「できらぁ!」の元ネタを調べたらトンデモ展開の面白漫画だった

未分類

SNSで「できらぁ!」という投稿を見かけることがありますが、この言葉には元ネタがあります。

その元ネタはトンデモ展開の非常に面白い漫画にありました。

元ネタを知らずに「みんなが使っているから何となく使っている」という人は、その元ネタを把握しておきましょう。

元ネタを知っていることで、より「できらぁ!」を楽しく使うことができるようになるはずです。

ネットで見かける「できらぁ!」の元ネタとは?

SNSなどで「できらぁ!」という投稿を見かけることがあります。

この「できらぁ!」はある漫画に登場したセリフが元ネタとなっています。

では、「できらぁ!」はどのような漫画で、どのような使われ方をした言葉だったのでしょうか?

「できらぁ!」の元ネタ作品は?

「できらぁ!」の元ネタとなっている漫画は、1982年~1987年に月刊少年マガジンで連載されていた「スーパー食いしん坊」です。

主人公は中学生の鍋島香介で、食べることが大好きなことから「スーパーくいしん坊」というあだ名がつけられています。

鍋島香介は家が洋食屋で少し気性の荒い性格をしていることから、いろいろな料理人と衝突をして料理対決をするのが定番の流れです。

また、料理に関する悩みを抱える人に出会って、その悩みを解決するために鍋島香介がいろいろなアイデアを考案することもあります。

「できらぁ!」のセリフが登場する流れ

「できらぁ!」は漫画「「スーパーくいしん坊」」の主人公である鍋島香介のセリフです。

では、「できらぁ!」はどのような場面で登場したセリフなのでしょうか?

そのセリフが登場する流れを確認してみましょう。

(※一部、ストーリーのネタバレを含みます。)

チラシを見てステーキハウスへ

ある日の朝刊に「ステーキ(200g)980円」と書かれたチラシが入っていました。

家が洋食屋である鍋島香介とその父はあまりにも安くステーキを提供されていたことから、そのチラシのお店に偵察へ行くことにします。

ただし、お店に向かう2人は「きっと安い肉だから固くて食えない」「本当に牛肉を使っているのか?」など、チラシのステーキに対してあまり期待はしていませんでした。

低価格のステーキを食べて驚く

低価格で提供されるステーキに対して期待をしていなかった2人ですが、そのステーキを口にして驚きます。

肉は柔らくて、とても1000円以下で提供されているとは思えないほど美味しい物でした。

その美味しさと値段の安さに2人は「このステーキにはどのような工夫がされているのか?」と不思議に思いました。

ステーキハウスに競合店であることがバレる

ステーキを食べていると、店内放送で「キッチンくいしん坊様」と2人が自分たちのお店の名前で呼び出しを受けます。

お店の名前で呼ばれたのは、2人は自分たちの店名が書かれたお店の車で来店していて、その車の駐車位置が悪くて他のお客さんに迷惑がかかってしまったためです。

コックからの挑発を受ける

鍋島香介の父は急いで車を移動させますが、自分たちが洋食店を営んでいることがバレてしまいます。

洋食店を営んでいる人がステーキを食べに来ていることを知ったお店のコックは2人の前に現れて、「人の店の技術を盗みに来た」「うちのマネはできない」などと挑発します。

それらの言葉を聞いた鍋島香介は自分たちにも同じように980円で美味しいステーキが提供できるという意味で、そのコックに向かって「出来らぁっ!」と言い放ちました。

鍋島香介がコックに喧嘩をふっかけた際に父は「よせ」と鍋島香介を止めたり、「コイツに変わって謝る」とコックに謝罪したりなどしています。

これがSNSなどで見かける「できらぁ!」の元ネタです。

料理対決後は?

鍋島香介もコックも後には引けない状況となっていました。

そのため、鍋島香介はコックに「同じ980円で提供でき、もっと美味しいステーキを作れ」と言われ、安くて美味しいステーキを題にした料理対決をすることになります。

コックに向かって「出来らぁっ!」と言い放った時点で、鍋島香介は980円で美味しいステーキを提供する策はありませんでした。

それでも、上質な肉の脂肪を細く切って、安い肉に縫い通す・野菜エキスに漬け込んで肉を柔らかくする・卵白と半紙で肉汁を閉じ込めるなどの工夫によって鍋島香介が対決に勝利します。

対決後は和解が成立して事態は丸く収まります。

「できらぁ!」が使われるようになった理由

「できらぁ!」が使われるようになった理由はよくわかっていません。

漫画「スーパーくいしん坊」が連載されていたのは1980年代であり、当時から使われ続けてきた言葉というわけでもありません。

また、「できらぁ!」が使われるのは主にネット上です。

そのため、ネット普及後に誰かが漫画「スーパーくいしん坊」を元ネタに「できらぁ!」と使い、徐々に広まっていったと考えられます。

「できらぁ!」の使い方の例

「出来らぁっ!」は鍋島香介がコックから無理難題を投げられたときに言い放ったセリフです。

では、SNSで見かける「できらぁ!」はどのような場面で、どのような使われ方をしているのでしょうか?

