【解説】陰部モデルって何?誰が・どうやって使われているのか?

未分類

陰部モデルは一般的に認知されている物ではないため、知らない人は多いでしょう。

その名前から「アダルト関係のグッズ?」と思ってしまう人もいます。

しかし、陰部モデルは医療業界にとって非常に重要な物です。

いやらしい物と意味を勘違いして恥ずかしい思いをしないためにも、陰部モデルとはどのような物であるか知っておきましょう。

また、その重要性についても知っておきましょう。

実は大切なもの!陰部モデルって何?

陰部モデルはその名前から、意味を知らない人が聞くとアダルト関係のグッズと勘違いされてしまうことがあります。

しかし、陰部モデルはいやらしい物ではなく医療業界にとって非常に大切な物です。

では、その陰部モデルとは一体どのような物なのでしょうか?

医療では重要な陰部モデルってどんな物?

陰部モデルとは男性や女性の陰部がリアルに再現された物です。

置き型の模型タイプや身につける装着タイプの種類があり、装着タイプの陰部モデルを着けた人のことも陰部モデルと呼ぶことがあります。

陰部モデルはどうやって使う?

陰部モデルは陰部がリアルに再現されています。

しかし、決していやらしい目的で使う物ではなく、陰部の仕組みを理解したり洗浄や膀胱留置カテーテルの挿入などの練習に用いられる物です。

また、陰部モデルを装着したモデルを使って、大人のオムツ交換の練習を行ったりなどすることもあります。

陰部モデルはどこで使われている?

陰部モデルは陰部の仕組みを理解したり、洗浄や膀胱留置カテーテルの挿入などの練習に用いられる物です。

そのため、陰部モデルが使われるのは看護学校です。

看護師を目指す人たちが仕事で必要になる技術や知識を習得するために使います。

未来の看護師を育成する場で使われる物なので、陰部モデルは医療業界にとって非常に大切な物となります。

どうして陰部モデルを使う?

「学生同士で実物を使って練習した方が実践的なのでは?」「モデルで練習する意味はある?」などと思う人もいるでしょう。

しかし、いくら仕事で必要な技術や知識などを習得するためであっても、大勢の前で陰部を露出を強制することは明らかに常識の範囲を逸脱しています。

また、「医療の現場で仕事をするのであれば、恥ずかしいとか言ってられないのでは?」と思う人もいるでしょう。

陰部モデルを使った練習には看護師の資格を持っていないとできない医療行為も含まれているので、まだ資格を持っていない学生たちは実物で練習をすることができません。

そのため、陰部モデルを使って練習しなければなりません。

ただし、練習時は男女で分かれて行うなどの配慮されることが一般的です。

資格がないと実物では練習できないことには他にも注射や喀痰吸引などがあります。

これらも陰部モデルと同じようにモデルを使って練習するので、モデルには腕や胴体などのいろいろな種類があります。

陰部モデルはどこで購入できる?

陰部モデルは主に教育医療メーカーが製造しています。

購入はメーカーから直接購入したり、医療関係の卸業者から購入したりなどできるようです。

値段は製品によって異なりますが、1つ数万円はします。

ただし、医療関係者でないと購入できないことも多いようです。

しかし、アマゾンなどのネットショップで陰部モデルが販売されていることもあり、値段が平均より少し安いこともあります。

それでも、個人的な勉強用として購入するには少し値段が高めの印象でしょう。

陰部モデルを使った4つの体験談

看護学校では陰部モデルを使った練習が行われます。

陰部モデルは作りがリアルなこともあり、実際に練習を経験した人たちの感想はいろいろなようです。

では、練習を経験した人たちはどのような感想を持ったのでしょうか?

練習は重要

知識を身につけていても、技術が身についていなければ実践することはできません。

また、他人の身体を使って練習というわけにもいきません。

そのため、先にコツを掴んでおくためにも、モデルで練習しておくことは非常に重要です。

他にもっと大変なことがある

陰部モデルは作りがリアルなので、練習で恥ずかしさを感じてしまう人もいるようです。

しかし、看護学校では試験や実習など、陰部モデルを使った練習よりも辛いことは多くあります。

また、陰部モデルくらいで恥ずかしがっていては仕事が成り立たないと考える人もいるようです。

やっぱり恥ずかしい

看護師を目指すうえで、陰部モデルを使った練習は非常に重要です。

しかし、それを理解していてもやはり少し恥ずかしさを感じてしまう人もいます。

陰部の模型を身につけることや触れることになるので、恥ずかしさがあっても当然と言えるでしょう。

意外と楽しんだ

陰部モデルは頻繁に見かけるような物ではありません。

ネットで購入することもできますが、個人の勉強用としては少し値段が高めです。

そのため、陰部モデルを身につけることや触ることは非日常的であり、意外と楽しみながら練習をしている人もいます。

陰部モデルを使って行われる練習は?

陰部モデルはいろいろな練習で使われています。

では、具体的にはどのような練習をする際に使われているのでしょうか?

陰部洗浄

陰部はデリケートな部分なので清潔を保つ必要がありますが、入浴ができない患者もいます。

そのため、陰部を洗浄して清潔を保たなければなりません。

しかし、洗浄のやり方が悪くても水分や洗浄剤などが残って不衛生な状態になったり患者が痛みを感じてしまったりなどすることもあります。

また、陰部に異常がないか確認する必要もあります。

陰部洗浄はただ洗えば良いというものではないので、モデルを使ってその手順や洗浄時に確認すべきことなどを理解しておかなければなりません。

オムツ交換

オムツ交換は患者の羞恥心に配慮しなければなりません。

また、オムツをしている場所の皮膚や排泄物の状態なども確認しなければなりません。

そのため、陰部洗浄と同様に、モデルを使って手順や確認すべきことを理解しておく必要があります。

膀胱留置カテーテルの挿入

膀胱留置カテーテルとは、尿が排泄できなくなった場合にカテーテルを尿道から挿入し、膀胱に溜まった尿を取り出すことです。

カテーテルは捻れや屈曲などでうまく挿入できないこともあるので、モデルで練習をしておく必要があります。

また、膀胱留置カテーテルは医療行為となるので、看護師の資格を持っていない学生はモデルでしか行うことができません。

陰部モデルは未来の看護師を育てるアイテムの1つ

陰部モデルはその名前からアダルト関係のグッズと勘違いされることもあります。

しかし、実際は看護師を目指す人たちが仕事に必要な知識や技術などを習得するために使う重要な物です。

そのため、医療業界で仕事をすることがなければ触れる機会は少ないでしょう。

もし、興味があれば少し値段はしますがネットで購入できる物もあります。

購入しなくても、看護師を育てる重要なアイテムの1つとて「このような物がある」と知識として持っておいても良いでしょう。