ラブリースターラブリーの結末はハッピーエンド?最終回(16話)あらすじネタバレあり

ラブリースターラブリー

韓国ドラマ「ラブリースターラブリー」は同じ生年月日で同時刻に生まれた運命共同体の男女のドラマです。

ひとりが華やかな光でもうひとりは影となり、ふたりは180度違う運命を送ることになるのです。

 

ホラーありサスペンスあり・・事件や災難が押し寄せるなかフィリップとウルスンは恋に落ちますがドラマのプロデューサーのイソンジュン(イギグァン)も加わり三角関係に発展するのでした。

 

今回はラブリースターラブリーの最終回の結末がハッピーエンドなのか、最終回のあらすじネタバレを込みで結末についてご紹介していきます♪

 

ラブリースターラブリー最終回(16話)前話まであらすじ

15話あらすじ

ウルスン(ソンジヒョ)が運転するトラックが暴走してフィリップ(パクシフ)に勢いよく近づいていきます。

トラックを目撃し自分の車で体当たりして止めたのはイソンジュン(イギグァン)

 

ウルスンとソンジュンは病院へ運ばれますが軽傷ですんだのでした。

 

幽霊が見えるソンジュンは、トラックが黒い影(霊)に包まれていた話をします。

また、その黒い影はいたるところに現れていて、影の正体はフィリップの亡くなった恋人キムラヨンの霊だと教えるのでした。

 

ソンジュンがドラマの打ち上げ会場で倒れて病院へ運ばれます。

 

ウルスンはスタッフから、「ソンジュンは交通事故の後遺症で苦しんでいたがドラマの撮影が終わるまで必死で耐えていたこと」を告げられます。

 

ウルスンは自分のせいでフィリップが苦しんでいた事実を知り悩みます。

 

8年前の火事でなくなったキムオキ(母と慕う女性)の夢を見たウルスン。

彼女は自分とフィリップ(キムオキは実はフィリップの母)の両方の命を助けるために死んだことを知るのでした。

 

周りの人たちが不幸のなってほしくないウルスンはフィリップと別れることを決意します。

けがでドラマを降板したフィリップは仕事もウルスンも失うことになりました。

 

何もする気が起きないフィリップ。

ふたりの縁もこれで切れてしまうのでしょうか。

 

ある日、フィリップは元マネージャーのヨンマンを訪ねます。

 

ヨンマンから頼まれたコヒーを買いに行く途中で足を滑らせて勢いよく転んでしまったフィリップ。

そこに赤い靴を履き美しく変身したウルスンが現れたのでした。

 

ラブリースターラブリーの最終回(16話)のあらすじネタバレ

再会したウルスンとフィリップ・・。

このふたりは運命に逆らうことなく、このまま別れてしまうのでしょうか。

 

ここでは

  • 最終回16話のあらすじとネタバレ
  • 最終回16話の結末はハッピーエンド?

以上を紹介します。

 

完全ネタバレとなっているので「ネタバレは見たくない!」「自分の目で実際に見たい!」という方はブラウザバックをお願いします♪

 

ラブリースターラブリー最終回16話のあらすじとネタバレ

赤いハイヒールをはいたウルスンはソンジュンと一緒に公園に来ていました。

 

ウルスンがひとりで散歩しているときフィリップに出会います。

心配して話しかけるウルスンに対して、ヒステリックに「君と別れて全てを失ったよ。」と答えるフィリップ。

 

亡くなったアシスタントのイスジョンの法要に出席したフィリップとウルスン。

そこでふたりはまた出会うのでした。

 

会話の途中でドンチョルを目撃したふたりは彼の後を追います。

 

ふたりが着いたのは銀行でした。

 

ドンチョルから約束のお金を要求する手紙を読んだキウニョン(チェヨジン)が出てききました。

ウニョンを待っていたのはイスジョンの殺人事件を追っている刑事たち。

 

捕まったドンチョルを見たウニョンは抵抗するのをあきらめて警察に逮捕されます。

 

ウニョンが逮捕された帰り道、フィリップとウルスンの車が突然止まります。

 

「やっぱり一緒にいたら良くないことが起きるみたい・・」と話すふたりの姿がありました。

 

