相手に知られずに居場所を調べる6つの方法とは?アプリやサービスを徹底解説!

未分類

大切な家族や子供、恋人が今どこで何をしているのか、心配になる瞬間はありませんか?

恋人であれば浮気を疑ってしまった時、家族や子供であれば帰りが遅いのに連絡がない時など、「何か事件や事故にあったのでは?」と不安になってしまう人もいるでしょう。

そんな時に自分のスマートフォンで彼らの位置情報を見ることができれば、安心できますよね。

では、実際にそのようなサービスは存在するのでしょうか?

相手に知られずに居場所を調べる6つの方法

相手に知られずに居場所を調べる方法は何があるのでしょうか?

その方法を6つお教えします!

1:「iPhoneを探す」を使う

iPhoneを使用している場合は、「iPhoneを探す」という機能を使用することで相手のiPhoneの位置情報を探ることができます。

手順は以下の通りです。

  1. 設定に入る
  2. AppleIDを選択
  3. iPhoneを探すをONにする

しかしこの機能を使用するには相手のApple IDが必要となるため、事前に相手のApple IDを把握しておく必要があります。

2:アンドロイドスマートフォンを探す方法

アンドロイドではどのように探したらいいのでしょうか?

アンドロイドには「ADM(アンドロイドデバイスマネージャー)」というシステムがあります。

使用方法は以下の通りです。

  1. ADMアプリをインストール
  2. 探したい相手のGoogleアカウントでADMにログイン
  3. 相手の位置がGoogleマップに表示される  

しかしこの方法も「iPhoneを探す」と同様に、相手のGoogleアカウントが必要になるため事前に入手しておく必要がありますね。

3:JJSPYで追跡できる

「JJSPY」はご存知でしょうか?

これは位置情報の追跡・携帯電話のスパイができるツールです。

このサイトでアカウントを作り詳細情報を入力・決済することで、相手の端末の追跡ができるようになります。

JJSPY自体は外部サイトになるので、相手を追跡できますが外部サイトに頼る分の費用が掛かってきますね。

以下からアンドロイド・iPhoneでの追跡の手順をご紹介します。

アンドロイドで追跡する手順

アンドロイドで追跡する手順は以下の通りです。

  1. サイトにアクセスし「Get Started」ボタンを押す
  2. アンドロイド端末のプランを選択し、決済をする
  3. アカウントを作成し、追跡したい端末にアプリをダウンロードする
  4. アプリにアカウント情報を入力、データを送信する
  5. 送信すると口座を開設することができる
  6. 携帯電話が接続されており、その携帯電話の情報をすべて見ることができる。

アイフォンで追跡する手順

アイフォンで追跡する手順は以下の通りです。

  1. サイトにアクセスしアカウントを作成する
  2. iPhone端末のプランを選択し、決済をする
  3. アカウントオプションに進み、追跡したいデバイスのiCloud詳細を入力する
  4. 追跡したいデバイスを選択する
  5. デバイスのすべてのデータが見れる
  6. 端末の現在地を確認するには「位置情報」オプションを選択すると閲覧可能になる

4:Googleアカウントを使う

Googleアカウントを使うことで相手を探すことができます。

その方法は、相手のGoogleアカウントを入手することで、同じ位置情報を見ることが可能になるというものです。

しかしこの方法は正直なところ容易ではありません。

その理由として、Googleアカウントを別の人物が使用し何かにアクセスすると、そのGoogleアカウントを所有している人のSMSに「あなたのアカウントに不審な動きがあります」と通知されるのです。

そうなると所有している本人が気づいてしまう可能性があるため、リスクがありますね。

5:トラック Linux

専門的な知識をすでに持っていて、自分自身でプログラミングが使用できるのであれば、「Linux」を使用することをお勧めします。

「Linux」を使用する場合、

  • プログラミング言語知っていること
  • コマンドラインインターフェースを知っていること

これらが必須になります。

基本的にすべて自分自身で作業を行うため、専門的な技術が必要となります

6:物理的なGPSトラッカー

その他の方法としてGPSトラッカーを使用し、理的に人を追跡することも可能です。

しかしこの方法は今まで紹介してきた方法に比べて圧倒的に見つかるリスクが高く、トラッカーそのものを購入する必要があるのでコストもかかってきます

通販などでも簡単に購入できるようですが、値段も様々で効果も様々なようです。

GPSトラッカーを使用することを選ぶ場合は見つかるかもしれないリスクを考慮し、覚悟が必要になりそうですね。

ばれずにラインで相手の居場所がわかる方法はある?

