なぜベラルーシには美人が多い?その理由とベラルーシの美人を紹介

未分類

ベラルーシという国には美人が多いことで有名です。

なぜ、ベラルーシには美人が多いのでしょうか?

本記事では、その理由とベラルーシ美人で有名な人をご紹介します。

ベラルーシ美人の特徴

美人に対する感じ方は人によって異なりますが、ベラルーシ美人は多くの人が美人と感じることでしょう。

では、そのベラルーシ美人とはどのような容姿をしているのでしょうか?

顔立ち

ベラルーシ美人はスラブ系民族の顔立ちをしています。

スラブ系民族の顔立ちは輪郭が丸い彫りが浅いなどの特徴があり、日本人に親しみがある印象を与えます。

また、親しみを感じながらも、日本人にはない海外の女性らしいシャープな顔立ちもしています。

そのため、日本人から見るとベラルーシ美人はかわいらしさと、かっこよさの両立しているように見えるでしょう。

髪質

ベラルーシ美人は髪質がサラサラで、髪色は色素が薄めです。

そのため、ロングヘアがなびく様子は艶やかな印象を受けるでしょう。

ベラルーシは東ヨーロッパの高緯度の位置にある国なので、日照時間が短めで肌へのダメージを受けにくいです。

また、気温も低めなため、日本で言う秋田美人や北海道美人のように肌がキメ細かくて、白いです。

そのためベラルーシ美人には色白美人が多くなっています。

ベラルーシ美人は吸い込まれるような綺麗な青い瞳をしています。

これはベラルーシ美人の瞳は紫外線から目を保護するための虹彩にメラニン色素が少ないためと言われています。

メラニン色素が多いと、瞳は日本人に馴染みのある黒や茶色になります。

スタイル

ベラルーシ美人の顔立ちや肌は日本人であれば、どことなく親しみを感じるでしょう。

しかし、スタイルは背が高く手足が長い、海外の女性らしいスタイルをしています。

そのため、ベラルーシ美人は日本人が親しみを感じる美人要素と、海外の綺麗なスタイルの良いとこ取りをしたような印象を受けるでしょう。

なぜベラルーシには美人が多い?

ベラルーシは美人が多いことで有名です。

では、なぜベラルーシには美人が多いのでしょうか?

その理由はいくつか考えられます。

ハーフ

ベラルーシは内陸国であり、いろいろな国から、いろいろな民族と交流をしてきました。

そのため、ベラルーシ美人にはポーランドやロシア、ウクライナなどのいろいろな民族の血を引き継いでいます。

いろいろな民族の良いとこ取りができているので、ベラルーシには美人が多いと言われています。

出国制限

もし、ベラルーシ美人が海外で結婚をしてしまうと、国内からベラルーシ美人が減ってしまうことになります。

そのため、ベラルーシでは美人が流出せず、国内に留まって、また美人な子供を産んでもらえるように、がベラルーシ美人に対して出国制限をかけています。

国がこのような徹底した対策をすることには、過去にベラルーシには美人が多いことで人身売買が社会問題となっていたことが背景としてあったためです。

国はベラルーシ美人に出国制限をかけることで、誘拐されて国外に連れ出されることを防いでいます。

しかし、出国制限はベラルーシの女性全員に適応されるものではなく、国立のモデル学校を卒業してプロモデルの資格を持つ女性が対象です。

ベラルーシではプロモデルになるには国家資格が必要であり、国内の広告ではベラルーシ人のモデルを起用することが法律で定められています。

そのため、ベラルーシでプロモデルは弁護士や医師と並んで、地位の高い職種です。

ただし、プロモデルであれば絶対に出国できないというわけでもなく、出国審査に通ることができれば出国も可能です。

歴史的背景

ベラルーシは内陸国で、戦争が起こりやすい地域です。

そのため、これまでに戦争が起こるたびに男性の数が減っていき、国内の男女比のバランスが崩れて、女性の方が圧倒的に多くなった時期もありました。

少ない男性から恋人や結婚相手の座を得るために、ベラルーシ美人はさらにその美人に磨きをかけていたことが、現在のベラルーシに美人が多いことや、ベラルーシ美人の美しさなどに影響を与えていると言われることがあります。

