ラブリースターラブリーは全何話?全話あらすじの内容と見所ポイントを一挙紹介

ラブリースターラブリー

韓国ドラマ「ラブリースターラブリー」は運命共同体の男女が34歳の誕生日を目前に再会し、反発しながらも惹かれあうホラーサスペンスラブコメディです。

ひとつの運命を分け合うふたり、光と影、幸せと不幸せ、強運と不運、プラスとマイナス・・ふたりでゼロになる運命

 

強運のトップスターユフィリップ(パクシフ)と不運の脚本家オウルスン(ソンジヒョ)が新ドラマを制作するために出会います。

しかしふたりの出会いは、お互いの運命を入れ替えることになるのです。

 

今回は

  • ラブリースターラブリーは全何話?全話の内容あらすじ
  • 全話(各話)の見所ポイント
  • まとめ

以上を紹介します。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

ラブリースターラブリーは全何話?全話の内容と見所ポイントを一挙紹介

ラブリースターラブリーは全16話のドラマです。

ここからは1話~16話までの内容と見所ポイントを紹介していきます。

 

キャスト

ユフィリップ パクシフ 韓国のトップスター
オウルスン ソンジヒョ 売れない脚本家
イソンジュン Highlight イギグァン ドラマのチーフディレクター、ウルスンの幼馴染
キウニョン チェヨジン 人気脚本家、ウルスンの元友達
シンユナ T-ARA ウンジョン 人気女優、パクシフの公開恋人
キムオクヒ チャンヨンナム 祈祷師、フィリップの実母でウルスンの母
キムラヨン ファンソニ 8年前の火事事件で亡くなったフィリップの恋人
カンテシク チャンヒョクジン フィリップの事務所の代表
キムヨンマン アンドゥホ フィリップのマネージャー
サドンチョル チスヒョン 黒いマスクの男
イスジョン キムジウン ウニョンのアシスタント
占い師 キムウンス フィリップとウルスンに関わる占い師

※詳しくは「相関図とキャストは」をご覧ください。

 

ラブリースターラブリー1話の内容と見所ポイント

ナイフ男と戦う黒いビニール覆面のフィリップとウルスン

 

内容

運命の出会いはユフィリップとオウルスンが10歳の時

裕福な家庭の娘ウルスンの祈祷を頼まれた巫女キムオクヒは、病気がちの息子フィリップとウルスンンがひとつの運命をふたりで分け合う運命共同体の相手だと知るのでした。

 

ここで登場するのが、幸せを象徴するリンゴの木で作ったネックレス

最初はウルスンが首にかけていましたが、オクヒとフィリップが帰るころにはフィリップの手にネックレスが・・ふたりの運命が入れ替わったのです。

 

24年の月日がたち、フィリップは映画界のグランプリを次から次へと受賞する強運のトップスターとなり、ウルスンは公募するシナリオは全て落選する不運の脚本家となっていました。

またウルスンはつきあっていた彼氏から「お前といると運から見放される」と振られます。

 

人気作家のキウニョンはスランプに陥っていました。

実は彼女が人気作家となったデビュー作品はウルスンのものだったのです。

 

ウニョンはもう一度ウルスンの力を横取りしようと企み、共同作家として名前を出すからと言ってウルスンから「幽霊の愛」の脚本を奪います。

 

ウニョンは「幽霊の愛」を自分だけの作品として発表し、なんと主演はフィリップ。

しかしフィリップはウニョンとの打合せの席で出演を断るのでした。

 

ホテルから出ようとしたフィリップは何者かの足音に追われ車に乗り込み逃げ出します。

そこは偶然ウニョンの家の近く。

その頃ウルスンは、「幽霊の愛」を手渡したウニョンと連絡がとれず彼女の家を訪ねていました。

 

34歳の誕生日を目前に再会したふたり。

 

ナイフで脅しながら女性(ウニョンのアシスタントのイスジョン)を連れて行こうとする男性と遭遇したウルスンは女性を助けようと男性に向かっていきます。

劣勢のウルスンを見て外へ行こうかどうしようか迷っていたフィリップ。

 

偶然、外へ出ることになったフィリップは顔をみられたくないので黒いビニール袋をかぶります

 

言葉で解決しようとするフィリップと力づくで女性を助けようとするウルスン。

ふたりがもめているとき、ナイフを持った男がフィリップに向かってきました。

 

このときウルスンが手でナイフを防いでフィリップは無傷でしたが、ウルスンの血を見て気を失うフィリップ。

ウルスンが水を持って戻ってきたとき現場には誰もいなくて、落ちていたリンゴの木で作ったネックレスをウルスンが拾います。

 

手に傷を負ったウルスンはイソンジュンに会います。

ソンジュンはウルスンに「幽霊の愛」のディレクターをすることになったことを言い、「幽霊の愛」の作家はウニョンひとりになっていることを告げます。

 

ウニョンが自分を裏切ったことを知ったウルスンは、母の墓の前でケーキにろうそくをつけ脚本家をやめると宣言しノートパソコンと脚本を泣きながら土に埋めました。

しかしその後で不思議な歌声が聞こえてきたウルスンは、書けなかった「幽霊の愛」の第2部の最終場面を書き始めました。

 

フィリップはそのころマネージャーと道に迷っていました。

フィリップは占い師から恐ろしい予言を聞いたばかり・・。

なんとフィリップはウルスンが書いていた脚本どおりに山崩れが起きて車の中に閉じ込められてしまうのでした。

 

見所

  • 幸せを象徴するアイテムはリンゴの木のネックレス。

俳優として成功したフィリップはブレスのようにリンゴの木のネックレスを手首に巻いています。

 

  • 真逆の運命を映像で語っている場面

ウルスンが彼氏に振られた後、走行しているバスが道路の水をはねてウルスンはびしょ濡れになり空き缶に滑ってころぶシーン。

そのときの場面に写っているのは、グランプリを受賞するフィリップや空き缶のパッケージがフィリップなどなど、町のあらゆるところにトップスターフィリップの姿があります。

 

  • フィリップは怖がりで弱虫?

