【怪奇】ひとりかくれんぼは危険!正しい始め方と終わり方の手順は?

未分類

ひとりかくれんぼとは、心霊や都市伝説などに関するオカルトの1です。

内容は1人でかくれんぼをするというシンプルなものですが、隠れているうちに不思議な体験をすると言われています。

また、正しい手順があり、失敗すると危険な目に遭ってしまうとも言われています。

では、そのひとりかくれんぼとはどのような手順で行い、どのような現象が起こるのでしょうか?

ひとりかくれんぼの手順とは?

ひとりかくれんぼは2007年頃にネット掲示板を通して有名になり、その手順についても書き込みがされました。

正しい手順で行わないと危険な目に遭ってしまうこともあると言われています。

そのため、まずは正しい手順とはどのようなものであるかを押さえておきましょう。

手順①:道具を準備する

ひとりかくれんぼはただ1人で隠れるだけではなく、正しい手順で行う必要があります。

その手順の中で必要となる道具がいくつかあるので事前に準備しておきましょう。

準備しておくべき物は以下の通りです。

  • ぬいぐるみ(手足のある物)
  • 米(ぬいぐるみの体に詰められる量)
  • 縫い針・赤い糸
  • 刃物(包丁やナイフなど)
  • 塩水(コップ1杯分)
  • 切った爪(自分の物)

手順②:ぬいぐるみの下準備をする

まずはぬいぐるみに下準備から始めます。

その下準備は以下の通りです。

  1. ぬいぐるみに名前をつける(あとでその名前を呼ぶことになります。)
  2. ぬいぐるみのお腹や背中を裂いて綿を取り出して米に詰め替える
  3. 爪も入れる
  4. 針と糸で裂いた部分を縫う

また、他にもいくつか準備しておくことがあります。

これらの準備ができれば、いよいよ始めることができます。

  • お風呂場に行って風呂桶に水を溜める
  • 自分が隠れる場所を決める
  • 隠れる場所に塩水を置いておく

手順③:ぬいぐるみを水に浸ける

ひとりかくれんぼを行うのは午前3時です。

時間が来るまで、まずは待ちましょう。

午前3時になれば「最初の鬼は(自分の名前)だから」とぬいぐるみに向かって3回言います。

鬼の宣言が終わったらぬいぐるみを持ってお風呂場に行き、水を溜めた風呂桶にぬいぐるみを入れましょう。

手順④:電気を消す

お風呂場を出たら家中の電気を消します。

ただし、テレビだけはつけておき、砂嵐を映しておきます。

テレビだけがついている状態にできれば、目を閉じて10秒数えましょう。

この場面は通常のかくれんぼで言うと、鬼が目を隠しているうちに他の人が隠れている状況です。

手順⑤:風呂場でぬいぐるみを見つける

10秒数え終わったら、刃物を持ってお風呂場に行きましょう。

お風呂場に着いたらぬいぐるみに向かって「(ぬいぐるみにつけた名前)見つけた」と言います。

この場面は通常のかくれんぼで言うと、隠れていた人を鬼が見つけた部分です。

また、「見つけた」と言った際にはぬいぐるみを刃物で刺します。

手順⑥:鬼を交代して隠れる

「次は(ぬいぐるみにつけた名前)が鬼だから」と言って、ぬいぐるみと鬼を交代します。

次は自分が隠れる番なので、あらかじめ決めておいた場所に隠れましょう。

いろいろな怪奇現象はその隠れている際に起こると言われています。

ひとりかくれんぼは終わり方にも手順がある?

1人で隠れている際にいろいろな怪奇現象が起れば、その場から逃げ出したくなる人もいるでしょう。

しかし、急いで隠れた場所から出て、電気をつけてはいけません。

終わり方にも正しい手順があるので、その手順も把握しておきましょう。

手順①:終了時間を確認する

ひとりかくれんぼは2時間以内に終わらないといけません。

そのため、「心霊体験や都市伝説の検証だから」と長時間隠れ続けることをしてはいけません。

ちゃんと2時間以内に終われるよう開始時間を確認したり、タイマーをセットしたりなどしておきましょう。

手順②:塩水を口に含む

隠れている場所から出る際には、準備しておいた塩水をコップ半分くらい口に含みます。

また、残ったコップ半分の塩水も持って行きます。

その後はお風呂場へ向かうのですが、途中で怪奇現象が起こって驚くようなことがあっても口に含んだ塩水を飲んだり、吹き出したりしてはいけません。

手順③:ぬいぐるみの回収

隠れていた場所から出たら、ぬいぐるみを回収するためにお風呂場へ向かいましょう。

お風呂場に着いたら、まずコップの塩水をぬいぐるみにかけて口に含んでいた塩水も吹きかけます。

手順④:勝利宣言をする

最後に「私の勝ち」と3回言って、勝利宣言をします。

これでひとりかくれんぼを終えることができます。

間違えて失敗しないように、事前に始め方から終わり方までの手順は事前に覚えておくようにしましょう。

ひとりかくれんぼをするとどうなるのか?