2017年に12月までは「LINE HERE」というサービスが存在していました。

このサービスは利用者同士がお互いの位置情報を共有でき、常に相手の位置が分かる状態でした。

しかしこのサービスはすでに終了しているため、今現在LINEで相手の位置情報を知る方法はありません。

【無料アリ】その他の電話番号などで相手の居場所がわかるアプリ

上記以外で料金がかからず、電話番号などを使用しながら相手の居場所を知るアプリはあるのでしょうか?

その方法を9つご紹介します!

mSpyを使う

「mSpy」というアプリはご存知でしょうか?

このアプリは有料ですがインストールすることで、相手のスマートフォンの位置情報SNSのアクティビティ、さらにはメッセージの内容なども遠隔で確認することが可能です。

ほとんどの場合は親が子供の携帯に接続し不審な動きがないかを確認するために使用されるようです。

有料にはなりますがその分高い質の情報を得ることができるでしょう。

Localize.mobiを使う

「Localize.mobi」は相手の位置情報のトラッキングに特化した優秀かつ簡単に操作可能なサイトです。

このサービスはアプリを使用せずにウェブサイトで完結することができます

使用方法は、このサービスのウェブサイトから追跡したい相手の電話番号を入力しメッセージを送ります。

相手がそのメッセージを開くと、その人の位置情報があなたに共有されるのです。

アプリを相手のスマートフォンにインストールする必要がないのでより簡単に利用できそうですね。

Cocospy

「Cocospy」はSMS、SNSや位置情報をトラッキングできるスパイアプリです。

iPhoneでもアンドロイドでも使用可能で、対象の端末にアプリをインストールするだけで簡単に使うことができます。

またこのアプリは相手の携帯にインストールされると、スパイされていることが気づかれないように別のアプリに成りすますことができるようです。

使い方は以下の通りです。

  1. CocospyのページでEメールアドレスとパスワードを設定し登録
  2. 追跡したい端末にCocospyアプリをダウンロードする

これだけで相手の位置情報を知ることができます。

Cerberus(ケルベロス)

「ケルベロス」はモニタリングアプリで、アンドロイドのみ使用可能です。

登録して1週間は無料トライアルが受けられますが、それ以降は年会費が約650円かかるようです。

このアプリで出来ることは以下の通りです。

  • アプリをインストールしている端末の位置情報確認
  • 遠隔でのカメラ機能の起動
  • 通話記録の確認

他のアプリには少ない、遠隔でのカメラ起動・録画が可能なことはケルベロスの特徴です。

しかしアンドロイド専用のアプリなため、対象のデバイスがiPhoneの場合は使用ができません。

Find My Device(端末を探す)

「Find My Device」はスマートフォンの紛失や盗難時に対象の端末を見つけるために作られたアプリで、主に位置情報の特定のために使用することができます。

また、このアプリはGoogleの公式のサービスになり、費用をかけずに利用することができますが、事前にGoogleアカウントの取得が必要となります。

iCloud

「iCloud」はApple社のクラウドサービスで、様々な機能を持っています。

残念ながらアンドロイドには対応していませんが、iPhoneを使用しているユーザーであればiCloudを使って次のことができます。

  • 相手の位置情報を知る
  • 相手の写真や動画のデータを確認する

また、このサービスを使用するには相手のAppleIDとパスワードを事前に知っておく必要があるので注意しましょう。

Suica Reader

「Suica Reader」は今までご紹介してきたようなアプリやウェブサイトとは異なります。

このサービスは名前の通りSuicaなどのICカードの履歴を調べることができるアプリです。

つまり、仕事やプライベートなどでICカードを使用している場合、どこの駅を頻繁に利用しているのかを確認することができます。

これまでご紹介したサービスよりは機能に劣るかもしれませんが、このアプリを使用するメリットとしては相手のスマートフォンにアプリをインストールする必要がなく、実行するのに必要なのは相手のICカードのみという点です。