なんと言ってもトップスターのフィリップが意外にもびびりなところが面白いのです。

 

ナイフ男と戦うシーンでは、戦っているのはウルスンでフィリップは言葉のみの抵抗。

黒いビニール覆面もおかしいですし、結局フィリップは血を見て気を失います。

 

  • 「幽霊の愛」の脚本どおりに現実が進む

ウルスンが書く脚本が現実となっていくドラマのストーリー、車に閉じ込められたフィリップは大丈夫なのでしょうか。

 

ラブリースターラブリーを今すぐ見る方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリー2話の内容と見所ポイント

 

椅子に挟まったフィリップに話しかけるウルスン

 

内容

フィリップが山崩れに巻き込まれたころ、ウルスンは急に車のナビの進路が変更されてフィリップを助けることになります。

フィリップは占い師が言ったように女性に助けられたことで驚くのでした。

 

恋人だったキムラヨンの夢を見ていたフィリップ。

彼女を追いかけて目が覚めたフィリップは自分の命があったことを喜び、助けてくれた恩人を探そうとメディアを使って呼びかけます。

ウルスンはドラマのディレクターのソンジュンにエールをもらい、自分が命の恩人であり「幽霊の愛」の脚本家だと言うことをフィリップに伝えようとします。

 

病院に入院中のフィリップは災難が続きます。

契約していた広告は打ち切られ、肌がかぶれたことで化粧品のCMまで撮影できない状況。

運が尽きてしまったのかと心配するフィリップ。

 

「幽霊の愛」の脚本を読んだフィリップはその内容が自分の過去の経験とあまりにも似ていたため気味が悪くなり出演を断ろうと決心します。

 

また、自分の代わりにナイフに刺された女性がウルスンと知ってますます警戒心を強めたフィリップ。

フィリップは第2部の山崩れが気に入らないとウルスンに告げると、ウルスンは「希望どおりに修正するので出演してほしい」と懇願しますが、フィリップはウルスンに最低の脚本家だと言って帰っていくのでした。

 

白い帽子に白いワンピースの女性が「幽霊の愛」の第2部の脚本をフィリップの家へ置いていきます。

彼は「誰がこんなものを置いていったんだ」と一度は脚本をゴミ箱に捨てたものの気になって内容を見てみるのでした。

 

ウルスンはフィリップを説得しようと脚本を持って彼の家へ行きますがベルを押すことができません。

 

彼女が帰ろうとした瞬間「入れ」という声が聞こえて門が勝手に開きます

その時フィリップは椅子の間に落ちた脚本の最後のページを拾おうとして体が椅子に挟まれ動けない状況。

 

ウルスンとフィリップの立場が逆転し、ウルスンはここぞとばかりに脚本を見せます。

その後、のこぎりで椅子の足を切ってフィリップを助けます。

 

椅子から出てきたフィリップはウルスンに「ラヨンとはどんな関係だ?ラヨンが自分を監禁し、火事を起こしたのは誰も知らないはずなのに」と言い、ラヨンが死んだという事実を伝えたのでした。

ラヨンが実在の人物と知って驚くウルスン。

 

その時テレビのニュースでウニョンが殺害されたと報道されました。

そして遺体が発見された状況がまたしてもウルスンが山崩れを変更して第2部のエンディングに書き直した内容と全く一緒だったのです。

フィリップは「お前は一体何者なんだ」と彼女自身を怖がるのでした。

 

見所

  • フィリップの危機を助けるウルスン

急にナビが別の道を指示して着いた先がフィリップの山崩れの現場。

また、フィリップの家に脚本をもっていったウルスンは、椅子に挟まって動けないフィリプを助けます。

 

このように見えざる何かの力が働いているとしか思えない不思議な現象が続きます。

 

  • 幸せのバロメーターはリンゴの木

ウルスンの家のリンゴの木は花をつけましたが、ふたりの運命を象徴しているかのようにフィリップの家のリンゴの木は次から次へと実が落ちていきます。

 

幸せアイテムのリンゴの木のネックレスと同じように、リンゴの木はふたりの運気を知らせるバロメーターになっています。

 

  • ウルスンを怖がるフィリップは気が小さい

トップスターフィリップの裏の顔(?)はとても小心者のようです。

 

ラブリースターラブリー3話の内容と見所ポイント

 

リンゴの木のネックレスで10歳の出会いを思い出すふたり

 

内容

フィリップがウルスンに「何者だ」と問いかけているときシンユナが突然現れ、驚いたふたりは唇を重ねてしまいます。

逃げるように去るウルスン。

 

ファッションショーのためにホテルへ来ていたフィリイプはウニョンを見かけて後を追います。

しかしウニョンを追いかける途中で亡くなった恋人ラヨンが現れ、靴音に追われるように部屋のドアを開けていくのですが鍵がかかっています。

 

必死のフィリップは次のドアを勢いよく開けた瞬間、外へ飛び出てしまいます。

あわてて壁ぞいのハシゴに捕まりますが、現れた男に手を踏みつけられ転落するのでした。

 

通りがかったウルスンのトラックの荷台に落ちたフィリップは助かりますが、占い師から聞いた彼の厄を払ってくれる女性がウルスンだと気づきます。

また、ウルスンが山崩れで自分を救ってくれたことを知って衝撃を受けるのでした。

 

家から出てきたウルスンと顔を合わせたフィリップはお礼も言わずに口論を続け腰を痛めてしまいます。

実はウルスンは柔道の心得があり、フィリップはウルスンに腰の治療を受けそのまま気を失います。

 

 

目が覚めたフィリイプは、ウルスンの脚本が気になりウルスンの机の上を見ると「幽霊の愛」の第3部の脚本が。

こっそり見ようとしますがウルスンに見つかってしまいます。

ふたりは脚本を奪い合いますが、ウルスンの手に血がにじんでいるのを発見したフィリップは優しく手当してあげるのでした。

 

優しさもつかの間、結局は言い合いになって別れてしまったふたり。

ウルスンと別れた後、フィリップに待っていたのは事務所の代表が占ってもらった結果でした。

 

ウルスンと結婚しなければ厄から逃れられないと知ったフィリップ。

そこで、結婚はできないがウルスンにそばにいてもらうためにウルスンのハートをつかむための作戦を開始したのでした。

 

電話で口説こうとしても無理だとわかったフィリップは、ウルスンに電話をして「助けて」と言いピアノの前でウルスンを待ちます。

 

ウルスンが到着すると、ピアノを弾きコーヒーを淹れて甘い言葉をささやくイケメン男子を演じ、さらには懇願と哀願の切ない設定も取り入れて360度万全の状態でウルスンを誘惑したのですが、結局は空振りに終わります。

 

最期の手段、ウルスンに壁ドンをし「始まりはギクシャクしてしまったけれど、これからは上手くやっていけそうですね。」と告白まで披露します。

 

フィリップとウルスンはネックレスを奪い合ううちに10歳の自分たちを思い出し、フィリップがネックレスがウルスンのものだと気づいた瞬間、家中のガラスが割れるのでした。

 

見所

  • ウルスンが書いていない脚本

ウルスンは寝てしまったのに脚本が完成していました。

第3部の脚本には何が書かれているのでしょうか。

 

