化粧しても変わらない人の特徴7選!化粧で変わるためのポイントも紹介

未分類

頑張って化粧をしているのに、なぜか「全然見た目が変わらない」「垢抜けない印象になる」などの悩みを持つ人は多いでしょう。

中にはメイクが下手なわけでもないのに、化粧をしても変わらない人もいます。

そのような人は、なぜ化粧をしても変わらないのでしょうか?

化粧しても変わらない顔の特徴とは?

化粧をしても変わらない人は顔にいくつかの特徴があり、その特徴が化粧をしても変わらない原因となっている場合があります。

その特徴にはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。

男性的な顔立ち

輪郭に丸みがあったり、キメの細かな肌をしていたりなどの女性的な顔は化粧をすると変わりやすいです。

逆に、ゴツゴツとした男性的な顔をしていると化粧をしても、もとの顔の印象の方が強くなってしまいやすいです。

そのため、男性寄りの顔立ちをしている女性は化粧をしても印象が変わらないことがあります。

地味顔

顔の凹凸が少なかったり、一重や奥二重、唇目が薄いなどの地味顔の特徴を持つ人は、化粧をしてもメイク感が出ず、あまり印象が変わらないことがあります。

特に、ナチュラルメイクをした場合はメイク感すら感じられず、すっぴんと勘違いされてしまうこともあります。

そのため、地味顔の人はその顔の特徴に合わせた化粧をしないといけません。

童顔

子供が化粧をしていると違和感を感じるでしょう。

そのため、顔が童顔で幼い印象を与える人も同じように化粧をすることで周囲に違和感を与えたり垢抜けない印象を与えたりなどすることになります。

また、童顔は化粧がケバく見えがちなので、薄めにする人は多いです。

しかし、化粧を薄くしていくことで、化粧をしてもメイク感が出なくなってしまったり、気がつくと化粧をしても変わらない化粧をしていることがあります。

美人顔

化粧をするのは、目を大きく見せたり、鼻を高く見せたり、お顔に立体感を作ったりなどして、美人に見えるようにするためです。

しかし、美人顔の人は化粧をしなくても、もともと大きな目や高い鼻、彫りの深い顔などをしています。

そのため、化粧をしてもすでに美人顔であることから、あまり印象が変わらないことがあります。

逆に、せっかくの美人顔が化粧によってバランスを崩してしまうこともあるので、美人はより美人になるには高いメイク力が必要です。

化粧しても変わらない原因は顔以外にもある?

