ヒルドイドを顔に塗ると後悔する?副作用や効果を正しく知ろう!

未分類

日常でマスクが欠かせず、肌荒れなどで悩んでいる人が多くなりました。

肌荒れなどに効果があるとされている『ヒルドイド』は、ネットで話題になっています。

ネットでの情報をたよりに使ってみたものの、後悔している人が多いようです。

今回はヒルドイドについてや、後悔した理由などを紹介していきます。

他にも入手場所や、注意点も詳しくまとめました。

ヒルドイドは顔に塗って効果がある?後悔すると言われる理由は?

『ヒルドイド』は肌が綺麗になると美容目的で使用されていることが多いです。

ですが肌が綺麗になるからとヒルドイドを顔に塗り、後悔したという声が多く上がっています。

ではヒルドイドは一体どんな薬なのでしょか?

ここではヒルドイドに期待できる効果や後悔した理由を紹介していきます。

ヒルドイドとはどんな薬?

まず『ヒルドイド』は高い保湿力で肌から乾燥を守ってくれる効果が期待できる医薬品の1つです。

他にもヘパリン類似物質が配合されているため、血行促進効果も期待できるためしもやけ・ケロイドの治療にも効果的なようです。

皮膚に水分を与えたり閉じ込めたりすることで、乾燥で起こす肌トラブルを改善することができる薬となっています。

【クリーム・ローション・軟膏・フォーム】の4種類の形があり、塗る箇所や季節によって使い分けることができます。

ヒルドイドで顔に期待できる効果は?

ヒルドイドは体はもちろん、顔にも塗ることができる優れものです。

顔にも塗れますが、目・口に入ることを避けて塗らなければなりません。

他にも強い炎症を起こしたニキビ等・傷がある場合も避けた方がいいです。

火傷した直後や水ぶくれなどにも使わないでね

ですが顔に塗る時にこれらを気をつければ、4つの効果が期待できます。

肌の保湿

顔に塗ると期待できる効果1つ目は『肌の保湿』です。

ヒルドイドにはヘパリン類似物質という有効成分が配合されているため、肌の保湿効果が期待できます。

肌の角質層までしっかりと潤いを与えてくれ、6時間経ってもしっかりと潤いが持続します。

顔は乾燥は様々な肌トラブルの原因の1つであり、ヒルドイドは顔の乾燥をしっかりと守ってくれます。

顔に塗るときは量を調節しようね!

肌荒れ・ニキビの改善

顔に塗ると期待できる効果2つ目は『肌荒れ・ニキビの改善』です。

ヘパリン類似物質はニキビなどの炎症を抑える効果も期待されています。

肌荒れ・ニキビの炎症を抑えることで、顔の皮膚を正常な状態に戻そうとします。

マスク生活で肌悩みを抱えた人が増えたことによって、ヒルドイドが肌荒れにいいものとネットで話題になっていましたね!

肌のハリが出る

顔に塗ると期待できる効果3つ目は『肌のハリ』です。

ヒルドイドは肌の角質層の水分を逃さないので、肌の内側からしっかりを潤いをキープしてくれます。

紫外線や乾燥など外からの刺激から肌を守ってくれる効果も期待できるため、肌の角質層からしっかりと保湿し肌にハリが出ます。

肌のハリは幾つになっても重要なことよね!