例①:基本的な使い方

「できらぁ!」の基本的な使い方は、無理難題を誰かにふっかけられたような前振りしてから「できらぁ!」と言い放ちます。

周囲から見るとできそうにないことも自分ならできる・これから無理難題に挑戦する際に自分を奮起させるなどの場面で使われることが多いです。

例②:自分で前振り

基本的な使い方は元ネタの漫画「スーパーくいしん坊」の鍋島香介とコックのやり取りに沿って、誰かに誰かに無理難題をふっかけられる前振りを入れます。

しかし、その前振りを自分のセリフや自分の状況を説明するなどのパターンもあります。

例③:「できらぁ!」のみ

「できらぁ!」は前振りなしで使われることもあります。

この場合は「自分が何をしたのか?」「何ができたのか?」などを画像などでわかるようにしなければなりません。

例④:「できねぇ!」

「できらぁ!」の変化版としてよく使われるのは「できねぇ!」です。

無理難題の前振りをしてから「できねぇ!」と素直にできないと認めることが基本的な使い方でしょう。

また、「できらぁ!」と言ってから、その後に「やっぱりできませんでした」という意味で「できねぇ」と使うパターンもあります。

ギャグ漫画?「できらぁ!」以外のトンデモ展開3選」

「できらぁ!」の元ネタは漫画「スーパーくいしん坊」です。

この漫画はトンデモ展開をする料理漫画としても有名となっています。

では、漫画「スーパーくいしん坊」に登場するトンデモ展開にはどのようなものがあるのでしょうか?

短時間で大量のラーメンを作るために…

鍋島香介は料理勝負で20分という短時間で50杯のラーメンを作ることになります。

その際に鍋島香介が時短のために取った作戦は洗濯機で麺を茹でるというものでした。

焼肉のタレを洗濯機で作る焼肉屋さんはありますが、それはあくまでも混ぜることが目的であり、洗濯機はタレ作り専用の物です。

しかし、急遽行われる料理勝負で未使用の綺麗な洗濯機を中学生の鍋島香介が用意できるとは思えません…。

また、洗濯機に加熱の機能はないのでお湯を入れたとしても十分に麺を茹で上げるだけの温度も確保できないでしょう…。

そもそも洗濯機に麺をまとめて入れてしまえば、また麺を1玉ずつ取り分けないといけないので逆に時間がかかってしまうはずです…。

お寿司をカットするために…

鍋島香介は学校の運動会のために大量のお寿司を急遽作らないといけないことになります。

その際に用いた方法は大きな押し寿司を作って握り寿司のサイズにカットするというものでした。

これは大量のお寿司を作るときに実際でも行われる方法です。

しかし、効率を重視した鍋島香介は非常に大きな押し寿司を作り、その押し寿司をハープを倒して弦で格子状にカットするというものでした。

ハープの弦の幅は寿司の大きさとは合わないでしょう…。

そもそもハープを使う手間を考えれば素直に包丁で切った方が早い可能性が高いです…。

ガスを使わずにBBQするために…

ガスが使えなくなって困った海の家を助けるために鍋島香介が出したアイデアは太陽熱を利用した調理法でした。

アウトドア用品などには実際に太陽熱を利用したソーラークッカーがあります。

しかし、鍋島香介の出したアイデアはゴムボートにトタン板を乗せ、炎天下の海の上に浮かべて太陽熱で熱したトタン板でバーベキューをするというものでした。

当然ながら、トタン板が肉を焼けるほどの温度まで上がるとは考え難いです…。

「できらぁ!」の元ネタを読んでみよう

SNSなどで見かける「できらぁ!」の元ネタは漫画「スーパーくいしん坊」です。

元ネタで「出来らぁっ!」が使われた流れを知っておけば、より「できらぁ!」を上手に使えるようになるでしょう。

また、漫画「スーパーくいしん坊」はトンデモ展開で有名でもあり、内容も面白いので「出来らぁっ!」が登場するシーン以外も読んでみると良いでしょう。