ベラルーシの美人アスリートたち

ベラルーシ美人に興味を持ち、「どれだけ美人か見てみたい」と思う人もいるでしょう。

しかし、ベラルーシ美人の中には世界で活躍するアスリートもいて、オリンピックに出場している人もいます。

そのため、「美人で話題に選手が実はベラルーシ美人であった」ということはよくあり、気がつかないうちにベラルーシ美人の姿を見ていることもあります。

意外な選手がベラルーシ美人であったりもするので、ベラルーシ美人の選手にはどのような人がいるのか確認してみましょう。

マリア・シャラポワ

マリア・シャラポワさんは美人すぎるテニスプレイヤーとして有名で、テニスに詳しくなくても知っている人は多いでしょう。

また、美人なだけでなくウィンブルドン優勝や世界ランキング1位、全米オープン優勝など、テニスプレイヤーとしての実績も超一流です。

そのマリア・シャラポワさんはベラルーシ出身ではありませんが、両親がベラルーシ人なので遺伝子は完全にベラルーシ人です。

テニス選手は2020年に引退され、その後はアメリカで生活をされています。

メリティナ・スタニオウタ

メリティナ・スタニオウタさんはロンドン五輪リオデジャネイロ五輪に出場した新体操選手です。

その8頭身の綺麗なスタイルと、モデルのような顔立ちが話題となりました。

また、2016年に23歳の若さで選手は引退されたことも話題となりました。

ビクトリア・アザレンカ

ビクトリア・アザレンカさんはマリア・シャラポワさんと同じくテニス選手で、2012年・2013年の全豪オープン女子シングルで優勝もしている実力者です。

ただし、マリア・シャラポワさんとは異なり、ビクトリア・アザレンカさんの出身はベラルーシです。

2019年の全仏オープンで大坂なおみ選手と対戦したことが話題となっていたので、スポーツニュースでビクトリア・アザレンカさんのことを知っている人もいるでしょう。

ハンナ・フスコワ

ハンナ・フスコワさんは2018年の平昌オリンピックや2022年の北京オリンピックなどに出場されていたフリースタイルスキーの選手です。

また、平昌オリンピックでは金メダル、北京オリンピックでは銀メダルを獲得するほどの実力者です。

冬スポーツをしているためか、色白美人で注目が集まりました。

ダリア・ドムラチェワ

ダリア・ドムラチェワさんはバイアスロン選手で、2014年のソチオリンピックでは10kmパシュート・12.5kmマススタート・15km個人で金メダルを獲得されています。

また、2018年の平昌オリンピックでもリレーで金メダルを獲得されています。

何度も金メダルを獲得されているので、スポーツニュースでダリア・ドムラチェワさんを見たことがある人もいるでしょう。

アリナ・タライ

アリナ・タライさんは陸上選手で専門は100mハードルです。

2012年のロンドン五輪では100mハードルやリレーの種目に出場していましたが、メダルは獲得されていないので、日本での印象は少し薄かったでしょう。

しかし、2013年と2015年のヨーロッパ室内陸上競技選手権大会の60mハードルでは金メダルを獲得していて、他の大会でもメダルを獲得されています。

ベラルーシの美人アスリートが亡命?

2020年はいろいろな混乱の中、東京オリンピックが開催されました。

その東京オリンピックに出場していた陸上競技ベラルーシ代表のクリスチナ・チマノウスカヤさんは、大会終了後に母国へ戻らずにポーランドに亡命をしたそうです。

亡命の理由は?

その理由は大会中に急遽、出場種目が増えたことがきかっけと言われています。

クリスチナ・チマノウスカヤさんは1600mリレーに出場できなくなった選手の代わりに出場するよう一方的な指示をされたそうです。

しかし、1600mリレーの経験がないことや、他の出場予定だった競技に合わせて体調を整えていたことなどを理由にクリスチナ・チマノウスカヤさんはその指示に反発しました。

これにより監督やチームの代表などから怒りを買ってしまったことで、感情や心理の状態を理由に、次はチームから外れて帰国するように指示をされたそうです。

亡命の決断と行動

帰国の指示を受けたクリスチナ・チマノウスカヤさんは、チームに連れらて羽田空港に向かいましたが、帰国を拒否して近くにいた警察官に保護を求め、隣国のポーランドに亡命したのでした。

空港に向かう途中にクリスチナ・チマノウスカヤさんは祖母に電話をして、「帰国後は安全ではない」「精神病院や刑務所にいれられるかもしれない」などの亡命する意思を伝えていたそうです。

綺麗と思ったらベラルーシ美人かも

ベラルーシは美人が多くて有名です。

また、ベラルーシ美人には世界で活躍している人も多くいて、テレビなどで見かけた美人の出身地を確認するとベラルーシということもあるでしょう。

そのため、美人を見かけたときには出身地を確認してみるのも良いでしょう。