  • 厄払いの女性がウルスンと気づくフィリップ

またもやフィリップの危機を救ってくれたのはウルスンでした。

 

彼女の心を掴もうと、トップスターの名に懸けてあの手この手の甘い言葉と態度(壁ドンも披露しました)でウルスンを誘惑しようとするフィリップ(ホラーをメロに変える俳優パクシフ)の姿が必見です。

しかしウルスンは全然なびかないのです・・。

 

  • リンゴの木のネックレスで10歳の出会いを思い出すふたり

運命の再会を果たしたとたん、家じゅうのガラスが割れてしまいます。

フィリップはウルスンをかばいながら、8年前の火災の時にもウルスンがいたことを思い出します。

 

そして家の外には白い帽子に白いワンピースの女性が立っていました。

 

ラブリースターラブリーを今すぐ見る方法は別記事で紹介♡

 

ラブリースターラブリー4話の内容と見所ポイント

 

ウルスンの前髪を切ってあげる優しいフィリップ

 

内容

ソンジュンがフィリップの家の前で白いワンピースの女を見かけますが見失ってしまいます。

 

フィリップはガラスが割れるときにウルスンをかばっていましたが、その後は声をあらげウルスンに問いただします。

何も言えずに立っているウルスンをフィリップの元から連れ出したのはソンジュン。

 

その後、リンゴの木のネックレスを手にしたフィリップはウルスンを探します。

ウルスンの後を追って着いたのは墓の前、ウルスンは「この脚本の続きを書けばまた死ぬ人が出てくるかもしれない」と母の墓前で涙を流しているのです。

 

この場面を目撃したフィリップは占い師のところへ。

フィリップは自分の厄をウルスンが持っていくとどうなるのか尋ねると、「その女性が死ぬんだよ」と教えられるのでした。

 

フィリップはウルスンを訪ね、ウルスンがよく転ぶのは「髪で前が見えないからだ」と言い、ウルスンを椅子に座らせると前髪を優しく切っていくのでした。

フィリップは「幽霊の愛」のドラマに出演すると言うと、うれしそうに喜ぶウルスン。

 

脚本通りの現実が待っていることも承知のうえでフィリップは出演を承諾し、危険を避けるためにも事前に内容を教えてほしいと告げるのでした。

 

フィリップは自分の家で執筆作業をすることをウルスンと約束しましたが、ソンジュンの妨害でできなくなり、今度は自分がウルスンの家を買って彼女の部屋の上の階へ引っ越してきたのでした。

 

フィリップは3階をリフォームしようとしますが、建物が古くて自分の部屋の床が抜けて2階の天井に挟まれてしまうことに。

 

ソンジュンに助けを求めますが、結局は天井が抜けてウルスンの部屋のベッドの上に落下するのでした。

その後のフィリップは3階にテントを張り生活を始めます。

 

フィリップとウルスンは穴を通して会話をし、お互いの心の距離を縮めていくのでした。

フィリップがなぜ俳優になったのかというと、いなくなった母にテレビを通して自分の姿を見せつけるためということがわかり少年時代の辛い過去を知ることになるのです。

 

4話のエンディングではドラマの記者会見が開かれている場面です。

ここでフィリップは記者の前で結婚を発表する予定です。

 

見所

  • フィリップとソンジュンは恋のライバル

フィリップの家へ行って執筆作業をするのを妨害するためにとったソンジュンの行動は、家を買い取ること

さすが財閥のお坊ちゃま、財力ありすぎです。

 

しかしフィリップも負けていません。

ウルスンの家の所有者として現れ、リフォームしようとして穴が開きウルスンの部屋へ落ちてしまうのです。

このときのフィリップのジタバタ感が可愛くて、コメディもOKなパクシフだと思いました。

 

  • 2階と3階をつなぐ穴は心を開く窓

フィリップが開けた穴は意外な効果をもたらしました。

フィリップとウルスンの心を開く穴であり、心をつなぐ穴になりました。

 

  • パクシフの演技力とコメディ力

カッコよさに加えて、ウルスンの心の変化に気づく繊細さ、ソンジュンに対しての子供っぽいライバル心などパクシフの演技力やコメディ力が満載です。

 

視聴者からはフィリップに対して「テント男」「ロマンチストなビビリ男」と呼ばれて親しまれています。

ふたりが心を開いていく場面では、フィリップとウルスンの心のなかを視聴者も知ることができました。

 

ラブリースターラブリー5話の内容と見所ポイント

 

フィリップを救うためキスをするウルスン

 

内容

ドラマの記者会見の場でユナと結婚発表する予定だったフィリップですが、ウルスンが突然「自分がフィリップの結婚相手だ」と言って飛び出し驚いているフィリップにキスをしたのです。

ウルスンはフィリップがユナと結婚を発表してキスをするときに銃を持った男に射殺される映像を見ていました。

 

記者会見の場で怪しい男を見つけたウルスンは、フィリップの危険を回避するために自らが結婚相手となったのでした。

怪しい男はウルスンを見ると、そのまま立ち去っていきました。

 

ウルスンはいっきょに話題の人となり世間の人が注目するようになります。

フィリップはウルスンに理由を聞いても納得がいかず、フィリップが好きで結婚発表を期待していたユナはその場をつぶしたウルスンをフィリップから遠ざけようと考えます。

 

ウルスンと一緒に車にのっているときにユナから電話がかかり、8年前の火災事件があったとき隣の部屋に住んでいた女性がウルスンだと知ったフィリップ。

ウルスンは車で拾ったリンゴの木のネックレスを手にしたまま、事実に驚いたフィリップに車から降りるように言われます。

 

リンゴの木のネックレスを手にしたウルスンはお金を拾ったりお米をもらったりと幸運が続きます。

片方が幸せならばもうひとりは不幸になる運命

フィリプはタイヤが突然パンクしたり黒いマスクの男から銃弾を受けるのでした。

 

フィリップはカン社長とマネージャーのヨンマンと共に自分が落下したホテルへ。

ウルスンもまたそのホテルへ訪れていました。

 

あの日の防犯カメラを見ていたフィリップとウルスンは、白いワンピースの女性・・フィリップの亡くなった恋人ラヨンが映像に写っているのを見つけます。

 

またしてもフィリップの危険を夢で見たウルスン。

ウルスンはどうにかしてフィリップの危険を避けようと考え、「幽霊の愛」の脚本に新たな人物「コン」を登場させます。

ウルスンはスジョンの殺人事件の参考人として刑事に連れていかれます。

 

