PS4でディスコードを使う具体的な方法4選!接続方法も徹底解説!

未分類

インターネットの普及に伴ってゲームもオフラインで集まってやるものではなく、オンラインで大人数でできるものへと変わっていきました。

その流れに伴って、ゲーム中の通話やチャットサービスなども進化を続けてきたようです。

こちらの記事では、より快適なゲームライフを実現するために大人気ハードゲーム機のPS4/PS5、ボイスチャットサービスDiscordについて解説していきます!

ps4とps5はディスコードに対応してる?やり方も解説!

近年すっかりおなじみになりつつあるチャットサービス「Discord(ディスコード)」。

もともとは「ゲーマー向けボイスチャット」として注目を集めていましたが、現在はゲーマーに限らず幅広い層に親しまれています。

そして最近はPS4/PS5でも利用できるとして話題になっています。

Twitterでもやり方が気になっている方も多いようです。

ディスコードとは?

Discordは、アメリカ発のチャットサービスです。

音声通話機能もあるため「ボイスチャットサービス」と紹介されることも多いですが、文字でのチャットももちろん可能。

1対1でのやり取りのみならず、大人数のコミュニティ運営にも適した「コミュニケーションツール」のためゲームでの交流時にもとても便利なツールです。

Discordは2015年のリリース以来、ゲーマー向け配信サービス「Twitch」のユーザーやゲームコミュニティを中心に広まった、という経緯があります。

そのため、当初は「ゲーマー向けチャットサービス」として日本国内でも話題になっていました。

ps4のパーティ機能より優秀

Discordの基本機能は主に次の3点です。

① 招待制の「サーバー」で仲間とつながれる

② ボイスとテキストを使って交流できる

③ 絵文字やbotでカスタマイズ可能

こういった機能であれば他のチャットアプリでも共通していますが、なぜDiscordはゲームと併せて話題になったのでしょうか?

他のチャットアプリは会社やプライベート用などコミニティを制限して利用される事が多く、利用しうるそのコミニティを想定して開発されています。

しかし、Discordはオープンなコミュニティー向けであるため、不特定多数の人間と繋がれるオンラインゲームなどとの親和性が非常に高いといえます。

また、他のチャットアプリは一部機能を制限しており、課金をして機能拡張する事が多いですが、Discordは無料でこれだけの機能が使う事ができます

・メッセージ履歴へのアクセスは無料で無制限

・BOTやWebHookの追加は無料で無制限

・グループでのビデオ通話も無料

また、PS4・PS5にもパーティ機能でチャットや音声通話も可能ですが、PCや他のハードウェアでゲームをプレイしている人と楽しむ際には繋がる事ができません。
Discordであれば、プレイしているゲームのハードウェアがどんなものであっても繋がる事ができるためPS4/PS5のパーティ機能よりも優秀だと言えます。

ps4とps5はいつからディスコードに対応している?

2022年8月現在もDiscordはPS4/PS5でボイスチャット機能は対応していません。

しかし、2022年2月初頭から、国内でもDiscordのプロフィールにPS4/PS5のログイン情報が表示できるようになりました。

これにより、プレイしているゲームタイトル・プレイ時間・PSNIDを表示できるので、フレンド申請がスムーズに行えるようになりました。

ps4やps5とディスコードの連携方法は?

まだの人はぜひPS4/PS5のDiscord連携をしていきましょう

連携方法は次のような手順になります。

①Windows / macOS / Linux / iOS / Android、またはウェブ上でDiscordアプリを開きます。

②[ユーザー設定]>[接続]>[追加]>の順に移動し、PlayStationのロゴを選択します。

③次のウィンドウで、PSNのサインインIDとパスワードでサインインし、アカウントを連携することを確認します。

④連携後は、DiscordからプロフィールのオンラインIDの表示と、PSNの状態をステータスとして表示するかどうかの切り替えが可能です。

ps4やps5は2022年内にディスコード対応?

先述の解説の通り2022年8月現在、PS4/PS5内ではDiscordのボイスキャット機能に対応しておりません

DiscordとPSN連携できるようになったものの、いまだにボイスチャットを連携する機能は実装されてないです。

しかし、実は年内中にはDiscordのボイスキャット機能も対応するのではないかと期待が高まっています

この根拠については次で解説していきます!

パートナーシップ契約を締結した?