ひとりかくれんぼは有名です。

そのため、やってみた動画や検証動画を投稿するYoutuberや、ライブ配信をする実況者などもいます。

それらのやってみた動画やライブ配信の中には、怪奇現象のようなものが映っていたり、視聴者からは確認できないが投稿者が恐怖体験をしている様子が映されているものもあります。

ひとりかくれんぼをすると、どのようなことが起こるのかを確認するために、やってみた動画やライブ配信に映った恐怖体験にはどのようなものがあるのか確認しておきましょう。

ケース①:人の気配を感じる

ひとりかくれんぼが広まったのはネット掲示板がきっかけです。

当時はやってみた動画やライブ配信ではなく、状況を掲示板に書き込んでいく実況スタイルがよく用いられていました。

ユーザーAも検証をすると言って、掲示板を立ち上げて実況を始めました。

ユーザーAは手順通りに準備を進めましたが、押し入れに隠れる際に塩水を忘れるという失敗をしたことに気がつきます。

それから数分後、今まで聞こえていたテレビの音が急に聞こえなくなり、部屋に人の気配を感じるようになります。

しばらくすると物を叩くような音が聞こえたかと思うと「聞こえる」という声が聞こえてきたそうです。

その声が聞こえなくなると、また物を叩くような音が聞こえてきて、次は「足」という声が繰り返し聞こえるようになったそうです。

さらに、隠れている押し入れの外や内から複数の視線まで感じるようになります。

あまりの恐怖に実況者はお風呂場に向かい、ひとりかくれんぼを終わらせます。

そのお風呂場に向かう途中で、玄関に四つん這いになっている子供の姿を見たそうです。

ケース②:後を追った人形

ユーザーBも掲示板での実況を行いました。

テーブルの下に隠れたユーザーBはお風呂場からすすり泣くような声が聞いたそうです。

恐怖を感じたユーザーBは終わり方の手順を踏まずに家から逃走してしまいました。

正しい手順で終えていないので失敗したことのなります。

ユーザーBが家に戻ったのは翌日で、昨晩は留守にしていた家族もすでに帰宅をしていたそうです。

しかし、家族からはお風呂場に放置して行ってしまったぬいぐるみのことについては何も言われませんでした。

不思議に思ったユーザーBがお風呂場を確認すると、そこにぬいぐるみはありませんでした。

家族に聞くと「(お風呂場のぬいぐるみは)知らない」と言われましたが、「(そういえば)帰り道にぬいぐるみが落ちていた」とも言われたそうです。

ユーザーBが家族に言われた場所へ確認しに行くと、ひとりかくれんぼで使ったぬいぐるみが車に轢かれた状態で道に落ちていました。

ユーザーBは汚れたぬいぐるみを持ち帰って洗ったそうですが、その後に「もう何も言えない」と残して掲示板から姿を消してしまいました。

ケース③:検証中に行方不明

配信者Aは罰ゲームとしてひとりかくれんぼをして、その様子を生配信しました。

トイレに隠れた配信者Aでしたが、外の様子も確認できるように廊下や浴室、居間などにもカメラを設置してライブ映像で確認できるようにもしていました。

そのカメラにはポルターガイストで物が動いたり壁や床などから手が生える様子などが映ってしまいます。

また、トイレに隠れていた配信者は外から人の声がすることに気がつきます。

恐怖を感じながらもトイレのドアを開けたところで…。

いかにもな心霊体験の内容ですが、これは【最恐!実況生放送「ひとりかくれんぼ」】というゲームです。

映像は実写で、いろいろな展開もあり、恐いながらも面白いゲームとなっています。

ひとりかくれんぼで起こる怪現象の正体とは?

ひとりかくれんぼを行うと怪奇現象が起こると言われていて、不思議な現象のようなものが確認できるやってみた動画や検証、実況やライブ配信などもあります。

これらの現象の正体は一体何なのでしょうか?

ひとりかくれんぼは降霊術ではない?

ひとりかくれんぼは不思議な現象が起こることから、降霊術や霊を集める儀式のように思っている人もいるようです。

しかし、ひとりかくれんぼではぬいぐるみに米と自分の爪を詰めます。

米は人の肉や内臓の代わりに見立てていて、そこに自分の体の一部である爪を入れています。

このことから、ひとりかくれんぼでのぬいぐるみは自分の分身を作っていると考えることができるでしょう。

また、その分身には刃物を突き立てていることから、ひとりかくれんぼは霊を集める儀式ではなく、自分自身に呪いをかける呪術であると考えられます。

怪現象は科学的説明ができる?

ひとりかくれんぼはテレビはつけるものの、ほぼ真っ暗な状態で行われます。

隠れる場所によっては音もまったくない状態となります。

光や音などの感覚を遮断した状態で数十分もいると人は幻覚を見ることが科学の実験結果によって証明されています。

そのため、ひとりかくれんぼで起こる怪奇現象は霊が原因ではなく、感覚遮断によって起こる人の反応によるものと考えることもできるでしょう。

ただし、怪奇現象の正体が科学での説明通り、人の反応という結果であれば霊とは別の危険性が出てきます。

光や音などの感覚を遮断された人は極度の不安や恐怖によって大きなストレスを受けることになります。

そのストレスの強さは幻覚や幻聴を起こすほどのものです。

ひとりかくれんぼではそれだけ精神に大きな負荷がかかっていて、身体が危険な状態に陥っていることになります。

ひとりかくれんぼは危険なのでやめた方が良い

ひとりかくれんぼとはぬいぐるみを自分の分身と見立て、自分自身を呪う呪術です。

もし、本当に呪いがあるとすれば、自分に呪いをかけることで不幸や災いなどが身に降りかかってしまう可能性があります。

また、ひとりかくれんぼで起こる怪奇現象は科学で説明することができます。

しかし、それは霊や呪いではないから安心というものではなく、幻覚を見るほど精神に大きな負荷がかかっている危険な状態を表します。

そのため、ひとりかくれんぼは呪術であっても、科学で説明できるものであっても、危険な結果に至ることに変わりはないのでやめた方が良いでしょう。