最高の一発の視聴率は低い?最高視聴率とおすすめの話数を一緒に紹介

最高の一発

「最高の一発 」(최고의 한방)は韓国のKBS2で2017年6月2日〜2017年7月22日に放送されたタイムスリップ系のラブコメディです。

1990年代のアイドルグループJ2のユヒョンジェ(ユンシユン)がワープした先は2017年

 

笑いあり涙ありの青春エピソードと、「なぜユヒョンジェは亡くなってしまったのか?」の謎を本人が知ろうとするドラマです。

豪華キャストも見所の一つです。

 

今回は

  • 最高の一発の視聴率は?
  • 最高の一発のおすすめの話数はどれ?
  • 最高の一発の視聴率と最高視聴率のまとめ

以上を紹介していきます。

 

筆者が「最高の一発」を無料視聴した方法はコチラ

最高の一発の視聴率は?

 

韓国ドラマ「最高の一発」は2017年の6月2日の23:00~が1回目、23:45~が2回目として放送されました。

1回目と2回目を一緒にして1話とカウントすると16話のドラマ。

 

今回は回数の視聴率一覧を載せています。

 

▼【最高の一発視聴率

第1話 1回
2回
2.50%
2.90%
第2話 3回
4回
5.00%
4.10%
第3話 5回
6回
2.70%
2.60%
第4話 7回
8回
4.90%
4.70%
第5話 9回
10回
3.00%
3.20%
第6話 11回
12回
5.50%
4.90%
第7話 13回
14回
3.00%
3.40%
第8話 15回
16回
4.70%
4.10%
第9話 17回
18回
2.30%
2.80%
第10話 19回
20回
3.90%
3.90%
第11話 21回
22回
2.70%
2.70%
第12話 23回
24回
4.40%
4.90%
第13話 25回
26回
3.30%
3.50%
第14話 27回
28回
3.70%
4.10%
第15話 29回
30回
3.10%
3.00%
第16話 31回
32回
5.30%
5.40%

※視聴率調査会社ニールセンコリア調べ

 

最低視聴率は2.30%、最高視聴率は5.50%でした。

前評判は良かったのですが、なぜ視聴率が伸びなかったのでしょうか?

 

「最高の一発」の視聴率は低い?

最高の一発視聴率

  • 最高視聴率は第11回の5.50%
  • 最低視聴率は第17回の2.30%
  • 平均視聴率は3.80%

この視聴率が高いのか低いのかをみるために、同時間帯の番組と比較してみます。

 

KBS 2TVのバラエティドラマ「最高の一発』」の視聴率は第1回が2.5%、第2回が2.9%でした。

 

この時間帯の視聴率第1位はMBC放送のバラエティ番組「シングル男のハッピーライフ」で第1回が5.80%と第2回が7.00%。

 

第2位はSBS放送の「ベク・ジョンウォンの三大天王」で第1回が4.10%、第2回が3.70%です。

地上波3社の中で最も視聴率が低かったのはドラマ「最高の一発」でした。

 

筆者が「最高の一発」を無料視聴した方法はコチラ

 

最高の一発の最高視聴率の話数はどれ?

最高視聴率は第11回(6話)の5.50%です。

第11回は、ヒョンジェ(ユンシユン)がジフン(キムミンジェ)が自分の息子だという事実を知りとても大きなショックを受けた回です。

 

ヒョンジェに、「ジフンは自分の実の息子ではなくヒョンジェとホンボヒ(ユンソナ)の子供だ」と告げたグァンジェ(チャテヒョン) 。

ヒョンジェは身に覚えがなく混乱し否定しようとするのですが、グァンジェに「ボヒと付き合っていたのも記憶にないのか?」と言われます。

 

「2人は交際し、ジフンができ君は彼女の前から姿をけした。」と言われ、今回も「何もしないで静かに消えてほしい」とヒョンジェに頼むグァンジェ。

実は、グァンジェはずっとボヒのことが好きだったので、ヒョンジェがここにいると困ることになると考えたのでした。

 

ヒョンジェとジフンとウスン(イセヨン)、ヒョンジェとグァンジェとボヒの恋はいったいどうなるのでしょうか?

 

筆者が「最高の一発」を無料視聴した方法はコチラ

「最高の一発」おすすめの話数はどれ?

 

ユンシユンのインスタで見つけたJ2のパフォーマンス!

1990年代のアイドルの設定ですが、とても素敵なので紹介しますね。

 

 

同じ気持ちのファンの方もいるようです・・筆者もJ2のファンになりました。

 

 

やはりおすすめの話数は最終話ですね。

 

ウスンのもとに戻ってきたユヒョンジェ・・これまでの2人の軌跡を思い返し、ふたりの姿に胸キュンです。

最高の一発の視聴率と最高視聴率のまとめ

 

「最高の一発」で主演を務めるユンシユンは、1990年代のスターのユヒョンジェ役を演じています。

彼はDEUX(デュース)の故キム・ソンジェを思いながら役作りをしたそうです。

 

ユンシユンのコメント紹介

「故キム・ソンジェ氏をモチーフにした。彼は、当代のだて者とはレベルが異なる。着る物も洗練されていた。元々好きな歌手で、演じながらも『彼が生きていたらどうだったろうか?』と、いつも思っている」

 

この役にかけるユンシユンの思いは演技にもダンスにもあらわれていたと思います。

 

 

最初はコメディ要素もたくさんはいっていて面白かったドラマです。

しかし、ドラマ出演者ユンソナの息子の校内暴力加担事件報道があり、ユンソナ自身の降板はなかったものの出演時間が大幅に減少したとも言われています。

 

その影響かどうかはわかりませんが、徐々に視聴率があがることもなく中だるみのような結果になってしまいました。

 

視聴率がとれるドラマって、本当に何が影響しているのでしょうか?

 

最後は最高視聴率に近い5.40%を記録した「最高の一発」のドラマ。

この結果をみて、最後まで力いっぱい演技したキャストの思いが形になったのではと思います。

 

筆者が「最高の一発」を無料視聴した方法はコチラ