド」の「ぺケJ」は松野千冬が中学生時代から飼っている愛猫の名前であることが分かりました。

ぺケJは猫種は分からないのですが、黒猫であることは分かります。

このぺケJは主人公のタケミチが千冬の家に遊びに行ったシーンなどで描写をされていますね!

名前の由来は?

気になる「ぺケJ」の名前の由来について紹介していきたいと思います。

ぺケJと松野千冬のストーリーについては、本編では語られていないのですが、2021年10月に発売されたアニメ「東京リベンジャーズ」第5巻の特典として、サイドストーリーとして紹介されました

ぺケJと松野千冬の関係を知りたがっていたファンも多かったようで、このような形で紹介されたようです。

では、その詳細について紹介していきます。

松野千冬がある日食欲のない飼い猫を心配して、行動を監視していると、ベランダづたいで上の部屋へ行っていることが判明します。

その後を追いかけると、なんと引っ越してきたばかり場地圭介の部屋でご飯をもらっている姿を目撃します。

その時場地が「また来たのかよぺケJ」と言いながらご飯をあげる姿を見たことがきっかけで「ぺケJ」という名前になったと言われてります。

名付け親は実は場地圭介だったんですね!

もちろん当時2人はお互いを知らない関係でしたので、初対面は「ぺケJ」が引き合わせてくれたと言えますね!

元の名前はエクスカリバー?

今ではぺケJと名付けられていますが、松野千冬とぺケJがであった頃は「エクスカリバー」という名前を付けていたそうです。

さすがネーミングセンスが独特な松野千冬らしい名前ですね。

余談ですが松野千冬は、花垣武道がマイキーの暴走を止めるために作ったチームの副総長として入るのですが、その時もチーム名を「サウザントウィンターズ」という自分の名前「千冬」を英語にしたチーム名を付けたり、またそのチームロゴに「ぺケJ」が描かれていたり、多くの場面で「独特なセンス」を持っていることが描かれています。

オートバイの車種が由来?

では、場地圭介が名づけた「ぺケJ」の由来は何なのかについて紹介します。

ぺケJとはオートバイの車種で「YAMAHA400XJ」から来ているそうです。

「XJ」の「X」をぺケと呼んで「ぺケJ」という愛称で親しまれているバイクになります。

場地圭介も松野千冬もこのバイクではなく「ゴキ(スズキGSX250E)」に乗っていた為、愛車から

名前を取ったわけではなそうなので、ぺケJの名前の由来は不明のままとなっています。

ぺけjと千冬の出会い

ぺケJと松野千冬の出会いについて紹介していきます。

松野千冬は、このぺケJとの出会いをきっかけに、場地圭介と出会うことになり、その後東京卍会1番隊副隊長にまで登りつめることになります。

漫画での登場回はいつ?

ぺケJが漫画で描かれるのは、14巻の124話になります。

これは主人公花垣武道が松野千冬の家に遊びに来たところを描いた描写で、窓の外を眺める松野千冬の下で丸くなっているぺケJが出てきます。

飼うことになったきっかけは?

実はもともと野良猫だったぺケJを小学生っだった松野千冬が拾ってきたことが出会いになっています。

それに松野千冬が尊敬してやまない場地圭介も動物好きであることも、ぺケJを大切に飼い続けている理由だと言われています。

松野千冬とはどんな人?

ここまで、ぺケJについて詳しく紹介してきましたが、ここからはぺケJの飼い主である「松野千冬」について紹介していきたいと思います。

漫画では、主人公花垣武道の相棒として、また現世ではペットショップの経営しているシーンが描写されています。

そんな重要キャラクターでファンの人気も高い松野千冬にフォーカスを当てて解説していきます!

松野千冬のプロフィール

松野千冬のプロフィールはこちらです。

名前 松野千冬
身長/体重 168㎝/58kg
誕生日 1991年12月19日
血液型 O型
星座 いて座
尊敬する人 場地圭介
愛車 ゴキ(スズキGSX250E)
将来の夢 パイロット

幼少の頃は、ぺケJを追いかけて団地の2階から落ちたにもかかわらず、無傷だったという武勇伝の持ち主です。

また昔からケンカが強く、先輩に対しても敬語を使わない破天荒な性格でした。

ある日20人の暴走族に絡まれて窮地に追い込まれますが、その時に場地圭介に助けられ、初めて尊敬できる人間に出会い、それ以降場地圭介の右腕として東京卍会副隊長の座につきます。

その後「血のハロウィン」と呼ばれる東京卍会と芭流覇羅との抗争の末、場地圭介が命を落として以降、主人公の花垣武道と共に行動を共にする相棒的存在になります。

ペットショップの「XJ・ランド」の経営者に

松野千冬は、現世では「ぺケJランド」と呼ばれるペットショップの経営者になっています。

先程のプロフィールに将来の夢はパイロットと記載していたと思いますが、なぜなのでしょうか?

その理由は「動物好きだった場地圭介の影響を受けたから」と言われています。

もともと捨て猫を飼うほどの動物好きですが、東京卍会メンバーと埋めたタイムカプセルに「パイロットの雑誌」が入れられており、「パイロットになることが夢だった」ことが198話で語られています。

しかし、1番尊敬する場地圭介の死を経験して、いつしか場地圭介が好きだった動物に携わる仕事がしたいと考えるようになったのかもしれないですね。

ぺケJランドでは、以前敵対関係にあった「羽宮一虎」も働いているところが描写されており、羽宮一虎も場地圭介に救われた経験から、場地圭介の好きだった動物に関わる仕事がしたいと考えたの可能性が高いと思われます。

主人公タケミチの相棒

松野千冬は、主人公花垣武道の相棒的存在になります。

その経緯が、もともと場地圭介を芭流覇羅に転籍すると言い始めた時に、2人は場地圭介奪還のために協力をしたのが始まりです。

その後血のハロウィンの時に花垣武道は場地圭介から「マイキーと東卍をオマエに託す」という言葉を受け取り、松野千冬も自分が慕う場地圭介が託した漢、花垣武道についていくことを決意します。

その後はことあるごとに花垣武道のフォローをして、また唯一花垣武道がタイムリープ能力を持っていることを知る人間となり、花垣武道を支えています。

ペケJランドは現実に存在する!?

漫画で松野千冬が経営している「ぺケJランド」ですが、「実際に存在する⁉」という噂が出ているので、調べてみました。

そこで分かったのが、「ぺケJランド」というペットショップはないのですが、実際もモチーフになったペットショップはありました。

名前は「Coo&Riku 下北沢店」というお店で、店の外観が漫画で描写されていた「ぺケJランド」ととても似ています。

このお店は全国200店舗以上もあるペットショップで、主に犬と猫を販売しており、また2階には猫カフェもあるそうです。

またその他のシーンも実際の場所をモチーフに描写されていて、東京リベンジャーズファンは聖地巡礼として回っているようです。

これからもカッコイイ松野千冬に期待!

 

今回は松野千冬についてとその愛猫であるぺケJについて紹介してきました。

ヤンキーであるカッコよさとぺケJのような可愛い猫好きというギャップが、東京リベンジャーズファンに刺さって、松野千冬は人気なのではないかと思います。

現在も松野千冬は花垣武道の相棒として活躍しています。

今後ますます気になる展開が続くと思いますが、松野千冬の今後の動向にも期待しながら見ていきたいですね!