化粧をしてもなぜか変わらないという人は童顔や美人顔などの顔に特徴を持っていることがあります。

しかし、化粧をしても変わらない原因となる要素は顔だけではありません。

化粧をしても変わらない顔の特徴は持っていないのに、なぜか化粧で印象が変わらないという人は、それらの原因も把握しておきましょう。

化粧を変えない

化粧品は次々と新しい商品が出ています。

その中には、今使っている化粧品よりも自分に合っている物もあるでしょう。

また、いつもの化粧方法よりも、別の化粧方法の方が自分に合っていることもあるでしょう。

これらのことに気がつくためには、新しい化粧品を使ったり、別の化粧方法を試したりなどして、常に自分に適した化粧を見つけていかなければなりません。

もし、化粧方法を模索せずに自分に合っていない化粧をしていた場合、印象が変わらない化粧をずっと続けてしまう可能性があります。

そのため、化粧をしても変わらない原因が化粧方法という場合もあります。

姿勢が悪い

姿勢が悪く、猫背や巻き肩などになっていると、不健康や自信がない、垢抜けないなどの印象を与えてしまうことがあります。

そのため、いくら化粧をしても、姿勢が悪いことで与える印象の方が強くなってしまうことがあるので注意が必要です。

自分磨きができていない

化粧をしても変わらない原因には、化粧を変えない、姿勢が悪いなどがあります。

しかし、これらは自分磨きをしている人であれば解決される問題でしょう。

また、自分磨きとしてスキンケアをしたり、食事に気を遣ったり、運動をしたりなどすることも肌や姿勢などに良い影響を与えてくれるでしょう。

逆に、自分磨きを怠っている人は化粧をしても変わらない原因を多く抱えていく可能性があります。

そのため、自分磨きをしないことで、化粧をしても変わらない状態となってしまいます。

化粧しても変わらない人が化粧で変わるためのポイント

化粧をしても変わらない人の中には、化粧が苦手で自分に合った化粧方法がわからないという人もいるでしょう。

そのような化粧下手な人は、間違った化粧方法をしてしまっている可能性があります。

そのため、化粧しても変わらない人がやってしまいがちな化粧方法を把握しておきましょう。

ファンデーション

ベースメイクで注意しなければいけないのは、化粧で変わらないからと、印象を強めるためにファンデーションを厚塗りしてしまうことです。

ファンデーションを厚塗りすると、顔が白浮きしたりムラの原因となってしまいます。

また、ファンデーションの色が肌に合っていないと、白浮きやくすみの原因となるので注意しましょう。

ベースメイクのやり過ぎを防ぐには、カバー力の高いリキッドファンデーションがおすすめです。

下地を馴染ませたら顔の明るくしたい部分や隠したい毛穴がある部分などのカバーしたい場所にファンデーションをのせて、薄く伸ばすようにしましょう。

アイメブロウ・アイメイク

一重や奥二重の人は目をパッチリさせようとして、濃くしすぎないように注意しましょう。

特に、彫りが深くて濃い印象の顔をしている人は、目の主張が強くなりすぎないようにアイシャドウはナチュラルカラーを選ぶようにしましょう。

また、アイラインを黒で引くとキツイ印象を与えてしまう場合は、アイラインを使わずにアイシャドウで柔らかい印象に仕上げても良いでしょう。

意外と多いのは「眉毛が濃い」という悩みです。

眉毛が濃い人はまばらになっている色を整える程度に描くようにしましょう。

濃い眉毛をさらに濃くすると、眉の主張だけ非常に強くなってしまいます。

もし、眉を薄く見せたいのであれば、眉マスカラで明るい色にしましょう。

チーク・リップ

チークを入れすぎて、真っ赤になってしまうのは化粧下手の人がやってしまう定番ミスでしょう。

男性的な顔立ちをしている人はチークを頬骨の辺りではなく、小鼻の横と目の中心が交差する位置に薄く入れるようにすると、面長の印象を和らげることができます。

唇が薄い人はリップペンシルで輪郭を広げましょう。

ただし、横方向には広げず、縦方向だけに広げるようにします。

このとき、ぽってり唇にしたいからとオーバーリップしすぎないように注意しましょう。

垢抜けた人の印象を与える行動とは?

化粧をしても変わらない原因は顔の特徴だけでなく、姿勢が悪い、自分磨きができていないなどの行動が原因の場合もあります。

これらの行動ができていないと、化粧をしても垢抜けない印象の方が強くなってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、垢抜けた印象を与える行動も把握しておきましょう。

垢抜けた人の行動をして、全体の印象を変えることで、顔の印象も引き上げることができます。

気配りができる

自分のことばかり考えている人や、ネガティブな言動ばかりする人は暗い印象を与えてしまいます。

そのため、気配りやポジティブな言動を意識して過ごすようにしましょう。

さらっと他人のことを気遣った言葉をかけたり、優しく接したり、褒め言葉を使うようにしたりなどすることで、その心遣いから垢抜けた印象を与えることができるでしょう。

TPOをわきまえた振る舞い

服装や身だしなみを整えることは自分磨きでもあり、周囲への気遣いでもあります。

また、その場その場に合わせた立ち振る舞いができることで、常識がある人という印象を与えることができ、垢抜けた印象を与えることもできるでしょう。

自分磨きの努力を続ける

今は垢抜けた印象を与えることができていたとしても、不健康な生活をしたり、ずっと同じ化粧方法を続けたりなどしていると、徐々に垢抜けた印象を与えられなくなってしまうことがあります。

そのため、自分磨きは継続していかなければなりません。

油断して垢抜けない自分に戻ってしまわないように注意しましょう。

化粧しても変わらない人の特徴は顔や化粧だけではない

化粧をしてもなぜか印象が変わらないという人は顔に特徴があったり、化粧方法を間違っていたりなどすることがあります。

しかし、自分磨きをしないことが化粧をしても変わらない原因となっている場合もあります。

そのため、普段の行動や習慣、姿勢などの顔以外の原因にも注意して、改善を試みてみましょう。