スタバでベンティ頼む人の割合は何%?他のサイズとの量や値段の違いとは?

未分類

スタバのベンティはかなり大きいので、「ベンティを頼む人はいるの?」と思う人もいるでしょう。

しかし、ベンティを頼む人はいます。

なぜ、スタバでそれほど大きなサイズを頼む人がいるのでしょうか?

他のサイズとの比較や注文時の注意点などと一緒に、その理由をご紹介します。

スタバでベンディーを頼む人の割合は?

スターバックスのベンティーを頼む割合はズバリ何%なのかを徹底調査しました。

その結果、スターバックスでベンティーを頼む人の割合は明確には分かりませんでした。

しかし、スターバックスの店員をしていたという人の証言では、体感値的にはトール>>>>ショート>>グランデ>ベンティー」の順番で注文が入ることが多いようです。(Yahoo!知恵袋より)

感覚的にはベンティーを頼む人は一定数はいるということですね。

スタバでベンティを頼む理由

ベンティはスタバで一番大きいサイズであり、その量はかなり多いです。

しかし、そのベンティを女性が買うこともあります。

なぜそれほど大きなサイズのドリンクを注文するのでしょうか?

多くの量を飲みたい

ベンティはサイズが大きいので、単純に多くの量が飲みたいという理由で買う人は多いでしょう。

また、1度に飲みきるのではなく、何度かに分けて飲みきるという人もいます。

そのため、アイスであれば氷を抜いて冷蔵庫に入れておいたり、ホットであれば温め直して飲むこともあります。

時間が経つと淹れたてよりも味は落ちてしまいますが、それでもスタバ安定の味であり、再びスタバまで買いに行く手間も省けるので、まとめ買いの感覚でベンティを頼む人もいるでしょう。

量は多い方がお得

たいていの物は大容量で買うと値段がお得になります。

スタバでも量の少ないショートで頼むよりも、多くの量が入ったベンティを頼んだ方が値段としてはお得です。

そのため、お得感を重視してベンティを頼む人もいます。

スタバのドリンクサイズはベンティがお得?

お得という理由でベンティを頼む人もいます。

しかし、本当にスタバではベンティで頼む方が値段がお得なのでしょうか?

また、他のサイズと比べるとどのくらいお得になるのでしょうか?

定番メニューの1つであるドリップコーヒーを参考に確認してみましょう。

ショート

ショートはスタバのドリンクで1番小さなサイズで、その容量は約240mlです。

ドリップコーヒーのショートは350円なので、10mlで14,5円ほどになります。

缶コーヒーのロング缶くらいの量なので、すぐに飲みきるという場合に向いているサイズでしょう。

トール

トールはスタバで一番頼む人が多いサイズで、その容量は約350mlです。

ドリップコーヒーのトールは390円なので、10mlで11,1円ほどになり、ショート比べると少しお得になります。

350mlは小さいペットボトルと同じくらいの量なので、ゆっくり飲みきる場合に向いているサイズでしょう。

グランデ

グランデになるとサイズは大きくなり、その容量は約470mlになります。

ドリップコーヒーのグランデは435円なので、10mlで9.2円ほどであり、ショート比べると5円以上もお得になります。

サイズが大きいので、女性の中には1度で飲みきることが難しいと感じる人もいるでしょう。

そのため、仕事や勉強などのお供として、時間をかけてゆっくり飲む場合に向いているサイズです。

ベンティ

ベンティは1番大きなサイズであり、その容量は約590mlになります。

ドリップコーヒーのベンティは480円なので、10mlで8.1円ほどです。

ショート比べると6円以上もお得であり、どのサイズで頼むよりもベンティで頼んだ方が値段はお得です。

ただし、590mlはペットボトルよりも量が多いので、男性であれば飲みきる人もいるでしょうか、女性では飲みきることはなかなか難しいでしょう。

そのため、ベンティを頼む女性には、1度でドリンクを飲みきらず、はじめからまとめ買いのような感覚でお得に買うこともあります。

スタバのドリンクは小さくなった?

2012年の12月にスタバのドリンクが少なくなったと話題になったことがありました。

これはカップのサイズが小さくなったわけではなく、ドリップコーヒーやカプチーノなどの一部の商品について、ドリンクの量を減らしたというものです。

スタバがドリンクの量を減らした理由は、カップいっぱいにドリンクを注ぐと、こぼれて火傷する危険性があったり、ミルクなどを入れることができなかったりするためでした。

ただし、注文時に「多め」と伝えることで、以前の量でドリンクを入れてもらえるという配慮はされています。

しかし、ドリンクの量が減ってたことをスタバがなぜか発表していなかったため、ネットでは「値段は変わっていないのに量が明らかに減っている」「こぼれるならカップを大きくすればいい」などとプチ炎上しました。

スタバでめんどくさい客と思われる注文方法とは?

