梁瀬中の女子バスケ部員が不登校!保護者の体罰が原因?顧問の名前や顔画像は

炎上

梁瀬中学校の女子バスケ部員に対し、部員の保護者が体罰をしていたことが4月17日判明しました。

 

  • 保護者が部活の練習中に割り込んでくる行為
  • 体罰を行ったこと
  • 体罰を受けた部員が不登校になったこと

等、一連の流れを調べていきたいと思います。

 

また顧問や保護者たちの名前や画像についてもまとめていきます。

梁瀬中の女子バスケ部員に体罰が発覚

関係者や市教育委員会によると、昨年8月12日午後4時半ごろ、梁瀬中の体育館で練習していた部員たちが「集合」の掛け声で顧問やコーチの周りに集まった。そこへ突然、見学していた保護者の男性が歩み出て「もっと真剣にやれや!」と怒鳴りながら、自分の子どもを含む3年生4人を平手打ちした。

事件は2018年の8月に起こっていました。

 

練習を見ていた保護者の男性が、自分の子供を入れた4人の三年生を平手打ちで体罰をしたとのことです。

 

女子バスケ部員の一人が不登校に

これを見ていた部員の一人が翌月の9月から登校を嫌がるようになり、11月下旬から不登校になってしまったのです。

 

「見ていた部員」とあることから、叩かれた4名ではない選手が不登校になったと考えられます。

 

2019年4月に新3年生の学年になった子なのか、新2年生になった子なのかは現在不明ですが

中学にあがったばかりの13~14歳の子供にとっては恐ろしい経験だったに違いありません。

 

梁瀬中女バス顧問の反応や学校の対応は?

保護者が練習に入ってきて体罰を行っていても、顧問は止めることはありませんでした。

さらに

男性は「今からでも全中行くのはやめられる」「外で話し合ってこい」などと言い、殴られた部員らは体育館の外に退出。泣いている部員もいた。顧問とコーチは男性をとがめることなく、戻った部員たちに「もっと気を引き締めろよ」などと声を掛けたという。

出典:Yahoo!ニュース

 

このような記述があることから顧問は一切庇ったり、フォローをしてくれることはなかったと見られます。

 

後に女子バスケ部員からの訴えで学校が顧問や保護者の聞き取り調査を行ったところ

「ふがいないプレーをしていたので活を入れただけ」「体罰ではなく、叱咤激励の行為だった」

出典:Yahoo!ニュース

このような説明をしていたようです。

保護者が割り込んでくることに対し、一切の言及がないことからこれまでも何度かあったのでしょうか。

 

梁瀬中女バスの体罰に対して世間の反応とは

今回の体罰事件を受け世間の反応を見てみましょう。

 

この保護者って何様?
ただの暴行事件やないですか。何故「生徒の保護者(の中の一人)」ってだけで関係者・指導者面するんだよw それでも暴力はあかんけどな。
困った保護者(日頃から何かと口出す有名な親なんだろう)だし、部員を守れない顧問やコーチも情けない!
朝来市立梁瀬中の部活で保護者が体罰?これ顧問やコーチが勝手をさせている上に「叱咤激励」だって言っちゃうなんてズレてるな。 保護者も勘違いも甚だしいが、止められない顧問もコーチも指導能力無し。

出典:twitter

保護者に対しての辛辣なコメントはもちろん、顧問の考え方に対しても批判がありました。

 

中学生という多感な年に大人の男性から暴力を振るわれ、それを庇わず肯定するような顧問は信じられません。

 

顧問や保護者の名前や顔画像は?

現在調査中ですが、保護者のハッキリとした名前や画像は判明していません。

 

しかし顧問の名前らしきものは発見しました。

全中ではベンチにこそ入らなかったが、長年同校を外部コーチとして指導してきた岡田勉氏と松本コーチは、旧知の指導者、現在は東海学園大学の女子バスケットボール部を指導している杉浦裕司氏に相談しながら、相手を苦しめるチームディフェンスを作りあげてきた。

出典:BasketballKING

 

こちらの記事から

  • 松本隆コーチ
  • 岡田勉

という方が梁瀬中の女バスを指導していたようです。

  • 杉浦裕司氏

という方の名前もでてきましたが、今回の事件に関与しているのかは不明です。

 

梁瀬中の試合と見られる画像です。顧問・コーチらしき人物も見ることができます。

 

梁瀬中の女バスは「平成30年度全国中学校体育大会 第48回全国中学校バスケットボール大会」の準決勝にまで勝ち進んだチームで、学校もバスケに力を入れているようです。

指導に力が入りすぎてしまったのでしょうか。

今後の動向にも注目です。

コメント