相手に見つかるかもしれないというリスクは事前に回避できそうですね。

GPSアプリを使う際の注意点

GPSアプリを使用する上で注意しておきたい点があります。

相手の許可を取らずに勝手にアプリをインストールしたり、相手の許可を取らずに遠隔でデバイスを操作することは法律によって禁止されています。

また、相手の個人情報を勝手に見る行為はプライバシーの侵害にもあたります。

もし相手に見つかった場合、法律によって罰せられるリスクもあることを覚えておきましょう。

自分の位置情報が知られていないか確認する方法!

では自分の位置情報が誰かに知られているかどうかの確認をする方法はあるのでしょうか?

その方法を3つご紹介します。

1:Googleマップ

「Googleマップ」のアプリで自分の位置情報が誰かに共有されていないかを確認することができます。

確認する方法は以下の通りです。

  1. 画面右上の「名前のアイコン」をタッチ
  2. 「現在地の共有」をタッチ
  3. 地図の画面が表示が表示されて、画面の下の方に心当たりのない名前が表示されていたらその人物に位置情報を知られている可能性がある

もし、心当たりのない名前が出てきたらすぐに位置情報の共有をオフにしましょう

  1. 監視されているかもしれない「人物の名前」をタッチ
  2. 右下の「停止ボタン」をタッチ
  3. 「現在地の共有を停止しました」と表示されれば完了

知らない人に自分の位置情報が勝手に共有されていたらとても怖いですが、冷静に対処しましょうね。

2:iPhoneを探す

2つ目にご紹介するのは、「iPhoneを探す」のアプリを利用した方法です。

このアプリはそのほとんどがiPhoneを紛失した際に使用されますが、その機能を利用して誰かに監視されていないかを確認することができます。

その方法は以下の通りです。

  1. 画面左下の「人を探す」をタッチ
  2. 心当たりのないメールアドレスや名前が出てきたら、その人物に監視されている可能性がある

もし誰かしらの名前が出てきたなら、すぐに共有を停止しましょう。

  1. 監視されている「人物の名前」をタッチ
  2. 「自分の位置情報の共有を停止」を押す

または、

  1. 画面右下の「自分」ボタンをタッチ
  2. 「自分の位置情報を共有」をオフにする

これで誰からもあなたの位置情報を見られることは無くなります。

3:インスタの位置情報

今現在のインスタグラムでは、投稿する本人が自分自身で写真に位置情報を付けなければ勝手に位置情報が共有されることはありません

しかし初期設定のまま使用していた場合もしかしたら過去の投稿についていたあなたの位置情報が勝手に世の中の人たちに共有されていることも。

確認する方法は以下の通りです。

  1. インスタグラムでマップを開く
  2. 自宅で投稿作業をした際の写真が表示されていれば、インスタグラムを利用している全ユーザーに共有されている

写真がたくさん表示されているスポットは気になって確認する人もいるでしょう。

その位置情報があなたの自宅であれば、住所が知られてしまうリスクもありますよね。

  1. iPhoneの「設定」を開く
  2. 「プライバシー」をタッチ
  3. 「位置情報サービス」をタッチ
  4. Instagramをタッチし、「なし」に設定する

これであなたの位置情報がインスタグラムで共有されることはなくなりました。

位置情報を手に入れるには作業が必要!

これまで様々なアプリやウェブサイトをご紹介してきましたが、その多くが「相手のスマートフォンに専用のアプリをインストールしなければならない」「相手のIDを事前に入手しておかなければならない」など、追跡をするまでに何らかのアクションが必要でした。

これらの事前準備をすることは同時に相手に見つかってしまう可能性もあるのでその分のリスクも生じます。

もし追跡を行いたい場合は、リスクを考えたうえで利用を検討しましょう!