【奇談】アナタハン島の女王事件の概要と比嘉和子のその後とは?

未分類

終戦から数年後、これから復興に向けて頑張ろうという時期に日本中を驚かせたアナタハンの女王事件が起こります。

孤島に男性32人と女性が1人の状況次々と起こる不審な殺人事件など世間の注目を集めるには十分な要素でした。

その事件の中心となる人物は唯一の女性である比嘉和子さんです。

では比嘉和子さんを中心に巻き起こったアナタハン島の女王事件とはどのようなものであったのでしょうか?

アナタハン島の女王事件の概要とは?

アナタハン島の女王事件とは終戦後に太平洋西部にあるアメリカ領にあるアナタハン島という小さな島で起こった事件です。

この事件ではその小さな島に男性32人と女性1人という状況で起こります。

事件の名前になっている女王とは事件唯一の女性である比嘉和子さんのことを指し、事件は比嘉和子さんを中心に巻き起こっていきます。

ではその島で一体どのようなことが起きたのでしょうか?

1人の女性と32人の男性の孤島での事件

事件は島に男性32人と女性1人という状況で起こります。

「女性1人ってかなり危険な状態では?」と思う人もいるでしょう。

しかし事件の内容は男性の方が次々と不審な死を遂げていくというものです。

最終的に亡くなった男性の数は12人と言われています。

比嘉和子はアナタハン島に住んでいた

事件が起こる前は比嘉和子さんとその夫である正一さん正一さんの上司である菊一郎さんの3人でアナタハン島に暮らしていました。

夫の正一さんと上司の菊一郎さんは農園経営のために単身赴任で島へ行くことになります。

比嘉和子さんも夫の単身赴任に着いて行ったことで3人での島の生活が始まります。

当時は戦時中でサイパンは激戦地となっていました。

サイパンには夫の正一さんの妹がいたそうで妹のことを心配した正一さんはサイパンへと向かいます。

しかしその後は正一さんが帰ってくることはありませんでした。

31人の男性が漂着する

事件のきっかけは正一さんが行方不明となった後に起こりました。

島の近くを航行していた3隻の日本の船がアメリカ軍の攻撃を受けます。

2隻は沈没してしまいますが乗組員の一部は船から脱出してアナタハン島に避難しました。

また残った1隻は島までたどり着くもののアメリカ軍の攻撃を受けて大破してしまいます。

無事に生き残った船の乗組員は軍人が10名と軍属船員21人の合計は31人で全て男性でした。

船を失ってしまったことで帰ることができなくなった31人の男性たちも島で生活をすることになります。

比嘉和子さんと菊一郎さんは31人の男性たちを警戒する意味で2人は夫婦であると偽ったそうです。

孤島での生活とは?

始めは漂着した男性たちは乗っていた船ごとでグループを作って生活をしていました。

また比嘉和子さんと菊一郎さんは男性たちと距離を取って生活をしていました。

しかし時間が経つにつれて警戒心はなくなっていき、共同生活を送るようになります。

島ではバナナやパパイヤなどが採れたので食料に困ることはありませんでした。

しかし衣類は調達することができないので服がボロボロになった後は木の皮や葉で局部を隠すなどしていたそうです。

また島では情報を手に入れることもできませんでした。

そのため島で生活をしているうちに終戦を迎えたのですがその情報を知らない比嘉和子さんたちはまだ戦争は続いていると思って生活を続けることになります。

終戦をしていることからアメリカ軍は比嘉和子さんたちに戦争の状況を伝えて投降するように呼びていたそうです。

しかし比嘉和子さんたちはこれらをアメリカ軍の罠と勘違いしたことで投降には応じませんでした。

原住民は島を離れていく中、比嘉和子さんたちだけが島に残ったことで島は男性32人と女性1人の状況となりました。

偽りの夫婦から本当の夫婦になる

孤島に男性32人と女性1人という状況になったことで比嘉和子さんの奪い合いや比嘉和子さんの身に危険が及ぶことが予想されました。

そのため漂流者の最年長の男性は比嘉和子さんと菊一郎さんが結婚して、他の男性に比嘉和子さんのことを諦めさせる作戦を提案します。

その作戦に乗った2人は結婚式を挙げて男性たちと離れた場所で生活を始めます。

2丁の拳銃が事態を大きく動かす

終戦から1年ほどしたときに島のジャングルで墜落機が発見され、その近くで拳銃が4丁と実弾70発が見つかります。

拳銃はどれも壊れていて使うことはできない物でしたが銃に詳しい男性がいて4丁の拳銃から使えるパーツを取り出し、2丁の使える拳銃を組み立てました。

その拳銃は1丁は自分が持ってもう1丁は仲間の1人に渡します。

島に拳銃が登場したことで島内のパワーバランスは崩壊し、拳銃を手に入れた2人は比嘉和子さんを脅すようになりました。

しかししばらくすると拳銃を持っていた2人の男性が転落によって事故死します。

その後は拳銃が人から人に渡りながら次々と男性たちが亡くなっていきます。

死因は全てが拳銃による銃殺というわけではなく、不審な病気や事故による死亡も多くありました。

そのため島には不穏な空気が流れ始めます。

比嘉和子を殺す計画が立てられた?