スタバはドリンクのサイズがSMLではなく、ショートやトール、グランデであったり、カスタマイズが豊富で注文が呪文のようになったりなど、少しルールが特殊なため、慣れない人は注文に手間取ってしまうこともあります。

また、スタバ慣れしている人も、逆に慣れていることで気がつかないうちに店員さんに迷惑をかけてしまうことをしている場合もあります。

スタバの店員さんたちはいつも丁寧な接客をしてくれますが、店員さんたちも人なので、状況によっては「めんどくさいなぁ」と思われてしまうこともあるでしょう。

店員さんはめんどくさいと思っても、表情に出したり、客を注意をしたりなどはできません。

そのため、いつも行くスタバであるからこそ、どのような注文をすると店員さんにめんどくさい思いをさせてしまうのか知っておくようにしましょう。

注文形式を把握していない

スタバではサイズがショート・トール・グランデとなっていたり、メニューの数が多かったり、カスタマイズまで可能となっています。

これらのルールを知らずに、「これはどんな飲み物?」「ドリンクはどこで受け取るの?」「砂糖はどこ?」などと細かいことをいちいち聞いていては注文に時間がかかってしまいます。

1人の注文に時間がかかってしまうと、店員さんの手が塞がってしまったり後ろに行列ができてしまったりなどの原因となってしまいます。

わからないことを聞くことは大切ですが、あらかじめメニューを決めておく、ある程度のルールくらいは調べておくなどしておきましょう。

よく知らずにカスタマイズ

スタバではカスタマイズが醍醐味の1つではあります。

しかし、カスタマイズで悩んで時間をかけ、店員さんや他の客に迷惑をかけてはいけません。

また、ネットで見たカスタマイズを頼むには良いですが、注文をする場面になってからそのページを探し始めるようなことはやめましょう。

スタバではスムーズに注文しないと周囲からめんどくさい客と思われてしまう可能性があります。

そのため、頼みたいカスタマイズを調べていた場合は、あらかじめそのページを開いたり、メモ代わりにスクショを撮っておくなどしておきましょう。

マグの意味を知らない

スタバでは注文時に「マグでよろしいでしょうか?」と聞かれることがあります。

これは店内と持ち帰りのどちらであるかの質問です。

そのため、マグの意味を知らないまま「はい」と答えたり、店員さんの言葉をよく聞かずに適当に「はい」と答えてしまうと、持ち帰りたかったのに店内用のマグカップでドリンクが渡されてしまいます。

「マグでよろしいでしょうか?」と、ちゃんと確認したにもかかわらず、マグで出てきたドリンクを見て「持ち帰りたいのですが」などと言われれば、誰でも「めんどくさいなぁ」と思ってしまうことでしょう。

受け取り間違い

スタバでよくあるトラブルが、他人のドリンクを間違って持って行ってしまうことです。

店員さんがドリンクの確認をしてくれますが、その言葉をよく聞かずに持って行ってしまうことで、ドリンクの取違が起こってしまいます。

ドリンクの受け取り間違いが起こると、そのドリンクを受け取るはずであった客がいつまでも待つことになってしまいます。

また、受け取り違いがわかれば、間違って持って行かれたドリンクは作り直さないといけません。

さらに、自分が間違って持って行ったにもかかわらず「頼んだ物と違う」と言って戻って来られると、さらにドリンクの作り直しが必要になり、「めんどくさい」と思われてしまうでしょう。

会計後に追加

会計が済めばドリンクが作られ始めます。

その途中で、トッピングを急に追加したいと言うことはやめましょう。

注文する側は、「材料を1つ増やすだけ」と軽く思う人もいますが、ドリンクの作り方には手順があり、タイミングによっては作り直しとなってしまいます。

また、すでに会計が終わっているので、その追加料金の支払いの手間も増えます。

特に、注文に行列ができている場合には、たった1つのトッピングを追加するだけでも非常に場を混乱させることになるので、「めんどいくさい」と思われても仕方ないでしょう。

受け取り口で追加

ドライブスルーでも追加注文に関する注意点は同じです。

注文をした後に商品の受け取り口で追加注文をした場合に、会計の処理ドリンク作成の段取りなど、どれだけ店員さんに迷惑をかけることになるのか考えるようにしましょう。

もし、追加注文をしたいのであれば、もう1度並び直すことがマナーでもあります。

裏メニューの注文

スタバにはメニューにないドリンクを作ってもらえることもあります。

しかし、そのような裏メニューはイレギュラーな対応であり、そのドリンクの内容によっては非常に手間がかかってしまいます。

そのため、もしめんどうな裏メニューを頼む場合には、お店が忙しくないことを確認して、作れるかどうかを確認してから頼むようにしましょう。

もし、行列ができていて、お店がバタバタとしているときに、「私は裏メニューがあることを知っています」というような澄ました顔で注文すると、めんどくさいと思われてしまう可能性があるので注意しましょう。

スタバのベンティはお得なので頼む人もいる

スタバでは1番サイズの大きいベンティがお得という理由で買う人もいます。

女性の中には量が多くて飲みきれないと思う人もいますが、1度に飲みきる必要はありません。

そのため、よく行くスタバに行く人はまとめ買いの感覚でベンティで買っても良いでしょう。