ゆで卵の消費期限はどれくらい?保存方法と注意すべき食中毒とは?

未分類

卵の消費期限が切れそうになって、ゆで卵にする人もいるでしょう。

しかし、ゆで卵にすることで「このゆで卵はどれくらいもつのだろう?」と疑問に思ってしまう人もいます。

では、ゆで卵はどれくらいもつ物なのでしょうか?

また、消費期限が切れそうな卵をゆで卵にするのは本当に正しいことなのでしょうか?

ゆで卵はどれくらいもつ?

消費期限が切れそうな卵をゆで卵にして、長もちさせようとする人もいるでしょう。

では、卵をゆで卵にすれば、どれくらいもつようになるのでしょうか?

また、ゆで卵にすれば本当に長もちするのでしょうか?

賞味期限と消費期限の違い

賞味期限とは美味しさの品質が保たれる期限のことで、消費期限は安全に食べることが可能な期限のことです。

卵の場合は生でも安全に食べられる期限を賞味期限として設定されているので、賞味期限と消費期限はほぼ同じ意味と考えても良いでしょう。

加熱するのであればこれらの期限を少し超えても食べることは可能ではありますが、色やニオイなどから判断して、自己責任で食べるようにしましょう。

消費期限は条件によって変わる

卵の賞味期限の目安は、暑い夏の時期であれば生まれて16日以内、涼しい春や秋の時期では生まれてから25日以内、寒い冬場であれば生まれてから57日以内となっています。

しかし、「冬の季節でも50日ももつ卵なんて見たことがない」「卵は1週間~2週間くらいもつ物したか見たことがない」という人が多いでしょう。

これは本来の卵の賞味期限に関係なく、賞味期限の記載に関してはパック詰めから2週間にすることがあるためです。

消費期限は生卵の方が長い?

卵の卵白にはリゾチウムという殺菌作用のある成分が含まれているので、生のままでも1週間や2週間も保存しておくことができます。

しかし、そのリゾチウムは加熱してしまうと殺菌作用が失われてしまいます。

そのため、卵はゆで卵にしてしまうと、逆に傷みやすくなるので注意が必要です。

また、手で触ったり、切ったりなどすることも傷みを早める原因となるので注意しましょう。

ゆで卵の保存方法は?

ゆで卵の保存は冷蔵庫が基本です。

食べ物は基本的に空気や物に触れることで傷みやすくなるので、殻は剥かないで保存した方が長もちするでしょう。

また、「殻剥きが簡単になるから」と卵にヒビを入れたり、卵を茹でているうちに殻にヒビが入ってしまうことがあります。

このような場合は殻の割れた部分から空気が入り込んだり、物が触れたりなどするので、卵を剥いた状態と同じと思っておきましょう。

ゆで卵の消費期限

「すぐに使えるように」と、先にゆで卵にしてしまうこともあるでしょう。

では、ゆで卵は作ってからどれくらいもつのでしょうか?

また、茹で方や保存方法によって傷み方に違いは出るのでしょうか?