幽霊が見えるソンジュンはフィリップやウルスンの近くに現れる霊を調べようとウルスンの家を訪れます。

ソンジュンの前に現れたのは幽霊のオクヒ。

 

彼女は何のためにフィリップやウルスンの近くにいるのでしょうか。

 

見所

  • サスペンス(黒いマスクの男)

なぜフィリップの命を狙っているのでしょうか。

 

  • ホラー(キムラヨンとキムオクヒの幽霊)

フィリップの恋人のキムラヨンとウルスンの母キムオクヒの幽霊の存在があきらかになりました。

フィリップとウルスンに訪れる危険はふたりの仕業なのでしょうか。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリー6話の内容と見所ポイント

 

ウルスン救出隊のフィリップが警察署へ

 

内容

警察に連れて行かれたウルスンを助けるために警察署へ行ったフィリップ。

ウルスンは参考人として警察へ連れて行かれるというのに、浴室やリビングルームが危険だから家へ行くなとフィリップの心配ばかりしているのです。

 

フィリップは弁護士を連れて警察へ行き、言ったセリフが「遅れてごめんなさい」。

ウスルンはその俳優らしからぬ変なセリフで困ってしまいます。

 

フィリップはウルスンを助けるために、黒いビニール袋をかぶってナイフを持った男の事件を説明。

さらにウルスンを引き留めようとする刑事へ対して、「任意同行なのでは?」と厳しく言いウルスンが警察から帰れるようにしたのです。

 

フィリップは自分が所属していたアイドルグループ「ジャンプファイブ」のメンバーのギスン(イギュボク)を訪ねました。

ウルスンが現れると「自分には友達がいない」と言っていたウルスンに「僕の友達だ」と紹介するのです。

 

ウルスンがドラマに関わると危険が及ぶと心配して、ウルスンを作品から降板させたのはソンジュン。

涙ながらに去るウルスン心配したフィリップはウルスンを尋ね、こっそり持っていた幸運のネックレスをテーブルに置いて出ていくのでした。

 

お風呂に入っていたウルスンは気づきます、フィリップの命が危ない場所は撮影現場。

ウルスンはフィリップに知らせようとしますが、フィリップはかえってウルスンを心配し「自分は大丈夫だから」と言うのでした。

 

撮影現場に到着したフィリップは、昔のメンバーのチュンリョル(チョンスンウォン)に会います。

 

彼からメンバーが4人だった時のチームの名前が「コンゴンカムリ」だと聞いたフィリップ。

探していた友達のコンがメンバーのひとりドンチョルだとわかります。

 

フィリップは危険だから近づかないでと言われていたのは撮影現場だとわかった瞬間、ドンチョルが現れました。

銃声が鳴り響き、病院に運ばれるフィリップ。

 

ウルスンが心配していた最悪の事態が起こってしまったのです。

 

見所

  • プライドより愛を選んだフィリイプ

警察へ連行されるウルスンがフィリップの心配ばかりしていた姿を見て、フィリップが彼女のために立ち上がります。

 

くさいセリフにウルスンのためにプライドを捨て黒いビニール袋をかぶるフィリップ。

かっこ悪い姿でもウルスンを守ろうとするフィリップに心打たれる場面です。

 

  • ペンキまみれのウルスン

ドラマを降板させられ現場から去るとき、赤いペンキを頭からかぶってしまうウルスン。

 

ウルスンを演じたソンジヒョの体当たりの演技に感動させられた場面です。

 

  • 近づくフィリップとウルスンの心

フィリップの命の危険を察したウルスンがフィリップを心配しますが、フィリップは彼女を気遣って「大丈夫だよ」と言うのです。

 

お互いを心配する姿を見て、ふたりの心が近づいたことを視聴者は知り胸キュンする場面です。

 

ラブリースターラブリー7話の内容と見所ポイント

 

ドンチョルに銃で狙われるフィリップ

 

内容

元メンバーのドンチョルに銃で撃たれたフィリップは意識不明の状態です。

 

ウルスンはフィリップを見つめ、フィリップが不幸になれば自分が幸せになることがわかっている彼女は、たぶん当選している宝くじを飲み込んで幸運を捨てました。

フィリップは奇跡的に回復し、ふたりは相手を思う愛を育てていきます。

 

ウルスンは自分だけ聞こえる「永遠の友達」と言う歌がドンチョルの居場所を教えてくれることに気づきます。

歌を頼りにドンチョルの居場所を見つけたウルスン

 

しかしウルスンはドンチョルに見つかり取っ組み合いが始まります。

 

ウルスンが劣勢になったころ、フィリップはドンチョルとの過去を思い出して彼の家を訪れウルスンを助けます。

ソンジュンがドンチョルの隠れ家を警察に知らせますが彼はすでに姿を消していました。

 

結婚発表を邪魔されたユナは、フィリップとは公開カップルとして世間に公表していましたが、実はフィリップの恋人ではなかったユナ。

しかしユナは心からフィリップを愛していて、フィリップの心がウルスンに向いていることがわかった彼女は嫉妬の心から奇妙な行動をとり始めます。

 

見所

  • 黒いマスクの男は昔の仲間だった

一緒に活動していたグループのメンバーのドンチョルがフィリップの命を狙っていました。

 

フィリップとドンチョルの悪縁の始まりは8年前、いったい何があったのでしょうか。

 

  • 作家ウニョンは被害者ではなかった?

ドラマの記者会見の日にフィリップを襲ったドンチョルと一緒にウニョンがいた事実がわかりました。

ドンチョルに監禁されていたはずのウニョン、実はドンチョルの仲間なのでしょうか。

 

  • フィリップとウルスンがキス?

放送が終わりに近づいたころ、ふたりの唇がもう少しでふれそうな映像が流れました。

フィリップとウルスン、やっとふたりが結ばれるのかしらとドキドキします。

 

ラブリースターラブリー8話の内容と見所ポイント

 

脚本執筆で疲れて休むフィリップとウルスン

 

内容

フィリップは「リンゴの木のネックレスを返すのが遅くなって申し訳ない」とウルスンに謝り、ネックレスをもらった男の子は自分だと告白しました。

ウルスンは「もうわかっていたからいいのよ」と答え、幸せに生きてくれて本当に良かったといったのです。

 

ウルスンが幸せになるために運命共同体の自分が近くにいてはいけないと考えるフィリップ。

 

撮影現場で会ったソンジュンにフィリップはウルスンがドラマに復帰できるようにお願いします。

そして心配するソンジュンに「自分はウルスンの近くにはいかないから」と決心を口にしました。

 