目の下のクマ

顔に塗ると期待できる効果4つ目は『目の下のクマの改善』です。

目の下の血行が悪いと溜まった血が透けて青く見えてしまうことを、青クマと呼ばれています。

ヒルドイドは保湿効果以外にも、血流を良くする効果も期待できます。

そのため目の下の青クマをヒルドイドを使うことによって、だんだんと青クマは薄くなっていくことで治っていくようです。

後悔の理由①顔がたるむ

ヒルドイドは高い保湿力で話題ですが、一部では後悔した!という声も少なくはありません。

まずヒルドイドの後悔した理由1つ目は『顔がたるんでしまう』ことです。

ですが、ヒルドイドで顔がたるんでしまった副反応などは確認されていません。

ヒルドイドはケロイドという火傷などで過剰にコラーゲンが増えることを抑える効果が期待されます。

このことからヒルドイドを使い過ぎてしまうと、顔のコラーゲンまで抑えられてしまい、ハリがなくなってきてたるんでしまうと噂になったようです。

ヒルドイドで顔がたるむことは噂にすぎないので、あまり気にする必要はないでしょう。

後悔の理由②顔が赤くなる

ヒルドイドの後悔した理由2つ目は『顔が赤くなってしまう』ことです。

顔が赤くなってしまうのは副作用の1つであることが報告されています。

ほとんどがヘパリン類似物質で起こる『過敏症』というアレルギー反応です。

特に顔は皮膚が薄い部分があるため、体は赤くならなかった場合でも起こる可能性があります。

顔が赤くなってしまった場合はヒルドイドの使用はやめた方がいいでしょう。

後悔の理由③顔がかゆくなる

ヒルドイドの後悔した理由3つ目は『顔が痒くなる』ことです。

こちらも顔が赤くなる副反応と同じで、『過敏症』というアレルギー反応で起こします。

ヒルドイドはこれらの副反応が出やすい医薬品になっているので、用途・使用方法をしっかりと守る必要があります。

顔に痒みが出てしまった人も、ヒルドイドの使用はやめておいた方がいいでしょう。

後悔の理由④アンチエイジングに効果が出なかった

ヒルドイドの後悔した理由4つ目は『アンチエイジングの効果が出なかった』ことです。

ここでのアンチエイジングはシミと消すことを指します。

本来、ヒルドイドは顔のシミが消せるような成分は配合されていません。

なので顔のシミが消えるといった効果を期待している人はヒルドイドを使うことはやめておいた方がよいでしょう。

ただ一部からはシミが薄くなった!という声も上がっています。

これはヒルドイドで血行が良くなり、肌のターンオーバーが促進されたことでシミが薄くなったのかもしれませんね。

ヒルドイドはシミを消すものではなく、保湿するものであることは忘れないようにしましょう。

ヒルドイドはどこでもらえる?正しい入手法を知ろう!

顔にも体にも塗ることができ、肌がキレイになる効果が期待できるのであれば、使ってみたいと思うはずです。

ですが、高い保湿力をもつ『ヒルドイド』は一体どこでもらえるのでしょうか?

医薬品だからやっぱり病院かな?

ここではヒルドイドの正しい入手方法を紹介していきます。

他にもヒルドイドを使用しない方がいい人についてもまとめていきます。

ヒルドイドは病院での処方が必要な医薬品

ヒルドイドは医療用医薬品なので、病院の処方箋が必要です。

なので近所ドラッグストアや、処方箋がない人は購入することはできません。

ですが、最近は病院になかなか行くことができない人のために『オンライン診療』が導入されました。

感染症や仕事などで行けない人には嬉しいサービスですね!

薬・処方箋もしっかりと後日送られてくるので、安心して使えます。

待ち時間も心配しなくていいね!

美容目的で処方をもらうのはNG!

ヒルドイドは肌を綺麗にしたいなどの美容目的では処方箋をもらうことはできません。

最近ではスキンケアの1つとしてヒルドイドを使いたい女性が多くいることが問題になっていました。

スキンケアの一貫とした美容目的で、健康保険の3割負担を使ってヒルドイドを処方してもらう行為は『法令違法』になっています。

医薬品の処方は【病気・怪我】などであり、【予防・美容】で処方することは認められていません。

なので、美容目的でヒルドイド処方して欲しいなと思っている人はやめましょう。

ヒルドイドを使用してはいけない人もいる

ヒルドイドは赤ちゃんにも使える安全なものですが、使えない人もいます。

それは『出血性血液疾患』を患っている人は決して使うことができません。

もしくはほんの少しでの出血でも一大事にかかわってしまう人にも、使うことができません。

これらの人が使うと血流が良くなり血栓を溶かしてしまう危険性があります。

使ってて異常を感じたらすぐにやめようね!

妊婦さんへの安全性も確立されていないので、妊婦さんはヒルドイドは使わない方がよさそうですね!

 

美容目的での違法なヒルドイド使用は年間93億…

美容目的で処方されたヒルドイドは年間で約93億円と言われています。

ヒルドイドを全額負担した場合は約5000円ほどで、3割負担だと約1500円ほどで入手することができます。

その残りは国が負担していることになり、全国で総額93億円と推計されています。

国民がみんなが美容目的でもらったら、医療従事者も大変よね…

肌が綺麗になると噂のヒルドイドが1500円前後で入手できることから、皮膚科にヒルドイド目的な人で溢れかえっているようですね。

全額自費か市販薬の利用を検討しよう

ヒルドイドを美容目的で使いたい人は、全額自費・市販薬を検討してみてください。

本来、医薬品は本当に必要な人へ処方されるものなので、お金さえ出せばいいわけではありません。

ドラッグストアなどではヒルドイドの主成分であるヘパリン類似物質が配合されている商品も販売されています。

アトピーなどで日常でヒルドイドが手放せない人もいるので、美容目的の人は全額自費・市販薬を検討しましょう。

 

本当に必要な人の手に渡らないのは、本末転倒よね…

ヒルドイド使用の注意は?市販薬のおすすめも!