冷蔵庫で保存

殻を剥いておらず、固めに茹でたゆで卵は3日~4日ほどが保存期間の目安です。

もし、賞味期限まで1週間の生卵を使ったとしても、ゆで卵にすれば殺菌作用が失われるので3日~4日ほどしかもたなくなるので注意しましょう。

殻を剥いた

殻を剥いたり、殻にヒビが入ったゆで卵は、空気や物に触れて、雑菌が繁殖しやすくなってしまうので注意が必要です。

もし、殻を剥いた場合やヒビのある場合は、その日のうちに食べましょう。

特に、切った状態で保存する場合は、卵が包丁やまな板、手などに触れて雑菌が付いてしまうので、さらに早く傷むと思っておきましょう。

煮卵にした

煮卵はみりんや醤油などの調味料を加えて煮るので「ゆで卵が数日もつなら、煮卵は1週間くらいもつだろう」と思ってしまう人います。

しかし、煮卵も冷蔵保存で3日~4日ほどを目安に食べるようにしましょう。

また、賞味期限まで1週間の生卵であっても、3日~4日ほどで傷むようになることや、切った場合は傷みが早くなることもゆで卵と同様です。

半熟卵にした

半熟卵の場合は加熱時間が短めとなり、固ゆでと違って卵がしっかりと加熱されていないので、菌が繁殖しやすいです。

そのため、半熟のゆで卵や煮卵を作った場合も、その日のうちに食べましょう。

冷凍庫で保存

ゆで卵は冷凍すると白身部分の食感が非常に悪くなってしまいます。

しかし、そのまま食べるのではなく、潰して他の具材と混ぜ合わせたタマゴサラダにすれば、白身の食感はあまり気にならないでしょう。

そのため、潰すことをや他の具材と合わせることなどを前提とするのであれば冷凍保存しても良いでしょう。

また、美味しさを損ねにくくするには、解凍時に冷凍庫から冷蔵庫に移して、ゆっくりと解凍することがポイントです。

冷凍保存であれば1カ月近くは保存することが可能です。

ただし、冷蔵庫での保存でも同様ですが、保存方法や卵の状態などによっては、傷みの早さは前後します。

必ず食べる前には状態をよくチェックしてから食べるようにしましょう。

卵で注意すべき食中毒

「卵は食中毒に注意しなければならない」とよく言われます。

では、卵が原因で起こる食中毒とはどのようなものなのでしょうか?

サルモネラ菌に注意

卵で食中毒となる原因のほとんどはサルモネラ菌で、主に殻に付着しています。

しかし、サルモネラ菌は75度以上で1分以上の加熱することで死滅させることができるので、ゆで卵や卵焼きなどにして、すぐに食べる場合には食中毒になる可能性は低いとされています。

また、日本の卵は生食前提となっているので、しっかりと殺菌されていることから、賞味期限を守って適切な保存をしていれば、基本的に心配はないでしょう。

ただし、稀に殻の内部にサルモネラ菌が入り込んでいることもあるようなので、必ずしも安心というわけではありません。

卵による食中毒の症状

サルモネラ菌は体内に入ってもすぐに症状が出るわけではなく、8時間~48時間ほどの潜伏期間の後に症状が出てきます。

主な症状は嘔吐や腹痛下痢や発熱などです。

消費期限をどのくらい過ぎると危険?

ゆで卵は消費期限を少しでも過ぎれば、食べることは避けるべきでしょう。

また、固茹でと半熟、殻付きと殻なしなどいろいろな条件によって傷みの早さは前後します。

そのため、卵が傷んでいないか、色やニオイなどから判断できるようになっておくことも重要でしょう。

生卵の保存方法にも注意

生卵には殺菌作用がありますが、傷むことはあります。

そのため、生卵の適切な保存方法についても把握しておきましょう。

ドアポケットで保存しない

冷蔵庫のドアポケットは温度変化しやすい場所であり、急激な温度変化やそれによって起こる結露などが卵の傷みを早める可能性があります。

また、ドアの開け閉めによる衝撃で殻にヒビが入る可能性もあるでしょう。

そのため、卵は冷蔵庫の奥で保存するようにしましょう。

パックのまま保存

卵をパックから取り出して冷蔵庫の卵ポケットに移すと、手で触れることになり、卵の殻に手の雑菌が付いてしまいます。

冷蔵庫の中であっても、ゆっくりと菌が繁殖してしまう可能性もあるので、卵はパックから取り出さずにそのまま保存しましょう。

頭を下にする

卵を保存する際には、先端が尖っている頭の方を上にして保存する人が多いでしょう。

しかし、卵のお尻の方には気室という空気の部屋があり、そこから呼吸をしています。

そのため、お尻を下にして、卵が呼吸できない状態にしてしまうと、傷みが早くなってしまします。

少しでも長もちさせたいのであれば、卵は頭を下にして保存しましょう。

ゆで卵は早く食べよう

「加熱すればもうしばらくもつ」と思って、ゆで卵を作る人もいるでしょう。

しかし、卵は加熱することで殺菌作用を失ってしまいます。

冷蔵庫で適切に保存すれば数日はもちますが、保存の条件や卵の状態によっては早くに傷んでしまうこともあります。

そのため、ゆで卵にするのであれば、なるべく早くに食べてしまうようにしましょう。