フィリップが決心したころ、ウルスンは脚本を執筆するためにフィリップの家へ来ていました。

フィリップは彼女を帰そうとするのですが、ウルスンは「脚本が事実になるのだからそばで執筆する約束をしましたよね」と帰りません。

 

執筆しようとするけれど何も浮かばないウルスンは気分転換のために手動タイプライターで作業をすることに。

しかしウルスンはタイプライターを使えないのでフィリップが彼女の言葉をタイピングすることになります。

 

「何でもできるんですね」と感心するウルスン。

そのうちにウルスンは眠ってしまい、フィリップはその姿を見て「離れていてもそばにいても君のことがとても気になるんだ」とつぶやいていました。

 

ドンチョルの電話を受けて捜しにいったが見つけることができなかったフィリップ。

フィリップは「ドンチョルが辛い思いをしていたのは自分のせいだったなんて。僕は周りの人を不幸にするのか・・」と悩み苦しんでいました。

 

フィリップはウルスンに「僕のそばにいると不幸になるから離れて」と悲しそうに話します。

ウルスンは「なぜ離れなければならないの。」と尋ねるとフィリップは「ネックレスを持っているのは君だから僕は不幸になるはず。僕のそばにいたら君が代わりに不幸になる」と説明します。

 

ウルスンはリンゴの木のネックレスを首からはずし「これがあるから」とフィリップに言います。

フィリップは「僕はいらない。君がもっていて」と断るとリンゴの木のネックレスを海へ投げたウルスン

呆然と見つめるフィリップの姿がありました。

 

見所

  • フィリップとウルスンの胸キュン場面

手動のタイプライターを打つ場面ではウルスンを気遣う優しい男性のフィリップでした。

ウルスンの髪を優しく束ねてくれる仕草も、眠ったウルスンに告白する言葉もすべて女性にとっては憧れの胸キュン場面です。

 

  • 嫉妬に狂うユナと謎多きウニョン

8年前の火災事件、ウニョンとユナはお互いに秘密を隠しています。

またドンチョルとウニョンも悪いことを企んで手を組んでいるようです。

 

  • 幸せアイテムのネックレスを捨てたウルスン

ネックレスを捨てたウルスンの勇気に感動しましたが、これからのふたりは大丈夫なのでしょうか。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリー9話の内容と見所ポイント

 

涙するウルスンをなぐさめるフィリップ

 

内容

ふたりが一緒にいるためにネックレスを海に捨てたウルスンに対してフィリップは、その行動に驚くのでした。

 

ネックレスに力があるなんて信じないと言い、自分を守ってくれたフィリップにお礼を言うのでした。

しかし後から災難が続いたウルスンは後悔することになるのですが

 

誰が打っているのかわからないタイプライターの音で、フィリップとウルスンはその正体を暴こうと部屋を開けます。

フィリップとウルスンが捕まえた白いワンピースの女性は全く知らない女性で、誰かに頼まれたと話をします。

 

約束していたウルスンが現れずにイライラするフィリップ。

ウルスンはフィリップから言われた言葉でヘアスタイルを変えたのでした。

可愛く変身したウルスンを見て、フィリップの喜びモードが全開します。

 

ウルスンを椅子に座らせて、パフォーマンスも織り交ぜて料理をするフィリップ

その姿にときめくウルスン。

ふたりの甘い時間が過ぎていきます。

 

フィリップの優しさでウルスンは8年前の火災事件で亡くなった母の話をするのでした。

父を亡くしてひとりになってしまったウルスンに対して本当の娘のように接してくれた母。

 

火災で母を亡くし、ウルスン自身も3ケ月間昏睡状態・・そして目が覚めたときは全て失っていたと語ります。

泣きながら話すウルスンを優しく見つめてキスをするフィリップ

 

見所

  • ウルスンに恋するフィリプの姿が可愛くて胸キュン

ウルスンに料理をふるまうプロ並みのフィリップ

 

ふたりの時間を過ごすためにマネージャーのヨイマンは家の外のテントの中。

何だかヨイマンがかわいそうだけどおかしい場面です。

 

  • 白いワンピースの女の正体がついに明らかに

幽霊のふりをしていた女性は誰に頼まれたのでしょうか。

 

この女性はホテルには行っていないとのこと。

ホテルの白いワンピースの女性はやはり幽霊なのでしょか。

 

ラブリースターラブリー10話の内容と見所ポイント

 

ウルスンにネックレスをプレゼントするフィリップ

 

内容

フィリップとウルスンの甘い時間がはじまったのと同じ時期に、ホラー現象も頻繁におこりはじめました。

 

鏡が割れ幽霊のラヨンが現れ、その後フィリップの家ではタイプライターの音が聞こえはじめます。

フィリップとウルスンが部屋にいってみるとそこには誰もいなくて、「私が戻ってきた」という文字を打った紙が落ちていました。

 

8年前の火災事件でユナと偽の恋人同士を演じてきたフィリップでしたが、ユナに偽物の恋に終わりを告げようと切り出します。

 

ユナは突然8年前の火災でフィリップを助けた時にできた肩の傷を見せ、「別れたくない、約束したでしょう」と気持ちを伝えますが、フィリップは別れると発表するからと部屋を出ていくのでした。

 

一方、ウニョンと共同作家として脚本の執筆にあたることになったウルスン。

 

ウニョンはウルスンより良いものを書きたいと焦るばかりで全くアイディアが浮かばないのです。

そんなとき、幽霊のラヨンが現れて「私が助けてあげようか」と言うのでした。

 

ドラマ「幽霊の愛」の初めての放送を一緒に見るフィリップとウルスン。

 

ウルスンは本当に幸せそうで、そんなウルスンの嬉しそうにはしゃぐ姿を見てフィリップは幸せな気持ちになるのでした。

そしてフィリップはウルスンにネックレスをプレゼントします。

 

10歳のときから34歳になるまで接点がないと思われていたフィリップとウルスンですが、密接に関係していたことがわかりはじめました。

お互いのバラバラの記憶が重なることで隠されていた過去がわかっていくのでした。

 

フォリップとは24年前の祈祷の儀式から8年ごとに会っていたことに気づいたウルスン。

フィリップはふたりの共通の思い出から、幼いフィリップを置いて出ていったオクヒがウルスンの面倒を見ていた母という事実を知り驚きとともに困惑してしまいます。

 

ウルスンの話を聞いたフィリップは確認するためにソンジュンを尋ねます。

ソンジュンが見た幽霊は母オクヒだと知ります。

 

フィリップはウルスンがそうであったように、いたるところに傷を負うようになりました。

幽霊オクヒは「全部相手に返す必要がある」と言い、運命が入れ替わる暗示を示したのです。

 

