麗韓国ドラマの感想は面白いor面白くない?切ない可哀想の口コミの真実

韓流ドラマ

韓国ドラマ「麗<レイ>花萌ゆる8人の皇子たち」はイジュンギとIUが出演した人気ドラマです。

 

タイムスリップ系のロマンティック時代劇ドラマ「麗<レイ>花萌ゆる8人の皇子たち」。

現代に生きる女性ハジン(ヘス)が高麗時代へワープして皇子ワンソと出会い恋に落ちます。

 

ここでは韓国ドラマ麗の感想は面白いのか面白くないのかを、視聴者の口コミも参考にしながら検証していきます。

 

麗の感想は面白い?面白くない?

 

 

あなたはどちら派でしょうか?

麗の感想は面白いor面白くない?

 

最初は実際に麗を視聴した人の感想から紹介していきます。

どんなところが面白いor面白くないと思っているのでしょうか?

 

まずは面白い人の感想です。

 

面白いの声

 

ここからは麗の良い感想・口コミをご紹介していきます。

 

ツイッターのファンの声では

  • ①皇子がカッコイイ
  • ②衣装が豪華
  • ③話の内容に胸キュン

というような感想がかなり多かったです。

 

皇子たちがイケメンでカッコよすぎる韓国ドラマの麗。

衣装も素敵で美しかったですよね。

 

 

ヘスが羨ましい発言は多かったですよ。

皇子たちそれぞれにファンがついていたドラマ。

胸キュンなイケメンに囲まれてみたいですよね。

 

 

8人の皇子のヘスに対する思い方がそれぞれ違って、兄弟の性格がわかる設定になっていました。

韓国ドラマ麗を面白いと思った人たちは、話の内容にも惹かれていたようです。

 

面白くないの声

 

まずは「どちらかというと面白くない」を見ていきましょう。

見るかどうか迷っている人は、悪い感想をチェックしてみて判断してみてください♪

 

 

前半のファンタジー感満載のストーリーから一変して、後半はドロドロ感が溢れてきました。

 

そのため、重い・・と感じた視聴者もいたようです。

 

ラストに関しては、辛すぎるコメントが多く寄せられていました。

 

確かに、バッドエンド?と思えるような最後だったので期待した終わり方ではなかったドラマ。

 

また「麗(月の恋人)」には、同じような年代の俳優さんが多く参加されています。

皇子の多さに対して「誰が誰だかわからない・・」とのコメントもありました。

 

韓ドラを見慣れていない人からすると出演者が多すぎと感じたかも。

 

麗の出演キャストを見ると確かに人数が多いドラマ。

 

実際に視聴していくとそれぞれのキャラが立っていて「誰だったか分からない」ということは少ないような印象でした。

麗の感想の口コミは?

 

ここでは、韓国ドラマ「麗<レイ>花萌ゆる8人の皇子たち」のキャストや内容についての口コミをみていきましょう。

 

イジュンギの麗にかける情熱がすごすぎる

 

イジュンギが激やせしたことでも話題となったドラマ!

役作りのために15㎏も減量したとか・・

 

この減量はイジュンギを素敵に見せるための監督の提案だそうです。

何でもイケメンの若者がたくさん出演しているドラマだから、ちょっと年上のイジュンギがビジュアル的に負けないようにしたとのこと。

 

ものすごく大変な減量だったらしくて、イジュンギの「麗<レイ>花萌ゆる8人の皇子たち」にかける思いを垣間見た気がします。

 

韓国らしいドラマで面白い

 

このドラマは、21世紀の女性の魂が入り込んだ高麗の少女と、冷たい仮面の下に辛い過去と熱いハートを隠している皇子の運命的な恋愛を描くファンタジーロマンスです。

 

イジュンギ、IU(アイユー)、カンハヌルら有名俳優たちが出演しています。

 

麗(月の恋人)あらすじ・公式サイトより

ある日、化粧品販売員のコ・ハジンは、湖に落ちた子供を助けようとして溺れてしまう。目を覚ますと、なんとそこは高麗時代だった!

ハジンの魂は少女ヘ・スの体で目覚め、高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活を送ることに。

そこで彼女が出会ったのは、世にも美しい8人の皇子たちだった。

優しい第8皇子ワン・ウクと惹かれ合う一方、冷徹な第4皇子ワン・ソに幾度となく危機を救われるヘ・ス。

ワン・ソの素顔に触れ、次第に距離を縮め始めた矢先、彼こそが後の第4代皇帝光宗だと知る。果たして、ヘ・スの恋は歴史を変えてしまうのか——!?

 

内容的には、1人の女性を巡って複数の男性が求愛する…夢のようなストーリーとなっています。

 

  • タイムスリップ
  • 時代劇?
  • 複数のヒーロー

ということで、実際にはあり得ないシチュエーションだけど「韓国らしい」物語といえるでしょう。

 

「私は純愛が好き」という人にはおすすめできないのかと言えば、実はそうではありません。

麗はヒロインがあっちこっちにふらふらするドラマではないのです。

麗の感想が切ないや可哀想の真実は?

 

「麗(月の恋人)」、私は「面白かった派」です。

確かに出演者が多くスポットを幅広くあてたため、ひとりひとりの役者が光り輝くことができなかったのは残念!

 

またラストはハッピーエンドが良かったけれど。

全体的には高評価をつけたいです。

 

イジュンギとIUの演技が上手すぎて切ない

 

イジュンギの演技が抜群に良かったですね。

大勢の役者のなかで目立つことができる演技力には脱帽です。

 

一緒にいてほしい願いはかなえられなかったワンソとヘス。

麗のドラマが切なくて可哀そうな真実は、ここにあるのではないでしょうか。

 

ワンソとヘスが別れたのが可哀そう

 

このように麗を視聴して涙した人が多かったのです。

 

麗の感想では切ない・可哀そう・涙のワードも多かったです♡

 

 

 

ストーリーは切なすぎるという声が多くありました。

 

確かに、バッドエンド?と思えるような終わり方だったので、ハッピーエンドを望んでいたファンにとっては切なくて可哀そうが真実のようですね。

 

麗の最終回では涙、涙のファン続出です。

 

麗の感想まとめ!

 

「麗(月の恋人)」の感想みてきましたが、あなたは面白いor面白くないのどちら派でしょうか?

ラストにやや不満の声はありましたが、全体的に面白かったとの評価を得ていた作品だと思います。

 

「麗(月の恋人)」は「第5回ドラマフィーバー・アワード」でベストアンサンブル賞とベストヒストリカルドラマ部門賞を受賞しました。

 

アメリカ最大の韓流コンテンツストリーミングサイトであるDramaFeverが主催した「第5回ドラマフィーバー・アワード(The 5th Annual DramaFever Awards)」は、グローバル動画サービスプラットフォームで、約324万人に1ヶ月間投票を受付。

投票された今回のアワードの結果、「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」が「ベストアンサンブル」「ベストヒストリカルドラマ」部門を受賞した。

「ドラマフィーバー・アワード」全体ユーザーのうち、80%以上がアジア人ではないため、その意味はさらに大きなものとなった。

 

アジア人でない人たちにも評価された「麗(月の恋人)」

 

今回、口コミや感想を調べてきて、良い評価の立役者はもちろんイジュンギの一言につきました。

「麗(月の恋人)」・・見ていない方はぜひ視聴してみてください。