しばらくして、ウルスンとソンジョンは新しいドラマ制作にとりかかります。

打合せの後、エレベーターに乗ったソンジョンとウルスンの前に現れたのはフィリップ。

 

ふたりの姿を見たフィリップは自分もエレベーターに乗り込み邪魔をします。

しかしふたりは仲良くエレベーターから降りていってしまいます。

ひとり残されたフィリップ。

 

ふたりが気になるフィリップは自転車でウルスンの家へやってきました。

しかし家の前にはソンジュンの車が。

 

フィリップはふたりが一緒に家で過ごしている現実に打ちのめされながらも、ウルスンが出てこないかと門の前で待っていました。

しかし、結局ウルスンは出てこなかったのです。

 

フィリップはソンジュンの車を足でけって帰っていきました。

 

失意の中フィリップは母の墓参りへ行き「ウルスンとは終わった」と話しています。

寂しさと切なさを話せるのは母しかいないフィリップ。

 

ウルスンは24年前にリンゴの木を燃やすように言われた占い師(キムウンス)の家を訪れていました。

 

母の墓参りに来たフィリップも、34歳で死ぬと言われた占い師を訪ねウルスンと再会するのでした。

 

ふたりはフィリップの母キムオキ(チャンオクナム)が24年前に祈祷を中止していたことを知りました。

ふたりの運命を入れ替えてはいなかったキムオキ

 

「これまでの自分の人生もフィリップとの恋もすべて上手くいかないのは運命だ」と言うウルスン。

それは違うと説得できなかったフィリップは、ふたりの愛を諦めるのでした。

 

ウルスンは家の枯れかかったリンゴの木をどうにかして助けようとしています。

離れ離れになった二本のリンゴの木を一緒に植える決心をしました。

 

リンゴの木の植え替えを決意したウルスンはフィリップに電話をしますが連絡がつきません。

そんな元気のないウルスンが気になるソンジョン。

 

彼は二本のリンゴの木が移されたことをフィリップに知らせるのでした。

 

樹木園を訪れたフィリップは立て札を見つけます。

「ふたりの始まりはギクシャクしていたけれど、これからは上手くやれるのでは?」とのメッセージ。

 

ウルスンに電話をするフィリップ。

電話に出たウルスンはフィリップのすぐ後ろにいたのです。

何があってもどんな状況でも一緒にいることを誓ったふたりは笑顔で見つめあい手をにぎりあうのでした。

 

最終回16話の結末はハッピーエンド?バッドエンド?

運命共同体のフィリップとウルスン。

光と影、強運と不運・・まったく反対の運命を生きるはずのふたりは、これから起こるすべてのことをふたりで乗り越える覚悟を決めたのです。

 

別れもありましたが、最終回の結末ではハッピーエンドを迎えました

 

幸せをかみしめながらキスを交わすふたり。

 

しかし、普通のドラマの設定では太陽も祝福するかのように・・となるのですが、「ラブリースターラブリー」は違いました。

 

キスをしたとたん天は雷を光らせ大雨となりました。

雨に濡れながら笑いあうふたりの姿。

 

これから数々の困難が待ち受けていそうですが、このふたりならどんなことが起きようときっと大丈夫ですね。

 

ラブリースターラブリーの最終回16話の結末はハッピーエンド?まとめ

「ラブリースターラブリー」の最終回結末はハッピーエンドでした。

 

フィリップとウルスンがハッピーエンドを迎えることができたのはソンジュンのおかげ。

自分もウルスンを好きなのに相手の幸せを願うとは、どこまでも良い人のソンジュンです。

 

少し古めかしいドラマだった「ラブリースターラブリー」。

ホラーありサスペンスありの内容も盛りだくさんの「ラブリースターラブリー」。

 

最初はリタイヤしてしまうかも・・と思うストーリー展開でしたが、最後まで視聴することができたのはキャストの演技力でした。

 

「ラブリースターラブリー」は、ハッピーエンドで終わってヨカッターと思えるドラマです。

フィリップとウルスン、運命に負けることなくきっと幸せになってくださいね。

 

そして、パクシフをはじめ素晴らしい演技を見せてくれたキャストたちのこれからの活躍を期待しています。