見所

  • キスを求めるフィリップの姿が可愛い

ウルスンに近づいてキスを求めるフィリップの姿が子供っぽくてかわいいのです。

萌え感抜群のパクシフの演技は見る価値ありです。

 

  • 枯れ始めたリンゴの木

ウルスンの家のリンゴの木には花が咲いていたはずなのに、いつの間にか枯れ始めていました

ウルスンの身によくないことが起きる前兆なのでしょうか。

 

ラブリースターラブリー11話の内容と見所ポイント

 

ウルスンを守ろうとするフィリップとソンジュン

 

内容

ソンジュンもまた8年ごとにウルスンと出会っていたと告白するのでした。

 

ソンジュンのウルスンへの思いは「過去に束縛されることなく、前を向いて生きてほしい」こと。

「ありがとう」ウルスンはソンジュンの優しさに感謝します。

 

ウニョンの指輪と身分証明書が、殺されたアシスタントのスジョンのそばに落ちていました。

殺人事件を追っている刑事たちは事件にウニョンが関与していたのではと疑いはじめます。

 

撮影現場でフィリップの横にいる幽霊のラヨンを見たソンジュン。

「私、戻ってきたのよ」とフィリップの頬を撫でようとしているとき、フィリップはウルスンを見つけて手を振ったのです。

 

フィリップのウルスンに対する思いを知った幽霊のラヨンは、ウルスンに危害を加えようとします。

幽霊が見えるソンジュンは彼女を守ろうと腕を掴んでウルスンを助けるのでした。

 

これに対してソンジュンに「誰がいたのですか」と尋ねたフィリップ。

ソンジュンはフィリップに8年前に何があったのかと尋ね、ラヨンと母親がウルスンを危険な目にあわせているのがわからないのですかと強い態度に出たのです。

 

フィリップとウルスンは自分たちの周りでおきる出来事をお互いに心配し、ふたりきりの時間を持つのでした。

 

ウルスンの存在が目障りなユナは、ドラマの脚本家を交代してほしいと事務所の代表に頼むのですが、代表は「彼女がいるからフィリップが災難にあわないんだ。彼女は厄受けなんだよ」と言いその申し出を却下しました。

 

第12話の脚本をフィリップの部屋へ置きにきたウルスンは、ある写真を見て衝撃を受けます。

 

子供のフィリップとオクヒが一緒に写っている写真。

そこへユナが現れて「フィリップがウルスンのそばにいるのは厄受けのためだ」と告げるのでした。

 

ウルスンは18歳のころ、不良に絡まれているフィリップを助けようとして不良に足首を金属棒で叩かれて怪我をしてしまい、柔道の道を断念した過去を思い出します。

フィリップと出会う8年ごとに不幸が訪れる事実に気づいたウルスン

 

ウルスンは不安になり、「前に言った、怖くなったら逃げろの言葉覚えていますか。私怖いから逃げますね。」とフィリップに別れを告げたのでした。

 

見所

  • ウルスンの母はフィリップを置いて去った実母だった

なぜ恋しい実母がウルスンの母親をしていたのだろうかと思うと、ウルスンを避けてしまうフィリップ。

過去が出てくるたびにフィリップとウルスンは辛い思いをするのです。

 

真実が明るみになる日がくるのでしょうか?

 

  • 運命共同体フィリップとピュアな年下男性ソンジュンの恋の三角関係

ソンジュンが恋の三角関係に本気で参戦してきました。

 

過去のパズルの答えが分かり始めると、ウルスンは怖くなり逃げ出してしまいました。

このままふたりの縁は切れてしまうのでしょうか。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリー12話の内容と見所ポイント

 

別れても心に嘘をつけずキスをするふたり

 

内容

フィリップと別れた後、ウルスンはソンジュンに会います。

ソンジュンに「あの人の命を守りたいから、私はそばにいてはいけないの」と心を打ち明け嗚咽するのでした。

 

自分の家に住んでいるウルスンのため急いでそこから引っ越すフィリップ。

ソンジュンがウルスンとつきあっていると聞いてもソンジュンなら仕方ないと言うのでした。

 

でも心の中ではウルスンを思っているフィリップ

 

テントを忘れたフィリップは今はウルスンが住んでいる家へ行き、以前の暗証番号を押してみると扉が開き中へ入ります。

庭で眠っているウルスンを見てうれしそうに見つめるフィリップ。

 

目覚めたウルスンは実の母がフィリップからお金を借りたことを聞き、お金を返すためフォリップに会いにいきます。

お金を受け取らないフィリップと喧嘩になり、そのままエレベーターへ乗り込むふたり。

 

ふたりがエレベーターに乗るとエレベーターが突然動かなくなります。

ウルスンは「私といると災難にあうから離れて」と叫んだが、フィリップは「なぜ努力もせずに怖がるんだ」と言い返します。

 

本当は大好きなフィリップに「一緒にいよう」と言われ、ウルスンは気持ちが揺れ動きます。

それでもウルスンは断り続けようとしますが、結局心を偽ることができなくなりフィリップと熱いキスをするのでした。

エレベーターが停電して扉があいたことも気づかずに。

 

扉があいたとき偶然ソンジュンが立っていて、ふたりの姿を呆然と見つめるのでした。

 

ソンジュンはウルスンの心をフィリップへ伝えます。

「彼女はあなたと一緒にいるとあなたが命を落としてしまうかもしれないと心配しているんですよ。」

 

フィリップはウルスンのところへ行き、なぜ運命や占いを信じるのかと問いかけます。

 

「自分はここにいる。見えないものではなく見えるものを信じてほしい。僕にとっては君が、君にとっては僕がお互いの厄払いをする相手なんだ」と。

その言葉を聞いて、安心するウルスンだったのです。

 

8年前の火災事件の真犯人はユナ、彼女はラヨンも殺していたのです

 

自分の犯行を知ったウニョンのお酒に薬を入れるユナ。

ウニョンは倒れ「お酒の飲みすぎですね」とユナは去っていくのでした。

 

見所

  • 庭で寝ているウルスンを見つめるフィリップ

以前の暗証番号で門を入り、庭で寝ているウルスンを発見して微笑むフィリップ。

本当にウルスンが好きなんだなと思わせるほどの尽くし方に胸キュン。

 

そしてどんなに好きでも結ばれないと思うとフィリップが可愛そうになってしまいます。

切ない演技がうますぎるパクシフ、黙っていても目で表情で気持ちが伝わってきます

 

ラブリースターラブリー13話の内容と見所ポイント

 

火災事件の真相を知り動揺するウルスンと介抱するソンジュン

 