最初に拳銃を手に入れた2人が不審な転落死をしてから5年経ったとき、最初は32人いた男性は20人となっていました。

亡くなった男性の中には夫となった菊一郎さんも含まれていました。

これ以上の死者が出ないようにするためにはどうすれば良いのか男性たちは会議をします。

その会議で「比嘉和子さんが数々の事件を裏で糸を引く元凶」や「1人でも女性が島にいるから争いが起きる」などの結論に至ります。

この結論から比嘉和子さんの殺害計画が立てられてしまいました。

アナタハン島から脱出する

比嘉和子さんは男性たちに殺害計画を立てらてしまいます。

しかし男性の中に1人が比嘉和子さんに殺害計画が立てられたことを伝えました。

その計画を聞いた比嘉和子さんはジャングルに逃げ込んで身を隠して生活を始めます。

潜伏生活を始めて1カ月ほどした頃に島の近くを通るアメリカの船を見つけた比嘉和子さんは助けを求めて無事に保護されます。

比嘉和子さんが島から脱出したその翌年には島に残っていた男性たちも無事に保護されて島での事件は終わりを迎えます。

事件後の比嘉和子はどうなった?

保護された比嘉和子さんは無事に日本に帰ってくることができました。

では日本に戻ってきた比嘉和子さんはその後どのような暮らしをしたのでしょうか?

舞台化で流行した?

比嘉和子さんが保護されたことでアナハタン島での出来事は世間に知られることになります。

その内容に多くの人が注目を集めたことで地元では事件をモデルにした「アナハタンの女王蜂」という舞台が上演されました。

その舞台で比嘉和子さんは本人役として出演されたそうです。

その後もアナハタンブームは加速して映画化までされました。

比嘉和子の現在は?

日本に戻ってきた比嘉和子さんは故郷の沖縄に帰って料亭で働き始めます。

知名度が上がった比嘉和子さんは兄や親族などと話し合って「アナタハン」という名前のレストランを経営し始めたのでした。

その後は再婚をしてたこ焼き屋をして平穏な暮らしをしていたそうです。

しかし脳腫瘍を発症して1974年に50歳の若さで亡くなられてしまいました。

そのため現在では事件の詳細を本人に確認することは既にできません。

事件後に語られているアナハタンの真実

アナハタン島の事件の概要は何種類かあってそれぞれ内容が微妙に異なっています。

これは生き残った男性たちや比嘉和子さんの証言に異なる部分があったためのようです。

そのため事件の真実は不明な部分もあります。

ではアナハタンの真実とはどのようなものであったのでしょうか?

事実は異なる?

アナハタン島の事件では「比嘉和子さんが男性たちの不審死の糸を裏で引いていた」などと言われることもあります。

しかし比嘉和子さんは事件後にこれらの話は誇張されたものと否定をされていたようです。

比嘉和子さんが原因で亡くなった男性は2人だけでそれ以外の亡くなった男性たちは男性同士の喧嘩や事故、病気によるものだったと証言されています。

また島内では4回の結婚をしたことも語られました。

比嘉和子さんの証言を信じるのであれば事件の内容は噂されるほどのドロドロした人間関係や事件などはなかったことになります。

何かと不透明なことが多いアナハタン島の事件ですが当時アメリカ軍は島の状況をなぜかよく把握していました。

アメリカ軍は島に残っている人数が30人ほどであること菊一郎さんや比嘉和子さんの名前を把握していて、略歴なども知られていたようです。

女王の由来は?

アナタハン事件には不透明な部分も多いです。

しかしメディアで紹介されるときや舞台のタイトルなどには「女王蜂」という言葉が使われていました。

多くの注目を集めるために付けられたタイトルであったと考えられますがその「女王」のイメージが世間に強く印象付けたと考えられます。

また「女王」のイメージが強くなったことで事件の内容には誇張されたものが多くなったとも考えられるでしょう。

アナタハン島の事件は今でも注目される

アナタハン島での事件は孤島に男性32人と女性が1人という状況や男性たちが不審な死を遂げていくなどの内容で多くの人の注目を集めました。

また事件の内容には不透明な部分も多くあり、現在でも考察が続けられています。

しかし現在では事実を正確に把握することは難しいこともあり、いろいろな考察がされることで事件の内容が誇張されてしまっている部分もあります。

それは比嘉和子さんにとって心外なものである可能性もあるので注意しましょう。

比嘉和子さんも事件の被害者であることを忘れてはいけません。