カースマルツゥは衝撃的で危険な食べ物!その正体と味は?

未分類

検索してはいけない言葉にはいろいろな種類があり、カースマルツゥもその1つです。

ただし、カースマルツゥは食べ物であり、他の検索してはいけない言葉と比べると暴力性や残虐性などはありません。

しかし、その正体を動画や画像で見る際には少し注意が必要なものとなっています。

カースマルツゥってどんな食べ物?

検索してはいけない言葉の1種であるカースマルツゥの正体は食べ物であり、他の検索してはいけない言葉と比べると、かなり危険度は低めです。

しかし、あるジャンルの物に耐性のない人は絶叫してしまう可能性がある危険な食べ物です。

カースマルツゥはチーズのこと

カースマルツゥは、イタリアのサルデーニャが原産のシェーブルチーズという山羊の乳で作られたソフトタイプチーズの1種です。

ただし、カースマルツゥはそのシェーブルチーズの熟成中に一手間加えられていて、できあがる物は別物です。

イタリアで作られ、手間のかかったチーズなので「美味しそう」「食べてみたい」と思う人もいるでしょう。

しかし、カースマルツゥはその見た目と作り方が衝撃的です。

衝撃の見た目

カースマルツゥの見た目はただのチーズです。

しかし、そのカースマルツゥを切ったり、ほじくったりなどすると、大量の蛆虫がウネウネと湧いて出てきます。

普通に考えると「チーズが傷んだ」と考えるでしょうが、カースマルツゥは蛆虫が湧いていることが正しい状態です。

その見た目の気持ち悪さから検索してはいけない言葉とされています。

暴力性や残虐性などがないので、危険度の低い動画や画像となりますが、虫に耐性がない人にとってはキツい映像と感じるでしょう。

どうやって作られる?

カースマルツゥは中で蛆虫が大量発生しています。

これはチーズの熟成をする際にハエに卵を産みつけさせ、意図的に発生させたものです。

チーズの中で孵化したハエの幼虫はチーズを餌にすることで発酵が急加速し、脂肪はかなり分解されるのでチーズはトロトロになります。

このように発酵に蛆虫を利用することでカースマルツゥは作られています。

カースマルツゥの食べ方

カースマルツゥの中にいる蛆虫は食べるときに取り除くことなく、蛆虫ごと食べます。

また、基本的に加熱したりすることなく、パンに塗ったりクラッカーに乗せてそのまま食べることが多いです。

日本でもイナゴやざざむしを佃煮にしたり、はちのこをそのまま食べたりなどの昆虫食はあります。

そのため、カースマルツゥを見ても「珍しい食べ物」と思うだけの人もいるでしょう。

「もやしもん」にも登場

「もやしもん」は菌がメインの漫画です。

その「もやしもん」にも世界の珍しい発酵食品としてカースマルツゥが出てきます。

樹ゼミの研究室に入ってきた美里と一緒に入ってきた川浜は包みを持っていました。

包みの中身は世界の発酵物を探索している武藤が海外から持ち帰った品の1つで、樹先生が選別する際に捨てたカースマルツゥを拾ってきた物でした。

包みを開けると中から大量の蛆虫が飛び出してきて、その場にいた及川がスプレーをかけたことでチーズは食べられなくなってしまいました。

そのため、作中では食べる描写はありません。

カースマルツゥの味は?

カースマルツゥは見た目は少しキツいですが、珍味として好んで食べる人もいます。

しかし、蛆虫が発酵させると、どのような味がする物なのでしょうか?

なめらかな食感

カースマルツゥは蛆虫によって発酵が進められ、トロトロの状態となっています。

そのため、初めて食べてみた人の感想では「なめらかな食感」と感じる人が多いでしょう。

また、香りはゴルゴンゾーラに近いです。

酸味が強い

シェーブルチーズはもともと酸味が強めのチーズですが、カースマルツゥはさらに発酵が進んでいることで刺激を感じるほど酸味が強くなっています。

しかし、蛆虫を一緒に食べることで、蛆虫の苦味がチーズの酸味と良いバランスとなります。

カースマルツゥはどこで買える?

日本でもイナゴやはちのこ、ざざむしなどの昆虫食を食べることもあります。

また、近年では昆虫の栄養価の高さに注目が集まったことで、コオロギせんべいやワームスナックなどを食べている人もいるでしょう。

そのため、カースマルツゥにも抵抗を感じず、「チーズなら食べてみたい」と興味を持つ人もいるでしょう。

では、カースマルツゥは通販でイタリアから取り寄せることはできるのでしょうか?

カースマルツゥは販売禁止

カースマルツゥは蛆虫を利用してチーズを発酵させ、その蛆虫も食べます。

これだけで食べ物としての危険性はわかるでしょう。

見方によっては進んでいるのは発酵ではなく腐敗であり、蛆虫を食べて健康被害が出る可能性もあります。

そのため、カースマルツゥの製造や販売は法律で禁止されていて、イタリアから取り寄せすることはできません。

また、当然ながら日本で販売しているところもなく、品揃えが豊富な大手通販サイトでも取り扱いはありません。

こっそり取引されている?

カースマルツゥの製造や販売は禁止ですが、サルデーニャ地方の一部では自分たちが食べる用にこっそりと作っている人もいるようです。

また、そのカースマルツゥが他人に譲られたり、通常の2倍~3倍ほどの値段で隠れて取引されていると言われています。

そのため、どうしても食べたい場合は、サルデーニャ地方でカースマルツゥを作っている人に交渉して食べさせてもらったり、隠れて取引されている物を購入するしかありません。

ただし、どちらの方法も現実的には難しく、実際に食べることは難しいでしょう。

カースマルツゥの危険性

カースマルツゥは法律で禁止されるほど危険な食べ物です。

では、具体的にどのような危険があるのか確認してみましょう。

虫が飛ぶ

カースマルツゥの中にいる蛆虫はウネウネと動くだけでなく、ピョンピョンとチーズから飛び出していくものもいます。

蛆虫は大きいものであれば8mmほどあり、ジャンプの勢いは強く、飛距離は15cmも飛ぶことがあります。

そのため、チーズを食べようとして口元に持ってきた際に、勢いよく目に飛び込んでくることもあるそうで非常に危険です。

実際にカースマルツゥはゴーグルやメガネをしてを食べることが推奨されています。

虫は胃酸に耐える

カースマルツゥは基本的に生きた蛆虫ごと食べます。

その蛆虫は胃酸で死ぬことがなく、生きたまま腸にたどり着き、腸壁に穴を開けてしまう可能性があります。

腸に穴が開けば、排泄物や食べ物などがその穴に流れ込んだり、腹膜炎を起こす原因となる可能性が考えられるでしょう。

これらのことが起こると、場合によっては命を落としてしまう可能性もあります。

チーズの腐敗

カースマルツゥは蛆虫を利用してチーズを発酵させています。

しかし、注意しないと発酵ではなく、ただの腐敗が進んでいることもあります。

ドロドロになるほど腐ったチーズを食べたと想像するだけで、その危険性はわかるでしょう。

カースマルツゥを食べるなら自己責任で

カースマルツゥは珍味であり、好んで食べる人もいるので、中には「食べてみたい」と思う人もいるでしょう。

しかし、食べるのは危険であり、販売も禁止されているため、実際に食べることは難しいでしょう。

そのため、動画や画像で確認するくらいにしておきましょう。

もし、食べる機会があったとしても、食べない方が無難です。

それでも、どうしても「カースマルツゥを食べたい」という場合は全て自己責任と理解しておくようにしましょう。