内容

ソンジュンはウニョンから脚本が出来たとの連絡を受けて彼女の家へ行き、同じころフィリップのマネージャーヨンマンはウニョンのマンションから出てくるユナを見かけます。

 

ソンジュンはウニョンの様子がおかしいことから病院へ彼女を運び、ウニョンは一命を取り留めるのですが自殺の可能性があると聞いたソンジュンは納得いかない様子。

 

その頃ユナは持ち帰った「幽霊の愛」の第14話の脚本を読んでいました。

 

その内容は8年前の火災事件が書いてあり真実を知られたくないユナは脚本を燃やします。

しかし燃やす脚本の炎の中にラヨンの姿を見たユナ。

激しくおびえるのでした。

 

亡くなったラヨンは何を伝えようとしているのだろうと考えたフィリップは、ラヨンの納骨堂を尋ね偶然ユナに会います。

フィリップからウルスンへの気持ちを聞いたユナ。

 

激しい嫉妬からとても恐ろしい顔をして何かを企んでいるようです。

 

34歳になったら何が起きるのか知りたいウルスンとフィリップは真実を探そうとします。

 

フィリップの心は決まっていました。

どちらか片方しか生き残ることができないのならウルスンに生きてほしいと

 

フィリップは長い間、自分を捨てた母を憎んできたことをウルスンに話します。

フィリップとウルスンは8年前の火災事件を思い出していました。

 

フィリップは火災のとき、部屋の椅子に座ったまま気を失っていました。

ただ誰かに助けられたことは覚えているフィリップ。

 

ウルスンは母オクヒに頼まれて自分がフィリップを助けたこと、建物に残っている母オクヒを助けるために再び焼ける建物の中へ入ったことを思いだしました。

 

母オクヒを助けることができなかったと自分を責めて苦しむウルスン。

ウニョンはウルスンが母を助けるため建物に入っていったことを知っていたのに誰にも言わずに黙っていたのです。

 

ウルスンは、当時ウルスンの書いた脚本欲しさからウニョンは建物にウルスンがいることを誰にも告げず、彼女が死ぬことを望んだと知るのでした。

自分を殺すためにウニョンがとった行動で、母オクヒも助けることができなかった事実にショックを受け苦しむウルスン。

 

ウルスンの耳にあの歌が聴こえ始めると普通ではない状態になる姿を見て、フィリップはウルスンが住んでいた建物を取り壊す決断をするのでした。

 

見所

  • 究極の愛

フィリップのウルスンへ対する愛はとても深いものでした。

フィリップは「自分は後悔なんて絶対にしない。ふたりのうち一人が死ぬのならばもうひとりは助かるのだから」と言いウルスンを生かそうとするのでした。

 

  • ウニョンの話で苦しむウルスン

ウルスンを殺すためにウニョンはウルスン親子が焼け落ちる建物内に残っていることを秘密にします。

 

そのために母は死に、ウルスンは三か月間昏睡状態に陥ります。

友達だったウニョンなのに・・名声が欲しいとき人は友も裏切るのでしょうか。

 

ラブリースターラブリー14話の内容と見所ポイント

 

ブレーキが利かないウルスンのトラックを止めるソンジュンの車

 

内容

この日、苦しむウルスンを見かねたフィリップは自分たちが住んでいた建物を壊そうとします。

 

しかしウルスンは彼の行動を非難します。

お母さんがいる場所なのになぜ壊すの?

この建物が壊れたほうが母は喜ぶんじゃないかと言い返すフィリップ。

 

ついにウルスンは8年前の火災事件の真実を話したのでした。

 

「お母さんがあなたを助けようと建物の中へ入り、気を失っているあなたを命がけで運んできたの。そして私に絶対にこの人を助けてと、早く逃げてと言って、また建物に戻っていったのよ。」と告白します。

 

8年前ウルスンに会いに来ていたオクヒがフィリップを助けたのでした

 

「・・自分のせいで何人もの人が怪我をし、また何人もの人が死んでいった」と苦しむフィリップ。

ウルスンはフィリップが苦しむことがわかっていたから真実を話せなかったのです。

 

「母さんが私たちのそばにいたことも助けてくれたことも、今はわからないけれど、きっと理由があると思うの。私は母さんがどんな人が知っているから。きっと私たちのことを考えてくれたのだと思う。」と打ち明けました。

 

またウルスンは「24年前の祈祷のことも真実はわからない。けれど命がけであたなを救った母さんの心を信じましょう。」と伝えました。

 

撮影現場でのこと。

 

トラックを坂の上へ止めたウルスン。

トラックを移動しようとしたとき突然ブレーキがきかなくなり、暴走トラックは坂の下のフィリップめがけて突進していきます。

ソンジュンは自分の車に乗り、暴走トラックを止めるためにトラックの前へ車を止めたのでした。

 

見所

  • フィリップを炎の中から救ったのは母オクヒだった

8年前の火災でフィリプを助けてくれたのは実母オクヒ。

フィリップは自分を捨てた母を憎んでいましたが、実はオクヒは息子を心から愛していたのでした。

 

  • ウルスンを愛するソンジュン

青いトラックが霊に包まれていることに気づいたソンジュンは自分を犠牲にしてウルスンを助けます。

優しくて思いやりがあり男らしい、そしてとても深い愛でウルスンを包んでいるソンジュンに胸キュンしてしまいます。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリー15話の内容と見所ポイント

 

落ちぶれたフィリップと再会したウルスン

 

内容

ウルスンとソンジュンは病院へ運ばれましたが、どちらも軽傷ですみました。

 

ウルスンは自分がフィリップをトラックで殺そうとしたことが許せず、運命に逆らわないほうが良いのかもと思い悩むのでした。

ソンジュンはそんなウルスンを見て、トラックの事故は運命ではなくラヨンの幽霊の仕業だと告げました。

 

ウルスンを家へ連れて行き、彼女を残して帰ろうとしたフィリップ。

フィリップはマネージャーのヨンマンのメッセージで、8年前の火災事件の犯人はラヨンではなくユナだった事実を知ります。

 

ユナに電話をするフィリップ。

話の途中でウルスンをただじゃおかない・・と言うユナの言葉を聞いて再びウルスの家へ急ぐフィリップ。

 

ライターで脅かすユナ、気を失ってしまったウルスン。

ウルスンに憑依したラヨンがユナを襲います。

 

そして戻ってきたフィリップは「ユナと事務所の代表が手を組んでフィリップとラヨンを別れさせようとした」ことを知るのでした。

ラヨンの攻撃で足に怪我を負い、首を絞めて殺されそうになるフィリップですが、母オクヒの幽霊がそれを止めるのでした。

 

