【徹底解説】風速5mってどのくらい?釣りやキャンプ、ゴルフはできる?

未分類

天気予報では風の強さを「風速◯◯m」と表されることがあります。

「結局それってどのくらいの強さ?」と疑問に思ったことはありませんか?

命の危険はないものの、日常生活で風が面倒に感じてしまう場面はよくあります。

風速5mはその日常生活に面倒を感じる風の強さの境界線です。

風の強さの目安を知るためにも、風速5mが生活にどのくらいの影響を与える風であるか知っておきましょう。

風速5mとはどのくらいの強さ?日常生活への影響は?

風速とは、1秒で風が移動する距離のことです。

ただし、天気予報で伝えられるのは気象用語の風速であり、風速を10分計測したその平均値であることを前提として知っておきましょう。

また、天気予報では瞬間風速や瞬間最大風速などの言葉も出てきます。

これらも言葉の意味が異なるので注意しましょう。

  • 風速:風速を10分計測した平均値
  • 瞬間風速:風速を3秒計測した平均値
  • 最大風速:風速を10分計測した最大値
  • 瞬間最大風速:風速を3秒計測した最大値

つまり、風速5mは風を10分計測して、平均の速さが1秒で5m移動だったことを表します。

では、1秒で5m移動する風とはどのくらいの強さなのでしょうか?

徒歩の場合

風速5mは旗がなびいたり木の枝が揺れて葉の音が聞こえてくるくらいの風であり、体感的に「風が吹いている」と感じるほどの強さです。

強風ではないので、徒歩に影響はありません。

ただし、落ち葉のような軽い物であれば飛んでくることはあるので、足元に注意が必要な場合はあります。

傘を使う場合

風速5mは強風ではありません。

また、傘の強度にもよりますが、一般的な傘であれば風速20mくらいまでは壊れないと言われています。

そのため、傘をさしても全く問題ありません。

ただし、濡れた軽い物が飛んできたり、雨が風に吹かれるなどすることで、足元が濡れることはあるでしょう。

街路樹は?

風速5mは木の枝が揺れて葉の音が聞こえてくる程度の強さです。

そのため、街路樹の近くを歩いても危険はありません。

ただし、季節によっては風に吹かれることで落ち葉が舞ってくることもあります。

落ち葉が服に入ったり、落ち葉と一緒に虫などが落ちてくる可能性はあるので注意しましょう。

ビルや看板は?

風速5mの風にビルや看板が影響を受けることはなく、倒壊や落下の危険性はありません。

もし、風速5mの風で倒壊や落下するビルや看板などがあれば、それは風の影響ではなく老朽化や手抜き工事などの別の原因が考えられます。

風に関係なく危険なので近かないようにしましょう。

洗濯物は干せる?

風速5mくらいであれば、洗濯物を干すことはできます。

ただし、洗濯物が飛ばされる可能性があるので、洗濯バサミで止めておく必要はあるでしょう。

また、洗濯物が飛ばされなくても、土埃や花粉などが飛ばされてくることはあるので注意が必要です。

自転車は乗れる?

風速5mくらいであれば徒歩と同様に、自転車も問題ありません。

ただし、向かい風に向かって走る場合は少し抵抗を感じることはあります。

また、自転車が横風に煽られれば、バランスを崩してしまう可能性もあるでしょう。

そのため、少しでも危険を感じた場合は風が落ち着くまで、自転車を降りて押すようにしても良いでしょう。

髪は乱れる?

髪の長い人髪を持ち上げるようなセットなどしているなどの場合には、髪型が崩れることがあります。

そのため、風速5mの風が吹く日はいつもより髪を固めにしたり、髪が乱れにくい髪型を選ぶなどしましょう。

また、風速7mを越えてくると髪型が崩れる可能性が高まってくるので、髪型選びの目安にしましょう。

釣りやキャンプ、ゴルフなどはできる?

釣りやキャンプなどのアウトドアやゴルフのように屋外で行うスポーツなどでは、わずかな風でも大きな影響となる場面もあります。

風速5mは強風ではありませんが、風が体感できるくらいの強さです。

では、風速5mはアウトドアやスポーツなどにどのくらいの影響を与えることがあるのでしょうか?

釣りでの影響と対策

風速5mでは軽い物は飛ぶので、釣りをする際にはビニール袋や空き袋などが飛んでいかないようにしなければなりません。

念のため、置き竿をする場合も、風で釣り竿が倒れたりなどしないように注意しておきましょう。

また、風の影響で仕掛けの重さによってはキャストの際に狙った場所に投げにくくなったり、ライントラブルの原因などになることもあるので注意が必要です。

なるべく向かい風になる場所や、風の影響を受けない釣りポイントを探すようにすると良いでしょう。

ゴルフでの影響と対策

風速5mの状況下でゴルフした場合に受ける影響の目安は以下の通りです。

  • 向かい風:15~20ヤードほど飛距離が落ちる
  • 追い風:10ヤードほど飛距離が伸びる
  • 横風:10ヤードほど流される

そのため、風の影響を考えながらプレイする必要があります。

また、前日に天気予報で風の強さや向きをチェックしておき、プレイ時にどのくらい風の影響を受けるのかシミュレーションしておくと良いでしょう。

バーベキューでの影響と対策

風速5mの環境でバーベキューをしても、火が起こしにくかったり、火の勢いが強くなりすぎることはないでしょう。

紙皿や紙コップなどの軽い物が飛ばされないようにだけ注意しましょう。

ただし、アウトドアは自然の中で行うため、天気予報で風速5mとなっていても、地形によっては現地では風速5m以上の風が吹くこともあります。

強風の中でのバーベキューは火傷や火事などの危険性があるので注意しましょう。

キャンプでの影響と対策

風速5mであれば、テントが飛ばされたり、テーブルやイスが倒れたりなどすることはないでしょう。

そのため、キャンプをすることに大きな影響はありません。

ただし、バーベキューの場合と同様にキャンプも基本的に自然の中で行うので、地形によっては予想よりも強い風が吹いて危険な状態となることもあります。

もし、少しでも風の危険性を感じた場合には、キャンプグッズを飛ばされないように片付けたり、キャンプを中止して避難するなどしましょう。

風速5mでドローンは飛ばせる?

風速5mでもドローン自体を飛ばすことは性能的には可能です。

しかし、重さ100g以上のドローンを引こうさせる場合には航空法に従う必要があります。

航空法では飛行禁止区域が設定されていて、その具体的な区域には以下のようなものです。

  • 空港付近
  • 高度150m以上の場所
  • 人が密集している場所
  • イベント会場の上空

これらの飛行禁止区域でドローンを飛ばす場合には、事前に申請が必要になります。

ただし、申請を出していても風速5m以上であれば飛行禁止区域でドローンは飛ばすことはできません。

そのため、ドローンの性能的に可能であっても、ルールとして風速5mある場合は飛ばすことができなくなっています。

また、ドローンの操縦士は安全性を確保しなければなりません。

ドローンは風に弱いため、安全を最優先することで法律に関係なく風速5mでは飛ばせないと判断されることもよくあります。

風速5mでも油断してはいけない

風速5mは体感的に「風が吹いている」と感じるほどの強さであり、日常生活に支障が出るような強い風ではありません。

ただし、天気予報で風速5mと言われても、地形によってはそれ以上の風が吹く可能性はあります。

また、強くない風であっても、釣りでキャストが狙い通りにならなかったり、ゴルフでは玉が逸れたりなど、風の影響を受けることもあります。

そのため、「強風ではないから大丈夫」と数字だけで判断せず、実際の風の様子にも注意するようにしましょう。