イチゴ狩りで美味しいいちごをたくさん食べるコツとは?見分け方も!

豆知識

イチゴ狩りの季節がきましたね!

せっかくイチゴ狩りに行ったのに思ったより食べれない事態になってしまうと残念です。

今回はイチゴ狩りに行ったときに、美味しいいちごをたくさん食べるコツをご紹介していきます!

まずは一番重要な美味しいイチゴの4つの見分け方!

 

イチゴ狩りで「たくさん食べる」のも大切ですが、「美味しいイチゴをたくさん食べる」ことがやっぱり重要ですよね。

 

そこでまずはイチゴ狩りに行ったときに美味しいイチゴの4つの見分け方について説明していきます。

 

①大きくてヘタの根元まで真っ赤ないちごを選ぶ

いちごは大きければ大きい程、水分を多く含むのでやや薄味になっていきます。

ですが小さいいちごは酸味が強いので大き目のいちごの方が甘みが強いことを覚えておきましょう!

 

さらに、イチゴ狩りの場合はヘタの根元まで真っ赤ないちごは完熟していて甘いので大き目で真っ赤なイチゴを選ぶと甘くておいしいその日が旬ないちごを食べることができます。

 

②ヘタが緑で反っているもの

いちごを取る時に、チェックして欲しいものの1つが「ヘタ」です。

いちごが熟してくるといちごのヘタは反ってきます。

 

真っ赤ないちごで、ヘタが反り返っているのであれば熟しているいちごという合図ですよ!

 

③種がくぼんでいるように見えるもの

熟したいちごは実が膨張するように水分をたっぷり蓄えているので、だんだん種がくぼんでいるように見えていきます。

 

まだ青っぽい実は、種がしっかり見えますよね?

そうではなく、種が実に埋もれて実自体もふっくらしているようないちごがねらい目です。

 

④日陰や葉の下に隠れているもの

イチゴ狩りに行ったときは、普通に歩いていちごを狩るだけでなく少ししゃがんで下からいちごの苗を見てみましょう。

 

日陰や葉の下・裏にあるいちごは冷えていて食べやすいことが多いです。

さらに、日光に当たっていないことで味が濃い傾向にあるので日光に当たっているいちごに比べると甘みが凝縮されていることがあります。

 

たくさん食べるためのコツとは?

 

美味しいいちごの見分け方が分かったと思うので、ここからはたくさん食べるコツについてご紹介していきます。

ある意味「時間勝負」な所もあるので、いちご狩りを開始したら急いで食べて数を稼ぎましょう!

 

①ヘタの方から食べる

みなさんご存知の通り、いちごは先端(ヘタと反対側)の方から甘くなっていきます。

甘い先端を先に食べてからヘタの方を口にいれると甘さを感じることが出来ずに青臭さが目立ってしまいます。

 

いちごのおいしさを味わうためには先に味が薄くて酸味のあるヘタの方から食べるようにしましょう!

 

②練乳はいちごの味に飽きてから

 

練乳たっぷりのいちごは美味しいですよね!

ですが、練乳は牛乳に糖分を混ぜたものなので体のエネルギーに変換しやすい食材になっています。

 

糖分を体にいれて一定時間経つと、脳が満腹中枢を感じて「もう食べられない」という信号を出すのでいちご狩りをはじめた最初から練乳をつけて食べるといちごを大量に食べるのは難しくなってしまいます。

 

いちごの味に飽きてくると、「まだ食べられるけどもういいかな…」という状態にもなるのでそれを防ぐためにも「いちごの味に飽きてから練乳をつける」ということを覚えておきましょう!

 

③氷水を持参して冷やして食べる

 

自宅から水筒に氷水を持っていって、その氷水にいちごを浸してみましょう!

ほどよく冷やしていちごを食べると食べやすくなって多く食べられるようになるかもしれません。

 

いちごを氷水に付けておき、新しいいちごを取ったら新しいいちごと冷えたいちごを交換して冷えたいちごから食べていきましょう。

持ち物を持ち込めないハウスもあるのでいちご狩りハウスの店員さんに水筒の持ち込みが可能かどうかたずねてから実行してみてくださいね。

 

④締め付けない服を着ていく

意外と重要なのが「服装」です。

いちごは水分が多いので食べ進めていくとかなりお腹が膨れます。

 

そこでお腹まわりを締め付けなくて動きやすい服を着ていくことをおすすめします。

いちご狩りをする時にうごきにくい服だと次のいちごを食べるまでに数秒の差ができますし、お腹周りが圧迫されると食べ進むことができなくなってしまいます。

 

⑤空腹すぎない程度にお腹を空かせておく

いちご狩りなどの食べ放題に行くときは「出来るだけお腹を空かせていく」のが当然ですよね!

と思いきや、「朝から何も食べない!」というような空きっ腹でいくと体が栄養を欲しているのでいちごを食べると全身にエネルギーを回してすぐに満腹感を感じやすくなってしまうという話があるのです。

 

そこで、いちご狩りに行く1~2時間前くらいに小ぶりなおにぎりくらいの軽食を口にしてからいちご狩りに行ってみましょう。

いつもよりも多くいちごが食べられるかもしれません。

 

⑥同じ場所で食べないで色々な苗を回る

同じ種類のいちごでも、いちごの苗がある場所によって日の当たり方、水分の吸収具合などで味の濃さに変化があります。

 

人間の舌は飽きやすいので、その多少の変化であってもいちごの味に飽きずに食べ進めることができます。

途中で違う品種を食べられるのであれば積極的に食べていくようにしましょう。

 

美味しいいちごを大量に!いちご狩りを楽しもう♪

 

いちご狩りにいったからには、「美味しいイチゴ」を「たくさん」食べれるようにチャレンジしてみてくださいね!

 

せっかくなので準備万端で、今まで食べたいちごの最高記録を目指していくのも良いかもしれません。

透明の小袋を持って食べたいちごのヘタを入れていけば自分が何個いちごを食べたのか後から数えることができるのでぜひやってみてくださいね♪

女性は平均的に30~40個ほど食べているようですが、70個以上食べないと元が取れないなんて話もあるので元を取るように挑戦してみましょう!

 

コメント