ヒルドイドについて紹介してきました。

どんな薬にも使用するにあたって気をつけなければならないことがあります。

ではヒルドイドの使用上の注意点はどんなことなのでしょうか?

ここでは市販で買えるヒルドイドも紹介します。

注意点①正しい手順で使用する

ヒルドイドを使うには正しい手順で使いましょう。

  1. 洗顔後、ローションを塗る
  2. ヒルドイドを大きいパールぐらいを顔全体に塗る
  3. 浸透するように優しくマッサージする
  4. 薄く伸ばす

夜はパール2個分くらい多めに塗るだけで保湿効果と血行促進が期待されます。

スキンケアでいうとオールインワンジェルに近いようです。

注意点②長期で使い続けない

ヒルドイドは長期的に使い続けることは避けましょう。

ヒルドイドで皮膚炎などを起こしてしまったこともあるため、週2〜3日ぐらいがちょうど良さそうです。

ただヒルドイドは保湿力が高いため美容目的で毎日使ってしまうと、肌本来の保湿力が低下する可能性もあります。

医薬品情報では短期間使用したデータが元になっているため、長期的使用した場合は皮膚に何らかの副作用が起こるかもしれません。

注意点③傷や炎症に使用しない

ヒルドイドは傷や炎症している箇所には使わないでください。

傷や炎症に塗ってしまうと刺激を感じてしまう可能性があります。

もし誤って塗ってしまった場合は、焦らずにキレイに拭き取れば問題ありません。

すぐに浸透しないから慌てずにね!

ヒルドイドは医薬品なのでお医者さんの処方にきちんと従って使うことが大切です。

 

自分だけで判断せずにしっかりとお医者さんに相談して使うことにしましょう!

薬局で買えるヒルドイド!効果は同じ?

最近ではヒルドイドは薬局でも購入することができます。

医薬品と市販薬は、同じ量のヘパリン類似物質が含まれているので医薬品のヒルドイドと同じ効果が期待できます。

美容目的で使ってみたい人は市販薬でも、ヒルドイドと同じ効果が期待できるのでぜひ使ってみてください!

おすすめの市販薬ヒルドイドを紹介!

ヒルドイドと同じヘパリン類似物質が配合されている市販薬を紹介していきます。

まずは『カルテHD』です。

化粧水や乳液なども販売されているため、ライン使いしたい人にオススメの市販薬になっています。

ヘパリン類似物質以外にも、肌荒れを抑える効果が期待できるグリチルリチン酸も配合されています。

次は『ピアソンHP』です。

こちらは手軽にヘパリン類似物質の効果を試したい人にオススメです。

リーズナブルな価格で購入することができ、子どもにも使うことができます。

どれもオススメですが、使っていて肌に異常を感じたらすぐに使うことはやめましょうね!

ヒルドイドの口コミは?

ここでは実際にヒルドイドを使用している人の口コミを紹介していきます。

使用してみて、保湿力は十分にあると感じました。 塗った部位は、乾燥して粉を吹いたりすることはなかったです。

引用元:クスリミル

こんな方法で…と思いましたが、そこでヒルドイドローションという保湿剤を処方され塗ってみると、高い化粧水や乳液をつけたみたいにもっちり保湿してくれる優秀な薬でした。 保湿が保たれていると、塗り薬もずっと効いてる気がしました。 乾燥からの痒みも防ぐことができ、今では肌が綺麗に戻っていっています。

引用元:クスリミル

それを使用してから私の肌は赤みも出なくトラブルはないので、 これからもしっかり使用回数と用量を守って使っていこうと思っております。

引用元:クスリミル

ヒルドイドを顔に塗ると後悔する?のまとめ

今回はヒルドイドを使用の後悔点や副作用についてまとめました。

  • ヒルドイドは医薬品で保湿力が高い
  • 顔が赤くなったり、痒くなる副作用がある
  • 普段使いとして毎日使うのはやめた方がいい
  • 医薬品も市販薬も含まれているヘパリン類似物質は同じ量

高い保湿力で肌がキレイになると聞くと、使ってみたくなってしまいますね!

美容目的でヒルドイドが気になっている人は、使用上の注意をしっかり守り市販薬で試してみるのもいいかもしれないですね!