現状、PS4/PS5はボイスチャットを使うことができませんが、2022年中には通話機能やチャット機能が追加されると予想されています

サービス提供元のソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)とDiscordがパートナーシップ締結した際のブログでDiscordとの親和性を高めるとの発言もありました。

プレイステーション®でDiscordをご利用いただけるように、現在、SIEとDiscordの両社間で取り組んでいます。

私たちの目標は、2022年の前半にはコンソールとモバイル上におけるDiscordとプレイステーションの体験の親和性を高め、ユーザーの皆さんが、ゲームプレイ中に友人やグループ、コミュニティと、より簡単で楽しく交流できる機会を提供することです。

海外では対応している?

実は海外では既にボイスチャット機能は使えるようになっています。

通信技術やサービスはやはり世界的にも市場の大きいアメリカなどから広まっていきます。

しかし、ゲーム文化の盛んな日本の市場も馬鹿にはできません。

日本でもPS4/PS5でDiscordのボイスチャット機能を使えるのも時間の問題だと言えるでしょう!

ps4でもディスコードできる?通話や画面共有方法を解説!

Discordの接続の際に必要になるものを紹介します。

PS4でDiscordを利用するにはいくつかの方法があります

PS4単体では通話や画面共有をすることはできませんが、次のような方法で利用する事が可能です!

方法①:PCのリモートプレイ機能を使う

これはPC上でPS4を動作させるリモートプレイ機能を使う方法です。

PC上でリモートプレイとディスコードのソフトを同時に立ち上げ、音声通話を行う方法です。

具体的な手順はこちらになります。

①PS Remote PlayをPCにインストール

②PC側の設定でマイクへのアクセスをONにする

③PS Remote Playを起動し、PS4の画面をPCに反映

④反映した画面の下部にあるツールバーのマイクをONにする

この方法のメリットとしては、面倒な配線などが比較的少ないことです。

しかし、デメリットとしては音声処理をPC側で行うため、PCの性能によってはラグが発生することがあります。

方法②:PCとミキサーを使う

次にPCとミキサーを利用する方法です。

ミキサーは音をミックスさせてひとつにまとめて出力する音響機器で、基本的な機能はこちらです。

音付きの映像にマイクの音声をのせたり、音の加工が可能

空間や環境に合わせて音の広がりをコントロールしたり、音量や音質をよりよく整える

これはゲーム配信をしたい方にはおすすめの方法です。

ミキサーのボタンを操作することで容易に音声を操作できますが、上の画像のように配線が面倒な点がデメリットとして挙げられます。

方法③:スマホとミキサーを使う

次にスマホとミキサーを利用した方法です。

先述でPCとミキサーの利用を解説しましたが、PCをスマホに切り替えるのみです。

学生などPCを持っていないひとでもできるため、導入コストは少ないのがメリットです。

しかし、デメリットとしてリモートプレイを含めスマホで行う処理にしては重いです。

そのためバッテリーが酷使され充電がすぐになくなってしまうことなどがあります。

方法④:キャプチャボードを使う

続いて「キャプチャーボード」を利用して「PS4」と「Discord」の画面共有をする方法を紹介します。

手順は以下になります。

①PCのケースを開けて、キャプチャーボードをマザーボードにセット
※ノートPCの場合はHDMIケーブルでキャプチャーボードとPS4を接続してください。

②PCモニターとキャプチャーボードを「HDMIケーブル」で接続します。
※ノートPCの場合はキャプチャーボードとPCをUSBで接続してください。

③モニターと接続する際に使う「HDMIケーブル」を、キャプチャーボードの出力端子側へ差し込み「ヘッドセット」をPCに接続します。

④仮想カメラの利用をするために「OBS-VirtualCam」をPCにインストールします。

⑤「PS4」本体の設定で「HDCP」を無効にします。

以上の方法でキャプチャーボードを用いて、PS4Discordを画面と音声を共有する事ができます。

この方法はゲーム画面をPC上で再生しつつ同時にディスコードを使えるため、ゲーム配信や動画投稿などで重宝します

しかし、キャプチャーボードの購入やOBS等の特定のソフトを利用するため、ある程度のコストがかかる事がデメリットとなります。

ps4でディスコードが使える?具体的な方法4選を解説!のまとめ

PS4/PS5は現在Discordでボイスチャットを使うことができません

そのため、ゲームをより楽しむためにはPCやスマホ、ミキサー、キャプチャーボードなどの外部機器を利用することで、Discordでボイスチャット機能しているようですね。

また、既にアメリカではPS4/PS5のDiscordボイスチャット機能は導入されています。

こういった背景からも日本でも2022年中には通話機能やチャット機能が追加されるかもしれない事がわかりました。

オンラインゲームの人口は爆発的に増えているため、今後の技術的な進化にも期待が高まりますね。