フィリップは事務所の代表に会い、8年前のうそを暴いて事務所を辞めることを告げます。

マネージャーのヨンマンからはマネージャーを続けることができないと言われるフィリップ。

 

周りの人たちが去っていき、ひとりになってしまったフィリップ。

さらに追い打ちをかけるようにウルスンにまで見捨てられるのでした。

 

ウルスンは8年前の母オクヒが死んだのは自分とフィリップを救うため、そして今回の車の事故はソンジュンが犠牲になった事実を重く受け止め、ウルスンは自分の気持ちを貫くことでソンジュンまで巻き込みたくないと思ったのです。

 

別れる意志が固いウルスンに「ここまでふたりで頑張ってきたのに、なぜ今別れるのかわからない。」とフィリップが必死で訴えてもダメでした。

 

ウルスンがいなくなり、トップスターの座からも墜落してしまったフィリップ

 

まるで生きる気力のないフィリップはソファに寝ころび廃人のような毎日を送っています。

久しぶりに外へ出かけたフィリップは元マネージャーのヨイマンにコーヒーを買ってくるよう頼まれます。

 

公園で見事に転んでしまったフィリップ。

転んだ拍子にサングラスが飛んでしまい、顔を隠しながら探すフィリップの前に赤いハイヒールが見えました。

 

赤いハイヒールの女性は人気脚本家となったウルスン

ソンジュンと一緒に公園へきていた彼女は、ひとりで散歩しているときにフィリップのサングラスを拾います。

 

サングラスをフィリップに渡しながら元気かどうか尋ねるウルスン。

フィリップは怒りにまかせて叫びました。

 

「俺が元気にしているように見えるのか。君と別れてからの俺は何もかも失い、何もないんだよ。」と。

 

見所

  • ウルスンが去った後のフィリップの悲惨な姿

足を怪我してドラマは降板となり、また1日でトップスターから転落する人生へと落とされてしまったフィリップ。

 

ソファでごろごろするフィリップはトップスターだったころのキラキラ感は全くないダメ男になっていました。

パクシフの演技で、フィリップの人生が180度変貌してしまったことを実感できます。

 

ラブリースターラブリー16話の内容と見所ポイント

 

ふたりで生きることを決めたフィリップとウルスン

 

内容

公園で再会したフィリップとウルスンですが、ウルスンはソンジュンに気をつかいふたりはそのまま別れてしまいます。

 

亡くなったウニョンのアシスタントのスジョンの法要で再びふたりは出会います。

またも言い合いになりますが、ドンチョルを見つけたふたりは彼を追いかけます。

 

着いたところは銀行でした。

 

罪悪感を感じて警察に捕まったドンチョルは、ウニョンの罪も告白して銀行から出てきた彼女は逮捕されました。

8年前の火災事件の犯人だったユナも警察へ捕まりました。

 

24年前にリンゴの木を燃やしてしまえと言われた占い師のもとへきたウルスンは、34歳で命が亡くなると言われた占い師を探して訪れたフィリップとまたしても再会します。

 

ふたりの運命を入れ替えたと思われていた母オクヒの祈祷の真実も明らかに。

実はオクヒは途中で儀式を辞めていたのでした。

 

フィリップはもう一度やり直したいと告白しますが、運命が入れ替わっていなかった事実を知って、「今の現実が運命だったんだ」とウルスンはフィリップに告げるのでした。

 

ウルスンは離れているリンゴの木を一緒に植え替えることを計画します。

今は二本のリンゴ木ですが、以前は根がつながっていた一本の木でした。

 

ウルスンは病弱だったため父親が占い師に言われて根を切った過去がありました。

 

樹木園にリンゴを植え替えたウルスンはフィリップに連絡をとりますが、電話にも出てくれないフィリップ。

気持ちが沈んでいるウルスンを心配したソンジュンがフィリップへ連絡し、フィリップは樹木園へやってきます。

 

リンゴの木の立て札にウルスンからのメッセージがあり、それを読んだフィリップはウルスンへ連絡をとります。

そのとき、ウルスンはフィリップの後ろに立っていました。

 

これから一緒に生きる決心をしたふたりは熱いキスを交わします

ふたりを祝福するかのように、雷が光って大雨が降ってきました

 

見つめあい笑いあうふたりの姿。

ハッピーエンドで終わりを迎えた「ラブリースターラブリー」でした。

 

見所

  • ドンチョル、ウニョン、ユラが捕まる

ドンチョルはスジョンに対して罪悪感を感じ警察へ何もかも告白します。

 

捕まるウニョン。

8年前の火災事件の犯人ユラも捕らえられ、悪い人たちは罰を受けることになりました。

 

  • 何度も再会しては別れるふたり

運命共同体のふたりは魂が求めあっているのか何度も再会します。

しかし何度も別れを繰り返し、フィリップはダメ男となりウルスンは人気作家へと運命が逆転します。

 

恋のキューピットはソンジュンでした。

ハッピーエンドで終わることができて本当に良かったです。

 

ラブリースターラブリーを無料で見た方法は別記事で紹介中♡

 

ラブリースターラブリーは全何話?全話の内容と見所ポイントを一挙紹介まとめ

 

 

韓国ドラマ「ラブリースターラブリー」はKBSのテレビドラマの脚本公募(脚本パクミンジュ)で当選した作品です。

 

運命共同体の設定は確かに新しい感覚で、8年前の火災事件の謎がフィリップとウルスンの思い出が重なっていくことでパズルがはめ込まれていくように解決していくところも見事な展開でした。

 

パクシフやソンジヒョン、そしてイギグァンが演じるコメディも意外性があり、シリアスな場面もコメディも同じように全力投球で演じるキャストがとても光ったドラマです。

 

しかし、なぜか視聴率が伸びなかった作品

 

放送開始前、監督のセウォル号遺族に対しての失礼な発言がありネットが炎上するなど、ドラマに対して悪いイメージがついたのも原因のひとつでした。

 

また、ホラー+サスペンス+ロマンス+コメディを盛り込んだ「ラブリースターラブリー」は、後半での謎解きが過去と現代の事件の真相を同時に解決する困難さから、少しずつわかりにくくなっていったのも事実です。

 

じっくり作品を視聴すると、1話で説明したようにトップスターフィリップがたくさんいるなど映像にも工夫があり、新しい設定でありながら古めかしい感じもして楽しめるドラマ構成。

 

最終話ではふたりがハッピーエンドを迎え、すがすがしく終わることができました。

ラブリースターラブリー」の世界観にはまることができれば、とても面白いドラマです。

 

コメント